FC2ブログ

記事一覧

思わぬ犠牲

「君は倭国の出身のようだ。介錯を頼みたい。サムライにはそういった情けがあると聞いた」

「んぁっ、はっ、はいっ」

(快感になんか負けてる場合じゃない)

僕は誰もいなければすぐにでも自慰をしたくなるほどの疼きに耐えてなんとか頷いた。

『ガシャ』

黒い鎧の上半身を脱ぐと、レヴァイン卿が座る。

「レヴァインっ」

王の呼び掛けに顔を上げたレヴァイン卿は穏やかな顔をしていた。

「陛下、ありがとうございました。私はこれより国を乱した罪を償わせていただきます。願わくば私に賛同した貴族、我が家臣、領民、家族には寛大な沙汰をお願いいたします」

「レヴァイン…分かった」

王の目に涙が浮かんでいたが、レヴァイン卿の決意を感じとって、何も言わない。

「さあ、頼んだぞ」

レヴァイン卿が逆手に持ったナイフを腹の前に構えた。

ランプの明かりでレヴァイン卿の影が揺れる。

「いくぞ「お父様っ」」

その時、大きな声が謁見の間に響いた。

(この声は?)

僕の視界に思いがけない少女の姿が映る。

(え?まっ、まさかっ)

あまりの驚きで一瞬体の疼きすら忘れてしまうほどだ。

「サっ、サラ…?どうしてここにっ?」

「アリスっ?アリスこそどうして?って…エルザっ、そこに座ってるのってエルザじゃないっ?ううん、そんなことより、お父様っ?」

(お父様?……あっ…レヴァインって…まさか…サラの…父親?)

見比べるように二人の顔を交互に見る。

(そうだっ、どこかで見たことがあったはずだっ)

「お父様っ」

「近寄るなっ」

サラがこちらに走り寄ろうとするのをレヴァイン卿の強い声が止めた。

(あっ)

レヴァイン卿の顔に一瞬、苦悩の表情が浮かぶのが近くにいた僕には見えた。

だけど、サラにはレヴァイン卿の表情まで見えなかったはずだ。ビクッと立ち止まったサラにレヴァイン卿が続いて冷たく言い放つ。

「はあ、はあ…いいか、サラ、今の私はもはやかつての私ではない…邪魔するようなら娘だろうと容赦せん」

「何言ってるの?お父さ…」

なおも近づこうとするサラに向かってマイムールを突きつけた。

「近づくな、と言ったのが聞こえなかったのか?」

「え…、お…父様?どういうことなの?」

サラは周りの惨状を見てみるみる顔が青ざめる。

「…まさか…これっ、お父様が…?じょ、冗談だよね?お父様…だって…」

サラの震える声は言い終わる前に泣き声に変わった。

「そうだ。全て私のしたことだ。お前など私の娘でもなんでもないっ。早くこの場を去れっ」

「そん…な…」

サラは後ずさるようにして、少し離れると、入り口の方へ振り返った。

(レヴァイン卿…)

サラが泣きながら謁見の間から走って出ていくのをレヴァイン卿は悲しげな目で見つめる。

「幸せに…な」

『ガシャ』

サラの後ろ姿が闇に消えると、レヴァイン卿は再び跪いてナイフを構えた。

「頼む」

僕は村正を振りかぶった。

(もう少しだけ…もう少しだけもって…)

体の疼きに耐えるのもそろそろ限界だ。もう少ししたら意識が快楽に飲み込まれるだろう。その時、どうなってしまうかは分からないけど、仕方ない。

(みんなを守れたんだから…)

レヴァイン卿が目を閉じた。僕も村正を掲げる。

『ヒュッ』

「だめぇっっ」

「何っ」

再びサラの声にレヴァイン卿と僕の腕が止まった。

「なぜ戻ってきたっ」

謁見の間の入り口から叫ぶサラの姿にレヴァイン卿が驚いたような声を出した。

「お願いっ、お父様っ、昔のお父様に戻ってよぉっ。私…わたしはお父様と一緒にいたいよぉっ」

涙を流して再びサラが父親に訴える。

「サラ…」

涙を浮かべたレヴァイン卿が手を上げて、下ろした。

(え…?)

『トス』

鈍い音がして、サラの胸からナイフの柄が出ている。

(何が起こっ…?)

「…ぁ…」

小さく口から吐き出されたサラの吐息が耳に入ってきたけど、僕はまるで夢の中の出来事のように、馬鹿みたいに立ち尽くしていた。

「お…とう…さま…」

サラの唇から血が一筋流れ落ちて、スローモーションのように体が崩れ落ちる。

「サラぁぁぁっ」

座ったままのレヴァイン卿の雰囲気が再び変わっていた。

「グハハハハハハハッ、待った、待ったぞォォ、この瞬間、こ奴の意識が私から逸れる瞬間をっ」

バアルの顔でレヴァイン卿が高々と笑う。

「サラぁっ」

サラのもとに走ろうとした僕の足が、疼きでもつれる。

(こんなときにっ、んああっ…)

学院でのサラの笑顔が頭に浮かぶ。

「サラぁっ」

倒れたままサラに向かって伸ばした僕の手がバアルに踏みつけられた。

「痛っ」

「ククク、ようやくこの体が完全に私のものになった。愛する娘が死ぬ瞬間の絶望は最高だったぞ…クッ、クハハハハハ」

バアルの高笑いが頭上から降ってくる。

「さて、まずは…そうそう、お前達からだな。だが、安心しろ。すぐに王女も、それにここにいる連中も逝くことになる」

バアルがマイムールを高々と掲げた。

『カッ…ドゴォォォォン』

天井に開いた穴から眩しい光が降ってきたかと思うと、一瞬後に凄まじい爆発音がした。

『バチバチバチバチ』

マイムールの刀身が金色に輝き、周囲に光の筋が飛び散っている。

(「主殿…今度こそさらばじゃな」)

覚悟を決めたような村正の声。

(「村正ぁっ」くそぉっ、僕が殺られたらテレサさんもエルザも王様もみんな殺られる)

だけど、今の僕は起き上がることすらできない。

「この国が、この世界が滅び行くのをあの世で見ているがいいっ、フハハハハハ」

これまで出会った仲間達の、友達の顔が浮かんだ。

(くそぉっ…僕に力があれば…みんなを守る力が…)

『バチバチバチバチ』

刀身に充填された雷が部屋の大気を揺るがし、激しく鳴る。

そして、ピタ、と剣先が僕に向けられた。

「今度こそ終わりだ」

(「力が…」)

(「「え?」」)

マイムールの先が一際眩しく輝くと同時に村正とは別の男の声が頭に響いた。


◆◆◆◆◆

真っ白な部屋。

暖かい光が僕を包み込んでいる。

(ここは…僕は死んでしまったのか…?「村正、いる?」)

(「ここにおるぞえ」)

起き上がって見渡すも、誰もいない。この白い空間の中にいるのは僕だけだった。

(「ここはどこなんだろ?」)

(「ふむ…天国…というわけではなさそうじゃな」)

(そうだっ、みんなはっ?)

勢いこんで起き上がる。

「力のない己を呪うか?」

声が頭に直接響く。

「誰だっ?」

聞いたことのない男の声。

(「この声…うぅっ」)

村正が苦しそうに呻く。

(「村正っ、どうしたのっ?」)

(「うぅぅ、なんじゃっ、誰ぞ?」)

「お前は力を欲するか?」

再びそう聞かれて僕は答える。

「欲しいっ、僕はみんなを守るだけの力が欲しいっ」

頭の中で声の主が微笑んだような気がした。

「みんなを守るため…か。お主のような者を待っていた。力を貸してやろう。あの時私にも力があれば…今度こそ……千…を……」

声が消えていく。

(「待つのじゃっ、その声っ…思い出せぬ…誰なんじゃっ?」)

村正が叫んだような気がしたけど、急速に意識が消えていく。


◆◆◆◆◆

『ズガァァァァンッッッ』

マイムールから発射した雷撃が消えた跡にはメイドの二人は影も残っていなかった。

(さて、約束通り王女を殺して封印を解くとするか)

玉座を振り返った私は見間違えたかと、もう一度見る。

「なんだとっ?」

若い方のメイドが王女の前に年寄りのメイドを寝かせていた。

(なぜ、そこにいる?…まさかあの一撃を躱したというのか?そんなはずはない)

「貴様っ、どういうことだっ?」

少女までの距離は数歩。一気に距離を詰めてマイムールを一閃する。

『ヒュッ』

立ち上がった少女を薙ぎ払った…はずだった。だが少女の姿はない。

(何ッ)

床に座っていたはずのメイドが俺の隣に立っていた。

「お前はレヴァイン卿の境遇につけこみ、サラにまで手をかけた…」

「こんなっ」

剣をさらに振る。

(スピードの問題ではないっ)

『ヒュンッ』

背後に気配がした。

(また躱された…偶然ではない)

静かな、だが、冷たい声が後ろから聞こえた。

「僕はお前を許さない」

「うるさいっ」

振り向いてマイムールから凝縮した雷を撃つ。

『ドゴォォンッ』

激しい爆発が壁を砕き、土煙があがる。

「クハハハハハ、今度こそ」

煙の中から現れた刀が、考える暇もなく、俺の腹を捉える。

『ズバァァッ』

「うおおおっ」

(……?)

自分の腹を見下ろす。

(繋がっている…?)

「…?ククッ…ハッハッハッハッ、大層な事を言って…私を傷つけることも出来ないナマクラだったかっ」

私は無防備に目の前に立つ少女を斬った。

『ズバッ』

少女のワンピースが裂けて、血が迸った。

『ズシャ』

腹から臓物が落ちる。

「ふん…単なるこけおどしだったか…」

一瞬でも冷や汗をかかされた事が腹立たしい。

少女に怒りがこみ上げる。少女の腹から溢れる血や肉片を見る。

(ん…倒れていない…だと?)

「許さない」

少女が一歩踏み出した。

「そんな馬鹿なっ、なぜ死なんっ?」

『ボトッ、ボトッ』

動いた拍子に少女の腹から内臓が落ちる。

「うおおおお」

マイムールを床に突き刺すと電撃を放射した。

『バチバチバチ』

少女の髪が焦げて、端正な顔が焼きただれた。

だが、少女は体中に火傷を負いながら歩みを止めない。

「クソっ、クソぉっ」

私は手当たり次第剣を振る。





僕は膝をついて動かなくなったバアルを見おろしていた。

「ど…どうしたというのだ…?」

シーレ卿が部屋の端から恐る恐る僕に声をかけた。

「バアルは僕と戦っている幻の中にいます」

僕はそう言ってバアルを見た。

バアルは、なんだかブツブツと呟いていた。

「これで終わりだ」

そう言って無防備にさらけ出されている首に剣を振り下ろした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 ToL●VEる ガットマキア 氷月 Q M小説同盟 DATE パルコ長嶋 akys本舗 RAYMON 谷口さん 枝空 あむぁいおかし製作所 きつね長官 なるせ 忍桐ずん 九条志玲  H9 L.P.E.G. 桐下悠司 あむ 大和田朋輝 かかし朝浩 ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン ゆきまろゆっきー TSFのF ぶーちゃん 命わずか 砕骨子 犬神ラボ せみもぐら 艦●れ HB 鹿島田しき うえにあるみかん gallery_walhalla 猫丸恋太郎 ダイナマイトmoca 龍企画 あめしょー いそふら 大人の幼恥園 夢幻館 サナダ 蜥蜴重工 もちもち堂 狩野景 坂井リンゴ あるざ流人 ドウモウ エムシー販売店 U.R.C 宮里えり むらさきにゃんこバー 大嶋亮 幾夜大黒堂 水利硝 泥酔桜国 かると Cothurnus ヴァニラCREAM LAZY_CLUB やまガラス Norn/Miel/Cybele Norn けんたろう 一輪車でねこらっしゅ ノーリミット BANANA せぼい 双龍 さいもん OKAWARI あべつくも まぐろどんぶり 柚子鉄線 龍炎狼牙 福龍 Hisasi 男体化 午前七時の合わせカガミ 松園 綾瀬はづき 狼亮輔 神谷ズズ 鈴月奏 吉田犬人 夏川冬 ふじや #define 赤人 成田コウ 恥辱庵 ニイマルサン TS内燃機 雪月楓花 トキサナ 座間翔二 アロマコミック 山猫スズメ 花妻見枝豆丸 白羽まと シルキーズ 新堂エル tes_mel ピンクパイナップル 飛燕 桐生真澄 アカギギショウ くろの 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 エロエ クラウド にくじゃが 永田まりあ 舘石奈々 ピンポイント キングピン 眠たい猫 田中竕 ひらたいら 緑木邑 山田ゴゴゴ 高宮はいり ウィルテイム 零覇 菅野タカシ PoRore タケユウ もくふう ダルシー研Q所 無計画主義 紫紀 アシオミマサト 勇者乾電池 しなのゆら 雨雅 ごまさとし アクシス LIBERTYWORKS ディーゼルマイン 高柳カツヤ 花門初海 ちょこばにら 橘真児 夜のひつじ コトキケイ クリムゾン TinkerBell ゆきマンゴー 若井いくお B-DASH はみ部屋 ハイエンド しまちよ JUMP ポン貴花田 白駒らい スピンドル 伊佐美ノゾミ D-ivision 虹のれん 天鬼とうり 小女子 TLB 種梨みや ちみチャンガ Red.D たいやき 鳥茶丸 蔵乃 vivi-sectr  樋口あや 中川優 上原ヨヨギ 立川立夏 あきちん 有栖リツカ 松阪剛志 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 如月奏 ボクガール 早乙女もこ乃 松山はやて 愛内なの ココロコネクト 満足堂 酒井仁笹弘 ちり 能都くるみ 都氏 工藤詩乃 極フェロ 久壁おと 松任知基 小武 高山ねむ子 高瀬むぅ 無限軌道 ヨシフミカオル 雪乃つきみ 高尾鷹浬 じぃすぽっと Lilith 葛城ゆう りこ丸 pastgadget 白濁系 CrookedNavel 浅草寺きのと 森島コン メイビーソフト アパタイト  さじぺん ケラトン SPINDLE 桂あいり 藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 舞麗辞 松波留美 まうめん すみすず みよし だーくすぴりっと ねとろもりこん 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン かふぇもかそふと Q-Gaku 目指せ絵師様 チリモズク茶 雑菌工業 汚惣菜屋 たいやきトランプ majoccoid はるゆきこ ほりとも るいす・まくられん 雛瀬あや 白家ミカ runa なちすけ 一夢 楽人唯夏 高槻遠名 木ノ碕由貴 アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ taro フジツナ ピロンタン 天野タマキ 小倉脩一 天崎かんな 東航 真黒皇子 春日まゆ 石野鐘音 spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 緋衣響一 @子猫 稲葉COZY 一夜猫の夢 福徳紗織 ろれろれ屋 walhalla 大石コウ gallery 君の●は。 八尋ぽち TSF専用 さくらぷちろー 地縛霊の巣 四八楼 零零零 4階絵画室 CHU-S 眠り猫四郎 宇行日和 AV オジィ NOIR ほんじょう山羊 カワディMAX ねじろ とめきち 鉄腕うーぴー Cybele Miel 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 BENNY’S 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか あましょく 南郷じんげる bpm12 星逢ひろ RIKI 日月ネコ サ●ーウォーズ みなこなみ モフ2製作所 ふかふか天職 花巻かえる TSUBASA 托卵JP 大橋薫 さいだ一明 南ちさと kupa 東方Project 南乃映月 蒟吉人   百合 十月兔 不確定空間 りーるー 南京本舗 納屋 女騎士の城 Quu 馬せんた うたのはかせ 我心達吉 鎖ノム メロンバロン 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

アクマでチェンジ Dec 02, 2016
10周目 9月25日(土) 午後1時40分 葛城亜紀 Dec 01, 2016
ちっちゃくなっちゃった! Dec 01, 2016
恋スル女体化注意報 -女のカラダで濡れすぎヤバイッ!【1話~3話】 Nov 30, 2016
催眠治療の仕方について Nov 29, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売