FC2ブログ

記事一覧

『魔導列車タイタン』クリューソス発

イリスさんが帰ってから数日後、僕はついに王偉(ワンウェイ)さんとの会食と相なった。

「ここ…で間違いないよね?」

てっきり会食はレストランか何かで行われると思っていたので、指定された場所に着いた僕は思わず呟いた。

クリューソスの門の外、大きな煉瓦作りの建物が指定された場所だった。

大きな金属製の入り口が開いている。

「俺達まで招待してくれるとは、流石は大物、太っ腹だが…」

そう、会食の場に招待されたのは僕だけでない。ミハエル、ジャスミンさん、スージーさん、タマちゃん、オズワルドさん、もちろんハルとアメも同行を許された。

「でも、なんだか…警備が厳重、ね?」

ジャスミンさんにそう言われてみれば、確かに傭兵の数が多すぎる気もする。

「お嬢様、お気をつけ下さい。フードの男は魔王すら現世に呼び出すほどの者と聞きました。どのような力をもっているかも未知数です。そのような男と一緒にいたという王偉(ワンウェイ)も何を隠しているかわかりません」

ハルが僕にだけ聞こえるように囁く。

四角い真っ黒な金属の箱を眺めながら僕が頷いていると見計らったように特徴的なイントネーションの声が響いた。

「全員お揃いのようやな」

声は四角い箱のほうから聞こえて、カツンカツンと金属製の階段をこれまた特徴的な体格のワンさんが降りてきた。

「本日はお招きいただきありがとうございます」

僕らは口々に挨拶する。

「ええ、ええ、そんなん言わんでも。グランプリ受賞者のチームなんやから」

丸いサングラスで目は見えないけどニコニコ笑顔でワンさんが近くに来た。

「あの…この傭兵達の数は…」

ジャスミンさんが控えめに聞く。

「ああ、ジャスミンさんは流石やな。せや、実はな今年はこれで同盟都市を巡るんやけど、こないだから魔物がえらい増えたやろ?」

実はジャイアントフロッグの時にも聞いたんだけど、魔物が増えた時期は世界樹が石化した時期と重なる。何気に僕のせいでもあるから耳が痛い。

「同盟都市からも要請があってな、御披露目ついでに魔物退治もしたろう思てんねん」

「ああ、なるほど…」

ミハエルが頷いているのをワンさんがじっと見た。

「ミハエル、あんまりこれまでは話することもなかったけど、今回のお手並みはほんまに凄かったわ。普段人を見る商売してるワシがこんな逸材を見逃してたなんて、奴隷商の看板をおろさんとあかんな。ハハハ」

ミハエルは照れ臭そうに笑った。

「おっと…もうこないな時間か。よっしゃ、行こか」

こうして僕らは魔導列車に乗り込んだ。


◇◇◇


会食はまだ先のようで、車掌さんが発車の前に魔導列車の中を案内してくれた。魔導列車はいくつもの箱(車両というらしい)が連結している。

「まず、こちらが魔導列車の運転室でございます」

一番前の車両にはなんだか色んなレバーに囲まれた椅子にキツネの耳のおじさんが座っていた。

「一人で動かすんですか?」

僕が聞くと車掌さんが微笑む。

「皆さんそうおっしゃいます。ええ、アシスタントなどはおりますが、基本的には一人で動かします」

「はぁぁ、すごい…」

スージーさんが目を丸くしていた。

次に動力の車両に移る。そこには炉のようなものがあって、山積みの魔石の前に帽子をかぶったおじさんがスコップ片手に数人立っていた。

「魔導列車は魔力で動かします。非常に大きな魔力が必要なため、各都市で魔石の補充が欠かせません。ここにある分で次の都市まで向かいます」

「こんなに魔石がいるのか…そりゃあチケットが高くなるわけだな」

オズワルドさんも鍛冶をする上で魔石を使う。だから思わずその値段を計算したようだ。

「さあ、次に参りましょう」

次の車両から六両ほどは指令室、ワンさんや傭兵、乗員のための車両、その次が荷物の車両、それから僕らの乗る車両(他の車両と違ってかなり豪華な客車と言うらしい)となっていた。

「へぇ…客車は高級なんだね」

「そりゃそうだろ。超プラチナチケットなんだぜ」

「ミハエルは乗ったことあるの?」

「いや、初めてだ」

真っ赤な絨毯の上を車掌さんに先導されて僕らは歩く。

「こちらが葵様のお部屋でございます」

案内された僕の部屋は最後尾の客車の中にあった。ハル、アメ、ミハエル達は男女に別れてひとつ前の客車の部屋に案内されていた。

「まるで高級な宿だニャ」

タマちゃんがいつの間にか僕の部屋を確認して溜息をつく。

「タマちゃんの部屋はどう?」

「良い部屋だったニャ。いつかこの列車でコンサートをしたいニャ」


◇◇◇


列車がクリューソスを出て数時間、広い平原に出た。

『ピー』

高い笛の音が鳴ってゆっくりと列車が停車する。

「停まったね。何だろ?」

ハルとアメもちょうど僕の部屋に来て、のんびり寛いでいた。

窓から外を眺めていると、ノックの音がして車掌さんが扉を開けた。

「只今より魔物の討伐を行います。お客様にもしものことがないよう窓の鎧戸を閉めさせていただきます」

窓の外側にある鎧戸が閉まると日の光は全く入ってこなくなった。

すぐに魔術具の明かりで部屋は明るくなる。

「外は見れないんですか?」

「指令室からなら見れますよ。ご案内いたします」

指令室とはワンさんが乗る車両にある部屋だ。

「あら?葵達も指令室?」

ジャスミンさんとミハエルも出てきた。

「上がってもろてくれ」

階段の上から声がする。指令室には階段があって、天井を外して外を見ることが出来る仕組みのようだ。

「では、こちらからどうぞ。足元にお気をつけください」

ぞろぞろと上がる。ワンさんともう一人のおじさん、それに僕ら五人で見張り台はいっぱいになった。

「おお、みんなで見に来たんか?こっちにいるのは傭兵隊長や。それで、こっちが葵さんや」

傭兵隊長が僕の顔を見たまま驚いた顔で止まっている。

「あの?大丈夫ですか?」

「あっ、ええ、大丈夫です。ぜひご覧ください。…それにしても若い連中が噂していましたが…これは…」

「せやろ?実際はコンテストでもダントツやったんやで」

ワンウェイさんが自分のことのように胸を張る。

「ところで、ええタイミングで来たなあ。ちょうど始まるところや」

列車は小高い場所にあって、平原が見渡せる。

子供の背丈ほどの魔物がワラワラと現れた。

「お嬢様、あれは?」

二人は魔物も初めて見るのだろうか。

「ゴブリンだね」

列車の側からは傭兵たちが一列になって進んでいく。数では明らかに勝っているとは言え、ゴブリンは魔物の中でも最弱の部類。傭兵たちの手馴れた様子を見ると負けることは考えにくい。

(ふーん…魔術師が多いな)

都市国家群は魔術が盛んとは聞いていたけど、傭兵達の中にも魔術師らしき軽装の者が目立つ。彼らは後方から術式を編み始めた。

(それだけじゃない。あの剣は…?)

前衛の男達の持つ剣の刀身が淡い光を帯びている。

「あの剣を見てなさい。きっとびっくりするから」

ジャスミンさんが後ろから僕に囁いた。

「始まるぞ」

ミハエルの言う通り、隊列を組んで進む前衛とゴブリンの群れがぶつかる。

「うわっ」

傭兵の剣がゴブリンを切り裂くと同時にその切り傷から炎が湧いた。

「ほらね、驚いたでしょう?」

傭兵達は数倍の数の相手を蹂躙していく。後方からの魔術に加えて、光る剣に斬られたゴブリンがどんどん燃えて黒焦げになる。

「余裕やな」

ワンさんの言葉に傭兵隊長が頷く。

「ええ、ゴブリンごときにやられはしません」

その後、群のボスらしき一回り大きなゴブリンも容易く仕留めて傭兵たちが鬨をあげた。

「葵さんから見て傭兵の戦いはどうやった?」

「ええ、皆さん強いですね。あの剣はどういったものなんですか?」

「ええ、あれは魔術剣と呼ばれるもので、刀身に術式が刻まれ、柄に取り付けた魔石や本人の魔力で様々な効果を出すのです」

自慢気に傭兵隊長が説明してくれた。

「アトランティス王国のSクラスのハンターにそう言うてもらえたら安心やな。なあ?」

話を振られた傭兵隊長は訳がわからないといった表情で僕を見る。

おそらくアトランティス王国もSランクハンターというのも知らないんだろうけど、それでもSランクというくらいだから凄いということは理解できたはず。ただ、目の前にいる僕がそんな人物だとは到底思えないのだろう。

結果としてワンさんが冗談を言っているのか、それとも真面目に言っているのか計りかねているように見えた。

「それに…葵さんは色んな意味で有名やからな」

サングラスで目線は分からないけど、なんとなく気持ち悪くて鳥肌がたった。

(この人…僕のことを調べてる?)

都市国家群とは国交もほとんどないはずのアトランティス王国の情報をこの短期間にどうやって手に入れたのだろう。

顔に出てしまったのか、ワンさんが僕を覗きこんだ。

「そらそうや。ワシらは商人。金を稼ぐためには情報こそが命やからな。せやせや、会食はもうちょい先でお願いします。これからいくつか都市をまわって魔物も退治せなあかんから」

実際、数日間の間に五つの街を巡り、何度か大規模な討伐も行った。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎  赤髭 若宮参太 羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 あむぁいおかし製作所 ガットマキア 氷月 ToL●VEる RAYMON M小説同盟 Q パルコ長嶋 DATE akys本舗 桐下悠司 せみもぐら なるせ 谷口さん 枝空 きつね長官 L.P.E.G. H9 砕骨子 命わずか 夢幻館 あむ 大和田朋輝  犬神ラボ かかし朝浩 忍桐ずん 九条志玲 ぶーちゃん 柚子鉄線 アサノシモン 龍企画 うえにあるみかん TSFのF もちもち堂 サナダ ゆきまろゆっきー ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 けんたろう HB 猫丸恋太郎 鹿島田しき 大人の幼恥園 あめしょー あるざ流人 ドウモウ 坂井リンゴ むらさきにゃんこバー ダイナマイトmoca 艦●れ 蜥蜴重工 いそふら エムシー販売店 紫紀 Norn U.R.C 狩野景 午前七時の合わせカガミ 幾夜大黒堂 NOIR 大嶋亮 gallery_walhalla LAZY_CLUB 稲葉COZY 水利硝 新堂エル 泥酔桜国 ヴァニラCREAM ノーリミット tes_mel Cothurnus Norn/Miel/Cybele 宮里えり やまガラス BANANA かると 一輪車でねこらっしゅ もくふう 無計画主義 ピンポイント キングピン 赤人 石野鐘音 成田コウ くろの せぼい シルキーズ 双龍 AV 君の●は。 トキサナ 男体化 鈴月奏 OKAWARI 龍炎狼牙 雪月楓花 #define 蒼田カヤ ふじや まぐろどんぶり あべつくも 神谷ズズ 狼亮輔 さいもん 消火器 マグナプラン 吉田犬人 ウィルテイム 大石コウ ひらたいら ダルシー研Q所 ピンクパイナップル 福龍 恥辱庵 TS内燃機 Hisasi 綾瀬はづき BENNY’S 夏川冬 ニイマルサン 松園 緑木邑 田中竕 クラウド 真城の秘宝館 山猫スズメ 座間翔二 高宮はいり 桐生真澄 白羽まと 鶯羽佯狂 眠たい猫 花妻見枝豆丸 エロエ アロマコミック 零零零 舘石奈々 にくじゃが 永田まりあ 飛燕 アカギギショウ 菅野タカシ タケユウ 一夢 PoRore 山田ゴゴゴ 零覇 高瀬むぅ 虹のれん Red.D たいやき しなのゆら コトキケイ B-DASH 岸里さとし JUMP はみ部屋 種梨みや CrookedNavel 童貞食堂 TJ_studio 勇者乾電池 夜のひつじ アシオミマサト ちみチャンガ ココロコネクト TLB ヨシフミカオル 鳥茶丸 満足堂 能都くるみ ちり 蒼沼シズマ とも福 Lilith 脳縮還元 pastgadget 鉄巻とーます 浅野屋 まどろみ行灯 白濁系 シュガーミルク 愛内なの 高柳カツヤ ディーゼルマイン 小女子 伊佐美ノゾミ vivi-sectr 白駒らい TinkerBell ハイエンド アクシス 都氏 じぃすぽっと 雨雅 若井いくお 無限軌道 ゆきマンゴー 橘真児 樋口あや 松任知基 bodied 早乙女もこ乃 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 高山ねむ子 さじぺん ぬるはちぽんぽん 松阪剛志 Medium SPINDLE アパタイト LIBERTYWORKS 如月奏 クリムゾン 極フェロ 天鬼とうり  中川優 立川立夏 あきちん 松山はやて ボクガール 有栖リツカ D-ivision 高尾鷹浬 小武 舞麗辞 しまちよ 酒井仁笹弘 桂あいり 葛城ゆう 花門初海 タナカミノリ 上原ヨヨギ ミッドナイトむぅむズ 蔵乃 浅草寺きのと ちょこばにら ポン貴花田 藤島製1号 森島コン メイビーソフト 工藤詩乃  雪乃つきみ ケラトン 久壁おと 百合原明 りこ丸 萌姫ねねね スピンドル ごまさとし 黒色彗星帝国 majoccoid はるゆきこ たいやきトランプ 汚惣菜屋 Q-Gaku かふぇもかそふと まうめん すみすず みよし 目指せ絵師様 チリモズク茶 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 CHU-S 4階絵画室 雑菌工業 天崎かんな 東航 だーくすぴりっと ねとろもりこん くどうひさし 天野タマキ 小倉脩一 アロマフラッシュ! runa なちすけ 雛瀬あや 白家ミカ ピロンタン フジツナ 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン ほりとも るいす・まくられん いちよんよん 仁志田メガネ taro 地縛霊の巣 宇行日和 ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 あまね紫狼 雷蔵 福徳紗織 愛昧亭うまみ 藤馬奈緒 井ノ本リカ子 月下冴喜 吹浦ハギ 彩葉チヨ 水姫七瀬 ikak 風雅ゆゆ ゆうきつむぎ 椿山パリィ 伊駒一平 一夜猫の夢 ろれろれ屋 ほんじょう山羊 八尋ぽち 愛昧亭 オジィ カワディMAX とめきち 鉄腕うーぴー ねじろ 47.5% 式神くろ子 @子猫 gallery walhalla 緋衣響一 春日まゆ すずしろやくも spika 真黒皇子 木ノ碕由貴 高槻遠名 福田りお たなかけいご 九波ヒメヒコ しおん 壱状什 DLメイト 松波留美 氷室芹夏 あんにん アシオ 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 三夜 左カゲトラ みうら悶絶 妖精社 ぷりてゐ 碧本さり 夏が夜かおる 鳥之倉 たけし 睦茸 美矢火 144 絵を描くマン tsxy 瀬奈陽太郎 千変万化式 アイド●マスター もねてぃ アクオチスキー先生 MasterMind さかもと(猫) KEN しいなかずき 風呂井戸ソフト ZEQU 不確定空間 りーるー モフ2製作所 ふかふか天職 南ちさと bpm12 南郷じんげる RIKI 星逢ひろ あましょく kupa さいだ一明 Miel Cybele 楽人唯夏 エクスプロージョン 托卵JP 大橋薫 花巻かえる TSUBASA みなこなみ レトロスター 南京本舗 納屋 鎖ノム   十月兔 百合 蒟吉人 メロンバロン 我心達吉 東方Project 日月ネコ サ●ーウォーズ 南乃映月 馬せんた うたのはかせ 女騎士の城 Quu 柚木N' 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます