管理人ほう

管理人ほう

「はぁ、はぁ、はぁ」

僕の息も荒くなってきた。なぜだかわからないけど、頬が熱くなって目の前の学院長の顔が滲んで見える。

「はあ、はあ、ふっ」

学院長は体勢が苦しくなったのか、僕の顔の横あたりで繋いでいた手を万歳するように頭の上に引っ張りあげた。

「ぁ…」

セーターの袖と裾が引っ張られてずり上がる。腋とお腹が直接空気に触れた。

「はぁ、はぁ、はぁ…」

「はあ、ふう、ふう…」

僕と学院長の顔がお互いの吐く息を感じるほど近づく。唇が徐々に近づいてきて僕は自然と目を閉じた。

『ガタッ』

(あっ)

学院長の顔が止まる気配がして、僕も目を開ける。

(そうだ…エヴァ…さん…?)

不思議なことにエヴァさんのことは意識からすっかり抜けていた。

「そうだわ、学院長が帰られる前にあの資料を準備してきましょう」

エヴァさんが独り言を言って立ち上がる。

『コツ、コツ、コツ、ガチャ』

扉が閉まる音がして、部屋の中から僕ら以外の気配が消えた。

だけど僕らはそのまま離れなかった。

「「はぁ、はぁ」」

二人の息遣いだけが空間に響く。

そしてゆっくりと学院長の唇が近づいてくる。

「ぁ…」

『チュッ』

一度軽く唇を触れ合わせた。

『チュ』

今度はじっくりと。

「ん…はぁ」

僕が息をするために唇を開いたところに学院長の舌が侵入した。

口の中を甘い舌が這い回る。

(気持ち…いい…)

「んん…んちゅ…んはぁ…はぁ…んっ、ねろ…」

『こくん…こくん…』

流し込まれた唾液を飲み込む。

(学院長の舌…すごい…)

僕はうっとりとキスを受け入れた。いつの間にか少し膝を立てていたせいで、スカートがめくれ上がって太ももに学院長の股間が当たる。

「はあ、キャロル君…」

「学院長…」

太腿に熱を感じながら再び目を閉じた。

「いいかい?」

僕が小さく頷くと学院長の膝が僕の足の間に入ってゆっくりと太腿を押し開く。

(あぁ…とうとう…)

そしてパンティの割れ目に直接固くて大きい肉棒の先が擦りつけられる。

「はぁはぁはぁ、ふっ、んんっ」

(あっ…きたぁっ)

『チュク』

そのまま亀頭が割れ目を押し広げる。

(ふぁぁぁ、広がるぅ)

「んっ、うぅぅっ」

僕は絨毯の上で背中を反らせた。

(おっきぃっ、こんなのっ、入らないよぉっ)

「あっ、だめっですぅ…あっ、ぅんんっ」

学院長と手を繋いでいるせいで腕を動かそうにも動かせない。

挿入の感覚に耐えようと絡ませた指に力を入れた。

ゆっくりと膣内を味わうように亀頭がめり込んでくる。

「だっ、がくいんっ、ちょうっ、ちょっとまって、まってぇっ」

学院長は止まらない。ついに大きな亀頭が入口を通過した。

(あああっ…おっきぃよぉっ)

知らず、また指に力が入る。

ググっとさらに肉棒が膣肉をこじ開けてきた。

「ん…んん…」

(まだ…まだ全部はいらないの?)

「力を抜くんだ、まだまだ先が入ったばかりだぞ」

(そんなこといわれてもぉっ)

「仕方ないな…」

学院長が繋いでいた片手を下ろして、クリトリスを突っついた。

「やっ、ひゃうんっ」

(だめっ、そこはっ)

僕の意識が肉棒からクリトリスに移った。

「やっ、あっ、だめっ、そこはっ、びんかんだからぁっ」

「まだ力が入ってるな?」

『キュッ』

「だめっ、摘まないでっ」

ガクガク体が震えた。

「はぁはぁ、はぁ…がく、いんちょう…もぉ…」

「ほら、キャロル君、柔らかくなってきたじゃないか」

「ふぇ?」

確かに言われてみると学院長の肉棒は規格外の大きさだけど、とろとろに蕩けた膣肉は受け入れ始めていた。

「はぁ…もう…全部…入り…ました?」

「ふむ、そうだな。触ってみなさい」

学院長の手が僕の片手を結合部に導く。

(あれ…?)

指先に熱くて固いモノが触れた。

「まだまだ亀頭だけだよ。おおっ、柔らかく包み込んでくるぞっ」

「えっ…」

『ズル』

学院長が腰を押し出した。

「ふぁっ…ちょっ、学院長っ、待ってっ、あっ」

『ズリュ…ズリュ…』

「おおっ、素晴らしい…キャロル君の中は狭くて、それに締め付けてくるぞっ」

学院長の顔が緩んでいる。

「あっ…んんんっ…学院ちょっ、きゃんっ」

「キャロル君がもっと欲しいと締め付けてくる…こんなに素晴らしいのは初めてだっ」

『グリュ、グリュ』

「はっぁぁああっ、もうっ、あっ、いっぱいだからぁっ、がくいんちょおっ」

僕は口を開いて必死で息をする。

「まだまだ半分くらいだ。よしっ、一気に入れるぞっ」

「だめぇっ」

片手で学院長のお腹を押して抵抗するけど、力が入らない。

(はいってくるっ、はいってくるぅぅっ、あっ、あっ、ああああっ)

『ズンッ』

体の一番奥にぶつかった衝撃で体が一気に絶頂に向かう。

「しゅごっ、きたぁっ」

僕の足の間に入った学院長が覆いかぶさってきて唇を奪われる。

「んふぅぅぅっ、んんんんっ、ぶはっ、やだっ、だめっ、キスしながら動いたら…だめっ、んんんんっんちゅ」

(おかしくなるっ、おかしくなっちゃうよぉっ)

「しゅごいよぉっ、やだぁっ、奥がっ、奥をゴリゴリしないでぇっ」

「どうだい、キャロル君、気持ちいいかい?」

「はいっ、がくいんちょうっ、きもちいっ、きもちいいですぅっ、あっ、ああっ、おかしくなるっ、おかしくなっちゃうのっ」

セーターがどんどんずり上がっていつの間にか首にマフラーのように巻きついていた。

「もっとよくしてやるぞっ」

そう言って学院長の腰が奥に押し付けたまま腰を回すように動かす。

「ああっ、しゅごいっ、奥がっ、しゅごいのぉっ、くるしいっ、だめっ、くるしいよぉっ」

「大丈夫だ。すぐにクセになる。ほら、君の中はもう私のチンコを離したくないみたいだよ」

言われてみれば、お腹の奥が押されてすごく苦しかったのが楽になってきた気がした。

『ズンッ』

「ああんっ」

「そらっ、いい声が出てきたじゃないか」

『ジュブッジュブッ』

「やだっ、あっ、あっ、あっ」

「これでイクことを覚えたら、もう戻れんぞっ」

そう言ってさらに動かす。

『グリュグリュグリュ』

「ひゃぁぁんんんんっ、おかしくなりゅっ、だめになっちゃうよぉっ」

「やめようか?」

「やだっ、やだぁっ、やめちゃやだぁっ」

「いいのか?もとに戻れんぞっ」

「いいにょぉぉぉっ、もっとしてぇっ、あっイクっ、イクイクイクっ、やぁぁっ、あっ、イっ、イクぅぅぅっ」

「私もイクぞォォっ」

『ジュボッ』

抜かれた肉棒の先が涙に滲んだ視界に映った。

(あ…)

その瞬間、肉棒の先から熱い粘液が飛び出した。

「ふぁぁぁぁぁっ、あちゅいぃぃぃ」

体に降り注ぐマグマのような精液を感じて僕は意識を失った。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply