FC2ブログ

記事一覧

【騙されたのは?ifルート】 騙されたのは葵⑭

話は先週の日曜日に戻る。お風呂で学院長の奴隷になることを誓わされた翌日の深夜のことだ。

『ゴポ』

大の字でうつぶせに寝そべった僕の股の間から白い粘液が溢れ出てシーツに流れ落ちた。

「ふう。気持ちよかったぞ」

でっぷりとした腹を汗まみれにした学院長が枕元に座って僕の髪を撫でる。

(やっとおわっ‥た…の?…もぅ…むり…からだがうごかない…)

昨夜からぶっ通しで責め続けられた僕の体は疲れきって起き上がるどころか腕を上げることすらできない。

何度もイカされても無理やり媚薬で発情させられてまた犯される、その繰り返しでもう何百回イカされたか分からない。

「クク、今日はもうここで寝るか?」

あの風呂での行為から正体を現した学院長はイヤらしい笑顔を僕に向ける。

僕は力を振り絞って頭を微かに振った。

「そうか。ここで寝るならもう一回くらい、と思ったのだがな」

学院長の股間が半分起き上がりつつあった。

(なんで…すごすぎ…)

「まあ、いい。楽しみは明日に取っておこう。明日からまた授業が始まるからな」

学院長の嫌らしい笑みに思わず視線が恨めしくなった。

「まだそんな目ができるのか。クク」

フッと意識が途切れて目を開くと寮の自室の天井が広がっていた。

(あ…解放されたんだ)

自室に戻ったことでようやく緊張が和らいで、それと同時に疲れきった体は眠りに落ちた。


◆◆


翌日の月曜日。

「キャロルさん、今日はちょっと珍しいものをつけてみました」

毎朝の日課、ドナのヘアセットだ。

日常が戻ってきた。僕もひと晩寝て体力と気力が回復した。

「?」

鏡を見るとクリップみたいなので前髪を纏められていた。

「これは?」

「王都で流行り始めてるみたいなんです。ヘアピンって言うらしいですよ。使ってみたら今までのリボンでは出来なかった髪型も出来るんです。おかげで毎日どんどんアイデアが浮かんで…うふふふ」

「ふーん」

硬い金属でできたヘアピンを弄りながら考える。

(昨日の事は夢なんかじゃない…学院長がブリジットさんの件の黒幕だったんだ…「ねぇ?村正?」)

村正の返事はない。

(おかしいな?「村正?」)

やはり返事はなかった。

(学院長にいいように騙されてたわけだし…村正も呆れてるよね)

そう思ってそれ以上村正に呼びかけるのはやめにした。

(だけど、それも今日で終わらせるからっ)

「やあ、皆さん、おはよう」

「おはようございます」

「はい、おはよう。今日も一日勉学に励んでな」

「ありがとうございます」

「おはようございます」

寮から学院へ向かう廊下が混んでいた。

(だけど、いきなり学院長を斬ってもいいものかな…他の生徒の前ではまずいよなぁ)

遠くの方から生徒達が挨拶の声が聞こえてくる。

(一度エルザに相談してからの方がいいのか…だけど、学院長には全て監視されていると考えたほうがいい、下手なことをしてエルザに学院長の手が及ぶのは絶対避けないと…)

「あれ?ねえ、アリス、あれって…」

(うーん…えっ?)

一緒にいたサラの言葉で、俯いていた顔を上げる。

「やあ、キャロル君にレヴァイン君。おはよう」

目の前には柔和な顔で微笑む学院長がいた。

「なっ」

突然過ぎて目を見開いたまま僕は反応ができない。

(何をしにこんな所に?)

「おはようございまーす」

身構える僕をよそにサラは笑顔で返事をする。

「あれ?アリス?」

『ツンツン』

サラに肘でつつかれた。

「あっ、おっ、おはようございます」

何とかそれだけ言った。

「さあ、今日も楽しい一日が始まるな」

学院長の言葉の意味が理解できないサラは「はーい」と返事をした。

「キャロル君も楽しみだな」

そう言った学院長は嫌らしく目を細めた。

「くっ」

僕は歯を食いしばって睨む。

「ははは、ではまた」

学院長はすれ違う生徒達に挨拶をしながら去っていった。

「あれ?学院長、もう帰っちゃうんだ?一体なんだったのかな?」

学院長の背中を眺めながらサラが首をかしげていた。


◇◇


(あの余裕の態度…何かあるのか…それとも皆の前では僕が何もできないとでも考えているのか…)

学院長の態度を思い出しながら教室に入る。

『カサ…』

僕の机の中に一通の手紙が入っていた。

(あ…これは…)

僕はこの封筒に見覚えがあった。

(指令に使われてたやつだ)

周りに見えないように慎重に開く。

サラを含め、周りのクラスメートはラブレターだと思ってるみたいで僕が手紙を読んでいても、もはや気にする素振りもない。

【昼休みに学院長室に来ること。】

(わざわざこんな封筒を使って…もう隠すつもりもないんだな。だけど、わざわざ誰もいないところを指示してくるなんて。よし、媚薬さえなければあんな奴っ)

僕は昼休みに学院長を斬る決意を固めた。


◇◇◇


『ジリリリリリリ』

そして昼休みになった。

僕は食事を摂らず、急いで学院長室に向かった。

『ガチャ』

ノックもせずにいきなり扉を開く。

「学院長っ」

開けると同時に部屋の中に飛び込んで学院長を睨みつける。

「おやおや、ノックもなしかね?」

学院長は悠々と執務机に座ったまま言葉を続けた。

「ちょうど昼休みになったばかりだというのに早いじゃないか。さては君も昨日のようなことを期待していたのかな?」

「黙れっ、ブリジットさんの事も、昨日の事もっ、僕は許さないっ」

学院長の余裕が気に障る。

「おやおや、昨日、私のチンコに涙を流して喜んでいたのは誰だったかな?」

「うるさいっ」

扉を叩きつけるように閉めると同時に執務机に向かって走り出した。

(机越しに居合で斬り伏せるっ。「村正っ」)

「えっ?」

(「村正?」)

村正が出ない。

(「村正っ、まさか、まだ呆れてるの?」)

僕は机の前で立ちどまるしかなかった。

「どうしたのかね?」

学院長は椅子からゆっくりと立ち上がる。

「くっ、何でもないっ」

(村正っ、どうしちゃったんだよ?)

学院長は机を回り込んで僕に近づいてくる。

(学院長相手なら村正無しでも戦えるはずだっ。ラルフに格闘術も教えてもらったんだからっ)

一歩踏み込めば手の届く距離に来た。その顔はイヤらしい笑みでニヤついている。

「はっ」

僕は勢いよく片足を踏み込むと、学院長の大きく張り出た腹を蹴りあげた。

『ガシッ』

横腹に足がめり込むはずだったのに、当たった足首を学院長に掴まれる。

(えっ、なんでっ?)

「ふむ…さすがに少しは痛いものだな。どれ、寝技といこうじゃないか」

掴まれた足が引っ張られた。

「くっ」

思わず転びそうになるのをなんとか持ちこたえる。

(くそっ、それならっ)

片足を学院長に掴まれたままジャンプして体を横に回転、もう片方の足で頭を狙う。

(あっ、あれ?)

体が重い。

『ドンッ』

回転するためにジャンプしようとした脚に力が入らない。充分跳び上がることができず、僕は絨毯に倒れこんだ。

(痛ったぁ…)

「んん?ダンスでも踊っているつもりかね?」

学院長は僕の片足を掴んだまま見下ろしてくる。

「はっ、離せっ」

学院長は暴れる僕の足を軽くいなす。

「この足が邪魔だな」

学院長に自由だったもう片方の足首も掴まれた。

「ふーむ、今日は白か。しかし、色気のないパンティだな。ちゃんと明日からは私が選んでやろうな、ふふふ」

両足をガバっと開いて、スカートの中を覗き込んだ学院長が舌なめずりをする。

「だっ、黙れっ。離せっ」

再び僕は足を滅茶苦茶に振る。

「離っ、えっ?」

『ドサ』

学院長がパッと手を離したせいで僕は再び絨毯に倒れ込んだ。

「さあ、離したぞ。次はどうする?」

(「村正っ」)

慌てて立ち上がって、呼びかけてみるものの村正の返答はない。

(…やっぱりダメか、どうする…?)

体もやはり重い。

(どうしたんだろう?何かがおかしい…)

両腕を広げて学院長は近づいてくると、まるで学院長に気圧されるように僕の足が意思とは無関係に後ずさった。

「体が思ったように動かんか?」

ニヤついたまま、学院長が聞いてくる。

(なっ、どうしてそれを?)

「ククク、お前に焼き付けた烙印を覚えているか?」

(烙印?…あっ…確かお風呂で…)

奴隷の誓約をさせられた時に内腿につけられた痣のような刻印。

「クククク、烙印はただのマークではないのだよ。烙印はお前の力を奪う。今のお前はクラスメートの女子と同じくらいしか動けんのだよ」

「そっ、それで…」

思わず声に出してしまった。

(だから村正も…)

学院長はしっかり僕の動揺する声を聞いたようでニヤニヤと笑う。

(まずいっ…)

こめかみに汗が伝う。

(一度逃げるしかないっ、扉まで数秒だから)

僕は振り向くと扉に向かって一目散に走る。

「ふむ。逃げるか…」

あと一歩という所で、突然下腹部が熱くなったかと思うと力が抜ける。

「はぅっ」

立ち止まった僕は服が体を掠めるだけで、優しく愛撫されたように反応してしまう。

走ろうとすると勃起したクリトリスにパンティが擦れて足がもつれた。

(これは…媚薬?でも…そんな感じは…ダメっ、体が疼く…)

僕は両腕で体を抱き締めるようにして座り込んだ。

「そうそう、烙印の効果だが、もう1つある。発情の効果だよ」

そう言いながら学院長は僕の背中に軽く触れた。

「んっ」

ゾワゾワっと快感が背中を駆け上がる。

「いい判断だったが少し遅かったな。さて、これからは私の好きなようにお前を発情させることができるということが分かったかな?何せお前のご主人様だからな。さあ、こっちを向いてもらおう」

腕を掴まれて無理矢理学院長の方を向かされた。

「んやっ」

絨毯と太腿が擦れて声が出てしまう。

僕の視界に学院長の靴が映ったけど、顔は上げない。どれだけ睨んでも学院長を喜ばせるだけだ。

「さあ、逆らった罰を与えよう」

『罰』…その言葉に昨夜の情景が頭をよぎった。

「いっ、嫌だっ」

言葉では拒否するものの、体は学院長を前にして何もできない。

(なんとか…なんとかしないと)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 ガットマキア ToL●VEる Q M小説同盟 氷月 akys本舗 RAYMON DATE パルコ長嶋 きつね長官 なるせ 谷口さん 枝空 あむぁいおかし製作所 L.P.E.G. 九条志玲 忍桐ずん 大和田朋輝 桐下悠司 H9 かかし朝浩 あむ  アサノシモン ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 砕骨子 TSFのF ゆきまろゆっきー せみもぐら 犬神ラボ ぶーちゃん 命わずか 狩野景 鹿島田しき 坂井リンゴ エムシー販売店 もちもち堂 ドウモウ 猫丸恋太郎 龍企画 蜥蜴重工 艦●れ ダイナマイトmoca サナダ 大人の幼恥園 あめしょー gallery_walhalla あるざ流人 いそふら うえにあるみかん U.R.C HB 夢幻館 やまガラス 幾夜大黒堂 LAZY_CLUB 大嶋亮 柚子鉄線 Norn 水利硝 Cothurnus ノーリミット BANANA 一輪車でねこらっしゅ ヴァニラCREAM けんたろう 宮里えり 泥酔桜国 かると むらさきにゃんこバー Norn/Miel/Cybele PoRore 雪月楓花 #define 福龍 午前七時の合わせカガミ 夏川冬 ニイマルサン Hisasi 松園 鈴月奏 吉田犬人 綾瀬はづき TS内燃機 恥辱庵 双龍 せぼい トキサナ 赤人 ふじや 成田コウ 紫紀 あべつくも タケユウ 花妻見枝豆丸 眠たい猫 くろの 田中竕 アロマコミック シルキーズ 山猫スズメ 緑木邑 白羽まと アカギギショウ 無計画主義 ピンポイント 神谷ズズ 狼亮輔 にくじゃが エロエ 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 キングピン 永田まりあ 舘石奈々 クラウド 座間翔二 零覇 菅野タカシ まぐろどんぶり OKAWARI 稲葉COZY 山田ゴゴゴ もくふう ダルシー研Q所 高宮はいり 新堂エル さいもん ひらたいら tes_mel ピンクパイナップル 男体化 龍炎狼牙 ウィルテイム 飛燕 桐生真澄 ハイエンド 高柳カツヤ 若井いくお 雨雅 しまちよ 鳥茶丸 ごまさとし たいやき Red.D ちみチャンガ 種梨みや TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ゆきマンゴー 虹のれん はみ部屋 葛城ゆう 白駒らい 小女子 伊佐美ノゾミ 舞麗辞 花門初海 B-DASH JUMP 橘真児 ちょこばにら りこ丸 都氏 ヨシフミカオル CrookedNavel 高瀬むぅ vivi-sectr Lilith じぃすぽっと 浅草寺きのと 桂あいり メイビーソフト 森島コン ケラトン 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 白濁系 pastgadget しなのゆら 夜のひつじ コトキケイ TinkerBell ディーゼルマイン アクシス 蔵乃 ポン貴花田 クリムゾン LIBERTYWORKS 天鬼とうり D-ivision スピンドル  小武 あきちん 有栖リツカ  中川優 立川立夏 上原ヨヨギ ボクガール 如月奏 SPINDLE 高尾鷹浬 アパタイト さじぺん ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 高山ねむ子 工藤詩乃 久壁おと 極フェロ 松任知基 松山はやて 早乙女もこ乃 松阪剛志 樋口あや ココロコネクト 満足堂 愛内なの 能都くるみ 酒井仁笹弘 ちり 無限軌道 雪乃つきみ 松波留美 まうめん すみすず みよし だーくすぴりっと ねとろもりこん 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン かふぇもかそふと Q-Gaku 目指せ絵師様 チリモズク茶 雑菌工業 汚惣菜屋 たいやきトランプ majoccoid はるゆきこ ほりとも るいす・まくられん 雛瀬あや 白家ミカ runa なちすけ 一夢 楽人唯夏 高槻遠名 木ノ碕由貴 アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ taro フジツナ ピロンタン 天野タマキ 小倉脩一 天崎かんな 東航 真黒皇子 春日まゆ 石野鐘音 spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 緋衣響一 @子猫 一夜猫の夢 福徳紗織 BENNY’S ろれろれ屋 walhalla 大石コウ gallery 君の●は。 八尋ぽち TSF専用 さくらぷちろー 地縛霊の巣 四八楼 零零零 4階絵画室 CHU-S 眠り猫四郎 宇行日和 AV オジィ NOIR ほんじょう山羊 カワディMAX ねじろ とめきち 鉄腕うーぴー Cybele Miel 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 愛昧亭うまみ 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか あましょく 南郷じんげる bpm12 星逢ひろ RIKI 日月ネコ サ●ーウォーズ みなこなみ モフ2製作所 ふかふか天職 花巻かえる TSUBASA 托卵JP 大橋薫 さいだ一明 南ちさと kupa 東方Project 南乃映月 蒟吉人   百合 十月兔 不確定空間 りーるー 南京本舗 納屋 女騎士の城 Quu 馬せんた うたのはかせ 我心達吉 鎖ノム メロンバロン 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

女レスリング Dec 04, 2016
VRの女神様 Dec 03, 2016
アクマでチェンジ Dec 02, 2016
10周目 9月25日(土) 午後1時40分 葛城亜紀 Dec 01, 2016
ちっちゃくなっちゃった! Dec 01, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売