性転換・TS・女体化劇場

37.理事長と取引③ その日が来た(⑱禁描写無し)

0
37.理事長と取引③ その日が来た(⑱禁描写無し)「なるほどな。ふむ………いや…信じられんな。」理事長は僕の全身を舐めまわすように見た。ぞっとして全身に鳥肌がたつ。でも、あの夜と違って気持ち悪いだけだ。女の子の時と感覚も全然違うんだなぁ。「疑うわけではないが一度確認してみない事には何ともいえんな。ふむ。ではこうしよう。次に女の子になったら連絡するように。勝手に男に戻ったら…分かっているね。」「…はい…」…まさか痴漢のお...

36.理事長と取引② まさかの再会(⑱禁描写無し)

0
36.理事長と取引② まさかの再会(⑱禁描写無し)僕は教室に向かう生徒の流れに逆らって理事長室を目指す。教室から離れるにつれ生徒のざわめきが小さくなる。僕らの学園の理事長室は職員室の隣にあるのでホームルームに行く先生何人かとすれ違った。職員室の前を通るけど今日は授業もないから職員室も静かだ。「ふぅ。」一応息を整えて、『コン、コン』「開いているよ、入りたまえ。」ドアの向こうから声がした。「失礼しまーす。高梨遊で...

35.理事長と取引① 夏休みが終わって(⑱禁描写無し)

0
35.理事長と取引① 夏休みが終わって(⑱禁描写無し)夏休みが明けた最初の月曜日、新学期が始まった。制服を着るのもかなり久しぶりだ。鏡を見れば、見慣れた僕の姿。顔は髪はサラサラで耳が余裕で隠れるくらい。クラスの女の子にも羨ましがられるパッチリした目…もっとキリッとした目が欲しいけど。「可愛い」って褒められてもなぁ。身長もあと10センチで良いから欲しいんだけど…。台所に降りると、お母さんが朝ごはんを作ってくれる。...

34.海へいこう⑤ 外で味わう快感

0
34.海で水着で③ 外で味わう快感ゴムボートの上では僕のおまんこに和也が顔を埋める。水着の下は片足にひっかかって両脚で和也の頭を抱える。…ふふっ犬みたい。『ちゅる…じゅる…ちゅう…』「あっ…あっ…あんっ…あっ…」僕の唇からは吐息とともに声が出る。和也の頭に手を当ててのけ反ってしまう。声を出したら誰かに気づかれちゃうかも…そう考えるだけでと僕のおまんこからは愛液が溢れる。「気持ちいいですか?」顔を上げて和也が尋ねるの...

33.海へいこう④ お外でフェラチオ

0
33.海で水着で② お外でフェラチオ「付き合う事は出来ないの。でも和也の事は好きだから…。」『ちゅっ』和也の唇に僕の唇を当てる。手を和也の太ももに置いてなぞる。「うっ…」和也が感じた声を出す。僕は和也を立たせて岩場に移動した。和也の目が揺れている。「ゆ…柚さん…?」「何も言わないでいいから。」和也の水着を降ろしておちんちんに手を当てる。まだ大きくなっていないおちんちんを口に頬張る。海水のせいかちょっとしょっぱい。...

32.海へいこう③ 和也をからかうつもりが

0
32.海へいこう③ 和也をからかうつもりが海の家でフランクフルトや焼きそばを食べていざ、出発。ゴムボートって言っても浮輪みたいなもんだから、しがみついてないと落ちちゃいそうでちょっと怖い。和也が紐を引っ張って進んでいく。「風が気持ちいいね。」ゆっくり進んでくれるので落ち着いて風なんかを感じる余裕が出てきた。日差しは強いけど風が冷たくて気持ちいい。「柚さん、結構きましたよ。」「えっ…そう?」こちらを振り返って...

31.海へいこう② カップルみたいに(⑱禁描写無し)

0
31.海へいこう② カップルみたいに(⑱禁描写無し)11時に集合予定の5分前に改札に着いた僕を和也が見つけて声をかけてくれた。「ゴメン、和也くん、待った?」「いえいえ、それより先輩大丈夫ですか?食中毒って、見舞いに行った方が良かったかなあ。」「大丈夫っ、大丈夫だから!昨日病院でもう大丈夫って言われたみたいだしっ!せっかくだから楽しみましょっ!」お見舞いになんか来られたら困っちゃうよ!「そうですか?…うん、そうですね...

30.海へいこう① 傷心の和也と海へ(⑱禁描写無し)

0
30.海へいこう① 傷心の和也と海へ(⑱禁描写無し)よしっ!夏休みの宿題終わったぁ!僕が机を前にしてガッツポーズを決めた時だった。『リリリリン、リリリリリン』携帯の画面を見る。和也からだ。「もしもし…?」「先輩っ、明後日って何してます?」「え……えっと…あさって?…特に何もないけど?」「じゃあ海に行きましょうっ!」「えっ?」「海ですよ、海っ!こんな暑いのに海にも行かずに家にこもってるなんてっ!不健康ですよっ!夏休みといえ...

29.お姉ちゃんと約束(⑱禁描写無し)

0
29.お姉ちゃんと約束(性描写無し)翌日お姉ちゃんからメールが来た。title:遊君へ本文:データの解析には少なくとも1か月ほどかかるから、それまでは何かあるたびに連絡してちょうだい。   あと、今日うちにあった面白いものを遊君に送ります。明後日には届くのでよろしくね。title:ありがとう。本文:今日の朝になったら戻りました。プレゼント楽しみにしています。ふう、送信っと…『リリリリリリン』「うわっ」携帯が急に鳴っ...

28.痴漢とホテル⑭ 中出し絶頂

0
28.痴漢とホテル⑭ 中出し絶頂「きゃんっ…ああっ…くぅっううっ…くっ…はぁぁ…」そのまま先生が後ろに寝転ぶと僕の身体が先生をまたぐ騎上位になった。先生の長くって太いおちんちんが僕のおまんこの奥をこれまでにないほど圧迫する。「くっ、ふう……ふぅ…ふぅ…すっ…ごぉい……せん…せっ……すっごい…こ…れ…すっごい…よぉ!」自分の体重で先生のおちんちんがおまんこの奥を子宮の入り口をこねる。「ふぅん…くっ…きっつぃ…せんせ……おっき…っ...

27.痴漢とホテル⑬ 連続絶頂

0
27.痴漢とホテル⑬ 連続絶頂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~遊視点~先生の精液を顔にかけられたあと、四つん這いの姿勢からおちんちんが突っ込まれた。「やぁん…あん…あん…あん…」『パンッパンッパンっ…』先生の腰が僕のお尻にぶつかる音が響く。「やぁああんっ…やぁ…やぁ…あんっ…はあん…やっ、やっ…はっぁぁん……」先生の大きいおちんちんが僕の中に押し込まれるた...

26.痴漢とホテル⑫ カメラに犯されて

0
26.痴漢とホテル⑫ カメラに犯されて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~先生視点~シーツの上で脚を崩して座った柚に近づき、こちらに顔を向けさせる。頬をピンクに染めて潤んだ瞳がこちらを見上げる。横に座ると私の体にそっともたれかかる。顎に手を当てるとうっとりと目を閉じた。唇を少し開いて待つ柚は、私のキスに嬉しそうに鼻を鳴らし、舌を吸うたびに...

25.痴漢とホテル⑩ 快楽に飲み込まれる

0
25.痴漢とホテル⑩ 快楽に飲み込まれる「お尻をこっちに向けてやってくれないか?」「えっ…は…ぃ」僕はお尻を先生のお腹に載せておちんちんのマッサージを始めた。「うむ…よしっ」「きゃっ、やあっ」先生が急に僕の腰を掴んで引っ張った。ローションで滑って僕のおまんこが先生の顔のすぐそばに…僕のすべてが先生に見られてる。「続けてくれよ。」先生の顔を見ようと振り返ろうとして横の鏡に視線が釘づけになる。男の人の身体に乗...

24.痴漢とホテル⑨ ローション遊び

0
24.痴漢とホテル⑨ ローション遊び先生は椅子に腰掛けた…?「私の身体にローションを垂らして伸ばしてくれるかな?」ふらつきながら僕は膝立ちになってローションの入った桶に手を入れる。ヌルヌルのローションを先生の背中に垂らす。…ひろい…背中……ローションを手のひらで伸ばしていく。柔らかい脂肪の下に硬い筋肉を感じる。…にゅるにゅる……にゅるにゅる……「君の胸を使ってみなさい。」僕のおっぱい?えっと…こうかな?「ひゃんっ」先...

23.痴漢とホテル⑧ お風呂で泡講習

0
23.痴漢とホテル⑧ お風呂で泡講習「さっ、行こうか。」しばらくの間恥ずかしくて下を向いていた僕を先生が促して脱衣所へ…後ろから先生が僕を抱きしめる。大きな鏡が後ろからおじさんに抱きしめられて赤くなる僕を映している。鏡の中で先生は僕の耳にねっとりとキスをする。首を吸われ、鎖骨を舐められる。「はっ…ぁ…」バスローブの合わせ目から手を入れられておっぱいの間をすっと撫でられる。脇を撫でられ、お腹を触られ、声が漏...

22.痴漢とホテル⑦ 寝ている間の出来事

0
22.痴漢とホテル⑦ 寝ている間の出来事僕はまだベッドの上で頭がぼぉっとしてる。…はぁ……すごかったぁ……裸でぼぉっとしてると先生がバスローブをもってきてくれた。先生もバスローブを着ている。「下着の替えは持ってるのか?」と聞いてくれたので、首を振ってバスローブを着る。どれがいい?とメニューのようなものをもって聞いてきた。メニューを見ると…えっ?赤や黒のすけすけハイレグ、Tバック、こっちはうわぁ、お尻だけ開いて...

21.痴漢とホテル⑥ イカされる体

0
21.痴漢とホテル⑥ イカされる体僕の腰を持った先生はゆっくり腰を動かし始めた。先生の大きなおちんちんに僕のおまんこが引きずられるように感じる。「あんっはああっ…きっもちいい…せんせっ…きもちいいよおぉ……」『じゅぽっじゅぽっじゅぽっ』「あっあっああっ…あ…や…」おちんちんがこすれるたびに自然に声が出る。身体が自然に弓なりになり腰が動く。僕の手は頭の上の枕やシーツを痛いくらい握りしめてどうしようもない快感に耐...

20.痴漢とホテル⑤ 待ちに待った挿入

0
20.痴漢とホテル⑤ 待ちに待った挿入あっ…またおちんちんの先から先走り液?が…ぺろっ…「気に入ったか?じゃあ口を大きく開けて口の中全体でチンコを気持ちよくしてくれ。」「はい。」とはいうものの、こんなに大きいの僕の口に入るのかな?一生懸命口を開けて「んんん…ぁくぁ…かはぁ…」何とか先だけ飲み込んだ。そのまま顔を押し付けるように飲み込もうとする…「無理するなよ。」…先生の声…心配してくれてるんだ…優しい…。『れろ…...

19.痴漢とホテル④ フェラチオ講習

0
19.痴漢とホテル④ フェラチオ講習「おっ、目が覚めたか。」「せんせっ…あのっ」ニヤニヤ笑う先生。「凄いイキ方だったな。そんなに気持ちよかったか?」僕はそう言われ真っ赤になった。「…ん…は…ぃ」時計を見るとまだ8時くらい。多分入ってから1時間半くらい。いつの間にかバスローブに着替えた先生は吸っていた煙草をを消してベッドに近づいてきた。思わずシーツを顔まで引き上げて先生を見る。「ん?どうした?」なんだか顔が熱...

18.痴漢とホテル③初めてのおねだり

0
18.痴漢とホテル③ 初めてのおねだり「じゃあ次だな。」先生は僕の腰を浮かせてワンピースを抜き取った。Tバックはびちょびちょで意味をなしていない。これも抜き取られた。「そうだな。ちょっと動くなよ。」先生は僕をお姫様抱っこでベッドに連れていってくれた。僕は先生の首の後ろに手を回して必死でつかまったけど、先生はすごく力もちで全然不安がなかった。ベッドの正面には鏡が三枚ついていて色んな角度から僕が見えた。「よ...

17.痴漢とホテル② エッチな授業開始

0
17.痴漢とホテル② エッチな授業開始「さあ、もう一回だ。」「はぁ…い」先ほどから何度も舌を吸われて言われるがままになった僕は上を向いた。『ちゅ…あはぁぁ…んんちゅうう…ゴクン…にゅちゅううう…あふぅ…んっ…ちゅっ…』「おじ…さん…んちゅう…ちゅっ!」キスが中断される。「おじさんは止めなさい。……そうだな、私のことは先生と呼びなさい。」「はぁい…せんせ」先生はソファに腰を掛けて僕を自分の膝に座らせる。先生が僕を背中か...

16.痴漢とホテル① おじさんに連れ込まれる

0
16.痴漢とホテル① おじさんに連れ込まれる僕はおじさんに支えられながら駅に降りた。ここは僕の最寄り駅じゃないけどおじさんに体を任せて歩く。電車で何回気持ちよくされたんだろ…はぁ…はぁ…もう…よくわかんない…おじさんは自然に僕の肩を抱く。ふらつく僕はおじさんの身体にしがみつくようにして歩く。意外に硬い筋肉質な体はちょっと加齢臭がするけど頼りになりそうで安心する。おじさんは慣れないヒールで歩きにくい僕に合わ...

15.おじさんとの一夜② 電車内で痴漢にイカされる

0
15.おじさんとの一夜② 電車内で痴漢にイカされる痴漢の手は思った以上に僕の気持ちいいところを刺激してきた。まずはお尻全体を撫でまわす、「…っふ…っふ…」それから指が徐々にお尻の割れ目に近づいてきた。つーっと爪で引っ掻くようにお尻の谷間を刺激される。「んっ、んっ、やっ」声が出そうになる口を手すりを握る手で押さえて必死でこらえる。…何とかしないと…お尻に手を回し、痴漢の手を押さえようとするけど、逆に後ろ手に掴...

14.おじさんとの一夜① 痴漢初体験

0
14.おじさんとの一夜① 痴漢初体験駅でお姉ちゃんと別れてホームに向かう。お姉ちゃんと一緒の間は大丈夫だったけど…一人になった途端不安になってきた。…特に周りの男の人の視線がすごく気になる。考えてみれば僕は下着を除けばひらひらのワンピース1枚。パンティはTバックだし…。風が吹くと直接ふわっと素肌に当たる。「きゃっ」って声が出て周りを見ると何人かの男と目があった。すぐに逸らしたけど、絶対太ももの上の方まで見...

13.お盆2日目② 女の子の格好

0
13.お盆2日目② 女の子の格好予定外のアクシデントはあったけど、続いて二人で服を見に行った。「こんなのどう?」「うーん…」お姉ちゃんが服を取っては僕に尋ねる。「じゃあ…そうねえ、こっちならどう?」「うーん…」「もうっ、煮え切らないわねえ。」「だってお姉ちゃんならもっとキレイ系の服の方が似合うし…」「何言ってるのよ、あなたの服よ。」「えぇっ!僕の!?」「当たり前じゃないっ!」お姉ちゃんが今更何言ってるの、と...