FC2ブログ

記事一覧

湖畔での戦い~ラルフ~

「カルロ殿下、魔術で上手いこと大公達と連絡はとれないものなのでしょうか?」

そう言うとカルロは鼻で笑った。

「ふっ、あのな、それが出来るならとっくにやっているさ。この王宮内では魔術は使えんのだ」

(そうなんだ)

「この王宮と後宮の地下には古代の魔術装置が設置されているのだと聞いている」

「では、その魔術装置は停められないんですか?」

「停めるには王が必要なのだ。実はな一昨日、王に解毒剤を飲ませたのだが、いかんせん倒れていた期間も長い。解毒が完了したとしても、さすがにまだ立ち上がることもできんはずだ」

(それじゃ無理か…)

「まずはなんとか中の様子が分からないことには…」

その時、扉がノックされた。

「誰だっ?」

思わず身構える。

「あのぉ」

扉の向こうから、か細い少女の声が小さく聞こえた。

ホッとして緊張を解くと王子が「いいぞ」と返事をする。僕は一応気を引き締めて鍵を開けると扉から離れた。

薄く扉が開く。

「テレサ様から、王子に伝えるように、と言われて…」

「なんだ?というか、扉を開けろよ」

「えっ、でも…そんな…やだっ、王子様ってそんな趣味がっ?」

王子が扉に近寄り、押すと「キャー」と悲鳴が上がる。

(なんだろ?)

しばらくして扉の隙間から少女の顔が覗いた。

「…あれ?服を着てる…」

拍子抜けしたような声で言うと、少女はおずおずと部屋に入ってきた。

「どういうことだ?」

「あの…テレサ様が…その…中で二人がまぐわっていらっしゃったら邪魔しないように、と…」

「婆やめ」

(勘違いもここまでくれば凄い…)

「それは後のお楽しみだ。で、どうした?」

(ん?なんか聞き捨てならないような?)

「あの、私の友達に厨房担当がいるんですけど、一緒に晩御飯食べようって言ってたのに、急に仕事が入ってダメになったって…それを私が愚痴ってるのをテレサ様がお聞きになって、王子にお伝えするようにって…」

王子は口に手を当てて考えていた。

「なるほど。至急テレサを呼べ」

「はっ、はいっ」


◇◇◇


「おかしいわねぇ。ジョシュ、ゴメンね」

「いいよ。仕事が忙しいんじゃないの?」

サラとジョシュは王都内のカフェでお茶を飲みながら相談していた。

二人が王都についたのはまだ陽の高い時間だったが、そこからサラの父親の住んでいる屋敷を見つけるまでが一苦労だった。

サラも何度か来たことがあったとは言え、いつもは馬車で乗りつけるので、どこにあるかなど知らなかったからだ。

それでも何とか見つけたところまでは良かったのだが、今度は門が閉まっていて入れなかったのだ。

「どんなに忙しくても家の管理はメイドや執事がするはずなんだけど…こんなことってありえる?」

サラは何度も首をかしげてジョシュに聞くが、そもそもジョシュは貴族ではないので分からない。

「なあ、これ以上遅くなると陽が落ちてしまうよ。暗くなったら森の中は危険だし、さすがに寮長にバレてしまうから一旦帰ろうよ?」

ジョシュの提案に、太陽がオレンジ色に染まりつつあるのを見てサラも頷いた。

「そうね…あっ、じゃあさ、最後に王宮に行ってみましょ?ダメもとで聞いてみたらお父様に会えるかも知れないしっ。ねっ?」

二人はそれなら急がないと、と立ち上がった。


◆◆◆


日が傾き始めた頃、合宿所ではエルザとモニカが困惑していた。

「寮長にもう一度確認しましたが、やはりサラさんとジョシュさんが戻っていないそうです」

「まさか、エヴァが…?」

「姫様、それなら魔力を感じ取るはずです。ですので、考えられるとすると二人でどこかに行ってしまったか、他の魔物に出会ったか…」

ジルとラルフも不穏な空気を感じとって二人に近づく。

「手分けして探しましょう。お二人もお願いできますか?」

「分かった」

「いいだろう」

「では、王女は私と一緒に探しましょう」

それぞれが散る。


◆◆◆


四人が分かれてしばらくした時、ラルフのイヤリングが高い音を放った。

「むっ」

ラルフは湖の周囲の道から外れて森の中に入る。

『ィイーンッ、キィーンッ』

音が徐々に大きくなる。

『キイィーン、キイイィーン』

思わず顔をしかめてラルフはイヤリングを外して走った。

(近いっ)

『ザザッ』

森の小道の途中に女の姿が見えてラルフは立ち止まった。

夕焼けに照らされた女の顔がオレンジに染まっていた。

「ふふ、ようやく来たわね」

エヴァが微笑む。

その妖艶な笑みと見事な体のラインに反して―カモフラージュに身に着けたていたのだろう―アヴニールの制服のアンバランスさが異常な色気を醸し出していた。

「ああ、葵を散々いたぶってくれたようだな」

そんなエヴァの姿を一顧だにせず、ラルフの声に殺気がこもる。

「葵?知らないわねぇ…?」

ゆっくりとラルフに見せつけるように髪をかきあげて流し目を送る。

「うふふふ」

微笑みながらラルフに手を向けると、エヴァの瞳が赤く輝いた。

『ドスンッ』

その瞬間ラルフの後ろにあった木が倒れる。

「ふっ」

一瞬早くその場から飛び退いていたラルフは軽く息をつく。

「ふふふ、今の不意打ちを躱すなんて見てくれだけじゃなさそうね。それじゃ…もっといくわよ」

『ドンッドンッ、ドンッ』

エヴァの足元に土煙が立ち上がったかと思うとラルフの飛び退いた後ろの木々がなぎ倒されていく。

「ふふ…」

『ドンッ、ドンッ、ドゴッ』

ラルフが拳を突き出した先の地面に、土でできた蛇のようなものが倒れて、のたうち回っていた。

「空中で墜とすなんて、やるじゃない」

『ゴッ、ドガッ、ゴッ』

躱すことをやめたラルフは土の蛇を撃ち落としながら徐々にエヴァに接近する。

「ふん、そのくだらん土の玩具がお前の力か?」

「玩具ねえ…いいわ、ちょっと本気を出してあげる」

ラルフの挑発に笑うとエヴァが黒い石をどこからともなく取り出した。

「見てなさい、なかなか見られるものじゃないのよ。うふふふ」

そう言うと、握った石から黒い靄(もや)が出る。

そしてすぐに黒い靄(もや)に包まれてエヴァの体は見えなくなった。

「んっあぁぁっ、あんっ、やっ、ああああっ」

靄の中からまるで喘ぎ声のような声がこだます。

「んっ、んあっ、あっぁぁぁあああああっっっ」

喘ぎ声が止まった時、変化したエヴァの姿がラルフの前に現れた。

頭から山羊のような角が生え、170センチ程度だった身長は180センチのラルフと肩を並べるほどになっていた。

それに背中には禍々しい翼を生やしている。

もともと窮屈そうだったブラウスのボタンは弾け飛び、衣服を失った豊満な裸体が惜しげもなく晒されていた。

「はぁ、はぁ…何度やってもタマらないわぁ…」

エヴァが激しく喘ぎながら体を抱きしめて快感に震える。その真っ赤に光る目が恍惚として濡れていた。

「ん~、久しぶりにこの体になったわねぇ」

しばらく快楽の余韻に浸っていたエヴァが腕を上げて体を伸ばす。

「なるほど、これが本当の力というわけか…」

強いプレッシャーで周りの草木が震える。

「…あっ、そういえばこの格好になるといちいち服が破れちゃうのが唯一の欠点なのよね」

エヴァが緊張感のない声でそう言うと、魔力が収束して布のように体に纏わりつき、レオタード姿となった。

「お待たせ。さっ、始めましょう」

エヴァが手を上げると土が盛り上がって無数の触手が蛇のようにウネウネと揺れた。

「ちなみに、この子達なんだけど、玩具じゃなくって触手って言うのよ」

赤い瞳が輝くと土でできた触手達がラルフに向かって飛んだ。

「何度やっても同じことだ」

数本を撃ち落としたラルフの足元から新たな触手が襲いかかる。

「ふんっ」

ラルフが空中に飛び上がって躱す。

「あら、うまく躱したわねえ。でも…」

空中で落下するラルフに向かって手を振った。

身動きの取れないラルフに触手が鞭のようにしなって襲いかかる。

「ふんっ」

ラルフは空中で触手を撃ち落とそうと拳を突き出した。

「うふふ」

その光景を見たエヴァが不気味な笑いを浮かべた。

『ガバァ』

これまで同様、拳が触手を粉砕しようとした瞬間、二本に分裂した。

「むっ」

対象を失った拳に分裂した触手が絡みつく。

「ぐっ」

ラルフの意識が腕に向く。

『ドゴォォッ』

新たに放たれた触手がラルフの腹に直撃して、木をなぎ倒しながら吹っ飛んだ。

「あらら、終わっちゃった?」

エヴァが土煙の上がる森の奥を見つめる。

「もうちょっと遊んであげても良かったかしら…って…あら?」

ラルフがもうもうと立つ煙の中から姿を現した。

「…この程度か?」

「あれ?まさか無傷…?」

ラルフの体が赤く輝く。

『ダンッ』

ラルフの足元の地面が沈むとほぼ同時に、エヴァの目の前にラルフが現れた。

「キャッ」

拳がエヴァの体を捉える。

『ドガァッ』

今度はエヴァの体が草木を抉りながら吹っ飛んだ。

エヴァが吹っ飛んで出来た道を、ゆっくりとラルフが歩く。

「く…やるじゃない…」

エヴァが立ち上がる。

「でも、まだまだこれか…あれ?えっ、もうなのぉ?」

突然エヴァの体が霧のようにぼやけ始めてラルフが足を速める。

「っとに、もうっ、ここまでみたいね…、いい?今度会った時には覚悟してなさ…」

(本体ではない…これはどういうことだ…?)

消えたエヴァをしばらく見つめたラルフは急ぎ、合宿所に向かって走りだした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 あむぁいおかし製作所 林田虎之助 ToL●VEる 氷月 M小説同盟 ガットマキア Q RAYMON パルコ長嶋 せみもぐら akys本舗 谷口さん DATE 桐下悠司 なるせ きつね長官 枝空 夢幻館 大和田朋輝 砕骨子  忍桐ずん 九条志玲 かかし朝浩 L.P.E.G. TSFのF 犬神ラボ あむ H9 命わずか 柚子鉄線 ゆきまろゆっきー ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 ダイナマイトmoca うえにあるみかん サナダ 龍企画 ぶーちゃん アサノシモン もちもち堂 猫丸恋太郎 けんたろう 鹿島田しき 紫紀 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー 艦●れ 狩野景 ドウモウ U.R.C 坂井リンゴ あるざ流人 蜥蜴重工 エムシー販売店 HB いそふら Norn あめしょー 水利硝 gallery_walhalla BANANA 宮里えり 泥酔桜国 ヴァニラCREAM 一輪車でねこらっしゅ 午前七時の合わせカガミ LAZY_CLUB 幾夜大黒堂 かると 菅野タカシ ノーリミット tes_mel Norn/Miel/Cybele 新堂エル 稲葉COZY やまガラス Cothurnus 大嶋亮 NOIR BENNY’S ニイマルサン にくじゃが 日月ネコ 福龍 恥辱庵 エロエ TS内燃機 クラウド せぼい アカギギショウ 松園 君の●は。 無計画主義 もくふう 鈴月奏 眠たい猫 大石コウ 夏川冬 石野鐘音 春日まゆ 永田まりあ Hisasi #define さいもん ウィルテイム ふじや 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 あべつくも 蒼田カヤ シルキーズ 綾瀬はづき くろの ピンポイント 緑木邑 消火器 まぐろどんぶり ひらたいら ピンクパイナップル 吉田犬人 キングピン 赤人 真城の秘宝館 高宮はいり 座間翔二 鶯羽佯狂 タケユウ 山猫スズメ 一夢 零零零 田中竕 アロマコミック 双龍 トキサナ AV 白羽まと 花妻見枝豆丸 PoRore 舘石奈々 飛燕 成田コウ 山田ゴゴゴ 桐生真澄 ダルシー研Q所 零覇 ちり 伊佐美ノゾミ 無限軌道 ハイエンド スピンドル 小女子 ココロコネクト 満足堂 酒井仁笹弘 JUMP B-DASH ディーゼルマイン 能都くるみ 天鬼とうり 愛内なの ポン貴花田 白駒らい D-ivision 144 瀬奈陽太郎 雨雅 コトキケイ 絵を描くマン 極フェロ 樋口あや 夜のひつじ 松山はやて 柚木N' 早乙女もこ乃 しなのゆら 松阪剛志 鉄巻とーます TinkerBell 松任知基 アクシス 高柳カツヤ tsxy 脳縮還元  蔵乃 はみ部屋 小武 とも福 若井いくお 森島コン 有栖リツカ りこ丸 高瀬むぅ ヨシフミカオル CrookedNavel 葛城ゆう あきちん  じぃすぽっと しまちよ vivi-sectr 舞麗辞 浅草寺きのと 雪乃つきみ 高山ねむ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 アパタイト さじぺん 百合原明 藤島製1号 SPINDLE 高尾鷹浬 ボクガール 如月奏 桂あいり 中川優 Lilith ケラトン たいやき 鳥茶丸 ちみチャンガ 種梨みや LIBERTYWORKS メイビーソフト 虹のれん 久壁おと クリムゾン 萌姫ねねね Red.D 工藤詩乃 pastgadget 橘真児 ごまさとし ちょこばにら 上原ヨヨギ 花門初海 ゆきマンゴー 勇者乾電池 TLB 立川立夏 アシオミマサト 白濁系 都氏 左カゲトラ ねじろ カワディMAX オジィ ほんじょう山羊 鉄腕うーぴー とめきち TSF専用 地縛霊の巣 宇行日和 八尋ぽち 愛昧亭 緋衣響一 @子猫 gallery walhalla 真黒皇子 spika 47.5% 式神くろ子 すずしろやくも 四八楼 眠り猫四郎 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku majoccoid すみすず まうめん チロリアン ねとろもりこん だーくすぴりっと はるゆきこ たいやきトランプ 東航 4階絵画室 CHU-S 天崎かんな 雑菌工業 汚惣菜屋 目指せ絵師様 チリモズク茶 ろれろれ屋 一夜猫の夢 マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ ぬるはちぽんぽん シュガーミルク 浅野屋 アシオ アクオチスキー先生 鳥之倉 Medium bodied トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 まどろみ行灯 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ 童貞食堂 レトロスター エクスプロージョン ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 井ノ本リカ子 あまね紫狼 雷蔵 福徳紗織 愛昧亭うまみ 藤馬奈緒 月下冴喜 ゆうきつむぎ 彩葉チヨ 水姫七瀬 あんにん 吹浦ハギ ikak 椿山パリィ 伊駒一平 風雅ゆゆ 篠塚醸二 四葉チカ 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 我心達吉 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト うたのはかせ 女騎士の城 雛瀬あや 白家ミカ runa アロマフラッシュ! なちすけ 木ノ碕由貴 Cybele 楽人唯夏 高槻遠名 くどうひさし 天野タマキ taro るいす・まくられん ほりとも 仁志田メガネ いちよんよん 小倉脩一 ピロンタン フジツナ Miel 托卵JP みなこなみ RIKI 星逢ひろ あましょく サ●ーウォーズ 東方Project Quu 馬せんた 南乃映月 南郷じんげる bpm12 大橋薫 花巻かえる TSUBASA さいだ一明 kupa モフ2製作所 ふかふか天職 南ちさと 美矢火 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます