HOME > マンガ(シリーズ完結) > title - 女体化サプリ〜雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ〜  【1~2 完結】
2017/02/11

女体化サプリ〜雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ〜  【1~2 完結】

女体化サプリ〜雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ〜 1

b289amris01684pl.jpg
↑DMM.comの販売ページはこちらです。

女体化サプリ~雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ~←DLsite.comはこちらからどうぞ

電子書籍販売日:2017/02/11
著者:砕骨子 (ガットマキア)
ページ数:27ページ
ジャンル:変身

引きこもりの渉はその生活から脱しようと、まずは気軽な仕事をと、とあるサプリのモニターを始める事にした。

しかしそのサプリを飲むと、一夜にして自分のカラダが女体化してしまったではないか!心配になって様子を見に来た親友の悠太の前でおっぱいを露出し、「僕の体どうなっちゃったの…」と涙目になる渉…そんな渉に欲情し、「調べてやるよ…」と、アソコを開き、くちゅくちゅと優しく愛撫をしはじめる悠太。「そこっだめぇぇ!!」アソコからは愛液がダラダラ溢れ、渉は余りの気持ち良さに恍惚と絶頂を迎えてしまう。

「この反応はどう見ても女だな…挿れたら…どうなるのかな…?」そう言って悠太は渉のアソコに自分のペ●スを押し付けた…



まず、主人公は引きこもっていますが、なんとか社会復帰したいと思って胡散臭いネットビジネスに手を出します。真面目な青年。
そして、親友もリア充っぽいにもかかわらず主人公のことを心配しつつも普通に友達として遊びに来るナイスな青年です。

しかし、女体化した主人公の体を二人でチェックし始めたあたりからなんだか様子がおかしい。

↓うーん、心配して見に来てくれたはずなのに、どうも親友が欲情しているような…。これは薬のせいなのか、それとも主人公の体が想像以上にエロいからなのでしょうか?

BJ104108_img_smp1.jpg


親友の言う通り、あまりに無防備すぎる女の子は…現実にはいないけど(笑)
それに体も異常に敏感。これも薬の影響なのでしょうか?

初っ端から相当のエロをぶっこんでくれます。

BJ104108_img_smp2.jpg

BJ104108_img_smp3.jpg

ラストで両親に女体化バレに悩む主人公に一人暮らししている親友が一緒に住もうと提案。
3年ぶりに家から出る主人公。これはこれで当初の目標が達成されたといえる…わけないな(笑)

これからが楽しみな作品です。

女体化サプリ〜雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ〜 2

b289amris01685pl.jpg
↑DMM.comの販売ページはこちらです。

女体化サプリ~雌の快楽を知ってしまった僕のカラダ~2←DLsite.comはこちらからどうぞ

電子書籍販売日:2017/02/11
著者:砕骨子 (ガットマキア)
ページ数:27ページ
ジャンル:変身

親友の家に着いても、まだ決心がつかない主人公に親友が実家に居たら女体化がバレると説得。結局そのままなし崩し的に親友の家に住むことに。

早速ご飯を買いに行く親友だが、どうも様子が変だぞ?何かたくらんでいるのか?

で、もちろん親友に迫られます。

あっさりベッドに押し倒されて抵抗もほんの一瞬。そのままエロい質問に答えさせられるプレイはなかなか↓

BJ104109_img_smp1.jpg


しかし、その後、予想外の展開を見せます。
親友はマジに主人公を監禁、自分だけの肉奴隷にしようとしていたのです!!

結局流されるようにして親友のものになってしまう主人公。

BJ104109_img_smp2.jpg


どうやったのかは分かりませんが、結局主人公の親には親友が上手く話をして、親友とエロ楽しく暮らすエンドです。

BJ104109_img_smp3.jpg

実は親友が黒幕?的な感じなのかと思っていましたが、単に主人公の魅力に負けてしまっていただけ?
監禁とか始めるからクソヤバい奴かと思ったらそうでもないし、単に主人公に惚れてしまったのか。

ということで『ちょっと独占欲の強い親友に女体化したら惚れられてしまいました』というラノベにでもありそうなお話でしたね。

真夜中は女神』のガットマキア先生の作品だけにエッチシーンは満足度十分ですし、安定した作品です。

また、終わり方的におそらく完結です。
もっとストーリーを長くしてくれても良かった気がしないでもありませんが、これくらいの長さもありかも。
単話ではエロ要素が多くても2パターンくらいしか描かれない(しかもその場合ストーリーが描けない)のでこのくらいの量だとエロもしっかり味わえ、ストーリーも無理なく楽しめる気がしました。

関連記事

コメント

非公開コメント