管理人ほう

管理人ほう

36.理事長と取引② まさかの再会(⑱禁描写無し)


僕は教室に向かう生徒の流れに逆らって理事長室を目指す。

教室から離れるにつれ生徒のざわめきが小さくなる。



僕らの学園の理事長室は職員室の隣にあるのでホームルームに行く先生何人かとすれ違った。

職員室の前を通るけど今日は授業もないから職員室も静かだ。



「ふぅ。」

一応息を整えて、

『コン、コン』

「開いているよ、入りたまえ。」

ドアの向こうから声がした。

「失礼しまーす。高梨遊です。先程放送で呼ばれたのですが?」

理事長が書類を見ながら話す。

「ああ、高梨君、よく来てくれた。ちょっとそこに座って待っててくれるかな。」

そこってこのソファで良いのかな?

向かい合わせになったソファを見ると、片方には理事長の背広が掛けてあるので、理事長に背を向ける側に座る。

革のソファはクッションがしっかりしているのか、ふわふわですごく気持ちいい。

うーん、でもやっぱり理事長の声、聞き覚えがあるなぁ。誰だっけ?

『きーんこーんかーんこーん』

ホームルーム開始のベルが鳴る。

ペンの音が止まった。

「さて、」

理事長が立ち上がる。

そのまま僕の後ろに立った。

「久しぶりだな、ユズちゃん?」

振り返ろうとした僕の耳元に低い声が響く。

「えっ?!」

ユズ…ちゃん…!?聞き間違い…じゃないよね?

慌てて振り返った時には理事長は僕の横をゆっくり歩いていて、向かいのソファへ座った。

「ああ、すまない、今はユウ君だな。」

あっ!!!

一瞬で脳裏にラブホテルでのおじさんが蘇る。

「夏休みは楽しかったな。ふふふ。」

日焼けして油っぽいギトギトの顔、プロレスラーみたいな体型、低い声…。

「痴漢の…」

言いかけてストップ!危ない危ない。あれは柚って事にしてるんだった。

「なっ、夏休み?ど、どういうことですか?」



「ふふふ」

理事長は背広のポケットから写真を数枚出してガラスのテーブルに置いた。



一枚はホテルでの僕だ、騎乗位の下から撮られた写真。

二枚目は僕の生徒手帳が開かれている。

三枚目、女の子になった僕が家に入る写真。海に行った日だ。

四枚目、男に戻った僕が家を出る写真。



「あっ、あのっ、これは…」

「いやいや、高梨君、言い訳や嘘はいらない。あれから気になってちょっと調べさせたからな。」

ええっ?

「まず君の親族に同じ年代の女の子はいない。これは戸籍から調べたから間違いない。さらに三枚目、四枚目は一日中君の自宅を見張らせた時のものだ。君以外誰もいないはずの家に柚君が入り、翌朝遊君が出てくる。不思議な事ってあるものだねえ。」

ニヤニヤした理事長の顔。

あぁ、なにもかもばれてしまってる。

「うぅ…」

「君があの時のユズちゃんである事は間違いない。ただ、分からないのはホテルでの君は間違いなく女の子だった。ふふふ、思い出してしまうよ。素晴らしい夜だったな。なのに今の君は確かに可愛らしいが、どうみても男の子という事だ。」

完全に固まった僕に理事長は真剣な顔で言った。

「では、事情を聞かせてもらおう。話したまえ。」

「あっ、あの…もっ、もし…話したくないって言ったら…どうなりますか?」

「この写真、情報をマスコミ、研究機関に流す。こう見えて顔は広いんだ。」

男が女になるなんて、きっと大問題になる…そしたら家族にも迷惑かけちゃうし、僕もどうなっちゃうか…。

「…………わ…かりま…した。」


理事長には話す代わりに絶対誰にも言わないようお願いした。

そして、僕の身体の事を全て話した。


次話【37.理事長と取引③ その日が来た(⑱禁描写無し)】
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply