HOME > 妖刀戦記 > title - 罠
2015/01/12

学院での二週間目が始まって数日が経った。

「おはよーございますっ、キャロルさん」

まず、朝は着替えを終える頃、ドナが来て髪の毛をセットしてもらう。ドナと毎朝喋っていると、彼女の事にも段々詳しくなってきた。

ドナは僕らより1つ下の学年だ。とは言え、エルザは飛び級なので、サラやブリジットより年下で、ドナと同い年という事になるらしい。そう考えたら僕はよくエルザと同じクラスに受かったもんだ。

ドナの話に戻すと、彼女は王都の南のカナンという街の生まれだそうだ。家はカナンでは大きな商会で、卒業後は王都で美容師になりたいらしい。

「今日はちょっと暑くなりそうなんで、うなじを出してみますね」

そう言って三つ編み風にした髪を片側に寄せてくくる。

「…はい。できました、あっ、そろそろ行かないと。今日はルイスさんの所なんです」

「ありがとう。ごめんね、お願いしちゃって」

「良いんですっ、いい経験になりますし、将来の事を考えたらコネも作っとかないとっ」

ドナはニコニコ笑って部屋を出て行った。

それから食堂に向かう。

「あら、アリス。お早う」

今日はエルザとモニカさんが先に来ていた。

「おはよう」

そう言ってご飯を取りに行く。朝食はセルフサービスだ。もちろん僕は朝からしっかり食べる。

「おはよう」

今週になって変わったことは、サラとジョシュ。手を繋いで朝からラブラブだ。後ろに幽霊のようにブリジットさんがいた。

休み明け、早速サラからみんなに二人の関係が発表されて、すぐにクラスで公認の仲となった。

「ちょっと朝からあれはキツいわね」

エルザがそう言う気持ちはとてもよく分かる。

ブリジットさんは相変わらず眠そうだけど、昨日もラッセル先生と…?

これまでと同様、視線は感じるので、監視されてるのかもしれない。

(何とかして調べてみたいけど…)

そうは思うものの、なかなかそのタイミングはない。

食事を終えて教室に向かう。

そして、午前、午後の授業を受けると放課後。僕はもらったラブレターの返事やら明日の予習やらで忙しい。ちなみにラブレターは毎日毎日来るのでいい加減何とかしてほしい。

「ふあぁあ」

欠伸をして、ベッドに潜り込む。

やっと一日が終わった。

『コンコン』

(こんな時間になんだろう?)

扉を開けると制服姿のブリジットさんがいた。

「アリスさん、ちょっとお話があるの」

なんだか顔色が悪いような…。

「いいよ。どうぞ」

僕はブリジットさんを部屋に招こうとした。

「いえ、あの…、出来たらちょっと別の場所で…」

(どうしたのかな?)

「分かった、ちょっと待ってね。着替えるから」

よく分からないまま制服に着替えて廊下に出る。

「ついてきて下さる?」

そう言って歩き始めた。

(てっきりブリジットさんの部屋に行くのかと思ったけど、どこへ行くんだろ?)

ブリジットさんはどんどん歩いて寮を出た。

(「主殿、何かおかしいぞえ」)

「ねぇ、ブリジットさん。変だよ。どこに向かうの?」

寮を出た所で尋ねる。だけど、ブリジットさんは答えない。足を止める気配すらない。

「ねぇっ、ブリジッ…」

後ろからブリジットさんの肩を持つとフラッと僕の方に倒れ込んできた。

「えっ?」

慌てて抱き止める。

その瞬間後ろから急に気配がした。

(「主殿っ、気をつけっ」)

ブリジットさんを抱き止めたまま振り返った僕の顔に布が被される。

「くっ」

(油断した…うっ)

妙な匂いとともに目の前が真っ暗になって僕は意識を失った。


◇◇◇◇◇


「あんっ、あっ、あっ、あっ」

意識が戻る。女の子の喘ぎ声が響いていた。

「目が覚めたようだな」

不思議な声がした。だけど僕の視界はまだぼんやりしている。

(そうだ…僕、ブリジットさんに連れ出されて…ブリジットさんっっ)

ガバッと起き上がると目眩がして頭を押さえる。

「うぅっ」

頭を振って前を向くと全裸のブリジットさんが、男に腰を抱えられていた。

「やっ、あっ、許してぇっ」

「ブリジットさんっ、やめろっ」

僕は立ち上がって、ベッドから降りて男を引き離そうと走る。

『ゴンっ』

「っ痛…なんだ…」

透明の壁のようなものにぶつかった。

「くそぉっ、ブリジットさんっ、ブリジットさんっ」

壁を叩いて僕はブリジットさんに呼びかける。

しかし、ブリジットさんは喘ぎ声を上げるだけ、腰を揺すっている男は白い仮面をつけていて誰かは分からない。

「ブリジットさんっ」

「無駄だ…彼女には声は届かない」

いつの間に僕の隣に来たのか、そもそも最初から居たのか、声の主も白い仮面をかぶっている。そして、その声はいくつもの男女の声が重なったような不思議なものだった。

その声に促されるようにブリジットさんを見ると、黒い目隠しがされていて、その目隠しが耳も塞いでいるようだ。

(「主殿、目隠しの布をよく見るのじゃ。単なる目隠しではなさそうじゃ」)

よく見ると黒い布には魔法陣のようなものが描かれている。

(魔術具…)

「アリス・キャロル、君には二つの選択をさせてやろう。一つ目はこの件にこれ以上関わらず、すべてを忘れること。もう一つは…」

(そんなことっ)

「そんなの出来るわけないっ、ブリジットさんをこのままになんて私はしないっ」

「ではもう一つの選択だ。君がブリジット・レンナーの代わりになれ」

(え…?)

「そうすればブリジット・レンナーに対して我々の方から何かをすることはなくなるだろう」

(くっ、どうすればっ?)

僕は周囲を見渡す。暗い空間でどれくらいの広さがあるのか分からない。しかし、仮面をかぶった男女が3人、これくらいなら僕一人で殲滅できる。

「おっと、妙なことを考えないように。ブリジット・レンナーは君が妙な動きをすれば、すぐにでも死ぬ事になるぞ」

その言葉は僕の反撃を封じるだけの力を持っていた。

「さて?どうする?」

「わ…分かりました。そのかわり、今すぐブリジットさんを離してくださいっ」

「いいだろう。しかし、ブリジット・レンナーを解放するのは君が本当にブリジット・レンナーの代わりになるかを確認してからだ」

そう言うと僕の背後のベッドが輝き、一人の腰布を巻いただけの男が現れた。

「むぅぅ…むぉ…」

目と口は布で覆われていて、そこには魔法陣が描かれていた。さらに両手両足に鎖がつけられ、抵抗できないようにされていた。

(この太った体…禿げた頭…まさか…)

「気づいたか?学院長殿だよ」

(どうして学院長が?学院長はこの件に関与してないってこと?)

男が布を口から剥がす。

「くそぉっ、お前ら、何者だっ、私をどうするつもりだっ」

「学院長殿、あまり叫ばれるようならまた、喋れなくしますよ」

「ぐっ…」

そして男が指を鳴らすと学院長の目隠しが消えた。

「ぬぉっ…、うっ、きっ、君はっ、キャロルっ、キャロル君かっ、おいっ、お前ら、私のみならず、生徒まで…私たちをどうするつもりなんだっ」

「うるさい」

そう言った瞬間先ほどの布が再び現れ、学院長の口を覆った。

「んむうっ…むぉっ」

「静かにしてくださいますか?学院長殿?」

学院長が頷くと布が消えた。

「はあ、はあ…」

「さて、アリス・キャロル。君は本当にブリジット・レンナーの代わりをするつもりがあるのかな?」

「もっ、もちろんだよっ」

「では、この男の股間を舐めろ」

「「えっ?」」

僕と学院長の声が重なった。

「出来ないなら帰らせるが…?」

「わっ、わかりました」

僕はそう言うと覚悟を決めてベッドに上がる。

「やっ、止めるんだ、キャロル君っ」

学院長の声が聞こえるけど、それを無視して腰布を外した。

「うわ…」

思わず声を上げてしまった。

(まだ、勃起していないのに、こんなに大きいなんて…)

「無理だというのなら…」

「ちょっと黙ってて…ちゃんとするからっ」

男の言葉を制して僕は学院長の足の間に入ると、萎びた学院長の肉棒を持ち上げる。

「おぉっ、いかんっ、キャロル君っ、止めてくれっ」

「学院長、すみません」

出っ張ったお腹が邪魔で学院長の顔は見えないけど、 肉棒に力が入ってきた。僕は横笛を吹くように竿に唇で吸い付く。

「ああっ、キャロル君っ」

みるみるうちに大きくなったそれは、血管が何本も伝う巨木のようにそそりたった。

「あ…」

「射精させたらブリジット・レンナーは解放しよう」

あまりの大きさに息を呑む僕に男が言葉を放つと、突然ブリジットさんの声が響いた。

「やあっ、そんな、そこはっ、やっ、お尻が焼けるっ、あっつぅいぃっ」

「止めさせてっ、私が代わりになるからっ」

「ならば、早く射精させるんだな」

(急がなきゃ)

僕は口を大きく開いて亀頭を呑み込む。

(おっきぃ…これ…苦しいよぉ)

僕は涙目になる。

「あっ、そんなっ、両方は無理ぃっ、あっ、裂けるっ、裂けちゃうぅっ」

(ダメだっ、僕が頑張らないとっ)

必死で太い肉棒を口の奥まで入れる。

「くっ、キャロル君っ、喉の奥が締まるっ」

学院長の声が切羽つまってきた。

一度口から出すと両手でしごく。

「ああっ、キャロル君…、出そうだっ」

(もう少し…)

「学院長、我慢しないで下さいっ、出してっ、出して下さいっ」

「おおうっ、キャロル君っ、イクぞっ、イクっ、おおおっ」

そう言うと肉棒の先がグググッと膨らんだ。

(くるっ)

僕がギュッと目を瞑ると顔に熱い粘液が飛んだ。

(やあっ、熱いっ)

「はぁ、はぁ、はぁ…」

顔が精液まみれで、目が開けられない。目の回りについた精液を手のひらで拭う。

(はぁ、すごい匂い…学院長のって凄い…)

まだ、微妙に勃ったままの肉棒を見つめる。頭が精液の匂いでくらくらする。

「良いだろう。ブリジット・レンナーは解放しよう」

(そうだっ…ブリジットさん…)

「しかし、君にはレンナーの代わりをしてもらわねばな」

(あ…、そうだった…僕、これから犯されるのかな…?)

「ふむ…そうだな。ただ犯すだけでは面白くないな。明日から指令を出す。それに従わなければレンナーがどうなるか分かるな?」

頷く。甘い香りが辺りに立ち込めると僕の意識は闇に引きずり込まれた。


◇◇◇◇◇


『チュンチュン』

鳥の鳴き声に目が覚めると、自室のベッドだった。

(あれ?パジャマ着てる…昨日のあれは…夢?)

『カサ』

手に何かが当たった。

(うん?)

宛先も何も書いていない封筒。

『ピリッ』

破って開いた僕はそこに書かれた一言で、昨日の事が夢でなかったことを思い知らされた。


【昼休みに学院長室に行くこと】
関連記事

コメント

非公開コメント