HOME > CG集 > title - 強制女体化機械姦
2017/04/07

強制女体化機械姦

d_108544pr.jpg
↑DMM.comはこちらからどうぞ

強制女体化機械姦←DLsite.comの販売ページはこちら!!

配信開始日:2017/03/24
サークル名:メランコル
ページ数:画像14枚+α
ジャンル:変身

二度の核戦争による放射性物質の世界的充満、それは全人類の遺伝子を致命的に損傷させ、自然交配による「雌の誕生」は途絶えてしまった。

男しか、生まれない世界だ。

当然女がいなければ子供が作れない・・・が、発達した科学技術を駆使することで「男の遺伝子のみで子孫を成すこと」に成功、人類絶滅の危機は脱した。

しかし、国家予算規模の資産を持つ権力者達は、「試験管に精液を採取してプラントで培養」などという生殖方法に満足などするはずもなく。

雌を、抱きたい。

雌の胎内に存分に射精し、孕ませたい。

誰もが諦めたその夢を、世界有数の権力者達は諦めない。

錬金に似た技術を用い、ホムンクルスの「雌の肉体」を生成する事は容易だったが、そこに魂は宿らない。
ただ雌の形をしただけの、意思持たぬ人形でしかない。

権力者達は当然、そのようなダッチワイフで妥協などしない。

雌を・・・喘ぎ、絶頂に震え、ポルチオで亀頭をしゃぶりつく完全なる雌を抱きたい・・・

快楽にイキ狂う雌の姿をもう一度堪能したい・・・と。


ホムンクルスに「魂」を宿す技術は現状存在しない。


それならば。


この「雌の肉体を作り出す錬金技術」を転用し、生きた男の肉体を「女」に造り変えてやれば・・・・・

「魂のある女体」を作り出すことはできる。

しかし問題は、心、人格だ。

身体だけ女に作り替えたところで、意識は男のまま。

それでは駄目だ。足りない。

雌の人格を宿し、雌の歓びに喘ぎ震える、完全な雌が欲しいのだ。


ならばどうするか。


ああ、作り変えよう。中身まで。


巨大な機械装置に繋ぎ、計算され尽くした極上の快楽に絶え間なく晒し、自ら性的官能を欲するようになるまで、徹底的に。

ハードな調教によって肉体に多少ダメージを与えたところで、「身体を造り替える技術」を応用すればすぐに元通り、新品状態に戻せる。


「おはよう。
状況は、無論理解できないだろうね。
君は女になったんだ。
内容をよく読みもせず契約書にサインしたろう?
破格の治験バイトだったからね。
まさかこんな事になるとは想像すらしなかっただろうね。
とにかく君は女になった。
そしてこれから施術を重ね、心まで完全に女になってもらう」

いきなり最大快楽を与えることはしない。

男の脳味噌で女性の「オーガズム」をそのまま体験すれば、男性の100倍ともいわれる超極大の雌の快感に脳が耐えきれず、ショック死してしまうからだ。

耐えられる上限ギリギリずつ快感を与え、少しずつ雌の快楽に、雌の肉体に順応させていくのだ。

「ああ、全ての施術が終わった時、それでも君がまだ男の精神を守り続けていられたら、男の身体に戻し解放してあげよう。
’中身が男のまま’の不良品をクライアントに卸すわけにはいかないからね。
まあせいぜい耐え抜いてみせたまえ。
君に選択肢はない。
最後まで耐え抜いて、男の肉体を取り戻し元の世界に帰るか、
頭の中まで完全に雌堕ちし、肉奴隷として資産家の豚に売られるかの2つに一つだ」


装置に繋がれバイタルを完全に管理された「少女の肉体」は、ほとんど休息と食事を取らずとも生命活動を維持し続け、際限なく快感を貪ることが出来る。

たとえ「中身」がそれを望まなくとも。

さあ、イッてもイッても永遠に終わらない快楽拷問の始まりだ。

そう、それはまさしく拷問。

人格を徹底的に破壊するほどの理不尽な威力を有する、圧倒的快感の暴力。


「女体化させられた青年」に自身を投影して、終わりのない無限絶頂の地獄を存分に味わうか、

はたまた「施術をおこなう狂気の科学者」の視点に立ち、「男としてのアイデンティティ」をゆっくりと、しかし確実に剥奪され、雌へ堕ちてゆく検体の淫らな姿を愉しむか、

それはこの作品を手に取った者それぞれの自由。



さあ、快楽の底無き底に埋没する覚悟が出来たなら、深呼吸などせず、1分1秒を惜しんで、その昂る指をマウスと「自身の一部」に添え、今すぐページをめくるといい。



d_108544jp-001.jpg

d_108544jp-002.jpg

d_108544jp-003.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント