HOME > 妖刀戦記 > title - 約束を破った罰
2015/01/12

約束を破った罰

昨日教室で意識の戻った僕に、真剣な顔で学院長が説得してきた。

「キャロル君、やはりこのようなことを続けるのはやめよう」

「だけど、私達がしないとブリジットさんが…一体私はどうしたら…」

「むう…だが、奴等は私達が従う事で調子に乗る。だが、毅然とした態度をとれば、何もできないはずだ」

(だけど…)

悩む僕に対して学院長は肩を掴んだ。

「私も出来る限り助けるから、明日の指令は無視しよう、いいねっ」

「は…はい」

(大丈夫かなぁ…?)


◇◇◇◇◇


【今日は一日、パンティを履かないこと。スカートは昨日と同じ丈とする。】

階段でパンティが見られたのを思い出してぞっとする。

(あ、危なかった…)

そして、学院長との約束通り、手紙を無視してスカートの丈を直していると、最近陰鬱だった気分が解放された気がした。

ドナがやってきて、髪をセットし終えると僕をまじまじと見る。

「ん?どうしたの?」

「キャロルさん、心配事は解決したんですね?」

「えっ?」

「今日はキャロルさんの調子がいいから髪も綺麗に出来ましたよ、あっ、次行ってきますっ」

そう言ってドナが出て行くと鏡を見てみる。少しウェーブをかけた髪がふわふわと広がっていた。

(どうやってこんなふうにするんだろ?魔術でも使ったのかな?)

顔色もいいし、ニコニコした顔が映っていた。

(よぉし、今日も一日頑張るぞっ)

朝食を皿いっぱいに盛って食べる。

「あれっ?いつものアリスに戻ってる~」

サラが僕のてんこ盛りの皿を見て笑った。

そして、学院に行くと、いつもどおり授業が始まった。

昼休み明け、恐る恐る机に手を入れたけど、何も入っていない。

ホッとすると同時に学院長の言った通りだったと思った。


◇◇◇◇◇


しかし、お風呂から上がって鼻唄混じりに部屋に帰った僕は、物事がそんなに上手くいかないことを知らしめられた。

(ああっ、あの封筒はっ)

ベッドに飛び乗り、震える手で開く。

【約束を破ったアリス・キャロル。その報いはブリジット・レンナーに償ってもらう。】

(あぁ…)

呆然としてベッドの上でへたりこむ。

(どうしよう…僕のせいだ…)

「そっ、そうだっ」

僕は急いでパジャマから制服に着替えて学院長室を目指して走る。

(先生ならブリジットさんがどこにいるか知ってるかもっ)

幸いほとんど廊下には学生もいない、一気に階段をかけ降りて渡り廊下を走り抜ける。

学院に入ると、さっきまで聞こえていた虫の音が急に消える。

『タッタッタッタ』

月明かりの廊下に僕の足音だけが響いた。

『ドンドン』

拳で扉を叩く。

「学院長っ、キャロルですっ」

扉に向かって叫ぶとスッと扉が開いた。

「あっ…」

学院長室に飛び込む。

「学院ちょ…」

そう叫んで入った瞬間、僕は言葉を失った。

いつか嗅いだことのある甘い香りがむせるように焚かれていて、その中でブリジットさんが床に寝転がった男の上に跨がっていた。

「んんんんっ」

両手に二人の男の肉棒を握らされ、口にも一本くわえさせられている。

「よく来たな」

以前と同じように仮面を被った男が、助けようとする僕とブリジットさんの間に立ちはだかる。

「どいてっ」

僕は男を睨み付ける。

「お前は約束を破ったのだ」

「確かに破ったのは私だけど、それなら罰も私にすれば良いじゃないっ」

「ククク、しかしこれは最初の約束通りだが?」

「くっ」

(言っても無駄だっ、そうだっ、学院長はっ?)

さりげなく部屋の中を探る。

「学院長か?ククク、そこにいるぞ」

仮面の男が体をずらすと、ブリジットさんの裸の体が見える。

(………あっ)

ブリジットさんが跨がっている体…、その体型は見間違えようもなく学院長だった。

学院長の目と口には最初の日と同じように布が巻かれている。

さらに、よく見ると他の二人の男は仮面をつけていて誰か分からないが、ブリジットさんの口に肉棒を突っ込んでいる男はラッセル先生だった。

(学院長っ、それに…どうしてラッセル先生が?)

虚ろな目をしたラッセル先生はブリジットさんの頭を掴んで無理矢理顔を動かしている。

「分かったか?これが報いだ」

「うぅ…」

悔しさに涙が滲む。

仮面で表情は分からないけど、座り込んだ僕を上から男が見下ろしていた。

「ククク、そうだなあ、もう一度チャンスをやろうか?」

男の言葉に僕はパッと上を向く。

「必要ないというのならいいが…」

「お願いっ、もう一度っ、もう一度だけっ」

「頼み方がなってないな」

「…お願いします。もう一度私にチャンスを下さい」

「良いだろう」

男の言葉を聞いていたのか、仮面の二人とラッセル先生がブリジットさんから離れた。

「?」

学院長の口から布が外された。

「くあっ、はあっ、はあっ、クソっ、お前達っ、許さんぞっ、くっ、何も聞こえんっ、この目隠しを外せっ」

「服を脱げ」

僕は男の前でブラウスのボタンに手をかけた。

『プツ、プツ、パサ…』

ブラウスを脱ぐ。急いで着替えたから、ブラウスの下は下着だけだ。見ず知らずの男の前に肌を晒すのは恥ずかしい。顔が火照るけど、我慢して男の前に立った。

『プツ、パサ…』

スカートも脱ぐと下着だけになる。

「下着も全てだ」

そう言われて、仮面の男の前で生まれたままの姿を晒した。手で胸と股間を隠す。

(顔が火照って熱い…けど、我慢しないと…)

「おいっ、目隠しを外せっ、うおっ、くっ、締まるっ、誰だっ、そんなこと止めるんだっ」

頭が真っ赤に染まった学院長がブリジットさんに呼びかけるけど、ブリジットさんは快楽に歪んだ顔で腰を振り続けていた。

「うるさいな。あいつの口に跨がって黙らせろ」

(すみません、学院長…)

尚も叫ぶ学院長の顔の上に立つと、膝を曲げてお尻を下げる。

「おいっ、どうなってるっ?何か言ったらっ、んっ、むむむっ」

割れ目を口に押し当てると叫ぼうとする学院長の息が割れ目の中に吹き込まれる。

「あっ、んっ」

それだけで力が抜けてしまった。

(おかしい…もう体が熱くなってる…)

ブリジットさんが学院長のお腹に手を置いて、柔らかそうな体を艶かしくクネらせる。

「ぬぬっ、やめろっ、んぬっ、ぴちゃっ、ぴちゃっ」

その時、学院長が顔についた愛液が気になるのか舌を出してきた。

「やんっ」

体が前屈みになって思わず学院長の胸に両手を置いて支える。腕の間に胸が挟まって、左右からギュッと押しつぶされた胸がその存在を強調した。

「はああああっ、またおっきくなるぅっ、ああっ、しゅごいのぉっ、これっ、大きすぎるぅっ」

(ブリジットさんっ)

ブリジットさんは既に意識がないのか、僕に気づいていないように快楽を求めて腰を揺する。

「ふがっ、んんっ、くそっ」

学院長が何を勘違いしたのか急に舌を割れ目に差し込んできた。僕の気持ち良いところが擦られる。

「あぁっ、学院長っ、ダメっ、そこはっ、んああぁぁっ」

ブリジットさんも限界が来たようだ。

「きゃあっ、しゅごいっ、しゅごいのぉっ、大きいですぅっ、私、私っ、あっ、イクっ、イッちゃいますぅっ」

びくびくっと痙攣するブリジットさん、大きな胸が揺れる。

(ブリジットさん…イったんだ…)

少しの間、ブリジットさんは気絶したように動きを止めていたけど、ゆっくりと顔を上げた。

見えているはずなのに全く僕に気が付いていないようだった。

「んっ、はっ、ぁっ」

ブリジットさんは体を後ろに反らす。

すると股間に突き刺さっている肉棒の根本が見えた。

「んふふ、ねっ、これっ、しゅごいの…見て、ジュボジュボするの見てぇ」

そう言って僕を焦点の定まらない瞳で見て、腰を動かす。グロテスクに血管の浮き出た幹の根本が見え隠れした。

『グチュッ、グチュッ、グチュッ』

二人の粘液が激しい動きに白い泡となる。

(あぁっ、すごい…ブリジットさんがこんなに乱れるなんて…でも…なんだか綺麗…)

僕が自分のことも忘れて呆然と見ていると、いきなり舌がズルっと膣内の壁を擦って快楽を思い出させられる。

「んはあっ、はぁ、はぁ、やだっ、それ以上されたらっ、また…また…おかしくなるよぉっ」

(あぁっ、熱いっ、胸が、股が熱いっ)

僕は胸に手を当てると我慢できなくなって固くなった乳首に触れる。

「ふあぁぁっ」

ビリビリっと電流が走った。

(何これっ、敏感すぎるぅっ)

両手で胸を揉んで、割れ目を学院長の口に押し付けた。

「んああぁぁっっ、だめぇっ、学院長っ、イっちゃうよぉ」

ブリジットさんは、と言うと今度は前屈みになって腰を揺すっている。

「しゅごいのぉっ、はああっ、イキますっ、私イッちゃいますぅ」

僕とブリジットさんが学院長の上で絶頂に至り、揃ってフラフラと前に倒れそうになった。

「あっ」

ブリジットさんの体にぶつかりそうになって、思わず手を出すと、ブリジットさんも腕を上げた。

手を繋いだ僕らはそのまま指を絡め合う。

「ふかいのぉっ、おくが…ぐりぐりされてぇ…おかしくなりゅぅ…」

「んはあっ、そんなっ、奥ばっかり舐めちゃだめぇっ」

両手をつないでそれぞれが与えられる快感に喘ぐ。

「ふぁっ、んんんんっ」

イキそうになるのに耐えて前を見ると妖艶な顔をしたブリジットさんが、唇を舐めてこちらを見ていた。

見つめ合った僕らはどちらからと言うこともなく顔を近づけると舌を絡めた。

「んんんんっ、ちゅっ、んちゅっ、ねろ、んっ、はぁ、はぁ、はうっ、あっ、やっ、んちゅっ」

キスの音で頭のなかが一杯になる。

「あっ、だめっ」

ブリジットさんの片手が僕の手から離れたかと思うと、いきなり胸を揉んできた。

「んはあっ、ブリジット…さんんっ、やっ、だめっ、んっ、ちゅっ、んちゅうっ」

胸を揉まれ、下からは激しく啜られ、ついに僕も快楽に堕ちる。

「あああぁぁぁっ、イクっ、イクっ、イクっ、スゴいのっ、ああっ、ダメっ、だめになっちゃうよぉっ、あっ、くっ、イクぅっ」

『ビクンッ』

一度大きく体が反ったかと思うと激しい絶頂の波に飲み込まれた。

『ビクビクビクッ』

「んっ…はぅっ…はぁ、はぁ、はぁ」

目の前が真っ白になった。
関連記事

コメント

非公開コメント