HOME > 真実の鏡 > title - 51.アナル調教③ アナル初挿入
2014/02/03

51.アナル調教③ アナル初挿入

51.アナル調教③ アナル初挿入

~遊視点~

お尻を突き出したまま僕は恥ずかしさに耐えていた。

「ひゃぁんっ、せんせっ…お尻はゆるしてぇっ」

「最初は皆そう言うんだ。すぐに…尻に入れてくれ、と言うようになる。」

「そんなわけ…ないよぉっ」

せんせっ…お尻を弄るなんてひどい…

「くふぅっ…ふぅ…ふぅ…」

「力を抜け。そうすれば気持ち良くなる。」

「そ…んなこと…言ってもぉ…」

「仕方ないな。」

そういうと先生はクリトリスを舐めた。

「きゃんっ!やっ、あっ、あっ」

思わぬ快感に力が抜けた瞬間、太い指がお尻の穴に入ってきた。

「ふぅぅ…ふぁ…はっ、はっ…」

興奮と恥ずかしさで息が荒くなる。

「ふぅ…んんっ!せんせっ…だめぇ…」

…んんっ……意外と痛くない…ちょっと気持ちイイかも…

快感を意識した時、一度ブルブルっと僕の体が震えた。

それを見た先生が指を抜き差し始めるとお尻がずるずると引き抜かれるような感覚に体が震える。

「良い感じにほぐれてきたな。もうちょっとだ。」

先生の指の動きが激しくなる。

「少し強くするからイキそうになったらイキなさい。」

そう言って、さらにおまんこにも指が突っ込まれた。

『ジュクッ、ジュクッ、ジュクッ』

激しい指の出し入れに体が震える。

「あっ、あっ、あっ」

「やあああっ、すごいっ、せんせっ…だめっ…ぼくっ、もれるっ…なんかでるっ、やだっ、おもらししちゃうっ…あっ、あっ、あっ…でるっ…でるっ…ふあああぁぁっ!」

『びゅっ、びゅっ、びゅっ』

先生が指を抜くと同時に僕のおまんこから愛液が飛び出した。

僕は先生が離れても、上半身をシンクに押し付けて腰を突き出した姿勢のまましばらく動けずにいた。

「君の反応はもう女そのものだな。」

そう…なのかな?僕…女の子になっちゃったの…?

僕の後ろで先生がゴソゴソと何かをしている。

……?

先生の気配がして振り返ろうとすると、お尻の穴に冷たい液体がかけられた。

「きゃっ…せんせっ?」

そして不思議な感覚…ゴム…かな?

「これはアナルバイブというんだが。」

バイブがお尻の穴に押し付けられた。

「えっ、ちがうっ、せんせっ…やだぁっ、また…そっちなのっ?」

「力を抜け、なに、大丈夫だ。ローションで滑るさ。」

お尻の穴に押し付けられたバイブは先ほどまでの愛撫とローションでヌルッと中に入ってきた。

「くっ…苦しい…せんせっ…むりぃ」

そう言ってももちろん先生は許してくれず、奥まで突っ込まれる。

「はぁんっ…やだぁっ…グリグリしないでぇ」

あれ?お尻なのに…子宮の奥に当たる感触…すごく気持ちイイ。

そしてバイブが振動を始めた。

「ふぁああっ…すごぉいっ、何っ、これっ、すごいよぉっ、ゴリゴリ奥に当たるぅっ」


次話【52.アナル調教④ アナルで初絶頂】
関連記事

コメント

非公開コメント