FC2ブログ

記事一覧

ギルド入会試験

「これっ、なんの肉だろうっ、すごく美味しいっ」

僕らはその日の夕食にありついた。

田舎育ちの僕にとっては初めて食べるものもたくさんあった。

食べているとおばちゃんも

「あらあら、そんなにがっつかなくても無くなりゃしないよ」

そう言って呆れた顔をする。

周りの人も僕らのテーブルに注目していた。

「あれ?アオイか?」

「むは、ふぁんふぁふぁん」

「ほら、口の中のものを飲み込んでから話せよ」

「んん、ゴクン、アンナさん」

「相席いいかな?」

アンナさんは向かい合って座るラルフにひと声かけて僕の横に座るが、ほっぺたを膨らませてリスのようになっている僕の姿を呆れた顔で眺める。

「いえ、これが美味しすぎて」

「あらあら、嬉しいこと言ってくれるわね、アンナさんは何にするかしら?」

おばちゃんがアンナさんのオーダーを取りに来た。

「えっと、棒棒ドリのタルタルソースかけにしようかな」

「はいよっ」

そう言ってから奥の厨房に「ボーボー1ねー」っと声をかけた。

「ところで、アオイ、あんた実は凄いんじゃないかっ」

アンナさんが料理を待つ間話しかけてきた。

「えっ?」

「ギルドの職員からちらっと聞いたんだが、Bランクの新人が来たって職員の中ではちょっとした騒ぎになってるらしいぞ」

「あっ、そうなんですか?」

「そうなんですかじゃないよ、全く。驚いた新人さんだな。明日試験が行われるみたいだから今日は早めに寝とけよ」

「はぁい」

(ん?試験?)

試験のことは少し気になったけど食欲には逆らえない。再び僕は料理にぱくついた。


◆◆◆◆◆


「しかし…よろしいのですか?Bランク以上の力がありそうとはいえ、15、6の子供、それも女の子に行かせるのは危険だと思うのですが」

アーバインが眼鏡を人差し指で持ち上げてレオンに尋ねる。

「ふっ…大丈夫だ。俺の見立て通りならむしろ面白いことになるぞ、お前は…ああ、まだハンターになっていなかったから知らないかもしれんな。10年ほど前にミカドという名前のSランクハンターがいた」

「…知らないですね」

「だが、『鬼神』と言えば聞いたことくらいあるんじゃないか?」

「ええ、伝説のハンターですよね…まさかっ…?」

「ああ、そのまさかだ。俺がAランクになった頃、本当に一時だったが、数々の伝説を作っていた男の名前がミカド・マサノブ、登録はサムライだった」

「では…あの子が『鬼神』の血縁か何かだと?」

「そういうことだ。明日は俺も出張る。なあ、面白いものが見れそうだろ?」


◆◆◆◆◆


翌日、朝からギルドに向かう。

昨日の服と同じような格好で入口のドアを開けると人の山だった。

(朝はこんなに混むんだ…)

「おはよう、アオイ、ラルフ」

アンナさんが人ごみを縫って近づいて来ると早速声をかけてくれた。

「おはようございます」

「おはよう」

返事をすると、僕らの存在に気がついた周囲が潮を引くように静かになった。

(また注目されてる…)

はぁ、とため息をついていると昨日のアーバインさんと受付のお姉さん、それに知らない男の人が現れた。

受付のお姉さんは昨日あんなふうになっていたのが夢だったんじゃないかと思うようなきっちりとした服装と態度で二人の一歩後ろに立っていた。

僕らの前の人たちがどけてくれて道が作られて一番前列まで僕らは歩いて行った。

「おはようございます、葵さん。昨日の手紙の検証が終わりました。アオイさんの単独で18匹の灰狼、黒狼を倒し、銀狼を逃亡させた力はBランクに当たります」

僕を見て最初話し出したアーバインさんだけど、どうやら、これはみんなに向けた発表らしい。

周りから「おぉー」と野太い声が上がる。さらに「銀狼?」「Aランクの間違いじゃないのか?」「いや、Sランクだろう」などという声でざわめく。

「ただし、Bランク以上のルーキーはこの支部では初めてですし、Bランク以上になると様々な特権が付与されるため、そのまま与えるには他のギルドのメンバーにも良い印象を与えない可能性があります」

続けてそう言った直後「そうだそうだっ」「その経歴は嘘かもしれんぞっ」「あんなに可愛いのに」などヤジが飛ぶ。

ヤジが終るのを待って、アーバインさんが言葉を続けようとしたのを、隣にいた男が遮る。

「あー、俺はレオン、アオイにラルフだったか。俺がこの支部の支部長だ。可愛い女の子にはBランクぐらい、いくらでもやりたいのだが、そういうわけで試験をさせてもらうことにした」

聞き覚えのある声と名前。

(レオンさん、この人が昨日エッチしてた…)

そう考えると恥ずかしくて二人の顔を見れない。

「ん?どうかしましたか?」

アーバインさんが声をかけてくれたけど、「いえ、何でもないです」と答えた。

「それでは、試験の内容を発表する。昨日の時点ではウィリアムのパーティに任せる予定だったが、この街の北の山間部にある村がオークの群れに支配されている。アオイ、ラルフの両名でこれを殲滅してきてもらおう」

「おぉー」再びどよめきが起こる。

「ちょっ、ちょっと待ってください」

ところがその時、異を唱えるものが二人。

「ん?ウィリアムにアンナか?どうした?」

「ここのオークはラルゴの支部のCランクやBランクハンターでも失敗した案件です。オークよりもはるかに強い種がいることも推測されます。ですので、彼女たちがいくらBランクの使い手でも二人での殲滅は危険だと思います」

ウィリアムさんの言葉に、うんうんと頷いているものも多い。

「そもそも、オーク相手に女の子を行かせるなんて良くないだろ」

アンナさんの言葉には女性のハンター達が同意を示してギルドがざわつく。

『パンっ、パンっ』

手を叩く音。皆が前を向く。

「二人の意見はもっともだ。だが、それは心配いらん、我々もついていくからな、そうだ、Aランク、Bランクで手の空いているものは一緒に来い」

レオンさんの言葉で、二人の心配が払拭されたのか反論はそれ以上出ず、場が解散となった。

ぞろぞろと出ていくハンター達。女性のハンターからは「気をつけてね」と励まされて、男性陣からは色んな目つきで見られた。

僕らのところに来たのは先ほどのウィリアムさんとアンナさん、それに受付の女の人。

「本当に気をつけてください。一応僕も後ろからついていきます。危なくなったら逃げてくださいね」

それから声を落として「僕はオークの上位種のオークキングか、それ以上の種がいると踏んでいる。くれぐれも注意して」と教えてくれた。

さらにアンナさんが近づいてきた。

「大変なことになったね。いい?オークっていうのは女の体に種をつけて繁殖するから、アオイはまずいと思ったらすぐに逃げるんだよ。苗床にされるからな」

最後に受付の女の人が近づいてきた。

「昨日は名乗らず失礼しました。私は支部長付きの秘書のケイトです。こちらが依頼書と地図になります。私はたまに受付にも出たりしますので、お会いすることも多いかと思います。でも…危なかったら逃げてくださいね。後ろには支部長と支部長代理がおられますので、絶対に安心ですから」

(ケイトさんって思ってたより優しいんだな)

「いえ、せっかく試験をしていただけるので頑張ります。ありがとうございます」

僕らはそう言って支部長たちのところに行った。

「歩いて4日程の距離だが、今回は時間が惜しい。だからこちらで最高の馬車を準備した。明日の朝には現地に到着予定だ。では急がせて悪いが2時間後に北門に来てくれ」

「はい」


◆◆◆◆◆


一旦銀狼亭に戻っておばちゃんに宿泊を延ばしてもらうようにお願いした。

「ギルドに入るのに試験なんて聞いたことないけどねぇ。じゃあ、3日分延長ね。分かったよ」

僕がお金を払うと、「出発の前に寄っておくれ。お弁当を準備しとくよ」と言ってくれた。

一度ギルドに戻って水筒や携帯食料を買ってリュックに詰めると銀狼亭でおばちゃんからお弁当をもらって北門に向かう。



◇◇◇◇◇


「おっ、来たな。これで全員集合か」

北門を出ると既にレオンさん、アーバインさん、アンナさん、ウィリアムさん、それに知らない顔の男の人が2人いた。

「アオイさん、こちらの二人は僕のパーティのBランクハンターでイアンとポールです」

ウィリアムさんが紹介してくれた。

「初めまして、イアンです」「ポールだ、よろしく」

「初めまして、葵です。こちらはラルフです。よろしくお願いします」

そう言って僕も頭を下げた。

「来たぞっ」

レオンさんの声がして、頭を上げると砂埃を上げながら馬車が2台現れた。

かなり大きな馬車で僕らが乗るところは屋根もあって個室のようだ。それを4頭の馬が引いている。

「2組に別れて乗るぞ。アンナ、ウィリアム、イアン、ポールがそっちに乗れ。俺たちはこっちに乗る、さあ行くぞっ」


◇◇◇◇◇


馬車はなかなか快適だった。揺れは結構あるけど、椅子のクッションが衝撃を和らげてくれているのでお尻が痛くなったりはしなさそうだ。

馬車の中ではこれまでの経緯やオークについてアーバインさんから説明があった。

そして途中、何回か馬を交換しながらほとんど休憩なしに馬車は走り続けることで明け方には現場近くに到着するとのことだった。

『ヒヒーン』

「んあっ?」

慣れない馬車で長い時間揺られていたせいか、いつの間にかぐっすり眠り込んでいた僕は激しい揺れに目を覚ました。

「死にてぇのかっ?」

激しい怒号が聞こえて、僕と同じように目覚めたレオンさんが「何だ?」窓から外を確認する。

外から明かりが差し込んでいる。

(もう朝かぁ?)

後ろの馬車も止まって、ぞろぞろと僕らが降りると、若い男の子に御者のおじさんが怒鳴りつけていた。

「あー、どうしたんだ?」

レオンさんが御者のおじさんに尋ねる。

「あっ、起こしてしまって申し訳ねぇ。いやね、いきなりこの坊主が馬車の前に飛び出してきたんでさぁ」

そう言って少年を指さす。

「お願いだっ、俺も連れて行ってくれっ」

僕らの視線が少年に注いだのを感じ取ったのか、いきなり男の子が地面に座り込んで頭を下げた。

「あんたたち、オークを退治しに来たハンターなんだろ?ロゴスから来たんだろ?」

「なぜそう思うんだ?」

アーバインさんの眼鏡が光る。

「俺はオークに村が襲われてからずっとあいつらを見張っていたんだっ」

(オークに襲われた村の生き残りってこと…?)

レオンさんとアーバインさん、それにアンナさん、ウィリアムさんが集まって相談を始めた。

そして、少年が土地に詳しいこと、もし少年を連れて行かず勝手な行動をされては困るということで、馬車を置いてここから歩くことになった。

明け方に歩き始めて、村が目視できるようになるころ、少し暑くなってきた。

「アオイ、ラルフ、準備しろ」

レオンさんが声をかける。

「はい、それにしても暑いなぁ」

僕はパーカーを脱いでタンクトップだけになった。

そして水を取り出して飲む。

さぁ、行きますか、と思ったときに横槍が入った。

「おいっ、まさか二人だけで行くのかっ?」

例の少年だった。

「そうだ」

レオンさんが言うと、少年が胡散臭そうに僕らを見る。

「あんたらが来る前、もっと強そうな奴らが10人くらいで全滅したんだぜっ、なんでみんなで行かないんだよっ?」

「俺たちは後ろからついて行くさ。アオイ、ラルフ、俺たちが後ろからついて行って、囚われた女や隠れた奴は殺すからお前らはどんどん行け、ボスを倒して来い」

「はい」「ああ」

「おいっ、俺の話を聞けよっ」

少年が大きな声を出した。

「おい、坊主、素人は黙ってろっ、お前の声でオークどもに俺たちのことがバレちまうだろうがっ」

レオンさんの厳しい声がとぶが、それでも少年は何か言いたそうな顔で僕らを睨みつけていた。

「では、行ってきます」

そう言って僕らは村への入口の木の柵に向かった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 NOIR 花妻見枝豆丸 真城の秘宝館 アロマコミック タケユウ 零覇 菅野タカシ 石野鐘音 零零零 飛燕 にくじゃが 君の●は。 舘石奈々 消火器 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 一夢 田中竕 BENNY’S ダルシー研Q所 マグナプラン AV 大石コウ 白羽まと 工藤詩乃 spika 真黒皇子 久壁おと 上原ヨヨギ すずしろやくも あきちん  中川優 walhalla 立川立夏 @子猫 有栖リツカ ちり 都氏 能都くるみ 愛内なの 無限軌道 満足堂 酒井仁笹弘 松任知基 春日まゆ 緋衣響一 ココロコネクト gallery アパタイト ちょこばにら 橘真児 カワディMAX 花門初海 舞麗辞 しまちよ ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ 葛城ゆう りこ丸 さじぺん 極フェロ 高山ねむ子 式神くろ子 如月奏 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 SPINDLE 47.5% ほんじょう山羊 オジィ 八尋ぽち 雪乃つきみ 愛昧亭 高尾鷹浬 ボクガール 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 彩葉チヨ 伊駒一平 クリムゾン LIBERTYWORKS 風雅ゆゆ ikak 天鬼とうり 吹浦ハギ ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ 椿山パリィ ゆうきつむぎ ケラトン メイビーソフト 森島コン 藤馬奈緒 雷蔵 百合原明 萌姫ねねね  小武 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 松山はやて 福徳紗織 鳥茶丸 松阪剛志 愛昧亭うまみ 藤島製1号 桂あいり じぃすぽっと vivi-sectr 井ノ本リカ子 Lilith 月下冴喜 pastgadget 白濁系 高瀬むぅ ら○ま1/2 ヨノイ誠一郎 あまね紫狼 浅草寺きのと CrookedNavel ヨシフミカオル くりおね社 ろれろれ屋 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます