管理人ほう

管理人ほう

二日目の朝、寮の食堂でご飯を食べる。

「おはよう、アリス。よく眠れた?」

エルザだ。隣にはモニカさんもいる。

「おはよう。うん。凄くベッドがふかふかで、気持ちよかったぁ。ねぇ、ここのご飯ってどれも美味しいね」

「当たり前よ、だって、ここの料理人になるのは、王都で一番になるのと同じくらい難しいのよ」

「へぇ」

二人が朝食を取りに行く間に、サラとブリジットさん、ジョシュが来た。

「おはよう」

僕が挨拶すると、サラからは元気よく、ジョシュは目をそらせて挨拶が返ってくる。

「…はよ」

ブリジットさんは呟くと椅子に倒れこむように座った。

(ブリジットさん?礼儀正しい彼女らしくないな。何かあったのかな?)

「ブリジットの事は気にしないで、元々朝は調子が悪いのよ。ま、最近は特にひどいけどねっ」

(あぁ、朝が弱い人なんだ)

机に突っ伏したブリジットさんを残して二人が朝食を取りに行った。

みんなが帰ってきて、ブリジットさんもサラの取ってきたコーヒーで少し回復したようだ。

「ねぇ、今日は戦闘術の授業よ、アリスは体操着持ってる?」

「あっ、うん。もらったよ。戦闘術?」

「ああ、戦闘って言っても私達は、騎士クラスや魔術クラスじゃないから護身術程度よ」

エルザと話していると、サラがジョシュをからかい始めた。

「ジョシュはアリスの体操着姿見れるから嬉しいんでしょ~」

「なっ、そんなこと…」

二人がギャアギャア騒いでいる横で制服などと一緒に支給された体操着を思い出す。

(たしか、白のポロシャツに、黒のショートパンツだったよね)

「ねぇ、サラ?男子もショートパンツなの?」

「ぶふうぅっ」

なんとなく聞いてみたら、サラが吹き出した。

「アリスっ、やめてよっ、ジョシュがショートパンツ履いてる姿を想像しちゃったじゃないっ」

「なっ、俺だってあんなの履きたくねぇよっ」

(仲がいいなあ)

サラとジョシュが言い合っているのを不思議に思って見ているとモニカさんと目があった。

「男子は膝までのハーフパンツですよ」

微笑んで教えてくれる。

「でもさ、アリス、ディックのやつには気を付けなさいよ。アイツ、授業中チラチラ女子の脚を見るのよ」

ジョシュが友達に誘われていなくなり、サラが変に真面目な顔をして言った。

「そんなことないですよ。ラッセル先生をディックだなんて。もう、サラったら」

コーヒーを飲んで少し復活したブリジットさんがフォローする。

「ブリジットはそのへん鈍いから気が付いてないだけよ、ねっ、エルザもそう思うでしょ?」

エルザもちょっと考えて、苦笑いをした。

「ええ、時々そういう目をしていることもあるけど、男の人は仕方ないんじゃない?」

「ねっ?」といたずらっぽい目つきで僕に向いて言うもんだからバレるんじゃないかとヒヤヒヤした。

「うーん、そうかなぁ?」

サラはエルザの視線に気づかずに首をひねっていた。

◇◇◇◇◇

午前の授業が終わった。

二日目になってクラスはさすがに落ち着いたと思ったら、今度は他のクラスの生徒が教室に入ってくるようになった。

休み時間になるたびに教室がパンクするほど生徒が集まってくるので、すぐに教師たちが、他のクラスの生徒は僕らの教室に入ってはいけないというルールを作るハメになった。その結果、廊下が他のクラスの生徒でいっぱいになった。

(誰にも相手にしてもらえないのは寂しいけど、なにもこんなに来なくても…)

「アリスっ、すごい人気になったねえ」

昼休みになったけど外に出にくいので僕は教室で昼ご飯だ。サラが僕に付き合ってサンドウィッチを食べながら隣から顔を寄せてきた。

「うん。嫌われるよりは嬉しいんだけど、これはさすがにちょっと…」

「まぁ、可愛いってのも良い事ばかりではないってことね」

サラがニヤッと笑った。

(サラだって十分可愛いのに)

「あっ、次は格闘術だよっ。そろそろ更衣室に行こっ」

「うんっ」

時計を見れば昼休みも半分位終わっていた。

サラと一緒に廊下に出ると他のクラスの生徒の視線が突き刺さる。

(歩きにくいなぁ)

俯いて足早に更衣室に向かおうとしたら、一人の男の子が僕の前に立ちふさがった。

真剣な面持ちで僕を見つめてくる。

(えっ?なっ、何っ?)

「あっ、あの…俺…ジェームズって言います。読んでくださいっ」

手紙が目の前に差し出された。

「…?…はい」

手紙を受け取ると周りから拍手が起きる。僕はいたたまれなくて急いでその場を後にした。

「ねえ、アリス、受け取っちゃって良かったの?」

後ろから駆け足で追いついたサラが心配そうに僕に聞く。

「なんで?」

「だって、それ、ラブレターでしょ?読んだら返事もしないといけないし…まさかっ、付き合うの?」

「へ?らぶれたー?ラブレターっっっ?」

(しまったぁ、慌ててたから受け取っちゃったよぉ)

「アリスくらい可愛かったらラブレターくらい何度ももらってるんでしょ?」

サラの目は好奇心で輝いていた。

「いやいやいや、生まれてこのかた全然もらったことないよ」

「ふーん。その様子じゃ、付き合うとかなさそうね」

そうこうしているうちに更衣室に着いた。予定外の事件が起きたせいで、半数ほどは既に着替えて外に出ていた。僕らが入るときに入れ替わるように数人が出て行き、更衣室内は僕らと数人だけになる。

「さっ、早く着替えよう」

サラはネクタイを外してブラウスのボタンも既に外している。今日は白い上品なブラジャーだった。

「ん?アリスは私の体に興味あるのかな?」

「えっ、あっ、ごめんっ」

サラの声でビクッとして僕も慌ててブラウスを脱ぐと体操着のポロシャツを取り出す。

「でもさあ、ホントにアリスの肌って綺麗だよね」

すぐ後ろで声がしたかと思うと背中を指がなぞる。

「ひゃんっ…ちょっとぉ、サラっ」

「雪みたいに白いし、きめ細かいから触りたくなっちゃうんだよね」

今度は脇腹を撫でられる。

「んっ、ダメだってぇ」

「反応もいいし、これ以上したらどうなっちゃうんだろう?」

サラの息が耳にかかる。

「やっ、あっ、だめっ、もう授業の時間になっちゃうからぁっ」

「いいじゃん、もうちょっとだけ…ね?」

そう言って手が胸に向かう。

「あっ、だめっ」

そう言って僕は何とかサラの手を逃れて離れる。目が潤んじゃってるのでサラの顔がよく見えない。

「チッ、惜しいっ」

白いポロシャツを着て、スカートを手早く脱ぐと、急いで黒のショートパンツを履く。

「はぁ」

「ごめんねぇ、なんだかアリス見てたらイジメたくなっちゃって」

サラも着替え終わっている。

「もうやめてよ」

「ん~、考えとくっ」

(これ絶対考えてない…)


◇◇◇◇◇


授業開始前。

「例の娘、先生のクラスですよ」

教官室の自分の席に着くと、羨ましい、と言わんばかりの顔で同僚の中年教師がイヤらしい笑みを浮かべて話し掛けてきた。

「他の生徒と何も変わりゃしませんよ」

建前上答えたが、格闘術の教師として楽しみと言えば、女子の体操着姿を間近で見れることくらいだ。

35歳になったディック・ラッセルは、元々はハンターだった。20歳までにCランクになった将来有望なハンターだったが、とある依頼で脚に大きな怪我をしてしまった。リハビリで普通に暮らせるレベルまでは回復したが、ハンターとしては終わってしまった。

将来を悲観して荒れた生活をしていた彼にアヴニールでの仕事を斡旋してきたのはハンターギルドだった。

(いい加減、これからのことも考えないとダメだしなあ。金持ちのガキどものおままごとに付き合うってのも悪くないか)

最初はそう思って真面目に教えていたが、ハンター時代と違って生きるか死ぬかといった緊張感のない職場で、情熱は年々冷めていった。

(どうせお遊びなんだから、俺もおこぼれをもらったってバチは当たらんさ)

そう思うようになると、女子の体が気になり始めた。

実際、教官と言えども、長期休暇を除けば学院外に出ることは難しい。まだまだ若いディックも、教員用宿舎で自分で処理していた。

「おっと、そろそろ授業ですね」

そう言って皆がぞろぞろと出ていく。

俺も最後に出た。

(今日は中庭か…)

手を額にかざす。日差しはもう夏のようだ。中庭が近づくにつれてガヤガヤと生徒の声が聞こえてきた。

『ジリリリリリリ』

ちょうど俺が中庭に着いた時にベルが鳴った。

「おいっ、始めるぞっ。集まれっ」

そう言うと生徒達が周りに集まってくる。

その中に見たことのない顔があった。

(ほう、こいつが編入生か。顔も体も噂になるはずだ)

「まずは柔軟体操だ。怪我しないようしっかりと伸ばしておけよ」

そう言うと、各々が柔軟体操を始めた。俺は編入生をじっと見る。

座って体を前に倒すと、首もとからシャツの中でつぶれた胸の谷間が見える。

さらに体は柔らかいようで芝生に座って大きく開脚しているせいで、太ももの付け根まで見えそうだ。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply