管理人ほう

管理人ほう

僕は気がつくと寮と学院の間にある渡り廊下にいた。

(…夢の中ってこんな感じなんだ)

いつもの制服と、今日はジェシカ達からもらったチョーカーも着けていたから、夢の中でもちゃんと首についている。

なんだか全体的に暗い靄がかかっているような気がするのは、やはり、ブリジットさんの感情が関係しているのだろうか。

(「でもさ、もっとフワフワした感じかと思ってたけど、現実とあんまり変わらないんだね」)

(「主殿、周りを見るのじゃ」)

村正に言われて周りを見ると、濃い霧で遠くは見えなかった。

(「あの霧まで行くと何もなくなるのじゃ。ブリジットの意識がそこまでしか作れていないのじゃ」)

(なるほど…誰かが来たっ)

僕は人の気配を感じて植え込みの植物の陰に隠れる。

(ブリジットさんかな?)

『ペタ…ペタ…』

(裸足…?)

丈の長いキャミソールを着たブリジットさんが僕の横を通りすぎる。

(なんだかフラフラしてるような…)

それに眼鏡を掛けているにも関わらずブリジットさんは全く周りが見えていないように見えた。

(催眠術か何かかな…?)

一度やり過ごした僕は、後ろをつけた。ブリジットさんはフラフラと学院の中に入っていく。

(やっぱり学院長室か…)

予想通り学院長室に着くと、ノックもせずに入っていく。それを確認して僕はドアを薄く開いて中を覗く。

「おお、今日はそんなスケベな格好をして」

声の方を見るとブリジットさんが学院長と見つめ合っていた。

薄いガウンのようなものを着た学院長がいやらしい顔を隠すこともなくブリジットさんの腰を撫でている。

「えっ、あっ、どうしてっ、やだっ」

不意にブリジットさんの驚く声が聞こえた。それまで無抵抗だったブリジットさんが学院長の胸を押して腕の中から逃げようともがく。

「さあ、まずはここで頼むよ」

「やだっ、あっ、ちょっとっ、出さないでっ、汚らわしいっ」

どうやら学院長が自分の股間を露にしたようだ。

「クク、記憶を無くすとは良いものだな。毎回楽しむことができる…さあ、座るんだ」

「いやっ、嫌なのにっ、どうしてぇ…」

ブリジットさんの膝が曲がってしゃがみ込む。

「んんっ、むぐっ、ぷはあっ…学院長っ、やっ、やめてくださいっ、むんんんっ」

部屋の中からブリジットさんが無理矢理フェラチオさせられている音が聞こえてきた。

(くそぉ、夢の中でまで…こんなっ)

(「主殿、気持ちは分かるが待つのじゃ」)

怒りに震える僕を村正がなだめる。

(「分かってるよ…早く隠し部屋へ行ってくれさえすれば…」)

部屋の中から抵抗の声が聞こえなくなり、『ぴちゃぴちゃ』と水音が響く。

「さあっ、出すぞっ、こぼしたらお仕置きだからなっ…ぐうおおおっ」

「んっ、……んんんっ……ゴクン…ゴクン…」

(やっと終わった…さぁ、ここからだ…)

学院長はブリジットさんを立たせると、壁際の本棚から五冊引き出した。

(本か…えっと…)

僕は視覚を高めてその本の位置、タイトルまで全てを覚える。

『ズルズルッ』

それから学院長が本棚を押すと本棚が壁の向こう側に押し込まれた。

(なるほど、本棚がドアのようになっているのか…よし、覚えたっ)

二人が消えて本棚がもとの位置に戻る。

(これと、これと…)

学院長室に飛び込んだ僕は本棚に取りついて本を引き出していく。

(「主殿、このまま時間が過ぎるのを待てば、夢が覚めますぞ」)

(「何を言ってるの?ブリジットさんがいるんだよっ」)

本棚をずらして僕は目の前に現れた階段を降りる。

(「はあ、こうなるとは思っとったが…。仕方あるまいのぉ。妾はなにやら嫌な予感しかしないのじゃが…」)

螺旋状になった長い階段を降りていくとぼんやりと光が見えた。

いつでも村正を抜けるように柄に手をかけた僕は注意深く部屋を窺う。

長い影がいくつか伸びていた。

(二、三…四人か)

五感を高める。

(さぁ、行くぞっ)

僕は学院長と三人の仮面の男達の前に飛び出した。男たちは仮面をかぶって学院長と同じような薄い紫色のガウンを着ている。

「ブリジットさんを離せっ」

ブリジットさんが四つん這いになって男たちに囲まれている。

「アリスさんっ」

男達の間からブリジットさんが手を伸ばすように助けを求める。

「な、なんだ?」

村正を抜刀して男達に近づくと驚いたようにブリジットさんから離れる。

「威勢のいいお嬢さんね」

部屋の奥から声がした。僕はブリジットさんを庇うように立つ。

(もう一人いたのか…)

睨みつけるように暗い部屋の奥を見る。

「あっ」

部屋の奥にある玉座にエヴァが座っていた。こちらも男達と同様、フード付きのガウンのような服を着ていたが、エヴァの生地はサテンで、体のラインを見せつけるような扇情的な姿だった。

「あら、来たのがこんなに可愛らしい娘だなんて、フフフ、楽しみだわ」

(なんだか変だな…)

まず、学院長や仮面の男達とエヴァはどこか雰囲気が違う。それに、何度か会ったこともあるのに僕が誰だかわかっていないようだ。

「フフ、私はブリジットの夢の中の登場人物じゃないわよ。そう、あなたは罠にかかったのよ」

「お前はエヴァなの?」

「ええ、正確にはエヴァの一部よ。もしかしたら本体と会ったことがあるのかしら?だとしたらごめんなさいね。ふふふ。私は貴女をしらないし、そして貴女はこの夢の中から永久に出ることはできないのよ」

「やれるもんならやってみろっ」

僕の声と同時に仮面の男達がナイフを振りかぶって僕に向かってきた。

まずは正面の男を横凪ぎに斬る。

さらに勢いを殺さず、反転するようにして右の男を斬った。

最後は左にいた男…僕は村正を逆手に持ち、脇腹の横から後ろに突き出す。

「ぐあぁ」

僕の背中から襲いかかろうとしていた男の腹を見事に貫いた。

「うわわわっ」

背中を向けて逃げようとする学院長。

『ズシャ』

しかし、学院長が、エヴァの元までたどり着くことはなかった。

「アッ、アリスさん…」

ブリジットさんの眼鏡の奥の目が大きく見開いていた。

「大丈夫、僕が助けるから…」

そう言ってエヴァに向かう。

「あらあら…貴女、見かけと違って随分強いのねえ。でも、そんなにのんびりしていていいのかしら?」

「?」

「アリスさんっ」

ブリジットさんの悲鳴が上がる。

(何か…いる?)

先程切り殺した死体の一つが膨らんでいる。皮膚がゴムのように延びて、中で何かが暴れているようだ。

「ブリジットさん、下がって…」

『ヒュッ』

そう言いかけた時、死体のガウンが破れて、何かが僕に向かって飛んできた。

『ブシュッ』

飛んできたその何かを斬り落とす。

(紐のように見えたけど…生き物?)

切り落とした何かはビクンビクンとしばらく跳ねたあと死んだように止まる。

僕がしっかり見る間もなく、さらに何かが飛んできた。

(今度は五本っ)

『ヒュッ』

放物線状に飛んできた一本目を躱すと床にぶつかって石の床が砕ける。

(これは…当たるとマズいっ)

『ヒュッ、ヒュッ』

飛んでくるものを躱しながら切り落としていく。

全て切り落としたところで、ピチピチと跳ねる何かを見た。太さは僕の腕くらい、長さはかなり長い。ピンク色のミミズのようだけど、なんだかヌルヌルしていてミミズとナメクジを足したような生き物だった。

「うふふ、それは触手よ」

(触手…あぁ、そういえばジルが作ってたなぁ)

僕はジルと出会ったダンジョンの研究室を思い出した。

(ん?ってことは…)

僕はジルに初めて会った時に触手に犯された感触を思い出した。

「どうしたの?顔色が悪いわよ…もしかして触手に嫌な思い出でもあるのかしらね?」

エヴァがそう言うと残りの三体の死体が同じように膨らみ始めた。

「さあ、今度は逃げられるかしら」

『ビリビリビリッ』

ガウンが破けて三体の触手があらわれる。さっきのよりも大きい。

(「主殿、そいつらの弱点は根元じゃ、そこをやらんといくらでも再生するのじゃ」)

それぞれの触手が根元でまとまっている。

(なるほど…)

ウネウネと空中を漂う触手の先からネットリとした液体が床に落ちた。

(この匂い…どこかで?)

甘い匂いが漂う。

「うふふふ、その液体だけど、催淫作用があるのよ」

「あっ、学院長室で…」

学院長室で嗅いだあの匂いだった。

「ふふ、あれは薄めて気体にしたものだからいいけど…これを直接浴びたらどうなってしまうか想像できるかしら?」

(薄めてあの効果…触れたら終わっちゃうな…)


◆◆◆◆◆


「ねえ、モニカ、葵と何を相談していたの?」

「いえ、大したことじゃないんです」

(まさか、もし自分が…なんてエルザ様には言えないわね)

「ふーん。無事帰って来れるわよね?」

エルザ様が心配そうに顔を歪めた。

「ええ、もちろんです。行く前に私がお守りも渡しておきましたから」
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply