HOME > 妖刀戦記 > title - 学院内に蠢く闇
2014/10/28

学院内に蠢く闇

王立学院アヴニール。ラーカム平原の真ん中に建っており、その姿は一見すると学校とは思えない。その高い城壁から初めて見る人は十中八九砦か城だと思うだろう。実際にラーカム平原の魔物が攻撃してくる事も珍しいことではなかった。

さて、魔物の軍勢に学院が囲まれた朝、講堂に集められた学生たちは、ガビーノ学院長から状況を説明された。王宮内の混乱とは対照的に、少しざわついたものの、ラウル将軍については伏せていたこともありすぐに落ち着きを取り戻した。

今回に限らず、魔物に攻撃された経験があり、その全てをはね返してきた事も生徒にとっては不安を払拭する理由の一つだったのかもしれない。実は一般の生徒たちは知らないことだが、学院では、大規模な魔術道具によって常に敷地内における侵入者のチェックも行っているため、城壁を簡単に越えられるほどの戦力でも持ってこないことには落ちる心配は皆無と言える。

さらにアヴニールでは文官となるための授業もあれば、戦闘の授業もある。そのために講師として高名な魔術師や騎士、学生とはいえ、才能豊かな魔術師や騎士見習いがいることも不安を消すことに役に立った。


◇◇◇◇◇


ブリジット・レンナーは五大公家の次女、読書が好きでアヴニールに入学した。濃い茶色の髪に同じ色の瞳。眼鏡をかけて紺色のブレザーの制服にネクタイまできっちりと締めたその姿は真面目な才女そのものだった。

「あら?ブリジットさん、どちらへ?」

そのブリジットにエルザとモニカが廊下で偶然出くわした。エルザは今年16歳、学院に入って4年目となる。モニカは20歳で本来は卒業をしている歳だが、王女の護衛としてそのまま学院内に残っていた。

「いえ、ちょっと…」

それだけ言うとブリジットは再び歩き出す。

「ねぇ、なんだかブリジットさん変じゃなかった?」

エルザが後ろを歩くモニカを振り返った。

「ええ、そうですね…心ここにあらずというか」

「うーん。やっぱり会長だから、今回のことで疲れてるのかな?」

「そうですね。学生自治会も今回のことでは忙しそうですから」

授業は全て休講のため、二人はブリジットを気にしつつも寮の自室を目指した。

一方、ブリジットはそのまま学院長室の前でノックする。

「…入れ」

声がしてドアを開く。

中には執務用の大きなデスクや来客用のソファなどが並んでいる。

来客用のソファにガビーノ学院長が座って本を読んでいた。

入口で立ち止まったブリジットの顔から血の気が引く。

「なっ、えっ?…学院長?」

(私はたしか自治会室で今回のことをまとめていたはずなのに…どうしてこんなところに来たの?)

「あの…すみません、何か勘違いしていたようです。失礼いたします」

「そうか、分かった」

学院長はそう言って本に視線を戻す。

「どうしたのかね?」

しばらくしてブリジットが去らないことで再び学院長が声をかけた。

「足が…足が動かないんです。帰りたいのに…どうしてっ?」

ガビーノの不審そうな表情に顔を真っ青にしてブリジットが答える。

「どうしても何も、そもそも君から来たんじゃないか、レンナー君」

ガビーノは細い目をさらに細めてニタニタと笑った。だらしなく太った体を無理やり詰め込んだスーツがパンパンになっている。講堂のように広いところで見ると威厳があるが、こうやって狭いところにいるとだらしなく太った体がただただ汚らしい。

「さあ、こっちに来なさい。用があったのだろう?」

ブリジットの震える脚が一歩一歩ソファに向かう。

(どうしてぇっ、体が勝手に動くなんてっ)

眼鏡の奥のアーモンド型の大きな瞳に涙が浮かぶ。

「いっ、いやぁっ」

「いや?何を言っているんだ?歩いているのは君だぞ」

ガビーノの前まで来たブリジットは涙で視界がぼやけて見えた。

濁った目がブリジットの制服を持ち上げている胸から、膝上丈のスカートに包まれたお尻、ニーソックスに包まれた足を順番に見つめた。

「さて、どうしたのかな?」

(いやらしい…なんて不潔な…)

ところが、思いとは裏腹にブリジットの体はガビーノの言葉に応えるように制服の上着のボタンに指を掛けた。

「いやっ、どうしてっ…」

涙を流しながらブリジット自身がボタンを外し始める。

『ぷつっ、ぷつっ』とブリジットをあざ笑うようにボタンが外れていく。その小さな音が静かな室内に響いた。上着を脱ぐと、ベストのボタンも外す。さらにブラウスのボタンを半ばまで外したところでガビーノがその手を止める。

「そこまででいい」

ブラウスをはだけて、白いブラジャーが見えている。着痩せするタイプなのか大きな膨らみがレースのカップの中に苦しそうに収まっていた。首にかかった赤いネクタイが胸の谷間にかかり、白い肌や下着の上で否応なく存在を強調する。

「座りなさい」

そう言われてブリジットはガビーノの膝の間に入るように床の絨毯に座った。

(どうして?おかしいわっ)

俯くブリジットの手が伸びてガビーノの股間に触れる。

「あっ」

涙を流しながら助けを求めてガビーノを見上げる。

ニヤニヤと細めた目と視線を交わすが、ガビーノは助けてくれるような素振り一つ見せない。

(学院長は私が自分の意志でやってると思ってるんだわ、誤解を解かないと…)

「あっ、あのっ、学院長、これは違うのです」

自分の手が男の股間を撫で回しているという状況に顔を真っ赤にしてブリジットはなんとか言葉を吐き出した。

「はぁあっ」

(どうして…?体が熱い…)

突然下腹の奥がキュキュっと動いて、気を抜くと熱がある時のように頭がぼぉっとしてくる。

「何が違うのかね?レンナー君、息が荒いようだが?」

「そんなことっ、ないですっ。これは…わたくしではなく…」

ブリジットが誤解を解こうと話す間もその指は学院長の股間を撫で続ける。

「何を言っているんだ?学院長を誘惑するとは…レンナー家の名が傷つくぞ」

(あっ…そうよっ。私はレンナー家の娘…こんなことに屈してはいけない)

ところが、レンナー家の名前が出て気を持ち直したブリジットに更なる恥辱が与えられた。

「しかし君の体は正直なようだねえ?」

(えっ?)

ブリジットの手がいつの間にかガビーノのベルトを外し、ズボンのボタンを外していた。

反射的にガビーノを見ると汚い歯を見せて笑っている。

(まさか…)

ブリジットの白く美しい手がズボンの中に入っていく。パンツ越しに熱く硬いものを感じた。

「おおっ」

ガビーノの口から気持ちの悪い喘ぎ声が出る。

(まさか…学院長は全て知っているの?)

ついにブリジットは学院長がこの状況を作ったことに気がついた。

しかし、その間も指は汚らわしく硬くなった肉棒を撫でさすり、ついに直接触ろうとしている。

「ちょっ、ちょっとこれ以上はやめなさいっ、ガビーノ、こんなことをしてどうなるか分かってるのっ?私を誰だと思っているのっ?」

ブリジットは大きな声を上げた。

レンナー家の名前を出せば止めるはず。しかし、その考えも甘かった。

「そうですねえ、五大公家の一つ、レンナー家を敵に回したら殺されるくらいでは済まないでしょうな」

(分かってるのに、この余裕は…?)

「しかし、今、私は何もしておりませんよ。すべてあなたが勝手にされていることだ」

「くっ、それでもっ、私が一言お祖父様に言えばっ」

「ひひひ、お祖父様に言えるなら言えばいい」

ガビーノの目が一瞬光る。

(まさか…私をどうするつもり…?)

ガビーノの得体の知れない余裕にゾッとして、ブリジットの心に絶望が生まれる。

さらに追い打ちをかけるように彼女の目の前では指が手馴れたように動いて、ガビーノのパンツの中から大きな肉棒を取り出した。

(どうして…?)

「おいっ、レンナー君、やめたまえ」

わざとらしく言ってガビーノが「ひひひ」と笑う。

恥ずかしさに赤く染まった顔でブリジットはガビーノを睨むが、ガビーノにとってはそれすら悦楽のようだった。

(こんなに大きいものなの?)

初めて男性器を見るブリジットが驚くのも仕方ないことだった。ガビーノの肉棒は通常の男性の性器を遥かに超える大きさだった。

しかし、怯えるブリジットの意志とは別に、彼女の顔が血管の浮いた汚い肉棒に近づき、顔を横に向けると根元に舌を這わせる。

(いやぁっ、どうしてこんないやらしいことをっ)

「おおっ、やめなさいっ」

ガビーノの嬉しそうな声。

(気持ち悪いぃっ、臭いよぉっ、いやぁっ)

ブリジットの舌は裏スジを亀頭まで繰り返し舐める。亀頭からはだらだらと先走り液が出てきた。それを舐めとり、嚥下するにつれ、ブリジットの頭には靄(もや)がかかったように思考が妨げられていった。

「はあ、はあ」

一度顔を離して自分のしゃぶる肉棒を見つめる。

固く、熱い竿の周囲には太い血管が幾重にも絡んで、そこだけ見ると醜悪な魔物のようにすら見える。

熱い吐息を吐きながらじっと見つめるその先には肉棒がヒクヒクと動いて、先走り液が滲み出し、その先を要求してきた。

(あ…舐めないと…)

最初は体が勝手に動いていたはずが、今では自分の意志のようにすら感じ始める。ブリジットは自分のスカートの中が蒸れてきているのに気がついていた。

さらに深く咥えようとブリジットが大きく口を開いたところで、動きが止まった。

「んはぁ…?」

ブリジットが口を開けたまま止まる。

(体が…動かない…)

「せっかくだから、その大きな胸を使ってもらおう」

(…胸を使う?)

ブリジットの朦朧とした意識の中で疑問が浮かんだが、再び体が勝手に動きだした。まずはブラジャーを外すと白い大きな胸が弾けるように飛び出す。

そしてブリジットはガビーノが見ているのを意識しながら自分の胸に唾を垂らす。

ネットリとした唾が胸の谷間に落ちる。ガビーノの視線を感じながら両胸を揉むようにして擦り合わせると体を乗り出して肉棒を挟んだ。

「うおっ、いいぞっ」

ピンク色の乳首が太ももに当たる感触も心地よく、ガビーノが思わず声を上げた。

ブリジットの方も胸からくる快感に太ももの奥が熱く潤う。

『ちゅぷ、ちゅぷ』

「はぁ、はぁ」

胸を自分で揉んでいるような錯覚で体が熱くなる。挟み込んだ肉棒の熱さが伝染したようにブリジットの胸の動悸が激しくなった。

「あ…」

挟んだ間から亀頭が飛び出していことに気づいて自ら咥えこむ。太股を擦り合わせる度に、初めての快感に心が押し流されそうになった。

「いいぞ…イキそうだ。レンナー君、どこに欲しいんだ?」

「あのっ…えっと…」

ブリジットは言いよどむ。

これから起こることを想像していたブリジットの女の部分は既に粘液で溢れていた。

「さあ、言いなさい」

(これは強制されてるから…、私の意志じゃないのよ…)

「あの、ここに…」

ブリジットは自分のスカートを見て言ったが、ガビーノに笑われる。

「ここではわからんよ、ううっ、イキそうだっ、もう口に出してしまおうか」

「いやっ、ガビーノ様お願いしますっ、私の…中にお願いします」

ブリジットが恥ずかしさに耐えてなんとか口に出した。

「わかった、では出すぞっ」

そう言った瞬間ブリジットは顔を押さえつけられ、肉棒が喉の奥まで突っ込まれた。

「うぇっ」

嘔吐しそうになった瞬間喉の奥に激しく熱い粘液がぶつかった。

「おぇっ…う…げほっ、げほっ」

思わず肉棒を吐き出した。

目の前で亀頭が膨らみ、激しい射精が今度はブリジットの顔を襲う。

口元や眼鏡が白いザーメンまみれになった。

「全部飲むんだ」

「げほ、げほっ、ん…ごくん…ごくん」

ブリジットは涙を流しながら全て飲み干した。

(…どうして?)

「レンナー君の希望通り口の『中に』出したぞ」

「ち、違うんです…あの…その…」

ブリジットの耳元でガビーノが何かを囁いた。

「あっ、あの…ガビーノ様…あの、次は私のオマ…オマンコで射精してください」

学院長に教えられた言葉を唇が紡ぐ。

「いいだろう、では続きはこちらでしよう」

そう言ってガビーノが立ち上がって本棚を押すと地下に向かう階段が現れた。

ブリジットも立ち上がるとガビーノに肩を抱かれ、エスコートされるように闇に向かう階段に消えていった。
関連記事

コメント

非公開コメント