FC2ブログ

記事一覧

サムライの力

僕はこの国に来た頃のことを断片的にしか覚えていない。

覚えている一番古い記憶は、ある夜のこと。

王様に会った日の夜だったと思う。王宮のふかふかのベッドで寝ていると夜中になんとなく目が覚めた。

どうも妙な胸騒ぎがしてドアを少し開くと隙間から走り回る大人たちが見えた。

(お父さんっ)

初めて見る怖い顔の父さんが周りの大人の人を怒鳴りつけていた。

僕は怖くなってベッドに戻ったけどなかなか眠れなかった。

そして翌日から僕は王宮でしばらく暮らすことになった。何かがあったことは父さんが毎日忙しそうに走り回っていることからなんとなく分かった。

だけど、聞いてはいけない気がして、僕は何も聞かず、同じ年くらいのエルザ姫と毎日遊んでいた。

それから、ようやく王宮での生活にも慣れた頃に突然、僕と父さんは海に近いケルネという町に引っ越すこととなった。

エルザ姫とのお別れは少し寂しかったけど。

今度の家は、城に較べるまでもないほど小さな家。

部屋は4つしかない。

僕と父さんの寝室、居間、キッチン、ダイニングだ。

地下室があるけどそこは鍵がかけられていて僕は入ってはいけないと言われていた。

この家に住んで最初の日の朝、お父さんから倭国には帰れないと言われ、泣いて庭に出た。

その時一人の男の子に出会った。

その翌日。

剣の稽古をしていると再びその男の子が現れてびっくりした。ジェイクという名前でお隣の男の子だったらしい。

ジェイクは僕の3歳上で学校でも町でも人気者だった。

お互いお父さんと二人暮らしのせいか、色々と面倒を見てくれてお兄ちゃんがいたらこんな感じなのかな?って思った。

学校でも乱暴な男の子に容姿を馬鹿にされることもあったけど、基本的にはジェイクのおかげでいじめられるようなことはなかった。

ジェイクは将来はお父さんの跡を継いで漁師になるんだと何度も海を見ながら話してくれた。

そうこうしている間にジェイクは18歳、僕は15歳になろうとしていた。

僕は勉強が出来たせいで、今年、ジェイクと一緒に学校を卒業する。


◇◇◇◇◇


今日はジェイクに誘われて学校の帰りに町に出てきた。

「おっ、アオイちゃんっ、お父さんにはこの間助けられたよ」

行商のおじさんが馬車から林檎を取り出して僕とジェイクに差し出してくれる。

「葵ちゃんこれ持って帰りなよっ」

肉屋の主人が猪の肉をくれる。

父さんがこの町の近辺に出る魔物を倒しているせいか、お店の前を歩くと色んな人が話しかけてくれる。

「ジェイク、葵ちゃんを守ってやるんだよ」

魚屋の店先でおばちゃんにジェイクも声をかけられていた。

「はいはい、おばちゃんっ」

なんだか知らないけどこの町では僕はジェイクに守られる存在らしい。

もうすぐ15歳になるのに身長はなかなか伸びなくて160センチに少し足りない。18歳になったジェイクは180センチもあって体格もいいので並ぶと僕が守られる側になるのは仕方ない…のかな。


◆◆◆◆◆


15歳になった誕生日の夜。

「誕生日おめでとう、葵」

「ありがとうございます」

父さんとささやかなお祝いの夕食を食べた。

「お前も強くなったな」

「そんなこと…」

「いや、お前も最近は私から10本に1本は取れるようになったんだ。その年なら十分だ。今日は15歳になった祝いも兼ねて、お前に地下室を見せよう。ついてきなさい」

そう言って、地下室に向かう。

『ガチャ』

鍵が開けられて地下に光が差すと階段が見えた。

父さんが先に降りていくのに僕もおそるおそるついていく。

階段は10段ほどで地下室の床に降りた。少しかび臭い、ひんやりとした部屋だ。

父さんが壁の蝋燭に火をつけて回ると、部屋の全貌が明らかになった。

立派な2本の刀とその他の様々な長さの刀が陳列されていた。

「葵、なにか聞こえないか?」

僕を観察するようにじっと見つめて父さんが聞いてきた。

「えっと…静かな部屋ですけど…」

そう言うとどこか寂しそうな、だけどホッとしたような声で父さんが独り言のように呟いた。

「そうか…うむ、聞こえないのなら良い」

それだけ言うと蝋燭を消して再び階段を上がる。

(えっ?)

階段を登っている途中で誰かに呼ばれたような気がして振り向いたけど、気のせいのようだった。


◇◇◇◇◇


その晩は地下室での父さんの顔が気になってなかなか寝付けなかった。

『ゴソゴソ』

父さんがベッドから抜け出す音がした。そして静かに部屋を出て、玄関が閉まる音がした。

(父さん…どこに行くんだろう…?)

僕も静かに起き上がると父さんのあとを追うことにした。

虫の鳴き声が秋の到来を伝えていた。月明かりの中、父さんはよどみなく歩いていく。

僕もかなり遠くから気配を消すように努力して追いかけた。

(この先は…港しかないけど…)

父さんは港に着くと手のひらを下にして右手を前に出した。

すると信じられないことが起こった。手のひらから刀の鞘が現れたのだ。

(えっ?何…これ?)

僕は見間違いかと思って目をこすった。

さらにその鞘がどんどんと出てきて刀の鍔が現れ、ついに柄まで出てきた。

(あんな刀…初めて見た。いつも使ってるのとは違う…なんだろう…すごい力を感じる)

父さんが刀を抜く。

その瞬間父さんの前に一人の鎧を纏った武者が現れる。

僕は驚いて目を見張った。

(あれ?誰?それにどこから出てきたんだろう?)

あまりのことで現実とは思えない。

ぼんやりと眺める僕の前で突然鎧武者が輝きを放ち、一つの輝く光の玉となる。

その光の玉が父さんの体に触れた瞬間、父さんの体の周りが激しく輝いた。

「うっ」

僕はあまりの眩しさに目を閉じる。

目を開いた僕の目の前にあったのは圧倒的な力を全身に纏わせた父の姿だった。

空気までビリビリと震えるような感覚。

僕は立っていられず、膝から崩れ落ちた。四つん這いになって胃の中のものが逆流するのに耐える。

「はぁはぁはぁ…うっ、げぇぇ」

その場で胃の中のものをぶちまけて目の前を見ると父の体から輝きが失われ、刀が再び体に入っていくところだった。

そして僕は気を失った。


◇◇◇◇◇


目が覚めた時には日が昇り始めていた。

「葵、大丈夫か?」

(父さん、あれ?ここは…?えっと…昨日の夜…)

「あっ」

昨夜のことを思い出した僕が父さんを慌てて見ると起きた時の優しげな目から厳しい目に変わっていた。

「葵、父さんは明日の朝、倭国に立つ」

「えっ?」

「お前も知っているように、あの国には母さんと桜(さくら)がいる。私は母さんと桜を救い、倭国を再興する助けになろうと思う」

(母さんと桜が生きているって!?)

「でも…倭国は…」

「お前には滅んだと教えてきたが、まだ倭国では細々とだが、人が暮らしている。実は倭国から様々な情報が父さんには入ってきていたんだが、これまで伝えてこなかったのは、お前が心配するだろうと考えてきたからだが。すまん」

「それなら僕もっ」

「駄目だっ」

強い口調で即答されて僕は二の句が継げない。

「お前は弱すぎる。良いか、葵。刀の化身と一体化することで我々サムライは通常の人間以上の力を出すことができるのだ。私の『正宗』のように、せめて己の刀を見つけ出すくらいにならなければ死ににいくようなものだ。それに…私としてはできることならお前にはこの国で幸せになって欲しい」

(昨日地下室に入った時に「何か聞こえないか?」って聞いてきたのはそういうことだったんだ…)

「でっ、でも…」

それでも言い募る葵に父はついに厳しい現実を突きつけた。

「今のお前では足手まといなのだ」

そう言われて何も言えなくなった葵に父政信は暖かい目を向けた。

「大丈夫だ。昨夜私の力の一端を見ただろう?必ず母さんと桜を連れてこの街に戻ってくるよ。お前のことはデレクさんとジェイク君に頼んである。普通に暮らせばあと5年は暮らせるだけのお金を残してある」

「………わかりました。父さんの帰りを待っています」



次話 父さんとの別れと新たな生活
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 あむぁいおかし製作所 林田虎之助 ToL●VEる 氷月 M小説同盟 ガットマキア Q RAYMON パルコ長嶋 せみもぐら akys本舗 谷口さん DATE 桐下悠司 なるせ きつね長官 枝空 夢幻館 大和田朋輝 砕骨子  忍桐ずん 九条志玲 かかし朝浩 L.P.E.G. TSFのF 犬神ラボ あむ H9 命わずか 柚子鉄線 ゆきまろゆっきー ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 ダイナマイトmoca うえにあるみかん サナダ 龍企画 ぶーちゃん アサノシモン もちもち堂 猫丸恋太郎 けんたろう 鹿島田しき 紫紀 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー 艦●れ 狩野景 ドウモウ U.R.C 坂井リンゴ あるざ流人 蜥蜴重工 エムシー販売店 HB いそふら Norn あめしょー 水利硝 gallery_walhalla BANANA 宮里えり 泥酔桜国 ヴァニラCREAM 一輪車でねこらっしゅ 午前七時の合わせカガミ LAZY_CLUB 幾夜大黒堂 かると 菅野タカシ ノーリミット tes_mel Norn/Miel/Cybele 新堂エル 稲葉COZY やまガラス Cothurnus 大嶋亮 NOIR BENNY’S ニイマルサン にくじゃが 日月ネコ 福龍 恥辱庵 エロエ TS内燃機 クラウド せぼい アカギギショウ 松園 君の●は。 無計画主義 もくふう 鈴月奏 眠たい猫 大石コウ 夏川冬 石野鐘音 春日まゆ 永田まりあ Hisasi #define さいもん ウィルテイム ふじや 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 あべつくも 蒼田カヤ シルキーズ 綾瀬はづき くろの ピンポイント 緑木邑 消火器 まぐろどんぶり ひらたいら ピンクパイナップル 吉田犬人 キングピン 赤人 真城の秘宝館 高宮はいり 座間翔二 鶯羽佯狂 タケユウ 山猫スズメ 一夢 零零零 田中竕 アロマコミック 双龍 トキサナ AV 白羽まと 花妻見枝豆丸 PoRore 舘石奈々 飛燕 成田コウ 山田ゴゴゴ 桐生真澄 ダルシー研Q所 零覇 ちり 伊佐美ノゾミ 無限軌道 ハイエンド スピンドル 小女子 ココロコネクト 満足堂 酒井仁笹弘 JUMP B-DASH ディーゼルマイン 能都くるみ 天鬼とうり 愛内なの ポン貴花田 白駒らい D-ivision 144 瀬奈陽太郎 雨雅 コトキケイ 絵を描くマン 極フェロ 樋口あや 夜のひつじ 松山はやて 柚木N' 早乙女もこ乃 しなのゆら 松阪剛志 鉄巻とーます TinkerBell 松任知基 アクシス 高柳カツヤ tsxy 脳縮還元  蔵乃 はみ部屋 小武 とも福 若井いくお 森島コン 有栖リツカ りこ丸 高瀬むぅ ヨシフミカオル CrookedNavel 葛城ゆう あきちん  じぃすぽっと しまちよ vivi-sectr 舞麗辞 浅草寺きのと 雪乃つきみ 高山ねむ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 アパタイト さじぺん 百合原明 藤島製1号 SPINDLE 高尾鷹浬 ボクガール 如月奏 桂あいり 中川優 Lilith ケラトン たいやき 鳥茶丸 ちみチャンガ 種梨みや LIBERTYWORKS メイビーソフト 虹のれん 久壁おと クリムゾン 萌姫ねねね Red.D 工藤詩乃 pastgadget 橘真児 ごまさとし ちょこばにら 上原ヨヨギ 花門初海 ゆきマンゴー 勇者乾電池 TLB 立川立夏 アシオミマサト 白濁系 都氏 左カゲトラ ねじろ カワディMAX オジィ ほんじょう山羊 鉄腕うーぴー とめきち TSF専用 地縛霊の巣 宇行日和 八尋ぽち 愛昧亭 緋衣響一 @子猫 gallery walhalla 真黒皇子 spika 47.5% 式神くろ子 すずしろやくも 四八楼 眠り猫四郎 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku majoccoid すみすず まうめん チロリアン ねとろもりこん だーくすぴりっと はるゆきこ たいやきトランプ 東航 4階絵画室 CHU-S 天崎かんな 雑菌工業 汚惣菜屋 目指せ絵師様 チリモズク茶 ろれろれ屋 一夜猫の夢 マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ ぬるはちぽんぽん シュガーミルク 浅野屋 アシオ アクオチスキー先生 鳥之倉 Medium bodied トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 まどろみ行灯 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ 童貞食堂 レトロスター エクスプロージョン ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 井ノ本リカ子 あまね紫狼 雷蔵 福徳紗織 愛昧亭うまみ 藤馬奈緒 月下冴喜 ゆうきつむぎ 彩葉チヨ 水姫七瀬 あんにん 吹浦ハギ ikak 椿山パリィ 伊駒一平 風雅ゆゆ 篠塚醸二 四葉チカ 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 我心達吉 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト うたのはかせ 女騎士の城 雛瀬あや 白家ミカ runa アロマフラッシュ! なちすけ 木ノ碕由貴 Cybele 楽人唯夏 高槻遠名 くどうひさし 天野タマキ taro るいす・まくられん ほりとも 仁志田メガネ いちよんよん 小倉脩一 ピロンタン フジツナ Miel 托卵JP みなこなみ RIKI 星逢ひろ あましょく サ●ーウォーズ 東方Project Quu 馬せんた 南乃映月 南郷じんげる bpm12 大橋薫 花巻かえる TSUBASA さいだ一明 kupa モフ2製作所 ふかふか天職 南ちさと 美矢火 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます