FC2ブログ

記事一覧

夢からの生還と王宮内の不協和音

葵さんがブリジットさんの夢の中に入ってから丸三日経った。

王女はほとんど食事を取っておらず、眠るといっても、意識を失うまで起きているせいで、顔色も悪い。

「王女、もう今日はお休みください」

「嫌よっ、葵のそばにいるんだからっ」

ラルフさんもこっちに来てからまだ一睡もしていないはずだ。

「あああああああああああああっっ」

深夜二時を過ぎた頃、突然、ブリジットさんが大きな叫び声をあげた。

ベッドのそばでうつらうつらしていた王女がパッと目を覚ました。

「ブリジットさんっ、ブリジットさんっ?」

王女がブリジットさんの手を握って声をかける。

(一体何が…あっ)

葵さんのシーツの中から青い光が漏れた。さらにそれに呼応するように葵さんの首のチョーカーが赤い光を放った。

(この光はっ)

「何これっ、どうしたの?ねえっ、モニカっ」

「これはどういうことだ?」

王女とラルフさんが説明を求めるようにこちらを見た。既に光は消えている。

「この青い光を放った指輪は私が出発前の葵さんにお守りとして渡したものです。夢の中へは身につけているものしか持ち込めないと聞きました。しかし、逆に言えば、身につけておけば持ち込めるのではないかと思ったので、私の精霊術…水の精霊を封じた指輪を渡したのです。どうやら、今、夢の中で水の精霊の力が発動したようです」

「なるほど」

ラルフさんが頷く。

「じゃあ、こっちのチョーカーは?」

王女が赤い光の消えたチョーカーを指差す。

「このチョーカーは葵さんがここに来るときに友達からもらったと聞いていますが…先ほどの光からは魔力を感じました。水の精霊は私から離れるとその力は発揮できません。ですが、夢の中でこの魔力を媒介に水の精霊が力を放出したのかも…」

「うむ…夢の中で何かが起こったようだな。勝負はそろそろ決まるか…」

ラルフさんが独り言のように言ったとき、二人が動いた。

「うっ、うう…」

葵がこれまでとは違った動きをみせる。

(これは…何が起こっているんだろう)

「ううう…ん…?」

まず葵さんが薄く目を開ける。

「あっ、葵っ、起きたのっ、起きたのね?」

王女が葵さんに抱きついた。

「え…?エルザ?」

訳がわからないという顔の葵さんと目があった。

「お帰りなさい、葵さん」

「モニカさん、ただいま戻りました……あっ、ラルフっ…いつの間にっ?…あっ、そうだっ、ブリジットさんっ…」

葵さんが隣のベッドを見る。

「ブリジットさんっ」

葵さんの言葉に反応するようにブリジットさんが目を開けた。

「アリ…スさん…?」

「ブリジットさんっ、戻ってこれたよっ」

「……あっ、アリスさんっ、ごめんなさいっ、私のせいで…」

「ううん、ブリジットさんの最後に頑張ってくれたおかげで私は目覚められたんだよ。ブリジットさんがエヴァに勝ったんだ」

「本当に…?私が役に立てたの…?」

ブリジットさんの目に涙が浮かぶ。

「うん、ブリジットさんがいなかったら間違いなく戻ってこれなかったよ」

葵さんの言葉を聞いたブリジットさんは両手で顔を覆うと泣き始めた。

部屋の中に安堵の空気が広がったとき、葵さんがお腹を押さえて再びベッドに倒れ込んだ。

「葵っ、じゃなくってアリスっ、どうしたの?」

「アリスさんっ」

王女とブリジットさんが同時に声を上げた。

「……お…お腹すいた」

部屋に『グーキュルル』とお腹の音が鳴り響いた。

「…ぷっ、くふふふっ、あははははは」

王女がこらえきれなくなったように笑う。

「もう、散々心配させといて、お腹がすいた?良いわよ、いくらでも食べさせてあげる」

王女が廊下に出ると寮長を呼んで指示を出している。

「モニカさん、ありがとう、この指輪がなかったら負けていたよ」

葵さんが指にはめた銀色の輪を見せる。既に力を使い果たしたせいで青い宝石はなくなり、単なる銀の指輪になっていた。よく見るとチョーカーについていた赤い宝石も消えている。

「いえ、お役に立てて良かったです」

それだけ言うと私はラルフさんに気を使って王女の後を追うように廊下に出た。

「ねぇ、ラルフ、いつこっちへ来たの?………」

扉を閉めるときにラルフさんに話しかける葵さんの弾んだ声がした。


◆◆◆◆◆


レンナー法務卿はシーレ財務卿に呼び出されて執務室を訪れた。

「レンナー殿、すまぬな」

年齢ではシーレの方が一回り年上のため、大公という同じ貴族としての位ではあるがレンナーは敬語で話す。

「いえいえ、シーレ殿、いかがなされましたか?」

「単刀直入に言おう、最近の王宮の様子が少々気になっておる」

シーレがレンナーの顔をじっと見る。

「ええ、そうですね…なにやらきな臭い感じはします。例えば、レヴァイン卿…でしょうか?」

我が意を得たりという表情でシーレが頷いた。

「そう、以前、合議の場で話したが、奴は頭の切れる傑物であるという印象を持ったのだがな…」

思い出すようにレンナーが視線を空中に漂わせる。

「合議の間…ああ、近衛兵団の編成の時ですか?確かに、こう言ってはなんですがウォルトン殿の小倅とは格が違いましたな。それに、以前のアヴニール襲撃の際の手際の良さは公爵にしておくには惜しい人物です。私たち大公のいない中で見事に収拾して見せましたから」

シーレも頷く。それから表情を厳しくした。

「しかし、奴はどうやら分不相応な野望を抱いておるようなのだ」

「何か掴まれたのですか?」

レンナーの質問に、紅茶を一口飲むとシーレが吐き出すように行った。

「ああ、貴族の間で急激にレヴァインを崇拝する層が増えているらしい、そして、今、奴の兵がこの王都で増えておることに気がついておるか?」

レンナーの表情からそれまでの余裕が消えた。

「兵…まさかっ、クーデター…」

「そうだ、どうやら、我々五大公の要職独占を苦々しく思っている貴族たちを焚きつけておるようだ。デュカス外務卿が今この王宮にいないのは幸運かもしれんな」

シーレの目が驚愕で見開かれる。

「だとすると王のご病気も…?」

「その可能性も否定できん。あれほど元気な王がご病気というのがそもそもおかしかったのだ。…しかし、それは証拠もない。王が身動きを取れない間にクーデターを行い、王を傀儡として自分が実権を握るつもりかもしれん」

「でっ、では、レンナー家は急ぎ領地より私兵を王都に向かわせます」

「うむ。しかし、貴族への根回し、兵の集まり具合を考えても今日明日ということはなかろうが…。私もできる限りの手は打っておこう」

二人は人払いをして行われたこの内密な話が聞かれているとは思ってもいなかった。

(む…さすがは大公と言うべきか…。私兵が増えると面倒だな。アヴニールの状況もこちらの当初の予定から少々ずれてきている。予定よりはかなり早いがやるか…もしもの時は…ククク)


◇◇◇◇◇


葵さんはブリジットさんの部屋でご飯を食べると、疲れたようで再び眠りについた。そしてその日は一日起きなかった。

王女と私は何度も見に行く。

「う~ん…もう…食べられないよぉ」

「はあ、何となくどんな夢を見てるか分かるわ」

王女が呆れた目で葵さんを見る。

「もう安心ですね。さて、私たちは葵さんが起きたらエヴァを見つけて倒さなければいけません」

私がそう言うと王女の顔が引き締まった。

「そうね、何が起こるか分からない以上学生や教職員をそのままにしておくわけにはいかないわね。それで、明日、早朝から学生たちの避難を始めます」

しかし、そう言えばこの数日色んなことがありすぎて学生の避難についてはあまり王女と話さなかったことを思い出した。

「学生の受け入れ態勢はどのようになるのですか?王都にこれだけの人数を収容できるとは思えないのですが…」

「そうなのよ。大変だったわよ、全く。問題はお金と体面だったんだけど…」

「はい」

学生数800人、教員まで含めると1000人近くの人間を移動させるのはお金もかかる。さらに、王立の名前がある以上、何かあっては王の威信にも関わるのだ。

「最初は実家に帰ってもらおうと思ったんだけど、それぞれの家に送るにはお金が掛かりすぎちゃって…すごく遠くから来てる子もいるんだもの」

王女はゲンナリとした顔をした。

「確かにこの学院には国中から生徒が集まってきているし、保護者への説明が難しいですね。ですが、どうするのですか?」

「それがね、なんと王都の近くにちょうどいい建物があったのよ。もともとは学院の合宿で使っていた建物だったらしいんだけど、最近はほとんど使われていなかったみたい」

私は記憶の中で探してみるが、5年前、15歳で入学して以来、そのような場所は聞いたことがなかった。

「ええ、確かに、私も聞いたことがありません。どこにそのような施設があるのですか?」

「えっとね、王都から一キロくらいの森の中に湖があって、その湖畔にあるのよ」

「へえ、そんなものが…ちゃんとした建物なんですか?」

「調べてみたら、ずっと管理はやっていたみたい」

なるほど、色んな所に向けて馬車を出すよりも同じ場所に向けて走ったほうが効率的だ。

「はあ、大変でしたね。王女、お疲れ様でした」

「うふふ」

二人で寮のエントランスまで降りた時、見知らぬ男性の姿があった。私は王女を庇って前に出る。男は私たちを見て大げさに礼をする。

「あなたは誰ですかっ」

まさか不審な人物が紛れ込むとも思えないが、時期が時期だけに厳しい声を出した。

「ああ、やっと人がいたか…私はジル・ヴラドという。アリス・キャロルに用があってきたのだが」

名乗った男はラルフさんと同様美形だったが、こちらは少し冷たい印象を受けた。

「ええ、アリス・キャロルは当学院の生徒ですが…?」

「おっと、警戒されてしまっているのかな?アリスとは旧知の関係でね。少々仕事がらみの話があるのだが」

(なるほど、ラルフさんと同様彼もアリスさんの仲間なのだろう…)

どうするべきか逡巡していると私の後ろに視線を向けて男が手を挙げる。

「ラルフ君」

「ああ」

ラルフさんが階段を下りてきたところだった。

「さて、これで疑いは晴れたかな?美しいお嬢さん」

微笑むと冷たい印象が薄れて、人懐っこい顔に見えた。

(なんだか葵さんの仲間の方はハンサムな人が多いわね)

「ねっ、モニカ、なんだか葵の仲間って無駄にかっこいい人が揃ってるよね?」

王女も同じ感想を持ったらしい。

そこで、四人で再び葵さんのもとに向かう。

「だめ~、そのケーキは僕のだよぉ~、むにゃむにゃ…」

枕を抱きしめて葵さんがゴロゴロと寝返りを打っていた。

「どうだ?」

ラルフさんがジルさんに尋ねる。

「ああ、大丈夫だ。精神力を相当使ったみたいだな。明日には目覚めるだろう。おっと、少し待て…」

そう言ってポケットからイヤリングを出した。

(あの石…何かしら?)

「ほう、お嬢さん、これが何か気になるのかな?」

ジルさんが急にこちらを向いたのでドキッとした。

「えっ、ええ」

「これは魔力を覚えさせる宝石だ。魔力の波動は人それぞれ異なっているのは知っているか?」

「授業で習ったわよ。魔物であっても魔力を持っていれば、その数だけ固有の波動があるのよね」

後ろから王女が答える。

「これはこれは、王女様もなかなか聡明でいらっしゃる」

王女が胸を張る。

「で、これに魔力の波動を覚えさせると、近くにその魔力を持ったものがいれば音を出して教えてくれるというわけだ。だから、ほんの少し、残り香のような魔力を覚えさせているのだよ…ふむ。もういいか」

そう言うとそのイヤリングをラルフさんに渡した。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 君の●は。 一夢 菅野タカシ 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 零覇 タケユウ アロマコミック 石野鐘音 零零零 真城の秘宝館 舘石奈々 NOIR 花妻見枝豆丸 白羽まと AV 飛燕 にくじゃが BENNY’S 大石コウ 田中竕 ダルシー研Q所 マグナプラン すずしろやくも 中川優  立川立夏 spika 真黒皇子 久壁おと 工藤詩乃 春日まゆ 上原ヨヨギ 能都くるみ @子猫 緋衣響一 松任知基 gallery 極フェロ walhalla ココロコネクト 満足堂 愛内なの あきちん 酒井仁笹弘 ちり 無限軌道 都氏 さじぺん カワディMAX ちょこばにら 橘真児 花門初海 しまちよ 葛城ゆう 舞麗辞 ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ りこ丸 オジィ 高山ねむ子 ろれろれ屋 式神くろ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 ボクガール 如月奏 アパタイト SPINDLE 八尋ぽち ほんじょう山羊 雪乃つきみ 高尾鷹浬 47.5% 愛昧亭 有栖リツカ 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 消火器 風雅ゆゆ 伊駒一平 クリムゾン ikak 吹浦ハギ 彩葉チヨ 天鬼とうり ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ LIBERTYWORKS 椿山パリィ 藤馬奈緒 ケラトン メイビーソフト 雷蔵 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 森島コン  福徳紗織 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 鳥茶丸 愛昧亭うまみ 小武 松阪剛志 桂あいり あまね紫狼 Lilith じぃすぽっと vivi-sectr 月下冴喜 白濁系 ゆうきつむぎ pastgadget 井ノ本リカ子 高瀬むぅ 浅草寺きのと ヨノイ誠一郎 CrookedNavel くりおね社 ら○ま1/2 ヨシフミカオル 松山はやて 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます