FC2ブログ

記事一覧

6周目 9月24日(金) 午後8時30分 島津政信

6周目 9月24日(金) 午後8時30分 島津政信




「便所に行くって言ったんだが聞こえてなかったか。一人にしてゴメンな」

「ううん…」

俺は首を振って琢磨の腕を取ると駐車場に向かう。

「ん?まだ閉園まで時間あるけど、もう帰るのか?」

「うん…」

「大丈夫か?どっか痛いとことか…」

琢磨は俺があまり喋らないのが心配なのか色々と聞いてくる。

だけど、俺は別のことを考えていた。

「ねぇ、どうして私を助けてくれたの?」

「何でって、お前、オレの女だろ?自分の女を守るのに理由なんているか?」

当たり前のことをなんで今更、という感じでこともなげに琢磨が答える。だけど、その答えが俺の心に突き刺さった。

(俺は島津政信で、琢磨が思っている高樹美紗とは別人なのに…)

ナイフを持った男が俺に向かってきた時も自分の体を犠牲にして助けてくれた事を考えると、琢磨に嘘をつき続けていることに俺は罪悪感を感じていた。


◆◆◆


無言で俺はポルシェの助手席に乗っていた。

涼しい風に吹かれていると、車が止まった。

「ちょっと降りようぜ」

そう言って琢磨が車を降りると助手席のドアを開けてくれた。

(あれ?ここは…?)

高速道路のパーキングエリアだった。

「ちょっと歩こう、すぐそこまでだ」

手を引かれてパーキングエリア内を歩いていく。

「さあ、ここだぜ」

階段を数段登ると、そこは展望台になっていた。

「うわあっ」

目の前には光の海が広がっていた。

「すごい、きれいだなぁ」

「だろ?」

琢磨が俺を元気づけてくれようとしているのは分かった。

(これで騙し続けるなんて俺にはできない)

「あのさ」

俺は琢磨の顔を見上げた。

琢磨の目もまっすぐこちらを見つめ返してくる。

「大事な話があるんだ」

一度息を止めて、覚悟を決める。

「実はお「お前が誰であっても関係ないぜ」」

琢磨の声が重なった。

「お前が誰なのかはわからない。こないだまでと全然違うからな」

「なっ、気づ…」

(気づいてたのか…)

「そりゃそうだろ?惚れた女のことくらい分かるぜ」

ヘヘヘと照れたように琢磨が笑った。

「じゃあ…」

(なんで何も言わなかったんだ?)

「あのさ…俺は今のお前と一緒にいたい」

「え…?」

「前のお前は自分ってのを持ってて、醒めててカッコイイ女だったけど…なんつうか、いつも俺と…いや、誰にでもそうだったのかもしれないな。距離を置いてる感じだった。今のお前は一緒にいても落ち着くし、一緒に楽しめる」

琢磨の目は真剣だ。

「そんな…」

「それに感度もいいし、な」

そう言って笑う。

「何言ってんだよっ」

俺は肩を叩いて恥ずかしさを隠そうとした。

「お前は俺の女だ。逃がさないぜ」

真剣な眼差しに戻って琢磨が言った。

(そうか、俺は…琢磨の女…)

そう考えた時に違和感が全くないことに俺は気が付いた。

…だけど同時にそれが嫌だとは思っていない自分がいた。

(俺は心まで女になってしまったのか…いや…『私』、か…)

「で、お前の気持ちはどうなんだ?」

『私』は琢磨の手を握る。

「いつまで私が私かわからないけど…よろしくお願いします……って、うわっ、ちょっ、琢磨っ、苦しいって」

抱きしめられて、お姫様抱っこされた私は車の助手席に投げ込まれた。

「よーし、じゃあ、今日は寝させないからなっ」

琢磨が車にエンジンをかけて走り出した。



◆◆◆

6周目 9月24日(金) 午後9時30分 川合琢磨



俺は高速道路を降りて大きな城の中に車を進めた。

夜景を見ながら美紗に言ったことは本心だ。疑わしいことはたくさんあって、それで一時色んなことを考えていたが、これからも俺は今の美紗と一緒にいたい。

(ん?)

俺のシフトレバーを握る手に美紗の手が重なった。

美紗の方を向くと、少し潤んだ瞳が俺をうっとりと見つめていた。

「いいんだな?今日はお前を俺のものにするからな」

美紗が恥ずかしそうに頷いた。

車を降りて、助手席のドアを開ける。美紗は俺から何も言っていないのに自ら腕を絡めてくる。

「へぇ、やけにくっついてくるな。さては俺に惚れたか?」

そう言って見つめると美紗の耳が真っ赤に染まって、照れたようにはにかみながらゆっくりと頷いた。

「へへっ、けどな、惚れるのはこれからだぜっ」

今日は記念になる日だ。部屋はできる限りおしゃれな部屋を選んだ。

『ガチャ』

光に案内されて部屋に入ると扉を閉めるのも待ちきれないように美紗が抱きついてくる。

「うおっ」

『ドンッ』

背中が壁にぶつかる。

「美紗っ、んんっ」

首の後ろに腕が回されて唇が押し付けられた。勢いが良すぎて歯が当たりそうになったが、俺はすぐに体勢を立て直す。

「ん…んん…」

俺も負けじと舌を捩じ込もうとすると美紗の口が開いてあっさりと舌が絡み合った。

『ぴちゃぴちゃ』と唾液を交換する音が鳴る。

「はぁ、はぁ…ね?はぁ、琢磨?気持い?」

美紗はキスの合間に上半身を擦りつけてきて耳元で囁く。

「はあ、はあ、最高だっ」

(今日は俺もスゲエな…)

久々に喧嘩をしたせいで神経が昂っているからだろう。激しく勃起している。

「はぁっ、ふぅっ」

俺の息子が激しく勃起しているのに気がついたのか、逃げ腰になった美紗の尻を掴む。スカートの薄い生地越しに指が食い込んだ。

「んんっ、はぁ、はぁ、ふっぅうん」

そのままスカートをたくし上げてレースのパンティに包まれた柔らかい尻が直接手に触れると、美紗の口から湿っぽい吐息が漏れる。

「んんん…んちゅ…」

俺の手がパンティに侵入しようとすると、今度は逃げようとせず、逆に片脚を俺の太腿に絡みつくように擦りつけてきた。

「はっ、んっ、んんっ、はぁ、はぁ」

激しい息遣いが美紗の興奮を俺に伝えてくる。

片手で直接尻を触りながら、胸を触る。

「んっ、はっぁぁ…」

耳元で美紗の少しかすれた喘ぎが漏れた。

俺はワンピースのボタンを外すために一度体を離そうとした。

「だめ…もっと…」

美紗の両手が俺の頬を挟む。

「琢磨…」

美紗が背伸びして唇を押し付けてきた。

「んっ…ちゅっ…んんんっ」

(可愛いじゃねえか)

ボタンを外すと、ワンピースを大きくはだけさせ、朝から選んでやったブラジャーのレースの手触りを味わうこともなく、カップの中に荒々しく手を入れた。

「琢磨ぁ…琢磨もぉ」

美紗の手が俺のTシャツの裾を引き上げる。

「ちゅっ」

美紗の唇が俺の胸板をついばむ。

「おおっ」

美紗が嬉しそうに俺を見上げて、さらに激しく吸い付いた。

(うおっ、気持ちいい)

「はぁ、はぁ、男でも…乳首って勃つんだ」

美紗がボソッと言うと、乳首が吸い立てられる。

「そこはっ、…すげえっ」

「ひもひいいほ?」

唇を離さずに美紗が聞いてくる。空いた乳首をクリクリと指がこねてきた。

「お前…こんなこと…うっ」

思わず、美紗の乳首を摘むと美紗は体から力が抜けたようにズルズルと床の絨毯に膝をついた。

「はぁ、はぁ、乳首を触られたら…力が抜けちゃう」

着崩れてしどけない姿の美紗の姿に俺の興奮は昂ぶる。

『カチャカチャ』

俺がベルトを緩めようとすると、その手に美紗の手が重ねられた。

「?」

「今日は私が全部してあげるから」

途中まで外していたベルトを美紗が引き継ぎ、ズボンが下ろされた。ボクサーパンツを大きく盛り上げた先が濡れて色が変わっていた。

すぐにパンツのゴムに指がかかると引き下ろされて、足から抜かれた。

美紗の顔は上気して真っ赤になっている。

「あの…琢磨の舐めていい?」

そう言って見上げた瞳は興奮で潤んでいた。

「あっ、ああ」

そう言うと嬉しそうに肉棒に手を伸ばした。


次話 6周目 9月24日(金) 午後9時50分 川合琢磨
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎  赤髭 グレッグ僧正 羅ぶい 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 ToL●VEる 氷月 M小説同盟 ガットマキア Q パルコ長嶋 RAYMON 谷口さん せみもぐら DATE akys本舗 桐下悠司 なるせ 枝空 きつね長官 TSFのF  夢幻館 九条志玲 砕骨子 命わずか 犬神ラボ L.P.E.G. 忍桐ずん H9 あむ かかし朝浩 大和田朋輝 もちもち堂 サナダ うえにあるみかん ぶーちゃん ゆきまろゆっきー 柚子鉄線 龍企画 ダイナマイトmoca アサノシモン ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 あめしょー ドウモウ 猫丸恋太郎 けんたろう 紫紀 鹿島田しき むらさきにゃんこバー いそふら 大人の幼恥園 あるざ流人 坂井リンゴ エムシー販売店 狩野景 HB U.R.C 艦●れ Norn 蜥蜴重工 ノーリミット gallery_walhalla 一輪車でねこらっしゅ 水利硝 大嶋亮 NOIR 幾夜大黒堂 午前七時の合わせカガミ 新堂エル Norn/Miel/Cybele Cothurnus BANANA LAZY_CLUB かると 宮里えり 菅野タカシ 稲葉COZY やまガラス ヴァニラCREAM 泥酔桜国 tes_mel 風呂井戸ソフト タケユウ 狼亮輔 ダルシー研Q所 松園 山田ゴゴゴ 神谷ズズ 成田コウ もくふう 一夢 無計画主義 #define 恥辱庵 福龍 吉田犬人 まぐろどんぶり 綾瀬はづき TS内燃機 Hisasi 夏川冬 ニイマルサン 日月ネコ 赤人 雪月楓花 OKAWARI 鈴月奏 男体化 せぼい さいもん 蒼田カヤ あべつくも ふじや 龍炎狼牙 零覇 にくじゃが 桐生真澄 エロエ 舘石奈々 零零零 クラウド 真城の秘宝館 ピンポイント PoRore キングピン 田中竕 高宮はいり BENNY’S 大石コウ 山猫スズメ 座間翔二 眠たい猫 アカギギショウ 君の●は。 AV 春日まゆ 花妻見枝豆丸 永田まりあ アロマコミック 石野鐘音 くろの 鶯羽佯狂 飛燕 消火器 まどろみ行灯 ウィルテイム 双龍 トキサナ ピンクパイナップル ひらたいら シルキーズ 緑木邑 白羽まと 高瀬むぅ 絵を描くマン 白駒らい コトキケイ 夜のひつじ しなのゆら 小女子 TinkerBell ヨシフミカオル JUMP B-DASH はみ部屋 浅草寺きのと 蔵乃 アクシス CrookedNavel ディーゼルマイン 瀬奈陽太郎 tsxy 白濁系 虹のれん LIBERTYWORKS 高柳カツヤ スピンドル クリムゾン 脳縮還元 D-ivision 鉄巻とーます とも福 ポン貴花田 雨雅 伊佐美ノゾミ Lilith じぃすぽっと 天鬼とうり pastgadget 若井いくお 柚木N' ハイエンド vivi-sectr 鳥茶丸 アパタイト 無限軌道 ちり 酒井仁笹弘 能都くるみ 愛内なの SPINDLE 満足堂 松任知基 極フェロ 雪乃つきみ 高尾鷹浬 ココロコネクト さじぺん 高山ねむ子 144 立川立夏 上原ヨヨギ 中川優 あきちん 有栖リツカ ボクガール 久壁おと 都氏 工藤詩乃 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 如月奏 松山はやて 早乙女もこ乃 TLB 種梨みや ケラトン アシオミマサト 勇者乾電池 メイビーソフト ちみチャンガ  藤島製1号 桂あいり 百合原明 たいやき 萌姫ねねね ゆきマンゴー ごまさとし 舞麗辞 松阪剛志 葛城ゆう 樋口あや りこ丸 小武  ちょこばにら 橘真児 森島コン 花門初海 しまちよ Red.D 左カゲトラ ねじろ カワディMAX オジィ ほんじょう山羊 鉄腕うーぴー とめきち TSF専用 地縛霊の巣 宇行日和 八尋ぽち 愛昧亭 緋衣響一 @子猫 gallery 真黒皇子 spika 47.5% 式神くろ子 すずしろやくも 四八楼 眠り猫四郎 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku majoccoid すみすず まうめん チロリアン ねとろもりこん だーくすぴりっと はるゆきこ たいやきトランプ 東航 4階絵画室 CHU-S 天崎かんな 雑菌工業 汚惣菜屋 目指せ絵師様 チリモズク茶 walhalla ろれろれ屋 シュガーミルク マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ 浅野屋 鳥之倉 レトロスター アシオ アクオチスキー先生 ぬるはちぽんぽん Medium トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 童貞食堂 bodied 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ エクスプロージョン あんにん あまね紫狼 ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 雷蔵 藤馬奈緒 一夜猫の夢 福徳紗織 愛昧亭うまみ 井ノ本リカ子 月下冴喜 吹浦ハギ 彩葉チヨ 水姫七瀬 ikak 風雅ゆゆ ゆうきつむぎ 椿山パリィ 伊駒一平 篠塚醸二 四葉チカ ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 りーるー 合丼来来 三夜 みうら悶絶 ぷりてゐ はすぶろ 十月兔 百合 鎖ノム メロンバロン 我心達吉 納屋 南京本舗 蒟吉人   黒色彗星帝国 九波ヒメヒコ ZEQU KEN さかもと(猫) もねてぃ しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 MasterMind 夏が夜かおる しおん 福田りお たなかけいご 壱状什 氷室芹夏 碧本さり DLメイト 松波留美 うたのはかせ 女騎士の城 雛瀬あや 白家ミカ runa アロマフラッシュ! なちすけ 木ノ碕由貴 Cybele 楽人唯夏 高槻遠名 くどうひさし 天野タマキ taro るいす・まくられん ほりとも 仁志田メガネ いちよんよん 小倉脩一 ピロンタン フジツナ Miel 托卵JP みなこなみ RIKI 星逢ひろ あましょく サ●ーウォーズ 東方Project Quu 馬せんた 南乃映月 南郷じんげる bpm12 大橋薫 花巻かえる TSUBASA さいだ一明 kupa モフ2製作所 ふかふか天職 南ちさと 美矢火 

スポンサーリンク

小説系サイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます