FC2ブログ

記事一覧

テレサ

「葵、おいっ、いい加減起きろよ」

「んあ?…ロレンツォさん?おはよございます」

体を揺すられて目を開けると目の前にロレンツォさんの顔があった。

「もう昼過ぎだぜ。メイド服に着替えて降りて来いよ」

(なんだかロレンツォさん、疲れてる?)

着替えた僕が階下に降りてみると、静かな酒場に妙な緊張感が漂っていた。

(?)

なぜか愛想笑いしたヨアヒムさんと苦笑いのロレンツォさんがメイド服を着た見知らぬお婆さんの前で姿勢を正して座っている。

「この人は後宮のメイド長だ。お前は王子付きのメイドとして潜入するから色々と聞いとけ」

ロレンツォさんがそう言うと、なぜか慌てた様子でヨアヒムさんと一緒にどこかに消えていった。

「あ、えっと…」

自己紹介をしたほうがいいのかな、と悩んでいると、お婆さんが杖をついて立ち上がって僕の前に立った。

髪は真っ白で腰も曲がりかけているように見えるけど、その眼光は鋭い。

「アタシは王子の世話係のテレサだよ。坊っちゃんの新しいメイドっていうのはお前かい?」

早口で怒鳴るように言われて面食らった僕はコクコクと頷くことしかできなかった。

すると、ズズイッとお婆さんが背伸びしてまじまじと僕を見つめてくる。

(怖っ、それに近いっ、近いよぉ)

「ふーむ…確かに顔も綺麗だし健康そうだ。そのまま真っ直ぐ立っておれ」

お婆さんが僕の周りをぐるぐると回る。

「ふむ」

正面に立つと、いきなり手が伸びてきて胸が揉まれた。

「うわっ、なっ」

「ふむふむ」

思わず両腕で胸を守る僕の後ろに回ったテレサさんが今度はお尻を掴んだ。

「ぎゃっ、何すんの?」

「ふーむ。えらく若いから心配したが、これなら元気な子が産めそうだわい。お前、名前はなんて言うんだい?」

「えっ?あっ、僕は葵と言います」

「僕?何を言っとるんだい。…はあ、せっかく坊っちゃんの目にかなった娘がこんなだとは」

ため息をついてテレサさんが椅子に座る。僕も座ろうとした瞬間。

『ダンッ』

「ひぃっ」

テーブルに杖が叩きつけられて僕は飛び上がった。

「座って良いとアタシは言ったかい?」

(ええーっ?)

「アタシが今から坊ちゃんに仕えるのに相応しい所作を叩き込んでやるよ。覚悟しなっ」

(なんでぇ?)

「まず、姿勢がなっとらんっ、真っ直ぐ立っておれっ」

『バンッ』

杖がテーブルに叩きつけられる。僕は思わず背筋を伸ばす。

「次は言葉遣いっ、僕なんて言っておっては坊っちゃんのそばにはいられんと思えっ」

「歩き方っ」「お茶の入れ方っ」「座り方っ」

歩くときの歩幅から、お茶の温度、座るときの姿勢まで厳しくチェックされる。

「返事はっ?」

「はっ、はいぃっ」

(ひぃ、なんでこんなっ、ちょっと、ロレンツォさんっ、僕聞いてないっ、聞いてないよぉっ)

どうして逃げるようにロレンツォさんが去っていったのかが分かった。

(今度会ったら絶対文句言ってやるぅっ)


◇◇◇◇


その日の夕方、ロレンツォさんがヨアヒムさんと連れ立って戻ってきた。

「おい?葵…大丈夫か」

怖々といった感じでロレンツォさんが僕の前に座る。

「僕の姿を見て大丈夫だと思うの?」

疲れきった僕はテーブルに突っ伏した顔を持ち上げて恨みのこもった目で睨む。

「あ…ああ、そうだな。スマン」

(スマンじゃないよっ)

ぷいっと横を向いて僕は机に頬づえをつく。

「なあ、葵、ちょっと聞いてくれよ」

僕は不貞腐れたままロレンツォさんの顔をチラっと見た。

目が合うと機嫌を取るようにロレンツォさんは愛想笑いを浮かべる。

「この前言ってた財務卿からの依頼なんだが、早速やることになっちまったんだよ」

テレサさんは話を知らないため、訳がわからないといった顔をしている。

「へー。王宮で何かあったんですか?」

僕の棒読みの質問にロレンツォさんは苦笑いをしたが、テレサさんは王宮という単語にピクっと反応する。

「ああ、連絡が来ない」

「へー」

『ガタッ』

やる気のない僕とは対照的にテレサさんが椅子を倒す勢いで立ち上がると、ロレンツォさんに詰め寄った。

「若いのっ、王宮で何かあったというのは?どういうことなんだい?坊ちゃんは、旦那様は無事なのかいっ?」

あまりの剣幕にロレンツォさんがタジタジになる。

「ええ…あっ、いや、テレサさん、何が起こっているのかは分からないのです。ただ、シーレ卿からもし連絡がなければ王宮まで内密に会いに来いと言われているだけでして…」

それを聞いてテレサさんは何かを考えるように押し黙った。

「そこでだ、葵、この依頼はお前に行ってもらいたい。そもそも王子の傍遣いのメイドとして派遣するつもりだったから、お前の方は前々から下準備が出来ているんだが、シーレ卿の方はさすがに下準備が間に合わんのだ」

「えー」

「そう言うなって、今日は悪かったよ。下手にもう一人潜入させるとなると疑われるかもしれんから、お前だけが頼りなんだよ」

それは分かるけど、僕を置いてテレサさんから逃げた罪は重い。

「うーん」

僕は悩むふりをしていると、ロレンツォさんが手を合わせて上目遣いに僕を見てくる。

「なっ?お菓子買ってやるから、なっ?」

(お菓子って…僕をなんだと思ってるんだよ、そもそもおっさんの上目遣いなんて可愛くもなんともないし)

「なっ、ほらっ、最近新しいケーキ屋が出来たの知らないか?予約しても1ヶ月待ちらしいぞっ」

(ケーキくらいで僕が動くとでも…ん?…1ヶ月待ちのケーキ…?)

ロレンツォさんを横目に見ると、目があったロレンツォさんがさらにまくし立てた。

「そうだっ、それに飯もどうだっ?この街で一番って言われてる店を予約して腹いっぱい食わせてやるからさっ。他の国から貴族や王族も食べに来るって噂の店だぜ?」

(最高のご飯と1ヶ月待ちのお菓子かぁ…)

美味しい料理が目に浮かぶ。

「じゅる…」

「葵、ヨダレ、ヨダレ」

ヨアヒムさんがタオルで僕の口元を拭う。

「なっ、頼む、この通りだ」

頭をテーブルにぶつける勢いのロレンツォさんを見ていると怒るのも可哀想になってきた。

「はぁ、王子の警護兼シーレ卿との連絡係…ということでいいですか?」

僕がそう言うやいなや、ロレンツォさんのさっきまでの苦しそうな態度がコロッと変わってニコニコと笑顔になる。

「やってくれるかっ」

(あれ…?)

「よーしっ、ヨアヒム、予定通りだと皆に連絡をしろっ」

「おうっ」

大きな声でロレンツォさんが指示を出すと、威勢のいい返事をしてヨアヒムさんが外へ出ていった。

(予定通り?あれ?もしかして僕…丸め込まれた?)

「ほれ」

僕がどうも腑に落ちず首をかしげていると、ロレンツォさんが太い指でシルバーの指輪を摘んでこちらに差し出してきた。

「これは?」

受け取って指輪を見ると、シンプルな作りに見えるけど細かい文様が刻まれていて凝った作りになっている。

「この指輪はシーレ卿から預けられていたものでな、これを見ればお前がギルドから来たことが分かるようになっている」

「はぁ…わかりました」

僕は指輪を右手の薬指にはめた。

「いいか、依頼は会いにいくところまでだが、その場で何らかの依頼を受けた場合はお前がその場で決めていい」

「はいはい、分かりましたよ。お菓子と料理忘れないでくださいね」

僕らの会話を黙って聞いていたテレサさんが話に割り込んできた。

「そうと決まればこんなところで油売ってる場合じゃないね、葵、行くよっ」

「げっ」

(そうだった…テレサさんとまた一緒かぁ)

「『げっ』?」

テレサさんの杖が床を『カッ』と鳴らす。

「あっ、いえっ、はいっ、行きますっ、行かせていただきますっ」


◇◇◇


「オヤジ、ありゃ何者なんだい?」

葵と入れ代わりに戻ってきたヨアヒムがロレンツォに訊く。

「今朝王宮からここまで案内したけどよ。途中、尾行を撒くときなんざ、俺でも知らなけりゃ気配を感じねえほどだったぜ?」

「ああ、確かにありゃ単なる婆ぁじゃねえな…んー、テレサ…テレサな…?そういやあ、大昔…『死神のテレサ』とか言われた女の暗殺者がいたとか…いやいやいや、まさか…な」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 君の●は。 一夢 菅野タカシ 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 零覇 タケユウ アロマコミック 石野鐘音 零零零 真城の秘宝館 舘石奈々 NOIR 花妻見枝豆丸 白羽まと AV 飛燕 にくじゃが BENNY’S 大石コウ 田中竕 ダルシー研Q所 マグナプラン すずしろやくも 中川優  立川立夏 spika 真黒皇子 久壁おと 工藤詩乃 春日まゆ 上原ヨヨギ 能都くるみ @子猫 緋衣響一 松任知基 gallery 極フェロ walhalla ココロコネクト 満足堂 愛内なの あきちん 酒井仁笹弘 ちり 無限軌道 都氏 さじぺん カワディMAX ちょこばにら 橘真児 花門初海 しまちよ 葛城ゆう 舞麗辞 ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ りこ丸 オジィ 高山ねむ子 ろれろれ屋 式神くろ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 ボクガール 如月奏 アパタイト SPINDLE 八尋ぽち ほんじょう山羊 雪乃つきみ 高尾鷹浬 47.5% 愛昧亭 有栖リツカ 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 消火器 風雅ゆゆ 伊駒一平 クリムゾン ikak 吹浦ハギ 彩葉チヨ 天鬼とうり ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ LIBERTYWORKS 椿山パリィ 藤馬奈緒 ケラトン メイビーソフト 雷蔵 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 森島コン  福徳紗織 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 鳥茶丸 愛昧亭うまみ 小武 松阪剛志 桂あいり あまね紫狼 Lilith じぃすぽっと vivi-sectr 月下冴喜 白濁系 ゆうきつむぎ pastgadget 井ノ本リカ子 高瀬むぅ 浅草寺きのと ヨノイ誠一郎 CrookedNavel くりおね社 ら○ま1/2 ヨシフミカオル 松山はやて 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます