性転換・TS・女体化劇場

3周目 9月22日(水) 午後11時 島津政信

0
3周目 9月22日(水) 午後11時 島津政信「美紗ちゃんって敏感なんだね」茶髪が俺の体の上からどくと足元に移る。俺は自分のカラダが反応したことに衝撃を受けながらも必死に気持ちを立て直そうとした。『ねろっ』急に割れ目が舐められる感触にゾッとして鳥肌が立つ。「ひゃんっ」「おおっ、気持ちいいのかな?」俺が思わず出した声に茶髪が興奮する。(違う…驚いただけだっ)『カチャ』ドアの閉まる音がした。茶髪が股間を舐めるの...

3周目 9月22日(水) 午後10時30分 島津政信

0
3周目 9月22日(水) 午後10時30分 島津政信「んん」目が覚めた俺は自分がベッドに寝ていることに気がついた。(ここはどこだ)天井がいつもと違う。(えっと…ああ、カフェを出たところで…二人組の男に会って…ああっ)最後の記憶の中の『獲物』という言葉が頭に浮かんで一気に覚醒した。『ガチッガチッ』起き上がろうとすると、両手両足が何かに結び付けられているように動かない。両手両足のあたりから金属の音がする。何とか状況を...

3周目 9月22日(水) 午後4時20分 島津政信

0
3周目 9月22日(水) 午後4時20分 島津政信「じゃあ、また夜に」「うん、電話待ってるから」高樹に手を振って俺は帰路に着く。行きの電車でも今日は何もなかったから気分は軽やかだ。駅に着いて電車を待つ。(どうやったら元に戻るんだろうな…)そう思っていたら、聞き覚えのある声がした。顔を上げると俺の座る前に昨日の二人組が立っていた。「なあ、そういえば昨日言ってた痴漢の女の子の写真って送られてきたのか?」昨日はほと...

3周目 9月22日(水) 午前7時20分 高樹美紗

0
3周目 9月22日(水) 午前7時20分 高樹美紗アタシはようやく、それっぽい感じになってきたことに気分をよくしていた。(夜はその日あったことを話して、一緒に登校して、これって付き合ってるみたいなもんよね)「朝起きたら、琢磨からめちゃくちゃ電話がかかってたんだよ」そう言われてギョッとするものの結局連絡はとってないことに安堵する。電車も昨日のことがあるから、島津をドアの前に立たせて、守るように立つ。「もうすぐ...

3周目 9月21日(火) 午前8時 高樹美紗

0
3周目 9月21日(火) 午前8時 高樹美紗「おい、おっさん、何触ってんだ?」アタシの野太い声に周りの乗客が騒ぎ始めた。「なあ、おっさん、何触ってんだって聞いてんだけど」アタシの怒りは凄まじいものになっていた。前回のこともあり、痴漢の手を後ろ手に持って締め上げる。「ぐっ、くそっ」おじさんの手は島津の胸に入っている。言い逃れできない状況だった。周りの好奇の目がアタシと島津、それに痴漢に注ぐ。駅に着いたとこ...

2周目 9月26日(日) 午後11時50分 高樹美紗

0
9月26日(日) 午後11時50分 高樹美紗アタシは布団に体を投げ出して悩んでいた。(どうも今周はずっと島津の様子がおかしかった。なぜだろう、体調が悪いとか…どうしたらいいんだろう?)そして、目の前が真っ暗になり、見覚えのある真っ白な部屋に…「今回はお主が脇役になっとったのう」「どういうこと?」「しょうがないのう」そう言うと空中にモニターのようなものが出て、一人の少女が映る。少女は旅館のようなところで一人の男...

ロゴスでの日常

0
「魔石っていうのはね、魔力を含んだ石のことなんですよ」ここはギルド内のカフェ。ウィリアムさんと向かい合って座って僕は魔法の講義を受けていた。ギルド証や家の風呂やキッチンに使われている『魔石』というのがなんなのかよく分からなかったので、誰かに聞こうとギルドに来たら偶然いたウィリアムさんが親切に教えてくれることになったのだ。「そもそも、葵さんは『魔法』とは何かわかっていますか?」「えっと…いえ…すみませ...

女同士の味

0
「ちゅ♥️んちゅ♥️…んあっ♥️はぁ♥️はぁ♥️…」(ん…♥️あれ?)確か路地裏にいたはずなのに、今は柔らかいベッドの感触だった。しかもそれだけでなく口の中や歯の裏を何かが蠢いている。(ん♥️でも気持ちいい…♥️)ぼぉっとした頭で快感を味わう。絡め取られるままに僕も舌を動かした。「あ…♥️」ようやく目の前にいるのがマーガレットさんだと気がついた。「あれ?…どうしてマーガレットさんが…んんんっ♥️」僕の質問に答えず、再びマーガレ...

危機一髪?

0
「ふんふーん」鼻歌交じりにアタシはトランクに服を詰め込んでいく。すべてアオイが買ってくれたものだ。(あの子は何を着させても似合うから、ホント楽しいわぁっ!)先ほど買ってくれた服をさっそくアオイの新居に届けてあげよう、とパンパンに詰まったトランクの蓋を無理やり閉める。(そうだぁっ、こんなにたくさん買ってくれたんだしぃ、お土産でも買って行こうっ!)そう思って重いカバンを両手で持ってアタシは意気揚々と街に繰...

新生活とナンパ男

0
ハンターの朝は早い。日の出と共に目を覚ましてまずは柔軟をして睡眠中に固まった体を念入りに解すことから始まる。それが終わると家の周囲を中心にジョギングを行い体を暖める。(でも街の人も朝は早いけどね。ジョギングしてたらすっごい挨拶されるし!)そして家に戻ると庭で木刀の素振りを行う。ゆっくりとした振りで型の乱れがないかを確認した後、徐々に剣速を上げていく。これが終わる頃には汗だくになっている。多くのハンタ...

2周目 9月24日(金) 午後8時50分 痴漢

0
2周目 9月24日(金) 午後8時50分 痴漢「うぅぅ……んっ、やぁっ、わっ、分かりました…。あの…えっと…」「お父さん」「お父さん、お願い…おまん…こに下さい…」それだけをはっきりと言うと美紗が口をつぐんだ。「よしよし、お父さんが気持ちよくしてやろうな」下腹が透けて見えるブルーのレースの上にローターを移す。「んっ、そこじゃなくっ、ってぇぇっ」「おっと…」手元が狂ってパンティの底に当ててしまった。「あぁんっ」「どう...

お姫様の屋敷

0
東門からまっすぐ伸びる大通りから一つ南側に入った道沿いにその建物はあった。(すごいおっきな建物だなぁ、貴族の別荘だったりするのかな?)高いレンガの塀を眺めながら僕がそんなことを考えていると「こちらになります」(へ?)「こちらって…この家ですか?」「はい」「ちょっと大き過ぎないですか?」「そうですねえ、敷地は広いですけど建物自体はそれほど大きくないんで…とにかく一度中を見てみましょう」そう言って門を開ける...

ギルド説明と物件探し

0
翌日。午前中に来るようにとレオンさんから言われていた僕らは支部長室のソファに座って説明を聞いていた。話すのは主にアーバインさん。レオンさんはニヤニヤ笑って僕らを見ているだけ。(アーバインさんの苦労がわかるなぁ)ところで僕らの入会についてなんだけど、あれはかなり特別な措置だったみたい。あっ、いや!分かってたよ!ギルド員が入るたびにあんな感じだったら困るし!ホントだよ!どうやら今回はこの支部始まって以来...

2周目 9月24日(金) 午後6時30分 島津政信

0
2周目 9月24日(金) 午後6時30分 島津政信「美紗は浴衣も似合うなあ」(うわっ、女将がいる前でっ)「ちょっと、お…お父さん…酔ってるよね?」「いやいや、やはり女の子だな。ピンク色の浴衣がよく映える」「そうじゃなくて…」「まあまあ、お父様の気持ちも分かりますよ。凄くお嬢様にお似合いですから」(良かった…。疑われてはないみたいだ)食事の時間が近づいてきたので、痴漢も俺も浴衣に着替えたところ、配膳に女将が来てくれ...

2周目 9月24日(金) 午後2時25分 島津政信

0
2周目 9月24日(金) 午後2時25分 島津政信九月になり、暑さは一段落ついたとはいうものの、昼間はいまだ夏の太陽が照りつける。駅から旅館までの短い間にも俺はじんわりと汗をかいていた。「せっかくだから風呂に入るか」入り口からすぐの囲炉裏のある部屋の奥の襖を痴漢が開けると、障子越しに柔らかい陽射しが部屋を満たしていた。「げっ」俺の口から思わず声が出た。「ん?美紗…どうかしたか?」布団が二組並べて敷かれていた...

試験合格

0
少年が恋人と二人にして欲しいと言ったので、部屋に残してウィリアムとアンナは外へ出た。「こういうのは辛いな」アンナが空を見上げてつぶやくように言った。「そうですね…」部屋の中からはすすり泣く声が聞こえてくる。「彼はこれからどうするんだろうな…」アンナは無意識に呟いたのだろう。そしてその言葉が聞こえてしまったのではないか、とウィリアムの顔を窺った。ウィリアムも数年前に恋人だったハンターを魔物との戦いの中...

群がるオークの中で舞う少女

0
『ビュンッ』村に入るなり僕らに向かって無数の矢が飛んできた。「葵っ」「大丈夫っ」僕は難なく躱す。横目で見るとラルフは躱すどころか矢を掴んでいた。飛んできた方向を見ると、櫓(やぐら)のようなものが建てられていてその上に数匹のオークが見えた。何やら櫓の上で叫んでいる。ラルフが掴んだ矢を投げると、一直線に飛んだ矢が櫓の上のオークに刺さった。『ドサッ』重いオークが地面に落ちた音は意外な程大きな音を立てた。案...

ギルド入会試験

0
初めての特訓では色々やらかしてしまった。あんなにラルフを連れていくのを拒んだのに数日でこの体たらく、これからはもう少し考えて行動するようにしないと恥ずかしさに耐えられなくなりそうだ。ともあれ、お腹が空いたので僕らは一階の食堂で夕食をとることにした。「なにこれっ!すっごくおいしいっ!」銀狼亭の主人の作る料理は田舎育ちの僕にとっては初めて食べる味だったけど、これが驚くほどおいしい。「あらあら、そんなに...

窓際の悦楽

0
ハンターギルド。この世界には様々な魔物がいる。それを討伐するのがハンターと呼ばれる人々の仕事だ。しかし、魔物と戦おうなどと考えるする人間には荒くれ者が多く、脛に傷を持つ者もいる。そのため、依頼がきちんと遂行されたり、依頼人とハンターの双方にとって問題が起こらないためにギルドが作られた。現在はアトランティス王国内の主要な街に支部が作られ、国家権力から独立した力を持っている。その仕組みは、まずギルドに...

2周目 9月24日(金) 午後12時15分 痴漢

0
2周目 9月24日(金) 午後12時15分 痴漢私が更にテンポを上げようとしたときだった。『コンコン』トイレの扉がノックされる。「……」美紗が心配そうに振り向いた。「はい?」私が返事をする。「あのお、車掌ですが、大丈夫ですか?トイレから辛そうな声がすると他のお客様がおっしゃられまして」「ああ、ご迷惑をおかけしてスミマセン。どうも娘が電車に酔ったみたいでして…」私は挿入したまま、落ち着いた声で答えた。「ああ、そ...

目立つ二人

0
村正を使っていないときでも僕は感覚が鋭くなったみたい。視線を感じて目を向けると配達途中だったのか、荷車を停めたお兄さんと目があった。お兄さんはサッと目をそらす。また、その隣を見れば女の子二人が僕らを見てヒソヒソと話している。振り返ればオジさんがねちっこい目で僕を見ていたけど、すぐにラルフが間に入っておじさんの視線をシャットアウトしてくれた。「僕ら見られてる気がするんだけど気のせいかな?」「うむ、見...

オークに犯される少女

0
太い肉の棒がアタシの体の奥の奥まで満たしている。そして、この棒が出し入れされる度にアタシの口からは痛み以外の声が出ているのだ。「あっ♥️あっ♥️ああっ♥️♥️」初めての時は裂けたんじゃないかってくらい痛くて泣き叫ぶことしかできなかったのに、アタシの体はこの肉棒の形を覚え込まされてしまった。「あっ♥️んんんっ♥️こしゅれるっ♥️しゅごいっ♥️」他の男の体を知らないからなんとも言えないけど、きっとこんなに大きくはない...

2周目 9月24日(金) 午前11時30分 島津政信

0
2周目 9月24日(金) 午前11時30分 島津政信『ガタン、ゴトン…』「ん…くっ」俺は唇を噛み締めていた。『ヴヴヴヴヴ』電車の走る音に紛れて周囲には聞こえない程度の音だが、俺は体を通して振動を感じる。「ん…」涙に滲んだ窓の外の景色は田園へと移り変わっていた。◇◇◇9月24日(金) 午前11時00分 痴漢駅に隣接した商業ビルを出た私達は駅のロッカーに学園の制服や鞄を入れて、再び駅に戻った。(制服も良かったが、これはこれで。...

城壁に囲まれた街ロゴス

0
人跡未踏の深い森の中、美しい泉にチャプチャプと波紋がたっている。「んんんっ!ラルフぅ、そこは舐めちゃだめ!」岸には脱いだ服が散乱している。そして葵は片脚を岩にのせて無防備な股間をラルフに舐められていた。「そうは言っても、葵のここはビチョビチョになっているぞ」「あっ、んっ!これは…村正のせいだから!」ラルフの長い舌がクリトリスを舐め上げる度にゾワゾワと体が震える。「では、ここならいいのか?」ラルフは...

2周目 9月24日(金) 午前10時30分 島津政信

0
2周目 9月24日(金) 午前10時30分 島津政信最近建ったビルの中のテナントの一つに痴漢がスタスタと入っていったが、俺は店の前で立ち止まって入るのに躊躇する。「いらっしゃいませ~」平日の朝だけあって客は少ないものの、明らかに若い女の子向けの服の店だ。(なんでこんな店に堂々と入っていけるんだ?)「お~い?お客様~?」俺は話しかけられているのが自分だと気づかず、驚いて顔を上げた。綺麗な大学生くらいのお姉さが俺...