FC2ブログ

記事一覧

【騙されたのは?ifルート】 騙されたのは葵⑯

「はあ…」

私は教官室に戻ると自分の席についていた。

「どうしたんだい、アシュリー先生。なにか心配事でも?」

隣の席からヒディング先生が話しかけてくる。他の先生方は食事をとりに出ているので、今この部屋は二人だけだった。

彼は私より3つ年上で30歳になったばかりの何かと面倒を見てくれる先輩だ。それだけじゃないけど…。

「え?」

椅子の背もたれから体を起こして私も彼を見た。

「いや、今ため息をついてたからさ」

眼鏡の奥から髪と同じ色の茶色い瞳が心配そうに見つめている。

「そうですか?」

努めて元気そうに振舞った私に、よく日焼けしたヒディング先生が眉をひそめる。

「午前の授業中に何かあったのかい?」

「あの…そうですね。一人、生徒が体調を崩して…」

私がそう言うとヒディング先生が椅子の背もたれに体重をかけて腕を組んだ。

「なるほどな…生徒の体調を心配して悩むなんてアシュリー先生は優しいな」

「いえ…そんな…」

「先生のクラスは優秀だもんな。それに家柄の良い子も多い。誰が体調を崩したの?」

「えっと…それが、キャロルさんなんですが…」

キャロル、キャロル…首をかしげて考える。

「最近転校してきた…」

「ああ…、あの有名なキャロルさんか」

『あの有名な』と言うのはキャロルさんのあまりの美しさから教官の間でも一時噂になっていたからだった。

だけど、彼の口から出た言葉に無意識にピクっと反応してしまう。

「ヒディング先生も『あの可愛いので有名なキャロルさん』は知っているんですね?」

授業も持っていないはずのヒディング先生が生徒の顔を知っていたことで、言葉に刺が混じってしまった。

「ん…?」

一瞬私の目を見たあと、ヒディング先生がニヤッと笑った。

「ふーん…」

ヒディング先生は周りを見渡して、教官室に二人だけなのを確認すると椅子を私の近くに寄せた。

「マーシャ、嫉妬かい?」

そう囁くと、私の腰に手を回す。

「ロバート…」

私たちは学院の皆には内緒で付き合っていた。実は二人の中では来年にも結婚の計画を立てている。

「生徒にヤキモチを焼くなんて可愛いね」

ギュッと腰を引き寄せられて、私のシャツの膨らみが彼のたくましい胸に密着した。

「あっ…」

「大丈夫、僕には君だけだよ」

彼の顔がすぐ目の前にあった。首筋から耳の裏に大きな手が回される。

思わず瞼を閉じた私に彼の唇が近づく。

しかし、触れそうになったところで我に返った。

「こっ、ここじゃっ」

私はキスを迫るロバートの胸を軽く押して顔を背けた。

「いいじゃないか、僕たちの他には誰もいない」

ロバートは我慢できないように私の腰を引きよせようとするが、私は立ち上がった。

「ダメ。誰が来るか分からないわ」

「はあ、全く、真面目だな」

ため息をついてロバートが私から離れると、私は座らずに昼食を鞄に片付けた。

「あれ、どこへ行くんだい?」

「ちょっと保健室と実験室に行ってくるわ。アリスさんも気になるし、あと明日の授業の準備もしないと」

「マーシャは本当に真面目だな…行ってらっしゃい」

「ごめんね。行ってきます」


◇◇


『ガラガラ』

「いらっしゃい…って先生でしたか」

保健室に着いた私を年配の女性の保健医が白衣で柔和な笑顔で出迎えてくれる。

「今日も生理痛?」

何度かお世話になっているので保健医とも顔見知りだった。

「いえ…今日は違って…」

話しながら保健室を見渡すとベッドはカーテンが開いていて全てのベッドが空なのが分かった。

(おかしいわね)

「どうしたの?」

「あの…キャロルという生徒が来たはずなのですが…」

私がそう言うと保健医はノートを確認する。

「うーん、このノートに保健室に来た生徒の名前や使った薬などをメモしてるんだけど…えっと…キャロルさん…キャロルさんね…」

保険医がノートから顔を上げた。

「キャロルさんという生徒は来てないわよ」

(え…?)

「本当ですか?」

「ええ。今日はずっと私もここにいたから間違いないわよ。それにキャロルさんってあのキャロルさんでしょ?」

保険医が再びノートを上から下まで確認するのを見て私は首をかしげた。

(おかしいわね、教室に戻ってみようかしら)


◆◆



「ありがとう、サラ。行ってくるね」

僕はそう言って立ち上がる。

『つーっ』

(ひゃっ)

内腿を愛液が垂れているのが分かる。

(長いソックスにしておけば良かった…)

ニーソックスならバレにくいかもしれないけど、短い靴下なので、誰かが気づいてしまうかもしれない。

みんなの視線が自分に向けられていると思うと心臓の音が強くなる。

(そうだっ、いっ、椅子…)

椅子の座っていたところには愛液で濡れていた。

僕は誰かが気づく前に急いで椅子を机に押し込んだ。

(…早く行かなきゃ)

そう思ってなんとか教室を出た。

(はぁ…熱い…)

廊下はちょうど食事時のせいで人もいなくて助かったけど、歩き出すとパンツの擦れる感覚にビクビクっと体がなってしまう。

(だめ…体が…我慢できなくなってきてる…学院長…室に…行かなきゃ…)

保健室に行くとは言ったものの、この疼きを止めてくれるのは薬ではない。

だから学院長室に向かった。


◆◆


(保健室にもいないし、教室にもいない。寮の部屋にも帰っていなかった…一体どこへ行ったのかしら)

なんとなく妙な予感のした私は保健室を出たあと、再び教室に戻り、さらにアリスさんの寮の自室にも行ってみたが、やはりアリスさんの姿はなかった。

(うーん、慌てても仕方ないわよね。落ち着いて考えましょう)

気がつけば慣れ親しんだ実験室に私の足は向いていた。実験室の集まった区域は静かで人の気配がない。

(今日の午後は実験の授業がないのね)

『カチャ』

(あら?)

魔法薬の実験室に鍵を差し込んで違和感を感じた。

(鍵が開いてるわ)

魔法薬の中には強力な毒薬や酸、媚薬など軽い気持ちで扱えば、大問題となる劇薬が含まれているので、教官が責任を持って施錠することが規則で決まっている。

(誰かが利用しているのかしら?)

私と同じように授業の準備をしていそうな教官の顔を思い浮かべながらドアノブに手をかけた瞬間、悪寒がした。

(なっ、何なの?)

嫌な感覚に息を飲んでノブから手を離した私は、手とノブを順番に見つめる。

(今のはなんだったのかしら…?)

私はおそるおそるドアノブを握り直した。今度は慎重に扉を開く。

その瞬間、扉の隙間からネットリとした空気が私の体にまとわりついてきた。

(なにっ…これって…?)

咄嗟に魔法薬が漏れ出したのではないかと疑ってはみたものの、落ち着いて考えてみると、該当するような魔法薬は思い浮かばなかった。

(教室を間違えたのかしら?)

それで思わず教室名のついたプレートを見上げる。

【魔法薬実験室】

(そうよね…間違いないわよね…)

再び教室内に目を向ける。

普段使っている明るく清潔な教室は薄暗く禍々しい雰囲気で、まるで知らない教室のように見えた。

(ううん、教室が違うというよりむしろ空間が違う)

私は一枚の扉を境にして広がる異世界に茫然と立ち竦む。

(魔法薬が漏れ出したわけじゃない…だけど絶対におかしい…誰か…そうだわ、ロバートを呼んで…)

ようやく気を持ち直して誰かを呼びに行こうと振り返った時だった。

『むぐ………じゅぽ………んぐ………』

呻き声が私の耳に届いた。

(何かしら?誰かいるの?)

薄く開いた扉の隙間から暗い教室を覗きこんだ私の目に白い物体が映る。

(あれは…)

奥の教壇の上で揺れる何かは最初は全く見えなかったが、薄暗さに目が慣れてくると制服のシャツだと分かった。

誰かが向こうを向いて座っているのだ。

(誰かしら…こんなところに…)

扉のノブを掴んだまま目を凝らす。

誰かがいるのは教卓のそば、教室の一番前だ。私がいるのは教室の一番後ろの扉。

後ろ姿で顔は見えないものの、白い背中に真っ黒な髪が垂れている。床に直接座っているせいか髪は床に届きそうだ。

(…女の子…っ‥まさか…アリスさん?)

先ほどから探していた少女の顔が真っ先に頭に浮かんだ。

(でも、保健室に向かったはずのアリスさんがこんなところにいるはずないわよね)

そうは思うものの、見れば見るほどその後ろ姿がアリスさんにしか見えなくなった。

長い髪が揺れている事から頭が動いているのは分かる。

(何をしているのかしら…。いえ、その前にとりあえず誰がいるのかだけでもはっきりさせないと)

その時、私の気持ちが伝わったのか、少女が顔を横に向けた。

(あっ)

表情までは見えないもののその横顔は見知ったアリスさんのものだ。

(やっぱり…)

「ァ…」

私は『アリスさん』、そう呼びかけようとして寸前でなんとか言葉を飲み込んだ。

(何かしら?)

アリスさんの向こうに何かが一瞬見えたような気がした。

薄暗い教室の奥まではっきりと見えないものの、アリスさんは何かの前に座っている。

(一体何をしているの?)

アリスさんの様子からは今すぐどうこうといった危険はないように見える。

(今するべきことは扉を閉めて応援を呼びに行くこと、それは間違いない。だけど、誰がいるのか、何をしているのか、それも分からずに応援を呼びに行ってもきっと理解してもらえない。それなら、アリスさんの奥に何があるのかを確かめた上で誰かを呼びに行こう)

少しの間逡巡した末に私は決断した。

(よしっ)

教室内にいるのが自分の教え子であることも手伝って、私の中に力が生まれた。

(もしかしたら単にサボっているだけかもしれないし…それならお説教ね)

そう考えると少し口元が綻んだ。

(大丈夫よ、ちょっと入るだけなんだから)

私は自分を元気づけて薄く開いていた扉を音を立てないように開いて教室内に滑り込んだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 ガットマキア ToL●VEる Q 氷月 M小説同盟 RAYMON akys本舗 DATE パルコ長嶋 きつね長官 なるせ 谷口さん 枝空 あむぁいおかし製作所 あむ 大和田朋輝 かかし朝浩 九条志玲 桐下悠司 H9  忍桐ずん L.P.E.G. ゆきまろゆっきー 砕骨子 ぶーちゃん アサノシモン 命わずか ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 TSFのF 犬神ラボ せみもぐら 龍企画 いそふら あめしょー 蜥蜴重工 エムシー販売店 大人の幼恥園 うえにあるみかん 鹿島田しき gallery_walhalla HB ダイナマイトmoca U.R.C 猫丸恋太郎 狩野景 坂井リンゴ サナダ もちもち堂 夢幻館 艦●れ あるざ流人 ドウモウ ヴァニラCREAM 水利硝 泥酔桜国 Norn/Miel/Cybele けんたろう BANANA Norn やまガラス 一輪車でねこらっしゅ 大嶋亮 Cothurnus かると 宮里えり 幾夜大黒堂 ノーリミット むらさきにゃんこバー LAZY_CLUB Hisasi 綾瀬はづき 龍炎狼牙 松園 まぐろどんぶり せぼい 双龍 柚子鉄線 鈴月奏 #define あべつくも 午前七時の合わせカガミ さいもん 夏川冬 吉田犬人 ふじや 神谷ズズ 福龍 成田コウ 恥辱庵 赤人 男体化 OKAWARI ニイマルサン TS内燃機 狼亮輔 雪月楓花 トキサナ 山猫スズメ 座間翔二 アロマコミック 花妻見枝豆丸 白羽まと シルキーズ 新堂エル 飛燕 ピンクパイナップル tes_mel 桐生真澄 くろの アカギギショウ 鶯羽佯狂 舘石奈々 エロエ にくじゃが クラウド 真城の秘宝館 永田まりあ ピンポイント キングピン 田中竕 眠たい猫 ひらたいら 緑木邑 高宮はいり 菅野タカシ 無計画主義 紫紀 PoRore 零覇 山田ゴゴゴ ダルシー研Q所 もくふう タケユウ ウィルテイム クリムゾン アシオミマサト 勇者乾電池 TLB しなのゆら 花門初海 LIBERTYWORKS アクシス ディーゼルマイン 高柳カツヤ ちょこばにら 橘真児 ゆきマンゴー コトキケイ ごまさとし TinkerBell 夜のひつじ 種梨みや B-DASH はみ部屋 ポン貴花田 しまちよ JUMP ハイエンド 伊佐美ノゾミ スピンドル 白駒らい D-ivision 虹のれん ちみチャンガ 小女子 雨雅 鳥茶丸 たいやき Red.D 若井いくお 天鬼とうり 蔵乃 vivi-sectr  あきちん 中川優 上原ヨヨギ 早乙女もこ乃 有栖リツカ ボクガール 松阪剛志 樋口あや ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 如月奏 松山はやて 立川立夏 満足堂 能都くるみ 愛内なの 酒井仁笹弘 ちり ココロコネクト 都氏 工藤詩乃 極フェロ 松任知基 久壁おと 小武 高山ねむ子 高瀬むぅ 無限軌道 ヨシフミカオル 雪乃つきみ CrookedNavel りこ丸 じぃすぽっと 葛城ゆう pastgadget 白濁系 Lilith 高尾鷹浬 浅草寺きのと SPINDLE 森島コン  アパタイト さじぺん メイビーソフト ケラトン 桂あいり 藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 舞麗辞 松波留美 すみすず みよし かふぇもかそふと まうめん だーくすぴりっと 篠塚醸二 チロリアン ねとろもりこん Q-Gaku majoccoid チリモズク茶 雑菌工業 天崎かんな 目指せ絵師様 汚惣菜屋 はるゆきこ たいやきトランプ 四葉チカ ほりとも 白家ミカ runa アロマフラッシュ! 雛瀬あや なちすけ 高槻遠名 木ノ碕由貴 一夢 くどうひさし 天野タマキ 仁志田メガネ taro るいす・まくられん いちよんよん フジツナ 小倉脩一 ピロンタン 東航 4階絵画室 春日まゆ 石野鐘音 緋衣響一 真黒皇子 spika 47.5% 式神くろ子 すずしろやくも @子猫 大石コウ 一夜猫の夢 福徳紗織 BENNY’S 稲葉COZY ろれろれ屋 gallery walhalla 愛昧亭 君の●は。 さくらぷちろー 地縛霊の巣 宇行日和 TSF専用 四八楼 CHU-S 眠り猫四郎 零零零 AV とめきち NOIR ほんじょう山羊 八尋ぽち オジィ カワディMAX 鉄腕うーぴー ねじろ 楽人唯夏 Cybele 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 愛昧亭うまみ 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか 南郷じんげる bpm12 モフ2製作所 あましょく 星逢ひろ サ●ーウォーズ みなこなみ RIKI ふかふか天職 南ちさと TSUBASA 托卵JP Miel 花巻かえる 大橋薫 kupa さいだ一明 日月ネコ 東方Project   南京本舗 蒟吉人 百合 不確定空間 りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム Quu 馬せんた 南乃映月 女騎士の城 うたのはかせ メロンバロン 我心達吉 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

VRの女神様 Dec 03, 2016
アクマでチェンジ Dec 02, 2016
10周目 9月25日(土) 午後1時40分 葛城亜紀 Dec 01, 2016
ちっちゃくなっちゃった! Dec 01, 2016
恋スル女体化注意報 -女のカラダで濡れすぎヤバイッ!【1話~3話】 Nov 30, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売