FC2ブログ

記事一覧

猫の恩返し

「ねぇ、マギーさん、本当にこんなのでお礼になる?」

「大丈夫よ、自信を持って」

僕はロゴスに戻って数日後、マモンとの戦いでラルフにお礼を、と思ってマギーさんに相談した。

すると、なんだかよくわからないまま、キラキラした冠と猫耳と魔女の帽子を出されて、どれがいいか選ばされた。

よくわからないままに白い猫耳を選ぶと「ふーん、ラルフ様ってそういうのが好きなのね」と言いながら、奥から出てきたのは耳と同様にフカフカした毛がついたブラジャーとパンティー、ニーソックス、白い毛で覆われたタンクトップみたいなワンピース、それに尻尾だった。

珍しくマギーが紅茶を出してくれたので、飲みながら話す。

「このしっぽはどうやって着けるの?」

「それはラルフ様が教えてくれるわよ」

(こんな格好をするだけで喜んでくれるのかなぁ?)

首をかしげながら僕は家に帰った。

(うまくいくかしら。まあ、念のために紅茶にこれを混ぜといたから大丈夫よね。私って顧客思いよね~ウフフ)

マギーが空になった瓶をゴミ箱に放り投げた。

『惚れ薬 処方量…スプーンいっぱい』

◇◇◇

(あれ?誰もいないの?)

どうも人の気配が感じられず、各部屋を訪ねて回ったけど誰もいない。

(うーん…皆どこいったんだろ?)

そう思って考えていたら、『ガチャッ』と音がして、ラルフが帰ってきた。

「あっ、ラルフ、どこ行ってたの?」

「ん?ちょっと力試しに魔物を狩ってきた、ああ、そう言えばジルも何か欲しい物があるとか言って出て行ったぞ。しばらく帰ってこないかもしれん」

そう言ってラルフは風呂に向かう。

(そうだっ、ちょうどいいかも)

「ねぇ、ラルフ、お風呂上がったら僕の部屋に来てね」

「?…ああ、分かった」

僕はラルフがお風呂から上がるまでに例の服を取り出した。

(うーん、どうかなあ?)

下着の上にお揃いのもこもこした白いワンピースを着た。

服の面積の割に体がポカポカする。

(なんか変な感じ。なんでだろ?)

「コンコン」

ノックの音がしたので慌てて「どうぞ」というと、ドアが開いてラルフが顔を出した。ズボンは履いているけど、上半身は裸で首にタオルを巻いている。

『ドクン』

(あれ?なんだか心臓が…)

「葵、どうした?」

ラルフが髪を拭きながら聞いてきた。

「えっと…」

お礼って言おうとすると顔が火照ってラルフが見られない。無意識に僕は髪を耳にかけて、モジモジしてしまう。

(ダメダメ。ちゃんとお礼を言わないと…)

「えっとぉ…あのさ、その…ラルフには今回も助けてもらってばっかりだったから、何かお礼をしようと思ってさ。マギーさんがこれを着てラルフに見せれば良いって言うから…」

ラルフの視線が僕の頭を向いた。

「あっ、これ…ラルフとお揃いにしてみたんだけどどうかなぁ?」

そう言ってラルフを見上げると、ラルフの視線が頭から体に移動していく。

(うぅ…見られてる…)

ラルフに見られていると思うと体がカッと熱くなる。

(どうしよう…ラルフ、何か言ってよぉ)

ふとマギーさんから渡された服の中で着ていない物があるのを思い出した。

「そうだっ、ねぇ、これどうやってつけたらいいんだろ?マギーさんはラルフが教えてくれるって言ってたんだけど…分かる?」

しっぽを見せるとラルフが僕から受け取ってじっくりと観察する。

「お礼か…なるほど。葵、ベッドに四つん這いになれ」

そう言われてベッドに乗った。

「うぅっ、恥ずかしいから早くしてよっ」

(熱い…なんで?)

ワンピースは丈が短いのでお尻が全部出ちゃってる。

それにパンティも例の紐みたいなやつに毛が付いているだけなので、割れ目に食い込んでしまっているのでラルフの目には恥ずかしい部分が見えているに違いない。

(あれ?)

「えっ、何するのっ、ダメっ、やだっ」

突然ラルフがお尻を掴んで顔を押し付けてきた。

「ふぁっ、なんでっ」

ラルフは僕の言葉を無視してつ突くように舌の先でお尻の穴を刺激してきた。

「やっ、あっ、そこはっ、きたないからぁっ」

顔を上げたラルフがさっきまで舐めていた穴に固いものをあてがう。

(何っ?何するのっ?)

「ラルフっ、やっ、んんんっ、んっ、はぁっ」

グググっと押し込まれて息を吐く。

「そら、尻尾がついたぞ」

(え…)

いつの間にかベッドに上半身を突っ伏していた僕は膝立ちになって後ろを見た。ミニスカートの裾から白いふさふさの尻尾が見える。

「おぉっ、しっぽだあっ、どう?どう?僕も狼にゃん…って…猫だったにゃん」

立ち上がってしっぽを見ようとするとしっぽがブラブラ振れた。

「わあっ、おもしろいっ、おもしろいにゃっ」

くるくるまわっていると、突然ラルフに抱き締められた。

ズボンの前の膨らみが僕のお腹に当たる。

「にゃ…」

「お礼をしてくれるんだろう?」

「え?あれ?」

僕はラルフから離れてズボンの膨らみを見た後、ぽかんとしてラルフを見る。状況を理解したところで頬がひきつった。

(えええ?「村正ぁー」)

(「主殿…、それはそうなるじゃろ…はあ…」)

村正にまで呆れられて、僕はぎこちなく愛想笑いをしながら後ずさりする。

「えっとぉ…ラルフ…僕男にゃんでぇ、ちょっとそういうお礼はにゃんていうかぁ…」

「ここまでしておいてそれはないな」

ラルフから逃げようと振り向いたところで後ろから抱きすくめられてしまった。

『ドクンッ、ドクンッ』

心臓が再び強く打つ。

(あれ?ドキドキする…)

不可解な体の反応に狼狽する僕の耳元にラルフの息がかかった。

「やっ、あっ、ダメっ」

(耳を舐められると力が抜けるよぉ)

熱くなった体が敏感に反応を始める。

(おかしい…村正使った後みたいになってる…)

ラルフの手が短いスカートをめくりあげて割れ目に指を埋めた。

「にゃんっ、ダメぇっ」

それだけで僕は考えがまとまらなくなる。

くちゅくちゅと体の中で混ぜられる音がした。

「やぁんっ、もうダメだよぉっ」

胸と股間と首を同時に攻められて僕の感度は一気に上がった。

ぐにゃぐにゃになった体を後ろから抱き締められたまま顔を上げさせられるとラルフに唇を奪われる。

「んっ、んっ、はぁ、はぁ、んんっ」

最初はついばむように始まったキスが舌を絡めとられると、獣のような激しくなった。

「はぁはぁ…ん…」

僕は一度離れると向かい合わせになってラルフの首に手をまわして唇をせがんだ。

舌を絡め合いながら、ワンピースを脱がされる。さらにブラジャーをずらされると、乳首を潰すように摘ままれる。

「んっ、はぁぁ」

僕の手をラルフはズボンの膨らみに誘導する。

(すごい…おっきくなってる…)

熱い膨らみに触れると割れ目の奥がキュンと締まった。

「んっ、ちゅぱっ、ねろ、ねろ」

キスをしながらベルトを外そうとするけど、なかなか外れない。見かねたラルフが自分で外すと僕は手をパンツの中に入れて直に触る。

(あっ、すごい、あついっ、かたくなってるぅ)

二人で触りあいっこしていると、膝から力が抜けて立っていられなくなった。

「んはぁっ、らるふぅ、ベッド行こっ」

そう言ってラルフをベッドに寝転ばせると僕は伸ばした足の間に座り込む。

「んちゅっ、んっ、ちゅっ」

ラルフの肉棒に指を絡めて先っぽにキスをした。

「そうやっていると本当に猫みたいだな」

ラルフが笑った。

口から一度出して「もっと気持ちよくなってもらうにゃん」と言うと肉棒がビクンっと跳ねた。

「うふふ、ラルフ、これ好きにゃん?」

そう言うとまた跳ねる。

「ふふふ、あーん」

口を大きく開けて肉棒をくわえた。

『じゅぽ、じゅぽ、じゅぽ』

恥ずかしい音を出して口に肉棒を含んだまま顔を上下する。

ラルフをチラッと見ると僕の顔をじっと見ている。

(顔って言うより頭?耳?)

ラルフの新たな一面を見た気がしました。

「んにゃっ」

手を離してニヤついていたら突然体を入れ換えられて、仰向けに寝かせられる。

「んにゃあああっ」

お尻に刺さった尻尾がグリグリと押されて思わず大きな声がでちゃった。

さらに太ももの間にラルフが顔を突っ込む。

「やっ、あっ、だめっ、きもちいっ」

あれ?止まった。

「えっと…きもちいいにゃん?」

ラルフの目が僕にもっと続けるように促してくる。

「ラルフの舌がきもちいいにゃん、もっと奥まで入れてにゃん」

再び舌が奥まで入ってきた。

「あっ、あっ、そこっ、きもちいっ、にゃん」

頭をのけぞらせると髪の毛がさらさらと流れる。

「ダメっ、そんなに舌を入れたらっ」

逃げようとするけど、ラルフの手ががっちり僕の腰を捕まえていて逃げられない。

ラルフの舌が割れ目の上、クリトリスに近づくのが体温で感じる。

(あああ、くるぅっ)

『ねろっ』

「ふあああああっ」

ガクガクっと体が震えた。

『ジュルジュル』

「やぁんっ、音がっ、あんっ、恥ずかしぃよぉっ」

(もう我慢できないよぉ)

「ねぇ、らるふぅ、発情した僕のここにおっきいのいれてぇっ」

ラルフが僕の股間から顔を上げて固くなったオチンチンを割れ目に擦りつけた。

『ちゅく…ちゅく…』

散々体の奥を舐められて敏感になった割れ目が亀頭に擦られる度に背中を反らせて快感に耐える。

「はぁぁぁあああっ」

僕はようやく快感を味わえる気持ちと、焦らされてもっと気持ちよくなりたいと思う気持ちの狭間で悶えた。

すぐに入れるのかと思ったラルフはさらに焦らすかのように割れ目を亀頭で擦る。

「あっ、やぁっ、ねっ、お願いっ、焦らさないで…早くいれて欲しい…にゃん」

そう言いながら腰が早く入れて欲しくて動いちゃう。

(あっ、きたぁ)

「んっ、にゃっ、しゅごいっ」

ゆっくりと入ってくるオチンチンの傘を体の内部が感じ取る。

(はぁ…ギチギチになっちゃってぅ)

「ごりごりあたってるよぉっ、そこっ、あっ、そこ気持ちいいっ」

ラルフの視線を感じる。

「あっ、あっ、嬉しいにゃんっ、僕っ、あっ、おかしくなるにゃんっ、ラルフっ、にゃあっ、あっ」

「にゃん」と言うたびにラルフの肉棒の大きさが増すような気がした。

「しょこばっかりされたらっ、んにゃっ、あっ、おかしくなりゅうっ、はあああぁぁっ」


◇◇◇◇◇


翌日起きると既に太陽は高くて、隣にラルフが寝ていた。

(うぅ…腰が怠いよぉ。もう、ラルフが明け方まで攻めるから…でもラルフがこんなになるなんて珍しい)

僕は猫耳カチューシャと尻尾(いつの間にか外されてた)、それに下着類とワンピースをまとめて眺める。

(これは隠しとかないと。間違えても着ちゃダメだよね)

それから腰をさすりつつお風呂に向かったのでした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる M小説同盟 ガットマキア パルコ長嶋 RAYMON Q DATE akys本舗 せみもぐら 谷口さん 枝空 きつね長官 なるせ 桐下悠司 忍桐ずん 夢幻館 九条志玲  TSFのF 大和田朋輝 H9 あむ L.P.E.G. 命わずか 砕骨子 かかし朝浩 犬神ラボ ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 サナダ ぶーちゃん ダイナマイトmoca アサノシモン ゆきまろゆっきー 柚子鉄線 もちもち堂 龍企画 うえにあるみかん 狩野景 猫丸恋太郎 鹿島田しき 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー ドウモウ Norn エムシー販売店 紫紀 HB U.R.C けんたろう あるざ流人 あめしょー 蜥蜴重工 いそふら 坂井リンゴ 艦●れ 菅野タカシ Norn/Miel/Cybele 一輪車でねこらっしゅ 大嶋亮 水利硝 やまガラス BANANA 午前七時の合わせカガミ gallery_walhalla 稲葉COZY Cothurnus 宮里えり LAZY_CLUB ノーリミット tes_mel 泥酔桜国 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM NOIR かると 新堂エル タケユウ 無計画主義 一夢 もくふう 松園 山田ゴゴゴ 成田コウ ダルシー研Q所 夏川冬 #define さいもん ふじや あべつくも 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 蒼田カヤ まぐろどんぶり 福龍 日月ネコ 赤人 せぼい 恥辱庵 TS内燃機 吉田犬人 綾瀬はづき Hisasi ニイマルサン 鈴月奏 零覇 座間翔二 AV アカギギショウ 君の●は。 春日まゆ 眠たい猫 アロマコミック 花妻見枝豆丸 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 桐生真澄 にくじゃが 零零零 舘石奈々 石野鐘音 永田まりあ ピンクパイナップル 緑木邑 消火器 ひらたいら まどろみ行灯 ウィルテイム シルキーズ くろの BENNY’S 大石コウ エロエ クラウド ピンポイント キングピン 高宮はいり 山猫スズメ PoRore トキサナ 飛燕 田中竕 白羽まと 双龍 雨雅 ハイエンド 若井いくお クリムゾン ボクガール 脳縮還元 如月奏 高柳カツヤ ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 LIBERTYWORKS 伊佐美ノゾミ 白駒らい 都氏 能都くるみ 高瀬むぅ 小女子 vivi-sectr とも福 白濁系 Lilith じぃすぽっと pastgadget 天鬼とうり コトキケイ TinkerBell 絵を描くマン しなのゆら 柚木N' 中川優 tsxy 144 ディーゼルマイン 瀬奈陽太郎 アクシス 夜のひつじ 蔵乃 工藤詩乃 D-ivision 久壁おと 愛内なの 立川立夏 鉄巻とーます あきちん ポン貴花田 スピンドル 上原ヨヨギ 有栖リツカ はみ部屋 しまちよ 花門初海 満足堂 森島コン  メイビーソフト ちょこばにら 勇者乾電池 ゆきマンゴー ごまさとし 橘真児 SPINDLE ココロコネクト 高尾鷹浬 樋口あや 早乙女もこ乃 松山はやて 雪乃つきみ 松任知基 りこ丸 舞麗辞 小武 松阪剛志 葛城ゆう アパタイト ケラトン 浅草寺きのと CrookedNavel Red.D 酒井仁笹弘 ちり 虹のれん さじぺん B-DASH 極フェロ 高山ねむ子 ヨシフミカオル 桂あいり たいやき 種梨みや TLB 無限軌道 アシオミマサト ちみチャンガ  藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 鳥茶丸 JUMP 左カゲトラ 鉄腕うーぴー ねじろ カワディMAX オジィ とめきち 宇行日和 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 ほんじょう山羊 八尋ぽち 真黒皇子 緋衣響一 @子猫 gallery spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 眠り猫四郎 CHU-S すみすず みよし かふぇもかそふと Q-Gaku まうめん だーくすぴりっと 篠塚醸二 チロリアン ねとろもりこん majoccoid はるゆきこ 天崎かんな 東航 4階絵画室 雑菌工業 チリモズク茶 たいやきトランプ 汚惣菜屋 目指せ絵師様 walhalla ろれろれ屋 シュガーミルク マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ 浅野屋 鳥之倉 レトロスター アシオ アクオチスキー先生 ぬるはちぽんぽん Medium トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 童貞食堂 bodied 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ エクスプロージョン あんにん あまね紫狼 ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 雷蔵 藤馬奈緒 一夜猫の夢 福徳紗織 愛昧亭うまみ 井ノ本リカ子 月下冴喜 吹浦ハギ 彩葉チヨ 水姫七瀬 ikak 風雅ゆゆ ゆうきつむぎ 椿山パリィ 伊駒一平 四葉チカ ほりとも 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 我心達吉 うたのはかせ なちすけ 雛瀬あや 白家ミカ runa 木ノ碕由貴 高槻遠名 Miel Cybele 楽人唯夏 アロマフラッシュ! くどうひさし 仁志田メガネ taro るいす・まくられん いちよんよん フジツナ 天野タマキ 小倉脩一 ピロンタン 托卵JP TSUBASA サ●ーウォーズ みなこなみ RIKI 星逢ひろ 東方Project 南乃映月 女騎士の城 Quu 馬せんた あましょく 南郷じんげる さいだ一明 大橋薫 花巻かえる kupa 南ちさと bpm12 モフ2製作所 ふかふか天職 美矢火 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます