FC2ブログ

記事一覧

潜入依頼

「ふんっ」

『キィンッ』

ラルフの拳に弾かれた村正が手から離れて飛んでいった。

(くっ)

村正の飛んだ先に一瞬意識を向けた時には拳が目の前に突きつけられていた。

「ま、参りました」

ロゴスに帰ってからは毎日一回庭でラルフか、ジルに相手をしてもらっているんだけど、三回に一回くらいしか勝てない。

(悔しいなあ、何が足りないんだろ?)

(「主殿はまだ妾の力を完全に引き出せておらんからの。もし引き出せたならこの世界で主殿に勝てる者などおらんよ」)

村正はそう言うけど、過去の村正の所有者で、力を完全に引き出せたのは最初の人だけだったらしい。

「ラルフっ、もう一本お願いっ」

そう言って向かい合ったとき、門から僕を呼ぶ小さな声がした。門を見るとマリーが遠慮がちにこちらを見ている。ジェシカも隣にいた。

「葵、支部長がギルドに来るよう言ってたわよ」

「あれ?マリーとジェシカがお使い?」

「はい、あのぉ…」

二人はキョロキョロと見渡す。

「あっ、ジルなら昨日から一人で素材集めに出掛けたよ」

「そう、ジル様はいないの…って、葵っ、こらっ、何笑ってるのよっ、いいっ?私はケイトさんに頼まれてきただけなんだからねっ」

てっきりジルを探しているのかと思ってそう言うと、ジェシカが必死に否定するのが面白かった。


◇◇◇◇◇


「…というわけでだ、葵、お前は来月から姫さんの警護についてもらう」

ラルフと一緒にギルドに行った僕らはレオンさんから話を聞いていた。

僕が呼ばれたのは王宮から内密に依頼が来たからだった。依頼はアヴニールにいる姫を警護するという内容だけど、警護も内密に行わなければならず、年齢的にも違和感のない僕が選ばれたそうだ。

ラルフやジルも一緒に行くとさすがに目立つので、まずは僕が行って、遅れてラルフやジルも向かう、とのこと。

「分かりました。ちなみにエルザ姫は狙われているんですか?」

「いや、今の所何も無いそうだし、そもそも姫さんには護衛もいるしな。一応ってとこだろ?」

「わかりました。それでは失礼します」

『ガチャ』

「ふぅ、用事も終わったし…そうだっ、ねぇ、ラルフ。久しぶりに銀狼亭でご飯でも食べて帰ろうよ」

支部長室から出てラルフを見上げたところで、ラルフの視線が前を向いたままになっているのに気がついた。

「ラルフ?」

そう言ってラルフの視線を追うとその先にいたのはケイトさんだった。

「あれ?ケイトさんだっ。お久しぶりでーす」

笑顔で挨拶したけど、どうも雰囲気がおかしい。

きっちりとスーツを着て眼鏡をかけたスタイルはいつもと同じなんだけど、小脇に本を抱えて、片手には指棒を持っている。

「ケイトさん、今日は女教師みたいな格好ですねっ」

「『みたい』ではなく、今日からは『教師』です」

(ケイトさん?何言ってるの?)

どう返していいのか分からなくて固まる。

「葵様は、これからテスト勉強です。アヴニールは優秀な生徒が学ぶ場、王女と同じクラスに入るためには猛勉強しないといけませんので」

「え?…勉強?…ああ、冗談ですよね?もうっ、ケイトさん、そんな格好までしてるから騙されそうになったよ。さっ、ラルフっ、行こうっ」

帰ろうとしたらケイトさんが僕の前に立ち塞がった。

「葵様、冗談ではありませんよ」

ケイトさんの眼鏡がキラリと光る。

「げっ…ラ、ラルフは…?」

「ラルフ様、ジル様はそもそも生徒としては潜入しませんので」

(ラルフっ、ずるいっ…っていつの間にっ)

ラルフは早々に帰ろうとしている。

「えっと、そのへんは何とかギルドの力で…」

後ずさる僕に向かってケイトさんが一歩近づく。

「残念だが、なにせ内密に動かないといけないから俺らは何もできん。編入試験はクリアしてもらわんとな」

途中から僕らのやり取りを見ていたレオンさんは笑いを噛み殺して言った。

「やだああああ」

ケイトさんに引きずられていった僕はスパルタ授業でそれから毎日朝から晩までギルドに缶詰めにされた。


◆◆◆◆◆


入学の日が来た。僕の脳裏に辛く苦しいこの1ヶ月が走馬灯のように駆け巡る。

(ようやくここまで来れた…)

アヴニールの壁を見上げる。ロゴスの城壁がまるでおもちゃかと思うくらいの高さだ。

正門で、まずは兵士に許可証を見せてしばらくすると、重厚な音とともに門が開いた。

『ゴゴゴゴゴゴ』

僕が通ると再び閉められる。

「うわあ、すごい…」

目の前は石畳の大きな広場で、その先に真っ白で巨大な建物がある。青い空と白い建物のコントラストが美しい。

(これがアヴニールなんだ、前に来た時はじっくり見る余裕もなかったけど、すごい大きい…)

さらにその周りにいくつか大きな建物が立っている。

(あっちが寮で、こっちは図書館か)

石畳の敷地を歩いて学院の玄関に向かう。生徒の姿が見えないけど、持っている地図によれば、生徒は寮と繋がった別の入口から入るらしい。

大きな木造の扉を開くと中は白い石の床でひんやりとしたホールが広がっている。

授業開始前の朝のパリッとした空気が心地いい。

(えっと、学院長室は…と)

コツコツと音を立てて僕は廊下を歩く。

この件で初めて知ったんだけど、ジェシカとマリー、それにケイトさんは学院出身だった。ケイトさんくらい出来る人なら王宮とかで仕事が出来そうなのに。そう思って理由を聞いてみたけどケイトさんは笑って教えてくれなかった。

さて、僕は前もって学院出身者の人たちにどんな格好をして行けばいいのかアドバイスをもらった。ロゴスに最初来たときみたいな失敗は嫌だからね。

その結果、ブラウスのボタンを首もとまで留めてその上にカーディガン、スカートは足元まであるロングスカートに落ち着いた。靴はローファーが良いとのこと。マリーとジェシカからアクセサリーとしてチョーカーをプレゼントされた。一応魔石らしいんだけど、宝石として有名な赤い石がついていて、身に付けていると魔術に対して抵抗力があるらしい。おまじない程度らしいけど…。

(さあ、学院長室だ)


◇◇◇◇◇


「んちゅ、ねろ、はあ、はあ、ガビーノ様ぁ、そろそろ編入生が一人来ますぅ」

秘書の女がガビーノのイチモツを舐めながら今日の予定を確認する。

ガビーノの手は女のシャツの中に入っていて時折女の体がびくつく。

「んはっ、いけません、ガビーノ様、それ以上されたら続けられなくなってしまいますぅ」

「ほう、続けられなくなって、どうなるんだ?」

『コンコン』

そろそろガビーノが射精しようかと思っていると、ノックの音が二人の動きを止める。

ガビーノはいいところを邪魔されて、ドアを睨みつけた。慌てて秘書が脚の間から立ち上がり、乱れた服を直す。ガビーノも目の前の書類を手に取り、目を向けた。

「どうぞ」

ノックの音に答えると扉がゆっくり開いた。

一人の少女が緊張した面持ちで立っている。

「おお…」

『パサ』

入ってきた少女の美しさにガビーノの手から書類が落ちる。秘書も目を丸くしている。

ガビーノと秘書がいつまでたっても何も話し出さないせいで、少女の黒く輝く大きな瞳がこちらを怪訝そうに見つめる。

「あっ、ええっと…こちらが本日から編入することになったキャロルさんです。キャロルさん、こちらが学院長のガビーノ先生です」

慌てて秘書が紹介した。ガビーノは視線を少女の胸のふくらみへと移す。首もとまでボタンを留めているが、春らしい薄いピンクのカーディガンの上からでもブラウスを押し上げる少女の胸がたわわに実っているのが分かった。

「入学を許可していただき、ありがとうございます。アリス・キャロルと申します。本日からよろしくお願いします」

少女がそう言って静かに礼をした。黒い上質の絹のような髪がさらさらと流れ落ちる。再び前を向いた少女は髪を耳にかける。その仕草一つ一つが少女を魅力的に見せる。

「んっ、ゴホン、私が学院長のガビーノだ。こちらこそよろしく。この学院で勉学に励んでください」

ガビーノが目配せすると、秘書が制服をアリスに渡す。

「さあ、これから制服に着替えていただいて教室に案内しますね」

アリスが後ろを向くやいなやガビーノの優しそうな目つきがいやらしい男の目に変わる。

秘書に連れられて出ていく後ろ姿を食い入るように見送ると、引き出しから鏡を取り出した。

この学院内には魔術装置で侵入者をチェックする以外にガビーノが放った監視用の蟲が学院中に飛んでいて、蟲の目とリンクして映像が鏡に映し出される。

今、鏡には更衣室が映し出されており、アリスが入ってくる様子が様々な角度から見えた。

舐めるように見つめるその先で、アリスは何の疑いもなくカーディガンを脱ぐとブラウスのボタンを外す。

ピンク色のレースのブラジャーが映し出された。ガビーノは押さえつけられた胸の深い谷間に舌なめずりをする。

アリスは学院指定のブラウスに着がえて、今度は履いていたスカートのボタンを外す。

『パサッ』

スカートが落ちて、ブラジャーと同じ色のレースのパンティが映る。ハイレグで、尻の半分ほどしか隠れていない。脱いだスカートを拾い上げるために前屈みになったせいで白い桃尻がこちらに突き出された。さっき射精する直前でお預けになったせいで肉棒が再び熱くなる。

着替えを終えたアリスが扉の方に向かう。秘書がガビーノの目配せを理解して、小さいサイズを渡したようで紺色のチェックのスカートからチラチラと太ももが見える。

ガビーノの澱んだ瞳は部屋から完全に出て行くまでアリスの体を見つめ続けていた。


◇◇◇◇◇


僕は秘書の女性の後ろをついて廊下を歩く。

(ちゃんとできるかな?大丈夫だよねっ、あんなに頑張ったんだから)

教室の前で待つように言われ、秘書の人がノックをすると一人の女性が現れた。

「………」

僕の顔を見て固まっている。

「?」

「マーシャ先生?」

秘書の女性が教師に声をかける。

「あっ、ごめんなさい。えっと…はじめまして、私はあなたのクラスの担当をしているマーシャ・アシュリーです。授業は魔法薬を担当しているの。よろしくね」

「アリス・キャロルです。よろしくお願いします」

「はい、こちらこそよろしくお願いしますね。このクラスは皆とても楽しい子ばかりだからすぐに慣れると思うわよ」

担任の先生はとても若くて驚いたけど優しそうな人だ。

「それでは私はこれで。キャロルさん、頑張ってくださいね」

秘書の女性が去っていく。

「さっ、皆に紹介するわ。私の後をついてきてね」

『ガラッ』と引き戸を開けるとマーシャ先生が教室に入る。その後に僕も続く。

すると、それまでざわついていた教室が水を打ったように静まり返った。

(この視線とか静けさとか、ロゴスに来たばかりの頃を思い出すなぁ)

「こちらが、アリス・キャロルさん。今日から新しく皆さんとてもに学ぶ仲間です」

みんなの目が丸くなっている。拍手もまばらだった。

(あれ?もしかして…歓迎されてない?)

「えっと…、アリス・キャロルです。何も分からないので教えてもらえると嬉しいです」

再びまばらな拍手。

頭を上げて見渡す。男女比は半々くらい。女生徒の中にエルザもいた。ここでは僕はケルネの町長さんの孫娘という設定だ。散々ケイトさんに苛められて、今ならアリスと呼ばれても反射的に返事できるようになっている。それに自分のことを「私」というように矯正されたから、ボロが出るってことはないはずだ。

「はい、それではキャロルさんは、その後ろの空いている席に座って下さい。キャロルさん、分からないことがあれば隣の席のレヴァインさんに聞いてね。レヴァインさんもいいわね」

「はい」

「了解で~す」

僕とレヴァインさんが返事をして席に向かう。机の間を歩く間中、クラスメイトの目が僕に集まっているのが感じられた。

「はじめまして、サラ・レヴァインよ。キャロルさん、よろしくね。サラって呼んでちょうだい」

サラさんは褐色の肌に茶色のショートカット、青色の瞳が猫のようでキラキラ光っていた。

(よかったぁ、レヴァインさんは優しそうだ)

「こちらこそよろしくお願いします。私のこともアリスと呼んでください」

僕の学院生活一日目はこうして幕を開けた。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 あむぁいおかし製作所 氷月 ガットマキア ToL●VEる RAYMON Q M小説同盟 akys本舗 DATE パルコ長嶋 谷口さん なるせ 桐下悠司 枝空 きつね長官  L.P.E.G. 大和田朋輝 夢幻館 H9 忍桐ずん 九条志玲 あむ 犬神ラボ 砕骨子 命わずか かかし朝浩 せみもぐら ゆきまろゆっきー TSFのF うえにあるみかん サナダ 柚子鉄線 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン 龍企画 もちもち堂 艦●れ 猫丸恋太郎 エムシー販売店 蜥蜴重工 いそふら あめしょー 大人の幼恥園 あるざ流人 HB 坂井リンゴ むらさきにゃんこバー 狩野景 紫紀 ダイナマイトmoca けんたろう 鹿島田しき Norn ドウモウ U.R.C 水利硝 稲葉COZY tes_mel 大嶋亮 ヴァニラCREAM 午前七時の合わせカガミ ノーリミット gallery_walhalla 宮里えり かると Cothurnus 幾夜大黒堂 やまガラス Norn/Miel/Cybele LAZY_CLUB BANANA 一輪車でねこらっしゅ 泥酔桜国 新堂エル 無計画主義 ニイマルサン TS内燃機 綾瀬はづき 恥辱庵 福龍 赤人 せぼい 夏川冬 Hisasi さいもん 眠たい猫 永田まりあ エロエ アカギギショウ 山猫スズメ 桐生真澄 座間翔二 クラウド キングピン ピンクパイナップル ひらたいら ウィルテイム 緑木邑 シルキーズ ピンポイント くろの 高宮はいり PoRore 龍炎狼牙 神谷ズズ 狼亮輔 OKAWARI 雪月楓花 ふじや #define 男体化 もくふう 成田コウ 双龍 トキサナ 松園 鈴月奏 あべつくも まぐろどんぶり 蒼田カヤ 吉田犬人 タケユウ 花妻見枝豆丸 一夢 零覇 山田ゴゴゴ アロマコミック NOIR 真城の秘宝館 鶯羽佯狂 飛燕 にくじゃが 君の●は。 零零零 舘石奈々 白羽まと 菅野タカシ ダルシー研Q所 AV 田中竕 大石コウ BENNY’S 石野鐘音 マグナプラン すずしろやくも spika gallery 式神くろ子  中川優 久壁おと 工藤詩乃 上原ヨヨギ 立川立夏 極フェロ 松任知基 ココロコネクト 愛内なの 酒井仁笹弘 満足堂 ちり あきちん 能都くるみ 無限軌道 @子猫 春日まゆ 緋衣響一 都氏 真黒皇子 アパタイト ねじろ ちょこばにら 橘真児 花門初海 しまちよ 葛城ゆう 舞麗辞 ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 鉄腕うーぴー りこ丸 カワディMAX 高山ねむ子 さじぺん 47.5% ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 ボクガール 如月奏 walhalla SPINDLE ほんじょう山羊 オジィ 雪乃つきみ 高尾鷹浬 愛昧亭 八尋ぽち 有栖リツカ 樋口あや あんにん 水姫七瀬 消火器 エクスプロージョン レトロスター スピンドル アシオ D-ivision 彩葉チヨ 伊駒一平 椿山パリィ クリムゾン 風雅ゆゆ ikak 吹浦ハギ 天鬼とうり ポン貴花田 アクオチスキー先生 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス Medium bodied ディーゼルマイン ぬるはちぽんぽん タナカミノリ 鳥之倉 蔵乃 浅野屋 シュガーミルク 夜のひつじ 蒼沼シズマ LIBERTYWORKS ゆうきつむぎ 愛昧亭うまみ ケラトン メイビーソフト 藤馬奈緒 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 森島コン  一夜猫の夢 ろれろれ屋 早乙女もこ乃 鳥茶丸 福徳紗織 小武 松阪剛志 桂あいり 雷蔵 Lilith じぃすぽっと vivi-sectr 井ノ本リカ子 白濁系 月下冴喜 pastgadget ら○ま1/2 高瀬むぅ 浅草寺きのと あまね紫狼 CrookedNavel ヨノイ誠一郎 くりおね社 ヨシフミカオル 松山はやて 白駒らい ピロンタン 小倉脩一 天野タマキ 百合 フジツナ 仁志田メガネ いちよんよん 蒟吉人 くどうひさし 納屋 runa アロマフラッシュ! 南京本舗   十月兔 taro 三夜 チロリアン 篠塚醸二 左カゲトラ ぷりてゐ だーくすぴりっと ねとろもりこん 合丼来来 ゆめみきらら りーるー るいす・まくられん ほりとも 不確定空間 布施はるか 四葉チカ 鎖ノム メロンバロン 楽人唯夏 モフ2製作所 Cybele bpm12 南郷じんげる 高槻遠名 あましょく ふかふか天職 南ちさと 花巻かえる 托卵JP Miel 大橋薫 kupa さいだ一明 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ 東方Project 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ 日月ネコ 雛瀬あや なちすけ 岸里さとし まうめん 眠り猫四郎 絵を描くマン CHU-S 柚木N' 四八楼 TSF専用 鉄巻とーます tsxy 瀬奈陽太郎 たけし 睦茸 東航 美矢火 144 4階絵画室 地縛霊の巣 とも福 B-DASH JUMP TSUBASA はみ部屋 とめきち Red.D 虹のれん 小女子 伊佐美ノゾミ 高柳カツヤ 脳縮還元 宇行日和 雨雅 ハイエンド 若井いくお 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん Q-Gaku majoccoid 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 すみすず みよし かふぇもかそふと 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU チリモズク茶 風呂井戸ソフト しいなかずき 天崎かんな 雑菌工業 KEN さかもと(猫) たいやきトランプ はるゆきこ 汚惣菜屋 MasterMind もねてぃ 目指せ絵師様 たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます