性転換・TS・女体化劇場

14周目 9月26日(日) 午後6時30分 斉藤孝之

0
14周目 9月26日(日) 午後6時30分 斉藤孝之「はあっ、はあっ、たかっ…みっ、み…」俺の右手は俺ではない、これは高樹の手なんだ。「あの…」「はあっ、はあっ、たかっ、ぎっ、くっ、イッてしまう…」「あの…先生?」俺の顔が強ばった。薄暗い明かりの下、白い輪郭が目の前にあったからだ。「あ…えっと、た、高樹さん…だよね?どうしたのかな?」自分は高樹美紗と授業などの接点はない。だから何の相談があるのか全く分からないものの、本人が入...

14周目 9月26日(日) 午後3時00分 権田泰三

0
14周目 9月26日(日) 午後3時00分 権田泰三『ヴヴヴヴヴヴ』「あれ?権田先生、携帯が鳴ってますよ」水泳部の試合が終わって学園のバスに乗り込んでから数分、斉藤がシートに脱いだまま忘れていたジャージを指差した。「おっと…すまんすまん、ありがとな」さっそくチェックするとメッセージが届いていた。メッセージの送り主の男の顔を思い浮かべて、ふとバスの前の方で生徒にしたり顔で話している斉藤を見た。(おんなじぐらいの歳の...

14周目 9月26日(日) 午前11時45分

0
シーン5 新人ナースの膣中出し採精「あー、よかったでえ…」男、権田は演技ではなく正直な気持ちが口からポロっとでてしまった。それほど美紗の口マンコは気持ち良かったのだ。「おっ、お掃除までしてくれるんか」いまだ一度も口からチンコを吐き出さない美紗に権田は頭を撫でてやる。だが、もうエエやろ、と思う頃になっても美紗はチンコを離そうとしない。このあたりでようやく権田もおかしいことに気づいた。「ちょっ待つんやっ、今...

14周目 9月26日(日) 午前11時00分

0
シーン4 手コキする新人看護婦「ねえ、権田さん、お願いがあるのよ」女医の前には先程まで痴態を晒していた美少女ナースが俯いている。もちろん覗いていた男は状況をすっかり理解していたが、予想だにしない展開に座っていることしかできない。「ほら、あなたからも早くお願いしなさい」背後に立った女医に言われてようやくナースが顔を上げた。その可憐な容姿にを間近で見た男は息を飲む。「は…はぃ…あの、私…採精の経験がなくて…はぅ...

14周目 9月26日(日) 午前10時00分 小曽根敦

0
14周目 9月26日(日) 午前10時00分 小曽根敦昨日に引き続き、今日も俺は武道館に詰めている。その理由は、このオッサンだ。「おはよーさん」ニタニタと汚い歯をむき出しにして笑うこの男を見て教員だと思う人間は世間にどれくらいいるだろう。「全くオッサンもくだらねえこと思いつくもんだぜ」「とかなんとか言いつつ、売れそやと思ったんやろ?ええやないか」カメラマンが二人、固定カメラや音声を録るためのマイクなども準備されてい...

14周目 9月25日(土) 午後11時30分 島津政信

0
14周目 9月25日(土) 午後11時30分 島津政信あれからもう数時間。私の着ていたベビードールはクチャクチャになって床に落ちている。ベッド脇のサイドテーブルには空の栄養ドリンクの瓶が何本も転がっていた。「あっ、あっ、あっ、あっ、いいっ、きもちいっ」もう何度も先生は射精していた。そして、その都度投げ捨てられたコンドームがシーツの上に落ちているけど、今も側位で犯されている私にはそれを数える余裕もない。この体位だ...

14周目 9月25日(土) 午前11時15分 小曽根淳

0
14周目 9月25日(土) 午前11時15分 小曽根淳(面倒なことになった)俺は隣に立つ中年のおっさんをチラッと見て心の中で舌打ちをした。スローセックスでポルチオ絶頂を味あわせたオンナは翌日までその影響が残る場合がある。簡単に言えば、全身が性感帯のように敏感になるのだ。そういうわけで、様子をみてあわよくば一発ヤってやろうと武道館を訪れた俺は、前を歩く男の後ろ姿にぎょっとした。それが琢磨だったからだ。昨夜の琢磨の...

神様とアタシの7日間ゲーム 目次

0
自作小説二つ目です。初めて書いた小説(と言ってい良いのか分かりませんが)が何も考えず書いたもので、少しは設定や形式に凝ってみても良かったなあ、という反省から書き始めました。書き始める前はエロゲーのシナリオのように選択肢で分岐を作って…と考えていましたが、読みづらい感じになりそうだったので、このような形になりました。修正報告2015.6.30 6周目 9月26日(日) 午後11時50分2017.11.12 14周目 9月24日(金) 午...

14周目 9月25日(土) 午前11時00分 川合琢磨

0
14周目 9月25日(土) 午前11時00分 川合琢磨跳び箱の上に腹這いになった少女。薄暗い用具室にいるのは少女と俺の二人だけだ。こんな状況を作ったのは顔もよく知らない女だ。俺と女は携帯のメッセージだけの関係だからだ。最初メッセージが届いたときはふざけたやつかと思ったが、その情報は確かだった。俺が美紗の家に押し入ることができたのも、あの男と美紗を連れて三人で歩きながら上手く二人の意識を後ろに向かないようにして...

14周目 9月25日(土) 午前0時10分 島津政信

0
14周目 9月25日(土) 午前0時10分 島津政信瞼の裏に明るさを感じて私は意識を取り戻した。「ん…」無意識に動かした手がヌルヌルする。(ふぁ…このにおい…)目を僅かに開けると使用済みのコンドームが脇腹にのっていて、零れた精液が手についていた。『トロリ』私は仰向けになってコンドームを持ち上げる。すると、精液が垂れてお腹に落ちた。(せーえき…)私はドロッとした精液を指で掬いとって口に運ぶ。(おいしぃ…)「ん…ねろ…ねろ…」人...

14周目 9月24日(金) 午後11時55分 小曽根淳

0
14周目 9月24日(金) 午後11時55分 小曽根淳タクマがテクニックもクソもない腰の振り方をしているのを俺はタバコを片手に眺めていた。(まるで覚えたばかりの中学生だな)オンナ、どうやらタクマの言葉からミサという名前のようだ。そのミサは、頭の上でタクマに手を押さえつけられてまるで無理矢理犯されているように見える。「たくまぁっ、んっ、もっとちゅいてぇぇっ」別のモニターにはちょうど横顔が映っているのを見て俺は息を飲...

14周目 9月24日(金) 午後11時20分 小曽根淳

0
14周目 9月24日(金) 午後11時20分 小曽根淳デスクの上のランプが光っていることに気づいたのは俺、小曽根淳(おぞねあつし)がちょうど休憩しようとタバコに火をつけた時だった。このランプが光るのはレジの呼び出しボタンを押した時だ。レジが混んでいて応援が必要なときや面倒な客が来たときのためにコンビニなどでも使われているありふれたもの。だが、この店では別の意味もある。俺はデスクの上の壁に設置した防犯カメラの映...

14周目 9月24日(金) 午後8時40分 島津政信

0
14周目 9月24日(金) 午後8時40分 島津政信ソファから私の部屋に移って、ベッドで続きが行われた。仰向けになった私は足を広げたまま固定されて上から打ち込むようにして挿入されていた。「あっ、んっ、ふああっ」「どうだっ?」ジュブジュブと入っていく度に柔らかい肉の端から粘液が溢れる。「しゅごいっ、きもちいっ、こんなのっ、やぁっ、しったらっ、やっ、もどれないっ」(ああ…も…らめぇ…)「戻らなくていいぜっ、お前は俺専用マン...

14周目 9月24日(金) 午後8時00分 島津政信

2
14周目 9月24日(金) 午後8時00分 島津政信(おかしい…)洗面台の鏡に映った自分の体を見つめる。鏡には女の子が小首を傾げていた。やはり控えめに言っても高樹は可愛らしい。瞳は大きく鼻はスッと通っているし、唇は小さくプルンとした、テレビのCMで『触れたくなる』と言っていた唇そのものだ。確かに柔道にしか興味のなかった自分だが、これだけ可愛い女の子が同じクラスにいたなら気づいてもよさそうだが。そう言えば火曜日に登...

14周目 9月24日(金) 午後4時15分 島津政信

0
14周目 9月23日(木) 午前3時30分 島津政信「今日はこれで終わりにするか。おいっ」温いシャワーの感触に俺はうっすらと意識を取り戻した。いつの間にか気を失っていたようだ。「いいか?あ?」「ぁ………ん…」まだ意識はハッキリせず、琢磨の呼び掛けにもぼんやりとした反応になってしまう。「お前は俺のオンナだ、いいな」散々犯されて疲れた頭に琢磨の声が響いた。(…おん…な?…って…なんだっけ?)「お…れ?」そう言うと冷水がかけられた。「...

14周目 9月23日(木) 午後7時35分 島津政信

0
14周目 9月23日(木) 午後7時35分 島津政信「ぇっ、あっ」目の前にいた男にあっさりと捕まった俺は持っていた鍵を取られて玄関に押し込まれた。叫ぼうにも男の手のひらが口を覆っていて声にならない。「んんっ、なっ、何をっ、んっ」玄関で靴も脱がないまま、抱き締められた俺は夢の中で嗅いだ臭いと同じ汗と香水の臭いに頭がクラクラした。「簡単に大人しくなったな」男、琢磨は俺を抱き抱えるようにしてリビングに連れ込むとソファに...

14周目 9月23日(木) 午前6時10分 島津政信

0
14周目 9月23日(木) 午前6時10分 島津政信昨夜の快感は忘れようにも忘れられないほどの衝撃だった。さらにあの後、風呂でもシャワーを使って絶頂に達した俺は、何度も自分の指に犯された。それから疲れた体はベッドに横になるや泥のように眠りこけて、朝を迎えた。そして、状況はさらに悪化した。朝起きれば全てが夢だった、という甘い考えは通用せず、朝起きてみるとやはり昨夜と同じような状態が続いている。むしろ眠って体力...

14周目 9月22日(水) 午前8時35分 島津政信

0
14周目 9月22日(水) 午前8時35分 島津政信「お願いしますっ、この通りっ」葛城に頭を下げられて俺は悩んでいた。葛城の彼氏のカフェが人手不足で俺に助けて欲しいというお願いだ。葛城は高樹の友達だ。その友達の頼みを無下にはしたくない。でも、せっかく柔道部に戻れたのだから、という気持ちも正直ないとは言えない。(どうしたらいいんだ…?)決めかねて、後ろを振り向くと高樹と目があった。高樹は何も言わず携帯を取り出して何...

14周目 9月23日(木) 午前8時20分 高樹美紗

0
14周目 9月23日(木) 午前8時20分 高樹美紗「やっぱり朝練は良いな。柔道が出来なくても体がシャキッとするよ」朝練で汗をかいたアタシ達はホームルームが始まるギリギリに教室に入った。周りの生徒もいつの間にか島津が柔道部のマネージャーになったことを知っているようでアタシ達が二人でいても特に騒ぎ立てるようなこともない。(何も考えずに二人で行動してしまったけど…ああ、亜紀か)亜紀が美紗に向かってピースをしているの...

14周目 9月22日(水) 午前8時35分 高樹美紗

0
14周目 9月22日(水) 午前8時35分 高樹美紗離れた席で亜紀が島津を拝んでいるのをアタシは眺めていた。どうしていいのか困った顔でこちらを見てくる島津。(仕方ないわね)携帯を取り出す。『亜紀のバイトは断ること』島津が慌てて携帯を鞄から取り出すのを目の端で確認しながら、続けて『琢磨と別れるために』とメッセージを書いて送った。島津はメッセージを読みつつチラチラとこちらを振り返ってから、亜紀にすまなさそうに返事...

11周目 9月25日(土) 午後10時00分 藤川真也

2
11周目 9月25日(土) 午後10時00分 藤川真也「美紗、起きて…ってうわっ」俺がソファで眠ったままの美紗を起こそうとしたところ、突然手首を掴まれてソファの上に引っぱられた。「えっ?」そして状況を理解する前に左右から伸びた手が首の後ろに回される。気がつけばソファで仰向けに寝転ぶ美紗の上に俺が覆い被さる形となっていた。「んんー」美紗は目を輝かせて俺を見つめたかと思うと、今度は目を閉じて唇を尖らせる。仕方ないなあ、...

11周目 9月25日(土) 午後3時10分 島津政信

0
11周目 9月25日(土) 午後3時10分 島津政信「ご注文のケーキセットです」「私達はショートケーキ」「こっちの二人はチョコで」「はい、ごゆっくりどうぞ」紅茶とコーヒーを置くと再び厨房に。入るなり乱暴に抱きすくめられて、そのまま私は壁の方に体を向けられた。「これで邪魔はないから」チラッと窓からホールを見るとおばさん達の喋っている顔が見えた。「しっ、真也さん…」真也さんもおばさん達の方をチラッと見た。「大丈夫だよ。ほら、...

11周目 9月25日(土) 午前7時00分 島津政信

0
11周目 9月25日(土) 午前7時00分 島津政信私が起きたのは朝7時。結局数時間しか寝ていなかったはずだけど、何となく気分はよくなっていた。起きてシャワーを浴びて部屋に戻った私は顔をしかめた。「うわっ、何この臭い…」部屋の中は私の愛液と、真也さんの臭いで一杯だった。そこで、シーツを変えたり換気をしたりしてから服を選ぶ段で。「ん…ぁ…」腰は激しい性行の名残で重く、そのくせ、体は敏感になっていて下着をつけるのも一...

11周目 9月24日(金) 午後6時30分 島津政信

0
11周目 9月24日(金) 午後6時30分 島津政信「いらっしゃいませぇ」「いらっしゃいませっ」金曜から日曜は店が混むと聞いていたが、本当に今日はお客さんが多い。俺はもちろん、昨日と違ってきちんとサイズの合った制服を着て仕事をしている。葛城も今日は部活帰りに遅れてやって来た。だけど、俺は葛城とまともに目を合わせることが出来なかった。「ご注文はお決まりでしょうか?」「こちら、ご注文のオムライスです」「お水をお持ちいた...

11周目 9月24日(金) 午後1時10分 高樹美紗

0
11周目 9月24日(金) 午後1時10分 高樹美紗「ねえ、政信」アタシは昼休みに沙紀に呼び出された。「なんだ?」「えっと…あのさ…」(何なのよ)アタシがなにも言わずにいると、沙紀が意を決したように口を開いた。「あんな子連れてきて、アンタどういうつもりなのっ?」沙紀の怒気を含んだような勢いに廊下を歩く生徒はアタシ達を避けるように通りすぎていく。「あの子?…ああ、…高樹のことか」「この大事な時期に、部員たちも浮き足だって...