HOME > 犬神ラボ
2017/01/20

女体化勇者牧場

d_105807pr.jpg
↑DMM.comの販売ページはこちら!!

女体化勇者牧場←DLsite.comでも販売されています!!

配信開始日:2017/01/11
サークル名:犬神ラボ
ページ数:64ページ 総文字数:約40000字 イラスト:カラー表紙・挿絵、4枚
ジャンル:変身

一次創作TSF(性転換)のライトノベルです。
勇者一行が魔王に捕まり女体化、家畜とされるストーリーです。
さらには、人類の命運をかけたNTRが展開され、世界の新たなる秩序が構築されるまでを描きます。

女体化。破瓜絶頂。輪姦。出産アクメ。
連続絶頂。孕ませ。号泣オナニー。などなど。



d_105807jp-001.jpg

d_105807jp-002.jpg

d_105807jp-003.jpg

d_105807jp-004.jpg
2016/03/23

月1女体化するボクのこ~ゆ~関係

d_080089pr.jpg
↑DMM.comはこちらからどうぞ

月1女体化するボクのこ~ゆ~関係←DLsite.comはこちらからどうぞ

配信開始日:2015/04/27
ページ数:74ページ
サークル名:犬神ラボ
ジャンル:変身

○校生・木舟慎二は、月に1度、身体が女性へと変化する。
この男子女体化現象は、思春期男子の四十人に一人が発生していた。
もっとも、卵巣は作られないので、妊娠はしない。
慎二には、この現象に何の意味があるのか、さっぱりわからなかった。

そして、彼には二人の親友がいた。
今泉健と、蓮沼星矢――。どちらも幼稚園以来の中だった。
だが、親友と思っていた二人の様子が、近頃おかしい。
全ては、健に拝み倒されて、処女をあげてしまってからだった。

バカでエロな健と、バカ真面目な星矢。
そして、「親友が相手なら、特に問題ないだろう」くらいにしか考えていない慎二。
彼らの複雑すぎる交友関係の行方は……?



d_080089jp-001.jpg

d_080089jp-002.jpg

d_080089jp-003.jpg

d_080089jp-004.jpg

あらすじがなかなか興味深いのとタイトル画像のハードな感じに惹かれてまだ読んではいないものの紹介です。

とは言え、ヤンデレ女に魔法で身体を入れ替えられたボクはなかなか完成度が高かったので、こちらの作品も期待できそう。

2016.3.23 読みました。コメディ風で押しに弱く、流される主人公がエロくて良かったです。あっという間に読んでしまいました‼
2016/03/12

女体化デュエリスト

d_092587pr.jpg
↑DMM.comで販売しています

配信開始日:2016/03/09
著者/サークル:犬神ラボ
ページ数:113ページ 文章:約40000字 カラーイラスト:四枚(表紙含む)
ジャンル:変身

――敗者は花嫁。
その決闘に負けた者は、強制的に女体化させられる。

現代の学生、松倉彗蓮【えれん】は、剣道の選手だったが、決勝戦で敗北する。
その日の夜、鏡の前で反省していると、突如、異世界に召喚された。

魔術師が調停するその地には、有力な二家があり、八十年に一度、嫁取りを賭けた決闘をするという。
出場を依頼された彗蓮は、それを快諾した。

しかし、結果は敗北。

気がつくと、彼は強制的に女体化させられていた。
敗者自身が花嫁となることは、巧妙に秘されていたのであった。

そして、その日から「花嫁」としての調教が始まる。

処女を守りながらの恥孔拡張、そして、そこからの子宮口開発……。
彗蓮には「エレナ」という名が与えられ、徹底的な肉体改造を施されたのだった。

やがて、一ヶ月後の結婚式当日、エレナは衝撃の初夜を迎える。
止まらないアクメ地獄の果てに、花嫁は何を見るのか――?

◯プレイ内容

・フェラチオ
・強制性転換(魔法)
・アナル拡張
・処女を守りながらの子宮口開発
・破瓜と同時のボルチオ絶頂
・連続アクメ地獄
・……などなど



d_092587jp-001.jpg

d_092587jp-002.jpg

d_092587jp-003.jpg

d_092587jp-004.jpg
2015/08/26

無罪のボクが女体化性裁?

d_079856pr.jpg
↑DMM.comはこちらからどうぞ

無罪のボクが女体化性裁?←DMM.comはこちらからどうぞ

配信開始日:2015/04/20
ページ数:67ページ
サークル名:犬神ラボ
ジャンル:変身

「被告人、清須静雄を、『同害刑』に処す」
『同害刑』とは「目には目を、歯には歯を」。
つまり、被害と同一の加害によって報復を行う刑罰のことである。
清須静雄の場合は、「強姦には強姦を」ということだった。

静雄は裁判中、一貫して無罪を主張していた。
かれは義姉・冬美と関係を持ったが、それは互いに同意を得てだった。
しかし、彼女は一転して強姦を主張し、静雄を刑事裁判に追い込んだ。

ナノマシン技術の発達により、性転換はより簡便な技術となった。
静雄は自身の身体を、強引に女体化させられた。
そして、行われる刑の執行――。
凄惨を極める、その内容……。
そして、被害者・冬美の真意が明かされる。



d_079856jp-001.jpg

d_079856jp-002.jpg

d_079856jp-003.jpg

d_079856jp-004.jpg

このサークルの作品はかなり文章として面白いのでお勧めです。

もう少し長編も読んでみたいなあ、と思ったりしますが、きちんとツボを押さえつつも、完成度の高いお話で安心して読むことができます。あらすじを読むだけでも面白さが伝わって来るのでは?
2015/08/23

ネカマのボクの女体化活劇

d_083955pr.jpg
↑DMM.comはこちらからどうぞ

ネカマのボクの女体化活劇←DLsite.comはこちらからどうぞ

配信開始日:2015/08/13
ページ数:108ページ
サークル名:犬神ラボ
ジャンル:変身

仮想現実デバイス『エンター』を使用し、MMORPG『ヒュージ・パイク』でネカマしていた主人公・省吾は、なぜかエルフの姿のまま、ゲームを抜けられなくなってしまう。

直後にオークの集団に襲われ、集団レ○プ。さらには、下心丸出しの戦士に助けられて、エッチに応じてしまう。

ついには、アカウントハック集団に拉致され、触手邪神による連続絶頂……。

そして、リアルに帰還した時に明かされる、衝撃の真実? 文章量約40000字。濃厚なエロシーン4回。仮想現実女体化ファンタジー巨編です。



d_083955jp-001.jpg

d_083955jp-002.jpg

d_083955jp-003.jpg

d_083955jp-004.jpg

仮想空間とか、電脳とかって皆さんどこから仕入れてこられるのか?

攻殻機動隊を見る前は基本的にこのジャンルには興味なかったのですが、今やどっぷりです。

というわけでこの作品も応援だ!!
2015/07/13

ヤンデレ女に魔法で身体を入れ替えられたボク

d_079424pr.jpg
↑DMM.comはこちらからどうぞ

ヤンデレ女に魔法で身体を入れ替えられたボク←DLsite.comはこちらからどうぞ

配信開始日:2015/04/04
ページ数:68ページ
サークル名:犬神ラボ
ジャンル:入れ替わり

【あらすじ】

ある日――、女顔の会社員・奥瀬英彦は、合コンの席で魔女を名乗る女・油川火魅子と出会う。
火魅子は突如、英彦を「恋人」呼ばわりする、危険な女だった。
以降、彼女はストーカーと化して、英彦につきまとった。
英彦は、友人の弁護士・壬生和也に相談し、裁判所で決着をつける。
だが、魔女を名乗る火魅子は、ついに最終手段に出た。

火魅子は人格転移の魔法を用い、英彦の肉体を手に入れたのだった。
英彦は女の身体に困惑するが、その後は、火魅子の使い魔による「始末」が待っていた。
三人の屈強な男たちになぶられ続ける、女体の英彦……。

そこに、意外な人物が助けにあらわれる。
だが、発情した女体の英彦は、自分の肉欲を抑えることができなくて……。
はたして、英彦は自分の肉体を取り戻すことができるのか?

総文量は20000字以上! 5000字のムフフなシーンが3回以上!
そして、格安! これがエッチなラノベの新たなスタンダードです。
今作はオープニングからHシーン!

【目次】

プロローグ
第一章 人格転移の魔法
第二章 理性粉砕の刺激
第三章 制御不能の肉欲
エピローグ

【登場人物】

●奥瀬英彦:おくせひでひこ(24)
女顔を気にする、普通のサラリーマン。
だが、魔女の火魅子にストーカーされ、終いには身体を入れ替えられてしまう。
さらには、発情した自分の身体を抑えきれなくなって……?

●油川火魅子:あぶらがわひみこ(?)
英彦が合コンで知り合った自称・魔女。
女顔の英彦を気に入り、以降ストーカーと化す。
さらには、人格転移の魔法を使い、英彦の肉体を乗っ取ってしまう。

●壬生和也:みずかずや(24)
英彦の親友で、ヤリ手の弁護士。
ストーカー事件の解決を一手に引き受け、英彦を救う。
かつて、女顔の和也にキスをした前科がある。



d_079424jp-001.jpg

d_079424jp-002.jpg

d_079424jp-003.jpg

d_079424jp-004.jpg

小説にしてはページ数が少ないため、どうなんでしょ?って思って読んでみましたが、満足できる感じでした。
割とエロさは薄いかも。ドロドロのネチョネチョな描写がお好みだとちょっと物足りないかな?

でも、ライトノベル風とでも言ったら分かりやすいかも。逆に官能小説の描写がきつい人にはこれくらいがちょうどいいかもしれませんね。