FC2ブログ

記事一覧

年の暮れ

「ねぇ、大丈夫なの?」

僕は小声でジルに訊く。

「ああ、問題ない」

ジルは自信満々で頷いた。

「さあ、葵、離れてください」

アーバインさんに言われて僕も離れる。心配そうに見ていた僕にジルがウインクをした。

ここは、ロゴスの城壁の外。マリーとジェシカ、ジルが10メートルほど離れて立っている。僕らは城壁の上から観戦する。

「これで私たちが勝ったら、うちのパーティに入ってもらうからねっ」

ジェシカがそう宣言する。その後ろに隠れるようにしてマリーがジルをじっと見つめていた。

城壁の上に僕が登ったのを確認してアーバインさんが勝敗の確認をする。

「では、どちらかが参ったというか、明らかな勝負が付いたら終了です」

審判はアーバインさんだ。

「始めっ」

「これくらいは躱してよねっ」

そう言ったジェシカの目の前に大きな火の玉が生まれた。「おおー」と城壁の上の山のような人だかりから声が上がった。

「あれがジェシカの得意魔術です。魔法陣を描かずに火の玉を10個は飛ばせるはずですよ」

いつの間にか横に居たウィリアムさんが解説してくれる。

火の玉がジルに向かって飛ぶ。

ジルは微動だにしない。

(ああっ、当たるっ)

僕が声を出そうとしたとき、ジルまであと1メートルくらいのところで火の玉が何かにぶつかったように弾けた。轟音とともに炎の柱が立ち昇る。

「ほう…あれはジルさんが出した魔術障壁ですね、こちらもノーアクションとは凄い」

驚いているのは僕だけではないようで、周りからため息にも似た安堵のため息が漏れる。ジェシカも目を丸くして火柱が消えるのを見ていた。マリーに至っては、ジェシカの炎の弾が当たると思ったのか顔を両手で覆っていた。

「な、なかなかやるじゃないっ、じゃあこれならどうかしらっ」

さらにジェシカが5つ、6つと火の玉を打つもののジルには当たらない。火柱がジルを囲むように立ち上った。

それにしても当たらない割にはジェシカは気にした様子もなく撃ちまくる。火柱が立つたびに風が起こってジェシカの真っ赤な髪が揺れた。

「ジェシカさんはどうして当たらないのに撃つのかな?」

僕の質問にウィリアムさんが見ていれば分かりますよ、と答えた。

と、ジェシカの火の玉が止まる。

(魔力が切れたのかな?)

そう思ってふとマリーの姿を探す。

「あれ?マリーさんがいない」

マリーさんは空中、ジルの真上に立っていた。

(そっか、ジェシカさんの火の玉は目隠しだったんだ)

そして、真上からジルに向かって何かを打ち出した。

「あれがマリーの風の魔術です。目には見えない風の刃が飛んでいるはずですよ、当たったら重症ですが…」

(え?重症?)

そう思ってジルの姿を見るけど何も変わらない。

「ほう、ジルさんの障壁は球のようになっていますね。ほら、見てください。真上からの風の刃も同時に死角から来ていた火の玉も障壁で止められました」

「さて…ジルさんはどうするのでしょうね」

ウィリアムさんは楽しそうに観戦する。

(あれ?ジェシカさんの様子が変だ…)

なんだか必死に体を動かしているように見える。そして何が起こっているのかはっきり分かるまでにそれほど時間はかからなかった。

ジェシカさんの太ももに蔦が絡まっている。蔦の根元はジルの足元だ。

「蔦?まさか…生命を操っているのか?」

ウィリアムさんが驚いた声を出した。

「葵さん、彼は何者なんですか?あれはガリアーニの日記にしか残っていない魔術ですよっ」

(ガリアーニってたしか偉大な魔術師っていう人だよね)

「きゃっ」

今度はマリーさんが空中でふらついて落ちてきた。

(今度は何?)

落ちてきた先にはジルがいてしっかりと受け止める。マリーさんは動けないみたいだ。

「むっ、あれは…雷の魔術を弱めたものでしょうか」

「勝者、ジル・ヴラドっ」

割れんばかりの拍手が両者に送られる。帰ってくる3人。だけど、ジルの腕に抱かれたマリーさんだけでなくジェシカさんの顔も紅潮しているように見えた。

城壁の下まで来て、ジルがマリーさんを降ろす。

「ジル様…」

熱い眼差しを送るマリーさん。

「この…変態っ、今度は負けないんだからっ」

抱っこされたマリーさんを羨ましそうに見ていたジェシカさんにジルが微笑みかけると、ジェシカさんはパッと顔を背ける。だけど、耳まで真っ赤になっていた。

その後、ジルは無事ハンターに登録された。

「ねぇ、なんかジェシカさん変じゃなかった?」

僕がこっそり訊くと、「ふふふ、蔦でちょっと気持ちよくしただけさ」と笑顔で返された。

(うわぁ…訊かなきゃよかった…)


◇◇◇◇◇


ところで、この出来事の後、マギーさんのお店にあったメイド服が完売したそうな。

(うふふふ、アオイに着させた服は必ず売れるわね…まさかメイド服まで売れるとは思わなかったわ。次は何を着させようかしら)

深夜、店の中で算盤をはじく悪い顔のマーガレットがいたとかいなかったとか。

そして僕の家には翌日から多数のメイド服が送られてきた。

「えっと…送り主は…へっ?アンナさんっ?こっちは…アーバインさん?」


◆◆◆◆◆


ジルが一緒に住むようになって、変わったことがいくつかある。

そのうちの一つが、暖炉だ。

これまで暖炉で燃やしていた薪を魔石に変更したのだ。

おかげで、いちいち灰を捨てたり、薪をくべたりしなくてよくなったので、家の中にいるのが楽すぎてなかなか出れなくなってしまった。

もう一つは、意外なことにジルは料理が得意ということが判明した。

「料理は素材の組み合わせで旨くも不味くもなる。そこが私の探究心をくすぐるのだ」そうである。

だから、家にいても美味しい食事が食べれるようになった。

あと、ジルについて言うと、かなりの女たらしだ。お店に行けば必ずと言っていいほど女の子と話をしている。そして相手の女の子も満更でもなさそうだ。本人は「女性を楽しませるのはマナーだ」と嘯いているけど。



◆◆◆◆◆


「あんたら、本当にすごい子だったんだねっ」

ラルフとジルを連れて銀狼亭でご飯を食べようと入ったらおばちゃんに早速声をかけられた。

「へ?」

「Aランク入りしたって?」

「おばちゃん、なんで知ってるの?」

「街の噂になってるよ。この街始まって以来のBランクルーキーが1年も経たずにAランクになったって。それに新しいハンサムな男の子を連れてきたって?あら、この子ね?確かに綺麗な顔をしてるわぁっ」

「うん、ジルって言うんだ。ねぇ、そんなことより今日のランチって何ー?」

「はぁ、あんたは地位とお金を持っても何も変わらないねぇ。まぁ、そこが良いとこだけど…」

おばちゃんがオーダーを通しに奥へと入っていった。

はむはむとご飯を食べていると、遠くで大きな声がする。

「ん?何かな?」

『バタンッ』

大きな音がしてドアが開いた。

「大変だっ、王女様が来るってよぉ」

王女様が来る。その噂でロゴスの街が持ちきりになった。

もうすぐ年が変わる、その新年のお祝いに来られるそうだ。

年末の街はソワソワしていてなんとなくフワフワした不思議な感じだ。


◆◆◆◆◆


『カランカラーン』

「いらっしゃーい…ってアオイじゃないっ、久しぶりっ…あれ?今日はラルフ様もジル様もいないの?」

マギーさんはなぜかラルフとジルを「様付け」で呼ぶ。派手な試験をしたせいか、ほんの数日でジルも有名になってしまった。

「アオイはあんないい男をはべらせて…全く羨ましいわっ」

「いやいやいや、はべらしてるわけじゃないよっ」

「なーにを言ってるのよっ、もともとラルフ様はハンター人気ランキングの男性部門1位だったのに、早速ジル様が2位になったのよっ、まぁ、女性部門はアオイがトップを独走だけど…」

「へ?」

(僕が女性部門のトップ?まさか…ね)

「もうっ、二人を連れてきてくれなかった分、今日は買ってもらうわよっ」

そう言ってこの冬の一押しを売りつけてきた。

「ねぇ、マギーさん。この下着変だよっ」

渡されたパンティを広げてみた僕はびっくりして思わずマギーさんに突っ返した。

「こういうもんなのよ。これも試供品であげるから着てみてよ」

「でも、お尻が丸見えだよ」

無理矢理持たされたパンティを広げるとお尻の部分の布が狭いなんてもんじゃない。紐だ。

「そういうものなの。例えば…そうねえ、こういうズボンを履くと、下着の線が出ちゃうでしょ?そういう時にこれなら線が出ないわけよ」

ドヤ顔で説明するマギーさん。

「じゃあ、ズボンを…」

「ダメよっ、こっちのニーソックスを履いてもらうんだから」

「だって…寒いし…」

「ファッションっていうのは我慢が大切なのよっ」

「えー」

そんなこと言いながらああでもない、こうでもないと僕が着せ替え人形にされていると、『カランカラーン』とお客さんの入ってくる音がした。

「ちょっと、お客さんが来ちゃったから、良さそうなの送るわね。代金は後でいいからっ」

そう言うとマギーさんは「いらっしゃいませー」と半音高い声で接客に向かった。

仕方ないから僕は最後に着させられていた服装のまま店の出口に向かう。

一瞬振り返った時にお客さんと目があったような気がしたけど、そのまま店を後にした。

「お客様~?どうかしましたかぁ?」

「えっ、あっ、いえ、なんでもありませんの」

「では、この冬の人気商品を紹介しますね……」

僕が店を出て少し歩いたところでお姉さんに声をかけられた。

「あなたっ、この辺で金髪のあなたくらいの年の女の子を見なかった?」

「うーん、いやぁ、あっ、ひょっとして…」

「見たのねっ?」

「ちょっ、焦らないでよ。えっと、さっきあのハンターギルドの近くの服屋さんで見た人がそうかも…」

「あなたたちっ」

そう言うと周りの兵隊さんが集まってくる。

「あっちで見たそうよっ、急いでっ」

兵隊さんたちと一緒にお姉さんは走っていった。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 ToL●VEる ガットマキア Q M小説同盟 氷月 パルコ長嶋 akys本舗 RAYMON DATE きつね長官 あむぁいおかし製作所 枝空 谷口さん なるせ 大和田朋輝 かかし朝浩 忍桐ずん  九条志玲 L.P.E.G. 桐下悠司 あむ H9 犬神ラボ ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 砕骨子 ぶーちゃん アサノシモン TSFのF せみもぐら 命わずか ゆきまろゆっきー 大人の幼恥園 龍企画 エムシー販売店 ダイナマイトmoca 蜥蜴重工 猫丸恋太郎 狩野景 艦●れ 坂井リンゴ うえにあるみかん gallery_walhalla もちもち堂 ドウモウ 鹿島田しき 夢幻館 U.R.C あめしょー HB サナダ いそふら あるざ流人 水利硝 柚子鉄線 BANANA 大嶋亮 LAZY_CLUB けんたろう むらさきにゃんこバー Norn/Miel/Cybele Cothurnus ノーリミット 一輪車でねこらっしゅ かると やまガラス 幾夜大黒堂 Norn 宮里えり ヴァニラCREAM 泥酔桜国 Hisasi PoRore 雪月楓花 松園 #define 吉田犬人 鈴月奏 綾瀬はづき TS内燃機 せぼい ふじや トキサナ 双龍 赤人 福龍 紫紀 夏川冬 ニイマルサン 恥辱庵 成田コウ 午前七時の合わせカガミ タケユウ にくじゃが クラウド キングピン 舘石奈々 ピンポイント 零零零 エロエ 狼亮輔 無計画主義 田中竕 神谷ズズ 真城の秘宝館 鶯羽佯狂 くろの 花妻見枝豆丸 ウィルテイム ひらたいら さいもん まぐろどんぶり あべつくも 稲葉COZY tes_mel ピンクパイナップル シルキーズ アロマコミック 男体化 緑木邑 新堂エル 眠たい猫 永田まりあ 山猫スズメ 菅野タカシ 零覇 座間翔二 龍炎狼牙 桐生真澄 飛燕 アカギギショウ 山田ゴゴゴ 白羽まと 高宮はいり OKAWARI ダルシー研Q所 もくふう ゆきマンゴー ハイエンド 勇者乾電池 種梨みや ごまさとし アシオミマサト 若井いくお 雨雅 TLB ちみチャンガ 鳥茶丸 舞麗辞 葛城ゆう りこ丸 しまちよ 花門初海 ちょこばにら B-DASH 白駒らい はみ部屋 Red.D たいやき 伊佐美ノゾミ 橘真児 虹のれん 小女子 JUMP 都氏 CrookedNavel 浅草寺きのと ヨシフミカオル 高瀬むぅ じぃすぽっと vivi-sectr 桂あいり 藤島製1号 森島コン  メイビーソフト ケラトン 百合原明 萌姫ねねね Lilith 白濁系 しなのゆら 夜のひつじ コトキケイ TinkerBell ディーゼルマイン アクシス 蔵乃 ポン貴花田 LIBERTYWORKS pastgadget クリムゾン 天鬼とうり スピンドル D-ivision 小武 松阪剛志 あきちん 有栖リツカ  中川優 立川立夏 上原ヨヨギ ボクガール 如月奏 SPINDLE 高尾鷹浬 アパタイト さじぺん ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 高山ねむ子 工藤詩乃 久壁おと 松任知基 ココロコネクト 極フェロ 松山はやて 樋口あや 早乙女もこ乃 満足堂 無限軌道 能都くるみ 高柳カツヤ 愛内なの 酒井仁笹弘 ちり 雪乃つきみ 松波留美 まうめん すみすず みよし だーくすぴりっと ねとろもりこん 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン かふぇもかそふと Q-Gaku 目指せ絵師様 チリモズク茶 雑菌工業 汚惣菜屋 たいやきトランプ majoccoid はるゆきこ ほりとも るいす・まくられん 雛瀬あや 白家ミカ runa なちすけ 一夢 楽人唯夏 高槻遠名 木ノ碕由貴 アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ taro フジツナ ピロンタン 天野タマキ 小倉脩一 天崎かんな 東航 真黒皇子 春日まゆ 石野鐘音 spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 緋衣響一 @子猫 一夜猫の夢 福徳紗織 BENNY’S ろれろれ屋 walhalla 大石コウ gallery 君の●は。 八尋ぽち TSF専用 さくらぷちろー 地縛霊の巣 四八楼 眠り猫四郎 4階絵画室 CHU-S 宇行日和 AV オジィ NOIR ほんじょう山羊 カワディMAX ねじろ とめきち 鉄腕うーぴー Cybele Miel 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 愛昧亭うまみ 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか あましょく 南郷じんげる bpm12 星逢ひろ RIKI 日月ネコ サ●ーウォーズ みなこなみ モフ2製作所 ふかふか天職 花巻かえる TSUBASA 托卵JP 大橋薫 さいだ一明 南ちさと kupa 東方Project 南乃映月 蒟吉人   百合 十月兔 不確定空間 りーるー 南京本舗 納屋 女騎士の城 Quu 馬せんた うたのはかせ 我心達吉 鎖ノム メロンバロン 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

マジック・ルージュ -魔法転性- Dec 05, 2016
女レスリング Dec 04, 2016
VRの女神様 Dec 03, 2016
アクマでチェンジ Dec 02, 2016
10周目 9月25日(土) 午後1時40分 葛城亜紀 Dec 01, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売