管理人ほう

管理人ほう

ロゴスを出て二日目の午後、僕らは合流地点から数キロ手前で馬車を降りた。

荷物を下ろすと思い思いに伸びをしたりストレッチをして体をほぐす。

「さあ、ここからは歩きだ。1キロほど歩いたら本部組との合流地点だ」

そう言ってレオンさんが馬車の屋根に縛りつけていた白い布を降ろす。

「あれ?レオンさんって武器を使わないんじゃ?」

「ああ、お前らは知らないんだったな。もともと俺の武器はこれなんだが、これを振り回すと周りの仲間まで傷つけちまうんで、パーティで戦う時は使わねぇようにしてるのさ」

白い布を外すと無骨な鞘に収まった巨大な剣が現れた。

(…僕の体くらいあるけど…こんなの使えるの?)

「だが流石に今回は…な」

そう言って両手で持った剣を軽く振る。

僕の顔を剣圧が襲った。

「ぶわっ、凄いですね」

僕の声が聞こえていないのか、レオンさんはじっと剣を見つめていた。


◇◇◇◇◇


空は晴れて小春日和のせいで、皆、早々にコートを脱いで歩く。僕もコートと帽子を脱いで、暑かったので髪を一つにくくってポニーテールにした。

「「はぁ、はぁ」」

マリーとジェシカは普段体を動かさないからか既に息が上がっている。

「マリー、大丈夫?もう少しだから頑張って」

僕は少し遅れ気味のマリーの横に付く。

「ありがとう。大丈夫、私、頑張るから」

そう言って微笑むと、まるで花が咲いたような明るい笑顔だった。

「おい、もうすぐそこだ」

レオンさんが遅れがちな僕らのところに来て教えてくれた。

大きく道が曲がっていて、曲がった先のちょっとした広場に四人ほどの人影が見えた。

「おう、レオンっ、早かったな」

そういうのはフルプレートに槍と斧の合体したような武器、ハルバードだっけ?を持った騎士のような人だった。

「ああ、オヤジも来たのか」

僕らはアトラス組の人たちを紹介してもらう。

「まず、このオヤジがロレンツォって言って、Sクラスハンターで、ギルドの現在代表様だ」

(偉い人なんだ)

「んなこと言っておだてても何にも出ねぇぞ。まぁ、儂は厄介者のじじいだからここにとばされたってわけだ」

「そんな歳でもないだろうよ。お前ら、このオヤジはこれでもラウル将軍とパーティを組んでた伝説級のハンターなんだぜ」

さらに、ローブを着た銀髪を長く伸ばした魔術師の男ヘルマン、年齢がよくわからないけど妖艶な雰囲気を漂わせる魔術師の女性カミラ。ごつい斧を持った筋肉ムキムキのおじさんのダールマン。もう一人は今斥候に出ているらしい狩人のヨアヒム。

「おいおい、アトラス組はサポートばっかりじゃねえか」

レオンさんが突っ込む。

「そりゃそうだろ。こういうのは未来のある若い奴らより、儂みたいなロートルのがいいんだよ。…ってお前んとこは皆えらい若いな」

「こいつらはうちの奥の手だ。うちに入って1年でAランクに入った逸材だぜ」

「おおっ、儂らが取り逃がしたヴァンパイアをやったっていう若手かっ。よろしくなっ。…だが、レオンよ、ウィリアム、アンナ、アーヴァイン、それにミオは連れてこなかったんだな」

「ああ、そもそもミオはどこにいるか分からんし、あいつらはラウル将軍と面識があるからな。私情は戦いではいらん」

「よく言うぜ、お前こそ私情挟むなよ」

「オヤジこそな」

それからレオンさんが今度はこちらを紹介した後、魔術組と戦闘組に分かれて作戦会議が行われる。

既に作戦は出来ていたので、僕らはそれを聴くだけだ。

「いいか、儂らの仕事は相手の将を倒すことだ。それ以外は無視していい。雑魚どもは王国軍と貴族の私兵が雑魚どもを殲滅する手はずになっている」

「ほう、よく貴族どもが私兵を使う許可を出したな」

レオンさんは違うところに感心している。

「ああ、どうも変だから探ってみたら、レヴァインって公爵が自ら言い出して貴族たちが纏まったみたいだ」

「ふーん。自分達の子供の命のためなら私兵も出すってか」

レオンさんが皮肉を言う。

「まあ、とにかく儂らは突っ込んでどんっ、で終わりだ。魔術師組がサポートしてくれるが、ポイントはどれだけ早く、見つからずに敵将までたどり着けるかだな。作戦開始は一時間後だ」

「分かった。お前らも分かったか?アオイ、ラルフ、ジルは三人セットで行け。何度も言うがやばかったら逃げろ」

レオンさんが僕らを見る。

「はい」


◇◇◇◇◇


しかし、作戦開始30分前に斥候から帰ってきたヨアヒムさんの思わぬ情報により、僕らの作戦に不安が生じる。

「ラウル将軍がいたんだっ」

「何言ってやがんだっ、そんなわけねぇだろっ」

ロレンツォさんが叱責する。

「いや、オヤジ、本当なんだってっ、相手の将のいるはずの天幕の外に立っていたんだよ」

「そんな馬鹿なことがあるかっ」

「いや、見間違うはずがねえよ。何度も見直したんだ」

言い争いが続く中、時間ばかりが過ぎていく。魔術隊はダールマンの護衛のもと、既に先行している。

「くそっ、時間だっ、行くしかねぇっ。ヨアヒムは魔術隊に合流しろっ、行くぞっ」

そう言って僕らは足音を消しつつ敵の真っ只中に侵入していった。

「ふぅ…ふぅ…」

静かに息を吐いて歩く。

平原と聞いていたけど、背の高い枯れ草が遮蔽物となって僕らを隠してくれたため、一気に敵将のいる天幕の裏に抜けることができた。

(なんだかイメージと違うな。こんな簡単に裏を取られるような敵将にラウル将軍は負けたのかな?)

(「ねぇ、村正、変じゃない?」)

(「うむ。主殿の言うとおりどうもおかしいの」)

(「罠じゃなければいいけど」)

「うぉっ、確かにあれはラウル将軍じゃねぇか、…ヨアヒムの言ったとおりだな…だが、どういうことだ?あいつは何をしてんだ?」

「どうする?オヤジ」

「どちらにせよラウルの奴も儂らが近づけば気づくだろうよ、とにかくラウルと合流してから考えるしかないな」

「よし、魔術師たちに合図だ」

ロレンツォさんが後ろを振り向いて魔術師に手を振る。向こうには目のいいヨアヒムさんがいるからしっかり見えているはずだ。

『ドグォーン』

合図から数秒後、何の前触れもなく激しい爆発音と地鳴りがした。

僕らが狙っている天幕とは逆の方で激しい炎が立ち昇る。

魔物たちが動揺して、天幕近くの一団が走っていくのが見えた。さらに爆発音が続く。

「今だっ」

一番前をロレンツォさん、その後ろをレオンさん、そして僕ら3人が続いた。

天幕までの距離は50メートルほど、10秒もかからず天幕の裏に着く、その前にラウル将軍が立っている。

「ラウルっ、無事だっ…ぬおっ」

言いかけたロレンツォさんの動きが止まる。

(何があったの?)

ラウル将軍の持つ剣に血がついている。

(まさか…)

ロレンツォさんが膝をつく。続いてラウル将軍の剣がロレンツォさんに降り下ろされた。

『ギンッ』

間一髪、レオンさんの剣がラウル将軍の剣筋を止めた。

「ロレンツォさんっ」

「アオイっ、ここはいいっ、お前は敵将に向かえっ」

僕が駆け寄ろうとするのをレオンさんが止める。

「オヤジは鎧の隙間を切られただけだっ、傷は深くないっ」

ロレンツォさんをちらっと見ると荒い息をしているが確かに命に別状はなさそうだった。

「ラルフっ、ジルっ、行くよっ」

そう言って走る。

天幕を十字に切って中に僕は飛び込んだ。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply