FC2ブログ

記事一覧

群がるオークの中で舞う少女

『ヒュッ』

村に入るなり僕らに向かって無数の矢が飛んできた。

「葵っ」

「大丈夫っ」

僕は難なく躱して、ラルフは躱すどころか矢を掴んだ。

飛んできた方向を見ると、櫓(やぐら)のようなものが建てられていてその上に数匹のオークが見えた。何やら櫓の上で叫んでいる。

ラルフが掴んだ矢を投げると、一直線に飛んだ矢が櫓の上のオークに刺さった。

『ドサッ』

重いオークが地面に落ちた音は意外な程大きな音を立てた。案の定、家々のドアが開いてオークたちが顔を出す。

そして僕らの姿を見ると慌てた様子で家の中に戻って武器を携えて出てきた。

「一気に行こう」

僕はそうラルフに言って駆け出す。ラルフは走りながら器用に矢を掴んで櫓の上のオークを落としていく。

僕は矢が飛んでくるのを躱しながら、一番近くの家から出てきたオークと向き合った。

「ぶひぃっ、ぶひぃっ」

贅肉まみれの腰にボロ布を巻いただけのオークが口や鼻から涎や鼻水を垂れ流している。

(うわぁ…)

オークは顔が豚で体が人間の魔物だということは知っていたけど、実際に見てみると想像していた以上に気持ち悪い。

(「主殿、まさか妾でこんな汚いのを切るのかえ?」)

村正が恐る恐るといった感じで聞いてきた。

(「もちろんだよ」)

「ひっ」と村正の悲鳴のような声が聞こえた気がした。

(「お願いじゃあ、それだけは許してたもれ~」)

オークはさらにボロ布の脇から勃起した汚い肉棒を取り出して扱きながら僕の体を見てニタァと笑った。口から垂れた涎が糸を引く。

(うぇぇ…気持ち悪い…)

僕はぞっとして、タンクトップを持ち上げる膨らみを両腕で隠した。

(「気持ち悪いのぉ、…主殿、やるんならさっさと終わらせてくだされ」)

村正の気持ちはよく分かる。僕も本当はあまり近づきたくはないけど、仕方ないので目の前で肉棒を扱くオークに斬りかかった。

(まずは一匹っ)

ところが、突然の僕の攻撃に戸惑っているオークの隣から盾が出て村正の突きが防がれる。

(ん?)

と同時に、盾の陰から杭を尖らせただけの粗末な槍が突き出される。

(おっと)

その槍を切り落とすと、僕が最初に斬ろうとしたオークが鉈を振り下ろしてくる。

(なんだ…?)

僕は違和感を感じて一旦後ろに下がって観察した。オーク達は闇雲に突っ込んでくるようなこともない。

(なるほど…確かに単純な魔物の動きではなさそう)

僕は認識を改めた。

オーク達は僕が一度下がったことで怯んだと見たのか、三匹で囲むようにしてジリジリと近づいて来る。

僕は体を低くして力を溜め、三匹を引き付ける。

そして、間合いに入った瞬間、刀を抜いた。

3匹とも何が起こったのかわからなかったのかもしれない。呆気にとられた顔のまま倒れた。

「葵、大丈夫か?」

ラルフの周りには既にオークの死体が転がっていた。

「うん、あっ、話している暇はなさそうだよっ」


◇◇◇◇◇


キースはハンターたちからこっそり離れると、オークたちがいなくなった家々を回る。

(オークに犯された女はハンターに殺されるって聞いたことがある、その前に見つけないと)


◇◇◇◇◇


(こいつらって本当に生殖本能だけのオークなの?)

オークは必ず三匹で連携して攻撃してくるのに加えて、不利と見ると逃げ出して、葵達を罠が仕掛けられたところに誘い出す。

聞いていたオークと全然違う戦い方に葵も最初は戸惑った。

だが、狼との戦いで散々不意打ちも多対一も経験してきた葵にとってそれほどの驚異ではなかった。

足元に張られている紐も飛んでくる矢もことごとく躱す。

このあと何があるかわからないので村正の力は要所要所でしか使わなかったが、それでもオークがどれだけ束になってかかってきたところで相手にすらならなかった。


◇◇◇◇◇


「うわっ、激強じゃん?あんなお嬢さんが狼退治したって聞いて冗談かと思っていたけど、これなら頷けるなあ」

家を一軒ずつチェックしながら、イアンが感心したようにポールに声をかけた。

「確かに…強いな」

ポールも言葉少なに答える。

わらわらと出てくるオークたちを村の中央に集めながらも、囲まれないように移動しながら捌いていく二人の様子が見える。

六匹のオークが突っ込んでくるのを葵が華麗なステップで切り倒した。

アーバインも各家に取り逃がしたオークがいないか注意深く確認しながらそれを眺める。

「確かに…これならAランクにしてもいいくらいですね」

「おおっ…っともう何匹目だ?あの銀髪の兄ちゃん、ラルフだっけ、こいつも面白ぇな。力だけなら俺よりもあるんじゃねえか?蹴りだけでオークを殺すなんて聞いたことねえぞ」

レオンも感心する。

「ウィリアム、この家にも女がいたぞっ」

アンナがウィリアムを呼び、ウィリアムが浄化の術式を使ってオークに汚された女の体を浄化した。

そして家から出てくる。

「浄化はしました。ですが、ここまでで発見した方たちは残念ながら…」

ウィリアムが苦しそうな顔でレオンたちに報告した。オークの子は産まれる際、強い媚薬効果のある液体を母胎に吐き出す。その結果、母胎となった女性の精神は壊れ、死ぬまで快楽を求めるだけの存在となる。

そして、発見された女性達は既にオークの子を産んだ後で、精神を壊されていた。こうなっては最早助ける術はなく、楽にしてやる他ない。

「やはり遅かったか…、いや、まだ助かる女もいるかもしれんっ。隈無く探せっ」

その時、葵、ラルフの予想以上の戦いぶりや囚われた女に意識が向いていた彼らは、連れてきた少年がいなくなっていることに気がついていなかった。


◇◇◇◇◇


(オークはこれで全てかな?)

村の中央でかなりの数を倒した僕らはそのまま村の奥に向かう。

奥には一際大きな家。

(元は村長の家とかかな?)

「ねぇ、ラルフ。何か感じる?」

「ああ。出てくるぞ」

大きな屋敷から一体の巨大な鬼が現れた。

(あれ?オークじゃない?)

「ねぇラルフ、あれってオーク?」

「いや…おそらく鬼(オーガ)だろう」

体長は3メートルくらいだろうか。ずっと切っていないのだろう、腰まで伸びた長い黒髪の隙間から鋭い視線が僕らに向けられている。

上半身は裸で、日に焼けた体は固い筋肉に覆われ、僕なんかだと殴られただけで殺されそうだ。

近づいて来ると身長差で僕はもちろん、ラルフも見上げることになった。

「…ホウ、ヒサシブリニ、オオモノダナ」

自分の仲間が殺されたのを嬉しそうに眺めるオーガ。

(会話が出来る…)

「お前がここのボスなの?」

「アア、ソウダ」

(なるほど。こいつがオークに知恵を与えたんだ…)

「どうしてこんなことをするの?」

オーガが尖った犬歯が覗かせてニタっと笑う。

「ドウシテ?オマエラヲ、ヨブタメダ。オレハ、ツヨイモノト、タタカイタイ」

「まさか…そんなことのために村を?」

「ナニカ、オカシイカ?」

僕の脳裏に女の人の酷い有様が思い浮かぶ。

戦いの最中に扉から見えた女の人は、両腕を縛られ、体中がオークの精液にまみれていた。

それがそんな理由かと思うと怒りがこみ上げてくる。

「ヤルキニ、ナッタヨウダナ」

「ラルフ、手を出さないで」

そう言って僕はオーガと向かい合う。

「フタリ、イッショデモ、イインダゾ」

「僕一人で十分だ」

オーガの顔から薄笑いが消え、巨大な剣が上段にかかげられた。

「気をつけろ」

ラルフが僕に声をかけるのと同時に僕は突っ込む。

オーガの大剣が僕の頭に向けて振り下ろされる。

「ふっ」

息を小さく吐いて左に半歩ずれる。

『ひゅっ』

風を切る音と共に僕の体のすぐ横ギリギリを剣圧が通過した。

僕は居合で村正を抜いてオーガの横腹を狙う。

「ギーンッ」

激しい金属音。

オーガが振り下ろした大剣を素早く持ち上げて村正を止めていた。

(あの大剣をこんな速さでっ)

距離をとるために後ろに跳んだ僕を追ってオーガも跳ぶ。

(速いっ)

そしてそのまま空中で袈裟斬りに大剣を振り下ろした。

(くっ)

オーガの筋力で振り抜かれた剣は僕の力では真っ向から受け止めることはできない。

そこで相手の刀身に刀の先を当てるとそのまま滑らせて軌道を変える。

「むっ」

力の向きが変わってオーガの体勢が崩れた。僕はバランスを崩した相手の剣の腹を蹴ってその反動で宙返り、大きく間をとった。

本当は空中で一撃入れるつもりだったけど、バランスを崩した状態でもオーガの纏う余裕が僕に追撃を躊躇させた。

「ヤルナ、オモシロイ」

オーガが剣を肩に乗せてゆっくり近づいて来る。

(このオーガ、強い…)

隙のない構え、さらに大ぶりをしても隙を作らない膂力。

(出し惜しみしている場合じゃない。全力で行く)

僕は覚悟を決めると、鞘を捨てて下段に構え、五感に全神経を集中する。

僕の気配が変わったことに気がついたのか、オーガもそれまで以上に醸し出す圧を強くした。

ヒリヒリとした空気が流れる。

(行くぞっ)

「はっ」

僕は小さく息を吐いてオーガに向かって跳んだ。

「ふんっ」

オーガが今度は大剣を横になぎ払う。

だけど五感を研ぎ澄ました僕は、目から、耳から、さらに肌からも情報を得て、オーガの動きを既に予測していた。

しゃがみこんでその一撃を躱すと立ち上がり様に切り上げる。

『ギャンッ』

激しい音とともに刀が止められた。

(やっぱりダメか。隙を作らないと…)

仕返しとばかりにオーガが連続で突きを仕掛けてくるのを躱しつつ隙を窺う。

「ニゲテバカリデハ、オレハタオセンゾ」

防戦一方の僕に気をよくしたのか、オーガがニヤッと笑う。そして上段から大振りの一撃が来た。

(ここだっ)

際どいタイミングで躱す。

(今度は腕を落とす)

僕は最初の斬り合いと同じ流れで、今度はオーガの振り下ろした腕を切り落とそうとした。だけどその瞬間、頭の中で「カカッタ」という声が聞こえた気がした。

(えっ?)

思わず後ろに飛ぶと、激しい風とともに目の前を横薙ぎに剣が払われた。

「ヌッ」

オーガは躱されることは想定していなかったのか、完全に体が流れている。

(今だっ)

「はああああっ」

僕はその無防備に晒された脇腹を切り上げた。

「グッ………ヤ、ルナ」

口から血を吐きながら一言漏らすと、その巨体がゆっくりと崩れ落ちた。


◆◆◆◆◆


葵がオーガと対峙する少し前のこと。

アンナは囚われている女を探していた。既にアオイとラルフの力は疑いようもなくなっていたため、ハンター達は手分けして家々を確認している。

『ゴッ』

まさかオークが隠れていないとは思うが一応扉を蹴破った。

(ここには誰もいない…か)

少しホッとする。

これまで見つかった女は全てオークの子を出産した後で、助からなかった。

家を出るとレオンに声をかけられた。

「誰もいなかったか?」

「はい」

次の家に向かう。

その時、先ほどの家から叫び声がした。

「いやああっ、ぁあああっ」

(まさか?誰もいなかったはずっ)

慌てて戻って扉を開けると先程はどこに隠れていたのか、あの少年と一人の少女がいた。

少女のお腹が大きく膨らんで動いている。叫んだのは少女の方だったようだ。

(出産が近いっ、ぎりぎり間に合うかっ?)

「ウィリアムっ」

私が叫ぶと同時にウィリアムが飛び込んできた。

「まだ間に合うかもしれないっ」

ウィリアムがオークの子を腹から抜く術式を組む。しかしなかなか魔術が発動しない。

「おいっ、お前らっ、何をするっ」

少年が少女を庇うように立ちはだかった。

「ウィリアムっ」

ウィリアムは既に魔力を練り上げている。

(こいつが邪魔でうまくいかないのか)

「お前っ、邪魔をするなっ、今なら助かるんだっ」

私の剣幕に一瞬戸惑うように少年が後ろの少女を見つめる。

「ぐぅぅ」

横たわった少女の体が激しく跳ねた。

「いけないっ、出産が始まりますっ」

ウィリアムの声、私は少年を蹴り飛ばした。

それと同時に術式が起動し、少女の体が淡い光に包まれた。

光が強くなる。

(間に合ってくれ)

しかし、光が収まった時にそこにいたのは、痙攣する少女と50センチ程のオークだった。

「ああ…」

「間に合わなかった…」

私とウィリアムのため息。

そしてぼんやり少女の方を見る少年の目には何も映していないように思えた。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 NOIR 花妻見枝豆丸 真城の秘宝館 アロマコミック タケユウ 零覇 菅野タカシ 石野鐘音 零零零 飛燕 にくじゃが 君の●は。 舘石奈々 消火器 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 一夢 田中竕 BENNY’S ダルシー研Q所 マグナプラン AV 大石コウ 白羽まと 工藤詩乃 spika 真黒皇子 久壁おと 上原ヨヨギ すずしろやくも あきちん  中川優 walhalla 立川立夏 @子猫 有栖リツカ ちり 都氏 能都くるみ 愛内なの 無限軌道 満足堂 酒井仁笹弘 松任知基 春日まゆ 緋衣響一 ココロコネクト gallery アパタイト ちょこばにら 橘真児 カワディMAX 花門初海 舞麗辞 しまちよ ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ 葛城ゆう りこ丸 さじぺん 極フェロ 高山ねむ子 式神くろ子 如月奏 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 SPINDLE 47.5% ほんじょう山羊 オジィ 八尋ぽち 雪乃つきみ 愛昧亭 高尾鷹浬 ボクガール 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 彩葉チヨ 伊駒一平 クリムゾン LIBERTYWORKS 風雅ゆゆ ikak 天鬼とうり 吹浦ハギ ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ 椿山パリィ ゆうきつむぎ ケラトン メイビーソフト 森島コン 藤馬奈緒 雷蔵 百合原明 萌姫ねねね  小武 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 松山はやて 福徳紗織 鳥茶丸 松阪剛志 愛昧亭うまみ 藤島製1号 桂あいり じぃすぽっと vivi-sectr 井ノ本リカ子 Lilith 月下冴喜 pastgadget 白濁系 高瀬むぅ ら○ま1/2 ヨノイ誠一郎 あまね紫狼 浅草寺きのと CrookedNavel ヨシフミカオル くりおね社 ろれろれ屋 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます