FC2ブログ

記事一覧

狼達との戦い

灰狼を狩った1週間くらい後、僕は町長さんに呼び出された。

「おはようございます」

町長さんは疲れた様子で、顔色が悪かった。

(あれ?何かあったのかな?)

「あっ、葵君か…すまんのぉ。こんなに朝早くに呼んでしもうて」

「いえ、大丈夫ですけど町長さん、お疲れですね、何があったんですか?」

「ああ、実は君に頼んでいいものか今も悩んどるんじゃだが」

町長が不安気に僕を見る。

「大丈夫です。何でも言ってください」

(どうしたんだろう?)

「いや、…そうじゃな。…実は厄介な魔物がこの町の周辺で出たのじゃ」

「厄介?」

「ああ、数日前に灰狼を狩ってもらったんじゃが、あの灰狼が群れを追われたのは、より強い魔物が群れを乗っ取ったからのようなのじゃ」

(群れのリーダー争いなんて珍しいことではないけど)

僕の考えを読んだように町長が話を続ける。

「リーダー争いなんてよくあることじゃが、今度のリーダーがまずいのじゃよ。まだ確実ではないのじゃが、銀狼かもしれんのじゃ」

「な…」

(銀狼…!)

銀狼は灰狼の上、黒狼のさらに上位の魔物だ。銀狼クラスになると言葉を話すものもいるとか聞いたことがある。

「さらにその群れが25、6頭ほどになっているようなのじゃ」

(25か…)

「さすがに街のギルドか王国軍に頼んだほうが良いかと思ったんじゃが…。ああ、いや、葵君では物足らんと言っとるわけではないぞ。君に怪我をされるとこの町が困るのじゃ」

(町長さんは僕のことを本当に心配してくれているようだけど…こんなに大きな群れが来ることなんてほとんどないし…あれから僕も強くなったんだから)

「心配していただいてありがとうございます。だけど…お願いします、僕にやらせてくださいっ」

それでも僕はお願いした。

早く刀の声を聞いて父さんを助けに行きたい。その思いがこの無謀とも思える狩りを僕に受けさせたのだった。

「…よろしい。じゃが、危なかったら絶対逃げて戻ってくるのじゃぞ」

「はい」

町長さんの家を出る。今日も暑くなりそうだ。

だけど季節はもう少ししたら秋になる。この時期は狼たちも冬に備えて活発に動く。だから大きな被害が出る前に倒さなければいけない。

僕は一度家に帰って準備をした。

刀と脇差を手に取ると髪を縛り直して家を出る。

森に入ってからは、普段よりも慎重に歩いた。

(まさかいきなり遭遇ってことはないよね?)

最初はおそるおそる歩いていたが、なかなか狼たちには出会わない。既に3時間は歩いただろう。

(いないなぁ)

もう少し奥まで進んでみることにして、一度立ち止まると昼食を食べて再び歩き出した。

(せめて銀狼の姿くらいは見ておきたいし)

しかしなかなか群れは見つからない。

夕方まで探したが見つからず、日が傾いたところで家に帰ることにした。ところが、町長さんの家の前で騒ぎが起こっていた。

「どうしたんですか?」

一人の男の人に尋ねる。

「ちくしょうっ、出やがった、狼にアルの家がやられて全滅したっ」

目が血走っている。アルさんの家といえば町外れの家だ。

(まさかそんなに町の近くにいるとはっ)

僕は慌ててアルさんの家に向かう。

そこは凄惨な現場になっていた。


◇◇◇◇◇


「クソっ、アルも嫁さんも娘も全員食い殺されていた。あのクソったれ犬畜生に」

血まみれの軒先で友人だったらしい男たちが話しているのを聞くといたたまれなくて僕はその場を去る。

アルさんは町外れで牛や豚を飼いながら家族仲良く暮らしていた。小さな町だから僕も何度かは顔を合わせたことがある。温厚そうなアルさんの顔が思い出された。

(そうだっ、僕は自分のことばかり考えていたけど、狼を退治しないと町の人に危険が及ぶんだっ。僕はなんて浅はかだったんだっ)

いてもたってもいられなくて、家に帰らずその足で再び森に入った。

夕暮れどきの森は薄暗く、それだけで危険な場所になる。

だけど昔から僕はジェイクと一緒にこの森を遊び場にしてきたから庭みたいなものだ。

『ガサッ』

走っていると目の前に突然大きな黒い塊が飛び出した。

「くっ」

急停止してその黒い塊を見る。

(黒狼?…いや、灰狼か)

薄暗い中、狼の目が赤く光っている。

開いた口からは涎が垂れていた。

(こいつらのせいでっ)

僕は鯉口を切って柄に手をかける。少し腰を落としていつでも抜けるよう構える。

「ハッ、ハッ、ハッ」

灰狼の目が一瞬僕から逸れたような気がした。

『ザッ』

僕がほとんど無意識に後ろに跳んだ瞬間、元いた場所には大きく口を開けた別の灰狼の姿があった。

(うわっ、危なかった)

一瞬で体勢を立て直すと2頭になった灰狼に向かって走り込む。

難なく縦に並んだ二匹を切ったところで前に数匹の灰狼がいるのが見えた。

こちらに向かって走り込んでくる。

僕は一瞬逃げて体勢を立て直すか悩んだけど、数はそれほど多くはなさそうだ。

(このまま切り抜けるっ)

すれ違いざまに切っていく。

(一、二っ)

3頭めの爪が顔のすぐ横を通過する。髪が何本か宙を舞う。

(三っ)

三頭切ったところで横から殺気がしたのでスライディングするように滑り込んだ。

僕の真上を黒い塊が通り過ぎる。刀を上に突き刺すと柔らかい腹が裂けて血や内臓が降ってきた。

(これで6頭…まだいけるっ)

「はぁ、はぁ」

荒い息をついたところで再び前方に赤い目が光っていることに気がついた。

(休ませてはくれないってことか…)

刀を振って血を飛ばすと、前をじっと見つめる。

陽が落ちて月もうっそうと茂った木々の葉で見えない。

闇の中で近づく赤い目。

(あれ?遅い…?)

嫌な予感がして僕は周りを警戒する。

『ガサッ』

激しい音が頭のすぐ後ろから聞こえた。

一瞬早く前に飛び出した僕は地面を転がり、灰狼の奇襲を躱して、そのまま素早く立ち上がると、頭を噛み砕きにきた一頭を袈裟斬りに切り落とす。

そして先ほどの赤い目を見ようと振り返ろうとしたところで、僕は激しい衝撃に吹っ飛ばされた。

「ぐあっ」

そのまま獣道に転がるようにしてようやく止まった。

(ううっ…油断した…まさかこんなに速いとは…こいつは…灰狼じゃないっ)

身体はまだ動く。

なんとか立ち上がろうとした時に鋭い殺気が放たれて慌てて後ろに跳ぶ。

(しまったっ)

ダメージのある僕では狼よりも動きが遅い。

案の定、すぐ目の前に黒狼の赤い口が迫っていた。

『ガチッ』

刀を前に出して押さえようとするが、刀身を鋭い歯で挟まれる。

(いけないっ)

刀を戻そうとするけど全く動かない。

通常なら口の中を切り裂く刀身が、何頭も切ってきたせいで切れなくなってしまったのだ。

「くっ」

狼の爪が迫る。

しかしその爪が僕に突き刺さることはなかった。

(ふぅ…もしものために持ってきておいて良かった…)

僕の左手に握った脇差が狼のあご下から脳天を突き破っていた。

それでもしばらくの間ガタガタと動いていた狼だったが、やがて力尽きた。

だけど、今の攻防で僕の頭は冷や水を浴びせられたように一気に冷静さを取り戻した。

(これ以上は戦えない…街に戻ろう)

しかし振り向いた僕に無数の赤い視線が突き刺さる。

(くっ、すでに囲まれていたのか…)

僕は焦りと恐怖を抑えて森を出るルートを考えると、まっすぐ最短のルートを走り始めた。


◇◇◇◇◇


「はぁはぁ、はぁはぁ」

僕は後ろから聞こえる獣の足音に追われながら木々の間を抜ける。

大きな岩が見えた。この岩の広場を抜ければ森を抜けられる。

(なんとか逃げきれた…)

だけど、その時、僕の気持ちを嘲笑うかのように岩の上から一頭の狼が地面に飛び降りた。

(大きいっ、なんだこいつ?)

僕の体の何10倍もある狼。頭だけで僕よりも大きい。月光に照らされた狼の毛並みは銀色に輝いている。その目も赤ではなく銀色に輝いていた。

(まさか…こいつが銀狼…?)

こちらは切れない刀と脇差が一本。勝てるわけがない。

『グオオオオオ』

銀狼が大きく唸りを上げる。

(うわぁぁ)

その唸り声だけで、僕の膝は震えた。

(勝てない…僕はここで死ぬのか……いや、嫌だっ)

生きたいという意思が思い出させたのだろうか。その時不意にジェイクと遊んでいた隠れ家が頭をよぎった。

(…まだだっ、ここで僕は死ぬわけにはいかないっ)

持っていた脇差を銀狼に向かって投げつけると同時に走り出した。

(間に合うかっ?)

脇差に気を取られて一瞬だけ銀狼の意識が逸れた。

目指すのは銀狼が最初に立っていた岩の下、そこには裂け目があってギリギリ人が一人入れるのを僕は知っていた。

銀狼も次の瞬間には僕を狙って跳ぶ。

『ガッ』

岩に銀狼の爪がぶつかった。

間一髪、僕の体が岩の割れ目に先に入ることができた。

銀狼が岩の周りを歩き回り、裂け目に顔を入れようとするが、銀狼の体が大きすぎて顔を入れることができないでいた。目の前の銀狼と目が合う。しばらく睨み合った後、銀狼がニヤッと笑った気がした。

銀狼は一声吠えて、それから走り去る音がした。

(助かったのかな…もう…これ以上は…)

疲れと怪我と安堵に僕の意識が闇に消えていった。


次話 一夜明けて ハンター到着
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 君の●は。 一夢 菅野タカシ 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 零覇 タケユウ アロマコミック 石野鐘音 零零零 真城の秘宝館 舘石奈々 NOIR 花妻見枝豆丸 白羽まと AV 飛燕 にくじゃが BENNY’S 大石コウ 田中竕 ダルシー研Q所 マグナプラン すずしろやくも 中川優  立川立夏 spika 真黒皇子 久壁おと 工藤詩乃 春日まゆ 上原ヨヨギ 能都くるみ @子猫 緋衣響一 松任知基 gallery 極フェロ walhalla ココロコネクト 満足堂 愛内なの あきちん 酒井仁笹弘 ちり 無限軌道 都氏 さじぺん カワディMAX ちょこばにら 橘真児 花門初海 しまちよ 葛城ゆう 舞麗辞 ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ りこ丸 オジィ 高山ねむ子 ろれろれ屋 式神くろ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 ボクガール 如月奏 アパタイト SPINDLE 八尋ぽち ほんじょう山羊 雪乃つきみ 高尾鷹浬 47.5% 愛昧亭 有栖リツカ 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 消火器 風雅ゆゆ 伊駒一平 クリムゾン ikak 吹浦ハギ 彩葉チヨ 天鬼とうり ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ LIBERTYWORKS 椿山パリィ 藤馬奈緒 ケラトン メイビーソフト 雷蔵 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 森島コン  福徳紗織 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 鳥茶丸 愛昧亭うまみ 小武 松阪剛志 桂あいり あまね紫狼 Lilith じぃすぽっと vivi-sectr 月下冴喜 白濁系 ゆうきつむぎ pastgadget 井ノ本リカ子 高瀬むぅ 浅草寺きのと ヨノイ誠一郎 CrookedNavel くりおね社 ら○ま1/2 ヨシフミカオル 松山はやて 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます