FC2ブログ

記事一覧

敗北

会食後、ワンウェイから何かしらの行動があるかと構えていたんだけど、特に何があるわけでもなく、魔導列車の旅は終わりを告げようとしていた。

『コンコン』

ノックの音で僕が目を覚ましたのはまだ、寝入って数時間。時計を見れば、まだ深夜だった。

目を擦りながら起こされる前まで見ていた夢を思い出す。

最近夢の中の千手丸は男村正と、どんどん近づいている。今日などは千手丸の家に村正を招待して夕食を食べていた。

甲斐甲斐しく夕食の支度をする姿はまるで乙女のようだった。

(というか、千手丸は女だから当たり前と言えば当たり前なんだけど…)

『コンコン』

「はいはい…」

ノックの音に答えて扉を開けると、そこに立っていたのはミハエル達だった。

「うぇっ?みんな揃ってどうしたの?」

「お嬢様、お休みのところすみません」

僕の部屋にあった丸テーブルを囲む。

「それで一体どうしたの?」

一様に緊張した顔つきから、何かがあったことは分かるけど、それが何なのかはさっぱり想像もつかない。

「あー、実はだな、この列車はクリューソスに向かっていない」

「へ?」

ミハエルの言葉に僕は耳を疑った。

(でも車掌さんが次はクリューソスだって…)

スージーさんとタマちゃんの顔を順に見る。

二人とも不安そうに耳を垂らしていた。オズワルドさんは難しい顔で腕を組んでいる。

「ミハエル、それじゃ意味がわからないわよ。アオイ、ちょっと、これを見て」

そう言ってジャスミンさんがテーブルに地図を広げた。

「さっき補給のためにちょっと止まった都市があっただろ?それはここなんだ」

ミハエルが指差したのはクリューソスの西の都市だった。

「だけど、今は北に向かっている」

確かにミハエルの持つ方位磁針は北を指していた。

「一旦北に向かってから東へ向かうってことはないの?」

「ああ、最初は俺達もそう考えたんだが、ほら、この地図を見たら分かるが、レールはさっき停車した都市からこの道に沿ってクリューソスに直接繋がっている」

なるほど。地図の上にも真っ直ぐ東に向かってレールを示す線が描かれていた。

「おそらく、さっきの都市でクリューソスに帰るなら東向きのこのレールにのるはずが北向きのこのレールに乗ったんだ」

地図の上で北に進んで行くと、その先にはクリューソスの同盟都市はない。ステファノスの同盟圏に入ることになる。

「あれ?このままだと…」

地図の上を指でなぞった先はいくつかの都市があって、最終的には…。

「そう。ステファノスに着いてしまうのよ」

ジャスミンさんが頷く。

「つまり…どういうこと?」

「分からない…ワンウェイは何を考えているんだろう」

「ふーん」

『コンコン』

静まりかえった室内に、またノックの音がした。スージーさんが小さく悲鳴をあげて、ミハエル達が家具の裏に隠れた。

ノックしたのは車掌さんで、僕とハル、アメが起きていることに少し驚いた顔をしたあと、ワンウェイが僕を呼んでいることを伝えた。


◇◇◇


ワンウェイの部屋の扉を開くと中にはワンウェイ以外にもう一人、見慣れぬ人物がいた。

「ハルっ、アメっ」

言葉よりも早くアメが前に飛び出し、ハルが僕を守るように槍を構える。

(フードの男…、いつの間にこの列車に…)

僕も最近愛用となった仕込み杖をいつでも抜けるように構えて男を観察する。

(間違いない、この男だっ)

フードの中の顔は見えないものの、薄ら寒い不気味な雰囲気を感じた。

「グヒヒヒヒヒ、お前らっ、まとめて性奴隷にして可愛がってやるからな」

ワンウェイはそう言いながら後ろに下がる。

「この豚っ、一人じゃなにも出来ないのね?こないだなんてガタガタ震えて命乞いしてたくせにっ」

アメの罵詈雑言にワンウェイは挑発に応じない。でも、こめかみに血管を浮かばせ、口元がピクピクと痙攣してる。

(あれ?アメに会食の時の詳しい話なんてしたかな?)

会食での出来事はみんなに話したけど、そこまで詳しい話をした覚えはないんだけど。

「ふん、言いたいことはそれだけか?相手をするんはワシやない。ほな、あとはよろしくお願いします」

ワンウェイの隣に立っていたフードの男が僕らの前に立ち塞がった。

(フードの男っ…こいつが…)

「ふんっ、誰が相手でも関係ないわっ。こいつをやったら次は自分の番なんだから覚悟しとくのねっ」

ところが、言い終わるや否や、勢いよく飛びかかろうとしたアメが、急に止まった。

「アメっ?…えっ?それっ」

アメの手が、肘から先が無くなっている。

「アメっ、下がるんだっ」

「くっ、一体どうなってるのっ?」

僕らの所にに戻ったアメの手は元に戻っている。

「どういうこと?」

僕にはさっぱり分からない。

『ヒュッ』

ハルがいつの間に持っていたのか、クナイを投げた。だけどそれは男の手前で消える。

「やはり…力を無効化している。…いけないっ、お嬢様っ、逃げて下さいっ」

その時、それまでまるで動かなかった男が僕らの方に一歩近づいた。

ハルとアメが男から距離をとるように少し下がる。

「僕が前に出るよっ、二人は扉へっ」

ハルは悔しそうに、アメは僕が二人を庇うと思っていなかったのだろうか、少し驚いた顔で後ろの出口へ後退した。

「お嬢様、一度引きましょう」

「うん…逃がしてくれるならね…」

男が腰の刀を抜く。

(刀…まさかサムライ…?)

黒い、まるで魔王が顕現した時と同じ靄(もや)が刀を覆っていた。

(来るっ)

「二人とも走って」

二人が出口に走るのと、男が数歩前に出て刀を水平に振るうのが同時。

『ギインッ』

「くっ」

(力の勝負では勝てないっ)

刃を合わせた刹那に膂力の差を感じ取った僕は、自ら後ろに跳んだ。

『ビュンッ』

追撃は無造作に上から斬りつけてくるだけ。

相手は豪剣、どこかで見たことのある太刀筋だ。だけど、ワンウェイの言葉ではないが、どうも動きに違和感を覚える。

『ギイィンッ』

「がっ」

追撃の一撃を刀を合わせることでなんとか逃れたものの、そのまま力で振りきられてしまった。

『ドンッ』

「がっ」

僕は吹き飛ばされて壁に叩きつけられる。だけど、そこは運良く出口のそばだった。

「お嬢様っ、掴まって下さいっ」

「痛たた、ありがとう」

ハルの肩を借りてなんとか僕も廊下に出る。

フードの男もすぐに追いかけてくるだろう。

「傷物にはせんといて下さいよ。後で楽しみが減るよって。クヒヒヒヒヒ」

ワンウェイの嘲るような声が部屋から聞こえた。

「お嬢様っ、まずは客車へっ」

「うんっ」

ワンウェイの部屋のある車両から客車まで、その間にある傭兵や乗務員の部屋のある車両を走り抜けた。

(あの男は妙だ。立ち方や構え方は歴戦の剣豪みたいなのに、動きはまるで刀を握ったことのない素人…)

なんとなく気になることはあるけど、落ち着いて考える間もない。あっという間に僕らは客車の手前に到達した。

「ハル、どうするつもり?」

「連結部を破壊しますっ」

アメがまず客車に移り、ハルが連結している金具に槍を突き立てる。

『ギインッ、ギャリンッ』

「くそっ」

ハルの槍でも簡単には太い連結部の金具は壊れない。

時間がない。

あの男の力はまだ未解明、この状況で戦うのはあまりに危険だ。

「お嬢様も早く客車へっ」

その時、槍を逆手に持っていたハルの腕を大きな手が掴んだ。

「ハル、アオイ、俺達に任せな」

「うふふ、アオイちゃんには夢を叶えてもらった恩があるからね」

ジャスミンさんがハルの腕を引っ張り上げて抱き上げると客車へ放り込む。

「せーのっ」

そして、ミハエルがどこから手に入れたのか、大きなレンチでボルトを回し始めた。

「くそっ、カッテェな」

「私も手伝うわ」

ミハエルとジャスミンさんが二人がかりでようやく少し動いた。

だけど、これではまだまだ時間は掛かりそうだ。

「ミハエルっ、早くっ」

「無茶言うなよっ」

顔を真っ赤にしてミハエルが声を絞り出す。

(そうだっ、ジルに連絡をすればっ)

イヤリングに意識を注ぐ。

(あれ?)

何も反応がない。

(ちょっとぉっ、必要な時にぃっ)

「うおおおっ、もうちょっとだぁぁっ」

「ミハエル、うるさいっ」

「ええええ?」

何かブツブツ言っているミハエルは無視して、僕は振り向いた。

(そろそろアイツが…)

ちょうど僕が振り返った時、男が車両に現れた。焦る僕らとは対照的に、立ち止まって観察するようにこちらを見ている。

「お嬢様っ、奴がっ」

男がゆっくりと近づいてくる。

「くっ」

ミハエル達を見るとまだもう少しかかりそうだ。

(このままじゃ、間に合わないっ)

「僕が止めるっ」

その言葉と同時に僕と男が同時に走り出した。

『ギイィィン』

車両の真ん中辺りで再び刀がぶつかって火花が散った。

「おおおおおおっ」

『ガッ』

男が振り上げた刀の先が天井につっかえた。

(今だっ、狭い廊下で相手も思い通りには太刀を振り回せない)

隙あり、僕は男の懐に飛び込もうとして…。

「うそぉっ?」

男が刀を力任せに振りきった。

天井が割れてそのまま床まで振り下ろす。

「冗談っ?」

男が続いて横に切り払う。

『ギャギャッ、ギャンッ』

今度は壁が割れる。

「もう…ちょっと…アオイっ、戻ってこいっ」

ミハエルが呼ぶ。

だけど、男とにらみ合ったまま、僕は動かない。

「…葵…まさか?」

「お嬢様っ」

ハルとアメがなにかを感じとったようだ。

(こいつを連れていくことは出来ないっ)

「ミハエルっ、そのまま連結具を外してっ。大丈夫っ、僕も必ず行くっ」

「そんなっ、お嬢様っ」

『ヒュッ』

男はこちらの都合なんて関係なし。刃が風を切る音に後ろを気にしてなどいられない。

「葵っ、ハルっ…」『ガギッ、ィイーン』

アメの切羽つまった声は、太いボルトが外れる音と刀同士のぶつかる音にかき消された。

『ピシィッ』

(まず…)

仕込み杖にヒビが入った。

「葵ぃぃぃぃ…」

後ろから聞こえるアメの声が一気に遠ざかっていった。

(みんなは逃げきれた…か。果たして刺し違えられるか?)

ホッとしたけど、ここからが問題だ。

「うわあっ、アオイっ、助けてくれぇっっ」

「えっ?」

声は後ろからする。男の動きに注意しつつ振り返ると連結部に人の手が。

「ミハエル?なんでっ?」

男はどういうつもりなのか動かない。

その間にミハエルを引っ張りあげた。

「いや、あのな…なんでだろうな…そうだ、俺だけじゃ…」

何かをミハエルが言いかけて黙る。

「何を言いかけたの?」

「いやぁ…その…そうだっ、ハルのやつがこれをアオイに渡してくれって」

なぜかしどろもどろにそう言ってミハエルが古びた刀の鍔を僕に手渡した。

会食の際に渡された小太刀の鍔は赤い宝石に飾られていたけど、今度は青い宝石で彩られている。

「ありがとう。よしっ、僕らも逃げるよっ」

鍔を掴んだ僕は再びフードの男に向かった。

『バシュッ』

「えっ?」

首筋が熱い。それに頭がクラクラする。

「な…にを…」

僕の最後の記憶はミハエルの笑う顔だった。

関連記事

コメント

なにこれ最高!

ヒャッハァやっと追いついたぁ!!
実は真実の鏡以外にも作品があることに後から気付いてすぐ読みはじめました。もぉおおどれも素敵にエロ面白いとですな! d(*´ω` *)ありがとうございますっ
葵くんちゃんいいですね!エロいのももちろんですが普段の天然可愛い姿と時折見せる凛々しくて芯のある側面が個人的にかなりツボにきてて気に入ってます。サブキャラも男女問わず濃くて魅力的な人が多くて素敵です。
今後の妖戦も楽しみに応援させていただきます!

Re: なにこれ最高!

>通りすがりの女体化好き様
感想ありがとうございます。
今後も出来る限り早く更新できるよう頑張ります!!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 NOIR 花妻見枝豆丸 真城の秘宝館 アロマコミック タケユウ 零覇 菅野タカシ 石野鐘音 零零零 飛燕 にくじゃが 君の●は。 舘石奈々 消火器 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 一夢 田中竕 BENNY’S ダルシー研Q所 マグナプラン AV 大石コウ 白羽まと 工藤詩乃 spika 真黒皇子 久壁おと 上原ヨヨギ すずしろやくも あきちん  中川優 walhalla 立川立夏 @子猫 有栖リツカ ちり 都氏 能都くるみ 愛内なの 無限軌道 満足堂 酒井仁笹弘 松任知基 春日まゆ 緋衣響一 ココロコネクト gallery アパタイト ちょこばにら 橘真児 カワディMAX 花門初海 舞麗辞 しまちよ ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ 葛城ゆう りこ丸 さじぺん 極フェロ 高山ねむ子 式神くろ子 如月奏 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 SPINDLE 47.5% ほんじょう山羊 オジィ 八尋ぽち 雪乃つきみ 愛昧亭 高尾鷹浬 ボクガール 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 彩葉チヨ 伊駒一平 クリムゾン LIBERTYWORKS 風雅ゆゆ ikak 天鬼とうり 吹浦ハギ ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ 椿山パリィ ゆうきつむぎ ケラトン メイビーソフト 森島コン 藤馬奈緒 雷蔵 百合原明 萌姫ねねね  小武 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 松山はやて 福徳紗織 鳥茶丸 松阪剛志 愛昧亭うまみ 藤島製1号 桂あいり じぃすぽっと vivi-sectr 井ノ本リカ子 Lilith 月下冴喜 pastgadget 白濁系 高瀬むぅ ら○ま1/2 ヨノイ誠一郎 あまね紫狼 浅草寺きのと CrookedNavel ヨシフミカオル くりおね社 ろれろれ屋 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます