FC2ブログ

記事一覧

教室での秘め事

「はぁ、はぁ、んっ、むむ」

『ねろ、ねろ、ちゅぱっ』

放課後、既にみんな帰った後の教室内に淫靡な音が満ちていた。

「学院…長…どうでふは?」

「あっ、ああ、凄く気持ちがいい」

(こんな…さっきまでみんながいた教室でなんて…)

僕は生徒の喧騒が残る空間で学院長の肉棒を慰める。

「んっ、んっ、んっ」

スカートが揺れる。僕の手はスカートの中に入っていた。


◇◇◇◇◇


【今日は、スカートを短くして学院に来ること】

そう書かれた封筒を手にしたのは今朝。

スカートを折って少し短くする。

「あら?アリス?なんだかスカート短くない?」

朝食の時にエルザに聞かれてドキッとした。

「う、うん。最近暑いから…」

なんとか言い訳すると、「ホント、暑いわねぇ。今日も暑くなりそうだし、私も短くしようかしら」

そう言ってモニカさんにたしなめられていた。

(これくらいならサラよりまだ長いし…)

サラはいつも簡単にスカートの中が覗けそうな丈だ。

「私は中にショートパンツ履いてるし~」

「おいっ、みんなが見るからやめろよっ」

サラがスカートをヒラヒラすると、ジョシュに怒られていた。

「ジョシュだけショートパンツの中身見せたげようか?ふふふ」

ジョシュの顔が真っ赤になる。

「今日も熱いわねぇ…。はあ…」

エルザがため息をついた。

僕はこっそり横目でブリジットさんを見る。

朝は相変わらず辛そうだけど、自分で珈琲を入れる程度には復活していた。

(ブリジットさんは約束通り解放されたみたいだね)

それからみんなで教室に向かう。

「あっ、今日はブルーなんだっ」

後ろからサラの声がした。

(ブルー?……あっ)

慌ててスカートのお尻を押さえる。

「ちょっとっ、サラっ」

エルザがたしなめる。

「ふふんっ、アリスがそんな短いスカートだから悪いんだよっ」

周りの男子が目を逸らす。

僕は恥ずかしさに火照った顔を押さえて教室に向かった。

(サラ…ひょっとして見えてるよ、って教えてくれたのかな?)

◇◇◇◇◇

「ふぁ」

昼休み明けの授業中、僕は欠伸を噛み殺して教師の話を聞いていた。

(ん?)

何の気なしに机の引き出しに入れた手に紙がぶつかった。

(またラブレターかな?)

さすがに減ったとは言え、まだたまにラブレターを渡される事があるので、そう思い込んだ僕は机の下で開く。

「あっ」

思わず小さな声が出てしまった。

教師は気づかなかったけど、サラが目で「またラブレター?」って聞いてきた。

僕が目で頷くとサラは眠そうに机に肘をついて教壇を見つめた。

【放課後、教室で待て。】

一行、たったそれだけ書かれていた。

◇◇◇◇◇

『ガラガラ』

教室の扉が開く音に振り返ると、学院長の姿があった。

「キャロル君か?」

「学院長…」

これだけでだいたい何があるのか分かる。

「また手紙だ」

そう言って僕宛の開けていないのと、学院長宛の開けられた手紙を出す。

【アリス・キャロル。短いスカートで過ごしてどうだったかな?さて、今日はまず、教室でオナニーをしながら学院長にフェラチオをすること。必ずイカせて精子を飲まなければいけない。それから学院長に教卓の上でイカされたらゲームクリア。まだ校内には人がいるから、誰かに気づかれたらゲームオーバーだ。こちらとしては気づかれても良いが。】

【きちんと最後までイカせること。ただし挿入は禁止。挿入した瞬間にゲームオーバーだ。】

◇◇◇◇◇

「はぁ、はぁ、ねろっ、んっ、んんっ」

(フェラチオをしている間にイクまでオナニーしろとは書いてなかったから触るのは少しでも良いんだよね…?)

教壇に立った学院長の前で膝立ちになった僕は、肉棒に舌を這わせながら、パンティの上から割れ目をゆっくりと擦る。

(ん…、なんだか今日は敏感かも…)

まだ、耳を澄ませば周囲の音の中に生徒の声や足音が聞こえる。

意識を逸らせようと少し慣れてきた学院長の太い肉棒に舌を這わせた。

「ああ…」

学院長の好きなところも何度かしているうちに分かってきた。雁の裏を唇で吸うようしたり、舌先でつつくようにして上下する。

「キャロル君、うまいな…。そんな風にされたらすぐにイッてしまう」

学院長の言葉に恥ずかしくなった。

(それだけ学院長と何度もしてるってことだよね…)

「キャロル君は…くっ、…経験豊富なのか?」

驚いて口を離した。

「そんなことないですっ、えっと…あの…」

思わず力一杯否定した。

「そ、そうか」

今度は大きく口を開けて亀頭を呑み込んだ。

(学院長のやっぱりおっきぃ)

反射的に目に涙が溜まる。

「ああ…」

学院長が呻き、手が僕の頭を撫でた。

(気持ちいいんだ…)

『ジュポジュポジュポ』

涎が口の端を伝うのも気にせず顔を前後する。

『ジュポ、ジュポジュポ…』

「うぉ…」

学院長の呻き声にハッと我に返る。学院長の驚いた顔が僕を見つめていた。

(うわぁ、学院長に舐めるのが好きだと思われちゃったかも…)

頬が暑くなり、慌てて口から出すと、手で擦った。

「ああ、イッ、イクぞっ」

「はいっ」

学院長の言葉に何のためらいもなく、膨らんだ亀頭の先に唇を当てて吸う。

「んっ、んんんんっ」

(熱いし、凄い量っ、口に収まりきらないっ)

『ごく、ごく』

出てくるそばから飲み干していった。

(学院長の濃いよぉ…)

むせるような精液の匂いに酔ったようにクラクラする。

◇◇◇◇◇

「さっ、次はキャロル君の番だな」

「…はぃ」

アリスは私も被害者だと思っているので、心を許しかけているようだ。何の不安もなく私に抱き抱えられて教卓に乗る。

少女が手を後ろにつく。スカートが短いせいで足を開かなくてもパンティが見えそうだ。

だが、膝に手をかけると、横を向いて小さな抵抗をした。髪の隙間から見える顔は耳まで赤くなっている。

(まだ、羞恥心が残っているのか…だが、羞恥心のあるままの方がこちらとしてはたまらんな)

「さっ、早くしないと誰かに気づかれてしまうぞ」

それが免罪符となったのか急に力が抜けた。

(ククク、恥ずかしくとも昨日の快楽は忘れられんだろう)

教卓の上で膝を開くと、まるで少女に誘われているようで背徳感がたまらない。

「おや?濡れているようだな」

「えっ…」

股の間に顔を近づけた私の言葉に足を閉じそうになる。

「おっと」

膝を止めると、潤んだ瞳と目が合った。

「学院長…恥ずかしい…」

「昨日はもっと恥ずかしいところを私に見せたじゃないか」

そう言うと無理矢理顔を近づける。

『スーっ』

匂いを嗅ぐ。思春期特有の甘酸っぱい匂いがした。

「いい香りだ…」

「やっ、やだっ」

「ん?パンティの染みが濃くなったような」

「んんっ、そんなことないですぅっ」

色の濃くなった青い楕円形をなぞる。

「おおっ、透けてオマンコの形がはっきり見えるな」

「ああっ、学院長っ、言わないでぇ…」

声の中に媚びるような色が見えた。

(もう少しだな。散々気持ちよくして体に覚え込ませてやる…)

「よしよし、すぐに気持ちよくしてやるからな」

そう言ってパンティの底をずらす。

(やはり、昨日も思ったが薄いな)

チョロチョロと生えた陰毛を触ると、ピクピクと膝が震えた。

「さて…」

顔を近づけて舌を出す。

「あっ、息がっ」

少女の戸惑いの声に興奮を掻き立てられた私はクリトリスをつついた。

「ふっ、んっ、んっ」

必死にこらえる声を聴きながらクリトリスを皮から出して吸い付く。

「んんっ、んっ、ぁっ、吸っちゃだめですぅっ」

『チュッチュッ』

音をたててしばらく味わったあと、一度顔を上げた。

片手を口に当てた少女の潤んだ瞳と目が合う。

何も言わず、再び顔を入れる。今度は愛液を垂らした割れ目に舌を入れた。

「やっ、あっ、んんっ、んっ、んっ」

大きな声を出しかけて、ここが教室だと思い出したのか、くぐもった声に変わる。

(昨日は何度もこれでイカせたからな。まずは…)

少女の弱いところは分かっている。

『じゅるじゅるっ』

「んっ、はっ、あああっ、吸わないでっ、あっ、やっ、そこっ、よわいからぁっ」

手の平が私の頭に当てられた。

「んっ、やだっ、くるっ、おかしくなるっ…」

私は頭をあげる。

(なぜ止める?って顔だな)

顔を埋めて再び舌を入れた。

「やっ、あっ、ダメっ、深いっ」

我慢できなくなったのか少女の手が私の頭を股間に押し付けるように力を込める。

(まだだ)

私は少女の手を無視して顔を上げる。

「あ…、学院…長。もう…」

少女が、無意識におねだりを口にしかけて、慌てたように黙る。

(さあ、これからが本番だ)

今度は指を割れ目に当てる。少女と目が合った。

『グチュッ』

熱く濡れそぼった割れ目が指を迎え入れる。

「あっ、んんっ」

『ジュプ、ジュプ、ジュプ…』

指でかき混ぜると慌てて指を口にくわえて仰け反った。

「んっ、んんんんっ」

散々舌で焦らした体は絶頂を求めて早速昇りつめる。

「んんんんっ、んんっ」

(イッたか)

私が少女の頭を支えるようにして起き上がらせると、快楽に溺れた少女は私にしがみつく。

「あっ、学院ちょっ、今わたしっ、あっ、あんっ」

(一度達したら終わりだとでも思っていたのか?)

アリスに喋る余裕を与えず、指を激しく動かした。

『グチュッ、グチュッ、グチュッ』

「あぁっ、だめぇっ、今、わたしっ、イッたっ、はぅっ、もぅっ、学院長っ」

私はアリスが達したことに気がついていない振りをして止まらない。

『コツ、コツ、コツ』

震える声で少女が私を見上げた時に、廊下から足音がした。ハッと少女の体に緊張が走り、キュッと膣が指を締めつける。

少女の止めるように懇願する瞳を無視して、膣内で指を曲げて擦る。

「あっ…ダメっ、廊下が、ぁんっ、んんんっ」

少女は唇を噛み締めて喘ぎ声を出さないように耐えていた。

「声を出してはバレてしまうな、そうだっ」

わざとらしくそう言うと、私は半開きの唇に吸い付いた。

少女の目が驚いて見開く。

『コツ、コツ、コツ、コツ』

「んんんっ、んんっ、ちゅっ」

『ジュブ…ジュブ…』

「んっ、んっ…」

足音が気になるようで暴れたアリスだったが、私の指に翻弄されて、最後には、力を抜いてうっとりと目を閉じた。

「ぴちゃっ、んっ…はあっ、んんっ、はぁ、はぁ」

『コツ、コツ、コツ、コツ』

教室を足音が通りすぎていく。

それでも私は唇を離さず、舌で口内を味わう。

少女の舌を何度か絡めとると、おずおずと少女の方からも舌が出された。

「んん…」

舌を絡め合いながら、クリトリスと膣を同時に攻める。

「んんんんっ、ぷはあっ、やあっ、はあ、イクっ、あっ、はああああっ、イクっ、あああっ、んっ、ちゅっ、ねろ…んっ、んんんんんんっ」

少女の唇を塞いだまま少女を絶頂へと導いた。

「ふあああぁぁぁっ」

『ピュッ、ピュッ』

と愛液が飛んで私のスーツがびちゃびちゃになる。

少女の唇を離すと舌を出したままぐったりと私にもたれかかってきた。

(準備はもういいだろう。明日が本番だな、フフフフフ)

私は少女を抱いてニヤつく顔を止めることは出来なかった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる M小説同盟 ガットマキア パルコ長嶋 RAYMON Q DATE akys本舗 せみもぐら 谷口さん 枝空 きつね長官 なるせ 桐下悠司 忍桐ずん 夢幻館 九条志玲  TSFのF 大和田朋輝 H9 あむ L.P.E.G. 命わずか 砕骨子 かかし朝浩 犬神ラボ ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 サナダ ぶーちゃん ダイナマイトmoca アサノシモン ゆきまろゆっきー 柚子鉄線 もちもち堂 龍企画 うえにあるみかん 狩野景 猫丸恋太郎 鹿島田しき 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー ドウモウ Norn エムシー販売店 紫紀 HB U.R.C けんたろう あるざ流人 あめしょー 蜥蜴重工 いそふら 坂井リンゴ 艦●れ 菅野タカシ Norn/Miel/Cybele 一輪車でねこらっしゅ 大嶋亮 水利硝 やまガラス BANANA 午前七時の合わせカガミ gallery_walhalla 稲葉COZY Cothurnus 宮里えり LAZY_CLUB ノーリミット tes_mel 泥酔桜国 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM NOIR かると 新堂エル タケユウ 無計画主義 一夢 もくふう 松園 山田ゴゴゴ 成田コウ ダルシー研Q所 夏川冬 #define さいもん ふじや あべつくも 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 蒼田カヤ まぐろどんぶり 福龍 日月ネコ 赤人 せぼい 恥辱庵 TS内燃機 吉田犬人 綾瀬はづき Hisasi ニイマルサン 鈴月奏 零覇 座間翔二 AV アカギギショウ 君の●は。 春日まゆ 眠たい猫 アロマコミック 花妻見枝豆丸 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 桐生真澄 にくじゃが 零零零 舘石奈々 石野鐘音 永田まりあ ピンクパイナップル 緑木邑 消火器 ひらたいら まどろみ行灯 ウィルテイム シルキーズ くろの BENNY’S 大石コウ エロエ クラウド ピンポイント キングピン 高宮はいり 山猫スズメ PoRore トキサナ 飛燕 田中竕 白羽まと 双龍 雨雅 ハイエンド 若井いくお クリムゾン ボクガール 脳縮還元 如月奏 高柳カツヤ ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 LIBERTYWORKS 伊佐美ノゾミ 白駒らい 都氏 能都くるみ 高瀬むぅ 小女子 vivi-sectr とも福 白濁系 Lilith じぃすぽっと pastgadget 天鬼とうり コトキケイ TinkerBell 絵を描くマン しなのゆら 柚木N' 中川優 tsxy 144 ディーゼルマイン 瀬奈陽太郎 アクシス 夜のひつじ 蔵乃 工藤詩乃 D-ivision 久壁おと 愛内なの 立川立夏 鉄巻とーます あきちん ポン貴花田 スピンドル 上原ヨヨギ 有栖リツカ はみ部屋 しまちよ 花門初海 満足堂 森島コン  メイビーソフト ちょこばにら 勇者乾電池 ゆきマンゴー ごまさとし 橘真児 SPINDLE ココロコネクト 高尾鷹浬 樋口あや 早乙女もこ乃 松山はやて 雪乃つきみ 松任知基 りこ丸 舞麗辞 小武 松阪剛志 葛城ゆう アパタイト ケラトン 浅草寺きのと CrookedNavel Red.D 酒井仁笹弘 ちり 虹のれん さじぺん B-DASH 極フェロ 高山ねむ子 ヨシフミカオル 桂あいり たいやき 種梨みや TLB 無限軌道 アシオミマサト ちみチャンガ  藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 鳥茶丸 JUMP 左カゲトラ 鉄腕うーぴー ねじろ カワディMAX オジィ とめきち 宇行日和 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 ほんじょう山羊 八尋ぽち 真黒皇子 緋衣響一 @子猫 gallery spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 眠り猫四郎 CHU-S すみすず みよし かふぇもかそふと Q-Gaku まうめん だーくすぴりっと 篠塚醸二 チロリアン ねとろもりこん majoccoid はるゆきこ 天崎かんな 東航 4階絵画室 雑菌工業 チリモズク茶 たいやきトランプ 汚惣菜屋 目指せ絵師様 walhalla ろれろれ屋 シュガーミルク マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ 浅野屋 鳥之倉 レトロスター アシオ アクオチスキー先生 ぬるはちぽんぽん Medium トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 童貞食堂 bodied 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ エクスプロージョン あんにん あまね紫狼 ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 雷蔵 藤馬奈緒 一夜猫の夢 福徳紗織 愛昧亭うまみ 井ノ本リカ子 月下冴喜 吹浦ハギ 彩葉チヨ 水姫七瀬 ikak 風雅ゆゆ ゆうきつむぎ 椿山パリィ 伊駒一平 四葉チカ ほりとも 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 我心達吉 うたのはかせ なちすけ 雛瀬あや 白家ミカ runa 木ノ碕由貴 高槻遠名 Miel Cybele 楽人唯夏 アロマフラッシュ! くどうひさし 仁志田メガネ taro るいす・まくられん いちよんよん フジツナ 天野タマキ 小倉脩一 ピロンタン 托卵JP TSUBASA サ●ーウォーズ みなこなみ RIKI 星逢ひろ 東方Project 南乃映月 女騎士の城 Quu 馬せんた あましょく 南郷じんげる さいだ一明 大橋薫 花巻かえる kupa 南ちさと bpm12 モフ2製作所 ふかふか天職 美矢火 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます