FC2ブログ

記事一覧

11周目 9月22日(水) 午後9時00分 島津政信

11周目 9月22日(水) 午後9時00分 島津政信



『ポタッ……ポタッ…』

「ん?」

歩き始めて数分後、ゴロゴロと遠くで雷が鳴って、急いで歩いていると大粒の雨粒が頬に当たった。

(ヤバイな、急がないと)

そう思うが、時既に遅く、あっという間に雨は激しくなった。

(マズイっ…これは無理だっ)

そう思って俺は道の脇にある既に閉まった店のシャッターの前で雨宿りをすることにした。

「ああ…」

髪からポタポタ雫が落ち、着ていた制服のブラウスも肌にへばりついて気持ち悪い。

しばらく待つが雨が止む気配もない。

それどころか雨の勢いはさらに激しくなっていく。

(どうする?諦めて走るか?)

待っているのにも飽きてきたところで、『ブッ、ブーッ』と車のクラクションが鳴った。

なんだろうと思って車道に目を向けると、ライトがパパッと数回光った。

しばらくすると車のドアの開閉する音がして、傘をさした人がこちらに向かって走ってきた。

(んん?あっ)

「美紗ちゃんっ、大丈夫かい?」

手を振って走ってきた店長は傘をさしているにも関わらず、Tシャツは色が変わっている。

「店長?」

「すぐに雨が降ってきたから戻ってくるかなあって思って店で待ってたんだけど、なかなか戻ってこないからさ。さ、送っていくよ」

傘を差しかけてくれて、車に案内された。

俺は渡されたタオルで濡れた髪の毛を拭く。

「うわあ、すごい濡れたなあ、美紗ちゃんは大丈…」

そう言いかける店長の目が泳ぐ。

下を向くと、ブラウスがビチョビチョに濡れてピンクの下着が透けて丸見えになっていた。

「あっ」

(しまった…暑かったから…)

まだまだ日中暑いことから、俺はブラウスの下には何も着ていなかったのを今さら後悔した。

慌てて胸の前を手で隠す。

『ドドーンッ』

その時、近くで雷鳴が轟き、店長の目が爛々と輝いた気がした。

(…雷のせい…だよな…?)

車の中に微妙な空気が流れる中、「じゃあ行こうか」と店長が気分を変えるように言って車を発進させた。

車の中では先ほどのこともあり、お互いに気まずくて口数が少ないまま時間が過ぎる。

「あっ、この先の家です」

車が家の近くに到着した。

「あっ、あの、今日はすみませんでした」

俺が今日のことをもう一度謝ろうと店長の方を見る。

店長はジッと俺を見ていた。

「何が?」

ちょっとかすれたような店長の声。

「えっと…バイトも失敗ばかりだったし、送ってもらったりして…」

「そうだね」

(えっ?)

「そんなことないよ」と言われると思っていた俺はちょっと驚く。

「いろいろ失敗もしたし、責任を取ってもらおうかな」

そう言うといつの間にシートベルトを外したのか、店長が顔を近づけてくる。

「えっ?ちょっ…」

近づいて来る顔から逃げようとしたが、シートベルトが邪魔をして上手く動けずにいる間に、押さえ込まれて唇に柔らかいものがぶつかった。

「店ちょっ、んんっ」

唇が奪われたことに気がついて俺は慌てて店長の胸を押して顔を離す。

「なっ、なっ、何するんですかっ?」

(うわあっ、まさか初めてのキスが男とはっ…)

内心の動揺を悟られないように顔を背けた。

「だから、責任を取ってもらうんだよ」

店長の目はもはやナヨナヨした男の目ではない。獲物を前にした獣の目になっていた。

大きな手が俺の背けた顔を前に向ける。

俺は逃げようとしたが、店長に押さえ込まれて息がかかるほどの距離で見つめられた。

「だっ、だめですっ、周りから見えるっ」

「大丈夫だよ。この雨で音も外には聞こえないさ」

確かにワイパーを止めたフロントガラスは大粒の雨で川のように水が流れて全く前が見えない。

サイドの窓から外を見ても夜の闇に加えて雨で煙っているせいか全く車の外がどうなっているのか分からない。つまり中で何をしていても外からは分からないだろう。

「でもっ」

「亜紀からは、彼氏と別れたって聞いてるよ」

(亜紀…、そうだっ、こいつ、葛城の彼氏だろっ?こんなことしたら、高樹と葛城が…)

「…だめっ、亜紀がっ」

「大丈夫、黙っていれば分からないさ」

そして、唇が再び合わせられる。

「んんっ、そっ、そう言う問題っ、んっ、んんっ」

俺の声はキスで遮られた。今度は口の中に舌が入ってきた。

歯を食いしばって舌の侵入を防ぐ。

(葛城にも悪いが、…それ以前に俺は男だっ。男にキスされるなんて真っ平だ)

「くっ、んんんん、んん」

必死で食いしばる前歯を店長の舌が一本ずつ確かめるように舐めていった。

息をするタイミングがとれず俺の鼻息が荒くなる。

その時、胸に手が当たる感触に俺の頭の中で危険信号が鳴った。

「そこはっ」

拒否しようと声を出した瞬間舌の侵入を許してしまった。

『んちゅぅぅぅっ』

しまったと思ったときには俺の口の中を店長の舌が這い回っていた。

『ちゅぱっ、ちゅるっ…にゅちゅっ…』

舌を絡め取られそうになって逃げようとすると歯の裏を舐められ、俺の舌の動きが止まるとすぐに舌が絡められる。

(なんだ…これ…)

「んあっ…ふっんんっ…ふはぁっ」

苦しくなって店長の口の中に吐息を漏らす。

息苦しいせいか頭がぼんやりしてくる。目の前の店長の顔もぼんやりとしてきた。

(気持ち…いい…)

『ガクンッ』

「うわっ」

体が後ろに倒れる。

いつの間にか唇が離れて、店長がリクライニングを倒したらしい。

『シュルッ』

同時にシートベルトが取られた。

(あっ…)

今なら逃げられると心の片隅で声がする。だけど、不思議なことに体が言うことを聞かない。

(このままじゃ…)

さすがに俺にも自分が今どんな状況かは分かる。

「だ…だめ…です」

「だめじゃないさ」

助手席に押し倒された俺に店長がのしかかる。

ブラウスのボタンが外されてピンクのブラジャーがあらわになった。

「店長…亜紀に…」

俺はもう一度亜紀の名前を出した。これで店長が思いとどまってくれたら、祈るような気持ちで店長を見つめた。

「店長じゃない…ふたりの時は名前で呼ぶんだ」

俺の祈りもむなしく店長には俺の言葉は全く届かなかった。

「ぁっ」

ブラジャーのホックが外されて、押さえつけられていた圧迫感が消えた。

「美紗のおっぱいは綺麗で大きい上に柔らかいな」

(美紗?)

さっきまで美紗ちゃんだったのに、呼び捨てになっていた。

だけど、そんなことを気にしている暇を店長は与えてくれなかった。流れるような動きでむにゅむにゅと両手で揉まれて、先を搾るようにして乳首をしゃぶられる。

「んぁっ」

俺は慌てて口を押さえた。

(なんだ…変な声がっ)

「可愛い声だね。もっと聞かせてくれるかい?」

そう言って店長が俺の乳首を甘噛みする。

「んんんっ」

俺は口に手を当てて声を抑える。

そんな俺の姿に店長は手を太ももに這わせた。

「そんな態度を取るなら意地でも声を出させてやるよ」

「ふぁぁあんっ」

パンツの隙間から急に指が入ってきて、俺の耳にこれまで聞いたことのない甘い声が響く。

「そうそう、その声が聞きたいんだ」

「だっ、だめだってっ、亜紀が、亜紀にっ、きゃぁんっ」

必死で逃げようとする俺の乳首が吸われて股間に指が入ってきた。

『ぬちゅっ』

熱く濡れた俺の股間は簡単に指の侵入を許す。

「親友の彼氏に触られてこんなに濡らすなんて…美紗はエッチだな」

「ち、がうっ…店長のっ、きゃんっ」

また話している最中に店長が乳首をつねった。

「店長?」

「しっ、真也さんのせい…」

「人のせいにするのは良くないな」

「ああっ、かき混ぜるのは、ぁぁああああっ」

股間の指が俺の中をかき混ぜる。

「あっ、あっ、あっ、なにっ、これっ」

俺の体が一瞬ふわっと浮くような、不思議な感覚にとらわれる。

「イキそうなのかい?」

(イク?男の俺が、男にイカされるなんて…いやだっ)

「そっ、そんなことないっ」

「じゃあ試してみよう」

そう言うと店長の指がさらに激しさを増した。

『ジュポッ、ジュポッ、ジュクッ、ジュコジュコジュコジュコ…』

激しい指の動きに俺の瞼の裏で激しく光が点滅する。

「だめぇっ、おかしくなるぅっ、やめてぇっ」

店長の指が膣壁を擦り上げると思わず声が出た。

「美紗はここがいいんだな」

指を曲げた店長が上の方を重点的に弄り始めた。

「ふぁっ、ぁぁあああっ、そこはっ」

「ここかい?」

そう言ってさらに激しく弄る。

「ああんっ…あっ、ダメダメダメッ」

「イクのか?」

俺はウンウンと頷く。

「イクっ、イキそう、あああっ」

ふっと手が止まった。

(あ…やめてくれたのか…?)

安心したところで再び指が動き始めた。

今度は同時に胸を唇で愛撫される。唇が、ビンビンに尖った乳首の周りをこする。

さっきはあんなに激しく乳首を攻めてきたのに一転して今度はもどかしいくらいに動かない。

「ん…」

「欲しいのかな?」

俺はそう言われ、無意識に胸をそらしていたことを知った。

「ちっ、ちがっ、ふぅんんっ」

店長の息がかかってまた変な声が出てしまう。

「ふふ」

そして、ついに唇が乳首を挟んだ。

(ああ…噛まれるのか…?)

俺は声が我慢できないほどの快感を覚悟したが唇はそれ以上動かない。

(…どういうことなんだ…?)

乳首に意識が集中している俺を嘲笑うかのように不意打ちで指が激しく動き始めた。

「はんっ、ああっ、あっ」

(くるっ、何かが…)

そう思ったところで再び指が止まった。

「な…なんで?」

「ん?」

店長はまだ俺の乳首を咥えたままこちらを見上げる。

そして『クッ』と歯に力が加えられると同時に俺の体に電流が走った。

「んああああああっ、イッ」

イキそうになったのに店長はまた動きを止めた。

(も…う…)

「てっ、真也さん…もう、許して…ください」

「何が?」

『チュポッ』

指が浅いところを擦る。

「あんっ…もう…」

俺の腰が指をもっと深くまで入れて欲しいようにクネクネと揺れた。

店長の顔がニヤニヤと笑っている。

「さあ、何が欲しいか言ってごらん」

(ああ…欲しい…)

「真也さん、あの…イカせてください」

「うん、まあ今日はこれくらいでいいかな」

そう言うと指が2本になって激しく出し入れが始まった。

1本の指が曲げられて浅い壁を、もう1本が奥を擦る。

『ジュコジュコジュコジュコ』

「あっ、あっ、あっ、だめだめだめだめっ、いくっ、イクイクイクイクッ、あっ、ああああっ」

俺は頭を仰け反らせて生まれて初めての女としての絶頂に達した。

「はぁはぁ…」

ぼんやりとした頭で覆いかぶさる店長に目を向ける。

顔が近づいてきた。

絶頂の余韻で脱力した体で店長の唇を受け入れた。

「んちゅっ、こくんっ、じゅるじゅる、こくん」

流し込まれる唾液を飲んで、舌を伸ばす。

「ぷはっ…はぁはぁ」

「ここじゃ、ゆっくり愛し合えないな…そうだ、明日も亜紀の代わりに美紗がバイトに来てくれないか?」

「…ぇ?」

店長は唇同士の触れる距離で囁く。

「たしか亜紀が今週は忙しそうだったからさ…いいだろ?」

強引な誘い、だけど、俺の頭はぼんやりとしたままだった。

「じゃあ、明日も今日と同じ時間で頼むね」

「は…はぃ」

そう言うと店長は一旦車から降りると助手席のドアを開けて俺を抱き上げ、玄関まで運んでくれた。

いつの間に止んだのか、雨は上がって、空には星が瞬いていた。
関連記事

コメント

新章追加ありがとうございます!
そろそろ後半っぽい感じですね。
いくつかダイジェスト形式でエピソードがありそうなので楽しみです!

また10周目の最後も改めて読ませて頂きました。
1番最初の時よりも、いちゃいちゃ具合が上がっていてより興奮しましたw

まるこめ様

> 新章追加ありがとうございます!
> そろそろ後半っぽい感じですね。
> いくつかダイジェスト形式でエピソードがありそうなので楽しみです!
>
> また10周目の最後も改めて読ませて頂きました。
> 1番最初の時よりも、いちゃいちゃ具合が上がっていてより興奮しましたw

コメントありがとうございます。
後半に入りました!!

まるこめさんのおっしゃる通り、ダイジェスト形式で、と思っていたんですが意外にどんどん膨れ上がってダイジェスト以上になりそうです…。

10週目の最後はやっぱり自分的にはまだまだ内容的に薄さは否めませんが、気に入っていただけて嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる M小説同盟 ガットマキア パルコ長嶋 RAYMON Q DATE akys本舗 せみもぐら 谷口さん 枝空 きつね長官 なるせ 桐下悠司 忍桐ずん 夢幻館 九条志玲  TSFのF 大和田朋輝 H9 あむ L.P.E.G. 命わずか 砕骨子 かかし朝浩 犬神ラボ ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 サナダ ぶーちゃん ダイナマイトmoca アサノシモン ゆきまろゆっきー 柚子鉄線 もちもち堂 龍企画 うえにあるみかん 狩野景 猫丸恋太郎 鹿島田しき 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー ドウモウ Norn エムシー販売店 紫紀 HB U.R.C けんたろう あるざ流人 あめしょー 蜥蜴重工 いそふら 坂井リンゴ 艦●れ 菅野タカシ Norn/Miel/Cybele 一輪車でねこらっしゅ 大嶋亮 水利硝 やまガラス BANANA 午前七時の合わせカガミ gallery_walhalla 稲葉COZY Cothurnus 宮里えり LAZY_CLUB ノーリミット tes_mel 泥酔桜国 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM NOIR かると 新堂エル タケユウ 無計画主義 一夢 もくふう 松園 山田ゴゴゴ 成田コウ ダルシー研Q所 夏川冬 #define さいもん ふじや あべつくも 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 蒼田カヤ まぐろどんぶり 福龍 日月ネコ 赤人 せぼい 恥辱庵 TS内燃機 吉田犬人 綾瀬はづき Hisasi ニイマルサン 鈴月奏 零覇 座間翔二 AV アカギギショウ 君の●は。 春日まゆ 眠たい猫 アロマコミック 花妻見枝豆丸 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 桐生真澄 にくじゃが 零零零 舘石奈々 石野鐘音 永田まりあ ピンクパイナップル 緑木邑 消火器 ひらたいら まどろみ行灯 ウィルテイム シルキーズ くろの BENNY’S 大石コウ エロエ クラウド ピンポイント キングピン 高宮はいり 山猫スズメ PoRore トキサナ 飛燕 田中竕 白羽まと 双龍 雨雅 ハイエンド 若井いくお クリムゾン ボクガール 脳縮還元 如月奏 高柳カツヤ ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 LIBERTYWORKS 伊佐美ノゾミ 白駒らい 都氏 能都くるみ 高瀬むぅ 小女子 vivi-sectr とも福 白濁系 Lilith じぃすぽっと pastgadget 天鬼とうり コトキケイ TinkerBell 絵を描くマン しなのゆら 柚木N' 中川優 tsxy 144 ディーゼルマイン 瀬奈陽太郎 アクシス 夜のひつじ 蔵乃 工藤詩乃 D-ivision 久壁おと 愛内なの 立川立夏 鉄巻とーます あきちん ポン貴花田 スピンドル 上原ヨヨギ 有栖リツカ はみ部屋 しまちよ 花門初海 満足堂 森島コン  メイビーソフト ちょこばにら 勇者乾電池 ゆきマンゴー ごまさとし 橘真児 SPINDLE ココロコネクト 高尾鷹浬 樋口あや 早乙女もこ乃 松山はやて 雪乃つきみ 松任知基 りこ丸 舞麗辞 小武 松阪剛志 葛城ゆう アパタイト ケラトン 浅草寺きのと CrookedNavel Red.D 酒井仁笹弘 ちり 虹のれん さじぺん B-DASH 極フェロ 高山ねむ子 ヨシフミカオル 桂あいり たいやき 種梨みや TLB 無限軌道 アシオミマサト ちみチャンガ  藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 鳥茶丸 JUMP 左カゲトラ 鉄腕うーぴー ねじろ カワディMAX オジィ とめきち 宇行日和 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 ほんじょう山羊 八尋ぽち 真黒皇子 緋衣響一 @子猫 gallery spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 眠り猫四郎 CHU-S すみすず みよし かふぇもかそふと Q-Gaku まうめん だーくすぴりっと 篠塚醸二 チロリアン ねとろもりこん majoccoid はるゆきこ 天崎かんな 東航 4階絵画室 雑菌工業 チリモズク茶 たいやきトランプ 汚惣菜屋 目指せ絵師様 walhalla ろれろれ屋 シュガーミルク マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ 浅野屋 鳥之倉 レトロスター アシオ アクオチスキー先生 ぬるはちぽんぽん Medium トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 童貞食堂 bodied 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ エクスプロージョン あんにん あまね紫狼 ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 雷蔵 藤馬奈緒 一夜猫の夢 福徳紗織 愛昧亭うまみ 井ノ本リカ子 月下冴喜 吹浦ハギ 彩葉チヨ 水姫七瀬 ikak 風雅ゆゆ ゆうきつむぎ 椿山パリィ 伊駒一平 四葉チカ ほりとも 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 我心達吉 うたのはかせ なちすけ 雛瀬あや 白家ミカ runa 木ノ碕由貴 高槻遠名 Miel Cybele 楽人唯夏 アロマフラッシュ! くどうひさし 仁志田メガネ taro るいす・まくられん いちよんよん フジツナ 天野タマキ 小倉脩一 ピロンタン 托卵JP TSUBASA サ●ーウォーズ みなこなみ RIKI 星逢ひろ 東方Project 南乃映月 女騎士の城 Quu 馬せんた あましょく 南郷じんげる さいだ一明 大橋薫 花巻かえる kupa 南ちさと bpm12 モフ2製作所 ふかふか天職 美矢火 

スポンサーリンク

小説系サイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます