HOME > 真実の鏡 > title - ひめはじめは着物で…って僕が姫?② 完結
2015/12/31

ひめはじめは着物で…って僕が姫?② 完結


「はん…やっ、んんっ」

大きな手が鷲掴みにするおっぱいが薄明かりの中で白く光っている。

(「ああっ、ワシもたまらんの…ああっ、ええのぉ…んっ、こらっ、そんなっ、摘まんだらっ」)

隆の指が僕の膨らんだ乳首をコリコリと摘まんだ。

「はうぅぅっ、だめぇっ」

思わず腰を曲げてお尻を隆に押し付けてしまった。その瞬間ビクッと隆も反応した。

(「おやおや、こやつも硬とうなっとるではないか」)

…えっ?

僕の意思とは別に、手が後ろへと回る。そして後ろ手に隆の股間に触れた。

僕の手はズボンの上からなのにはっきりとその大きさを、硬さを感じ取る。

そして、僕の指が形を確認するように艶かしく動き始めると、隆も僕の着物の裾の合わせめを開いて手を入れてきた。

「あっ…そんな…」

裾が大きくはだけて、太腿まで露になる。そして隆の手がパンティの底に触れた。

「あっ、ふぁっ」

隆の手は器用に乳首とクリを同時に擦る。感じやすい部分を狙い撃ちする隆の指に翻弄されて僕の頭も冷静ではいられなくなった。

…すごく…おっきぃ…

隆の指の動きに合わせるように僕の手にも力が入る。

「はぁっ、んっ、はっ、ぁっ」「はあっ、はあっ、ふっ、ふっ」

興奮はお互いの息遣いにあらわれていた。頭の片隅で、これは男に戻るためなんだと言い聞かせ、だけど、してはいけないことをしているという罪の意識がさらなる快楽を生んでいた。

『クチュッ』

あぁぁ…濡れてきちゃったぁ…

オマンコの奥から粘液が溢れ出る。

(「あぁぁっ、気持ちええのぉっ、んあっ、若いもんだとっ、んっ、思って舐めとったが…んんっ、これはなかなかじゃのっ」)

手が勝手に隆のチャックを引き下げたけど、これは絶対に僕の意思ではないとはもはや言い切れない。

さらにズボンから取り出したオチンチンを直接擦り始めると、隆もパンティの中に指をねじ込んできた。

「あぁぁっ、あっ、隆の指っ、太いっ」

「うっ、遊っ、そこはっ」

『チュクッ、チュクッ、チュクッ』

独特の男女の湿った息遣いとお互いの性器から垂れた粘液の音が混ざり合う。

…あぁぁ…もぅ…だめ…

隆を振り返って見上げると唇が降ってきた。

「んっ…ちゅ…ネロ…ネロ…」

お互いの舌が絡み合う。

…ほしぃ…隆の…

熱っぽい視線が交錯する。


もう言葉はいらない。

隆が床に自分のコートを敷くとズボンを下ろして仰向けに転がった。

僕もパンティを片足から抜いて隆の体の上に跨がった。裾も胸元と同様に既に乱れていて、隆の手で捲りあげられるとお互いの顔の前に性器をさらけ出す格好になった。

お尻を丸出しにしているけど、暖房のせいか興奮のせいか、寒さは感じなかった。

…やっぱり…おっきぃ…はぁ…

(「やはり、こやつのは惚れ惚れするような一物よのぉ」)

目の前で屹立するオチンチンは久しぶりに見たせいかもしれないけど、凶悪だ。

(「さて、お主は…見惚れておってよいのか?」)

…へっ?

いつの間にか隆の指が僕のオマンコを開いていた。

あっ…隆からは丸見えに…

今更恥ずかしくなってお尻を隠そうとした瞬間。

「ふぁぁっ」

直接熱い息がクリトリスに掛かって僕は身震いする、と同時に舌がクリトリスを舐めあげ、そのままオマンコに入ってきた。

『ネロッ、ニュルッ』

「んあっ、やらっ、舌っ、入れちゃっ」

指よりも太く柔らかい舌の侵入に思わず逃げだそうとした僕の体が動かなかった。

『ネロ…ネロ…二チュ…』

(「なぜ逃げるんじゃ?」)

…だめぇっ、こんなのっ、すぐにっ…

「あっ、はぁぁぁっ、だめだったらぁっ」

『ピチャ、ピチャ、ニュル、ネロ…』

隆の舌がより奥まで侵入してくる。

…こんなの…これいじょうは、おかしくなっちゃうよぉ、あっ、はぁぁっ…

(「気持ちがよいのじゃからもっと味わえばよいのじゃ」)

僕の体が動いた。だけど、動く方向が…。

…そっちはっ、そっちはぁっ、逆だからっ、あっ、らめぇっ

隆の顔にお尻を押しつけたと思ったら歯がクリトリスを掠めた。

「ひゃうっ」

目の前を火花が飛び散った。

「んっ、やああぁぁぁっ」

(「おほおおおおっ」)

次の瞬間、視界が一瞬真っ白になって僕と頭の中の誰かの叫び声が重なる。

ビクンッ、ビクンッ、と背中が痙攣して、それが終わると僕は力尽きるように隆の下腹に体を横たえた。

そして、飛んでいた意識が戻ると、ぼやけた視界に隆のオチンチンが見えた。

我慢しきれないようにピクピクと動き、触ってもないのに先走り液で竿まで濡れている。

(「可哀想になぁ。お主ばかり気持ちよくなっておっては、この男もたまらんじゃろうなあ」)

僕はその言葉に従って隆のオチンチンに両手を伸ばす。

ギチギチに勃起したオチンチンは両手でも余る。

(「形も硬さも素晴らしいのぉ。ほれ?動かしてやるのじゃ」)

『チュコッ、チュクッ、チュクッ』

「うっ、おっ、ううっ」

上下に擦ると後ろから苦しそうな声が聞こえる。

(「その調子じゃ、喜んどるぞ」)

『クチュッ、チュグチュグチュグ』

「あっ」

亀頭の先から先走り液が溢れ出て僕の口許に飛んできた。

あ…この匂い…

久しぶりに感じる男臭い匂いに頭がクラクラする。目の前で先走り液を溢れさせる亀頭に唾が口の中に溜まる。

(「お主も舐めたいんじゃろ?ええんじゃよ。この男も望んどるぞえ」)

その言葉を待っていたかのように僕はオチンチンを握りしめたまま、頭を横にすると、竿の根本に唇を押し付ける。

「ペロ…ペロ…んっ、はぁ、はぁ」

溢れ出る先走り液を舐め、徐々に顔をあげて亀頭に向かう。

「うっ、遊っ、ジュルジュル、はあ、はあ」

隆も再びオマンコに吸い付いて、ネットりとした愛液を啜った。

「んあっ、らめっ、しゅっちゃやだぁ」

だけど、体は動かない。

逃げられないんだ…もぅ…このオチンチンで…イカされちゃうんだ…

ドキドキと心臓が高ぶる。それを隠すために亀頭にむしゃぶりついた。

それから気がつけばお互いの性器を舐め合って何分経過したのだろう。

もう、体の中が隆の匂いで一杯になったように感じる。

(「気持ちよかったぞえ。では、そろそろいただくとしようかの」)

その声とともに体が勝手に起き上がり、机に肘をつく。

(「どれ、まずはワシからいただくかの」)

…ぇっ?もしかして…

「隆…我慢できなくなったの…隆の大きなオチンチンで僕のトロトロマンコを一杯にしてっ」

口からスラスラと言葉が出てきた。

(「生身のセックスは何百年ぶりかのぉ」)

ちょっと、何言ってるんだよ、僕の体なんだよっ

(「ケチケチせんでもええじゃろ?それにワシがしっかり搾り取ればお主は何もせんでよくなるんじゃから。女として男とセックスするのが嫌なんじゃろう?」)

…確かにそうだけど…そうだけど…

(「では、触覚を切るかの」)

その瞬間、目や耳や鼻の感覚はあるけど、肌の感覚がなくなって、まるで宙に浮いているような不思議な感覚に現実感が薄れる。

その直後、目の前がブレた感じがした。

(「おほおおおっ、気持ちええぞぉっっ」)

僕の口からは「あんっ、あんっ」と喘ぎ声が出ている。だけど僕には全然感覚はなくて、前後に体が揺らされて視界が揺れるだけだ。

(「おほおっ、凄いのぉっ、若いとこんな無茶なっ、おほっ、んっ、ふおおっ」)

頭の中で喘声が響く。

…そんな気持ちいいんだ…

以前女の子になってしまった時の快感が頭の中でグルグル回った。

「ゴクリ」

…ねえ

僕は頭の中にいる誰かに話しかけた。

(「んああっ、そんな奥までっ、苦しいっ、ああっ、もっと奥までぇっ」)

…聞こえてない?…ねえっ、ちょっと…

何度も呼び掛けてようやく返事が返ってきた。

(「んあっ、なんじゃ、エエとこなんじゃ、あっ、はうっ」)

触覚を戻してくれても…

(「ダメじゃ、ワシが楽しんどるんじゃ…それともお主も女体の快感が欲しいのか?おおおっ」)

…そんな…こと……ないけど…

(「あんっ、それならそこで見ておれっ、ふあぁぁっ」)

…そんなこと…ないけど…

何だか寂しくなる。

…でもエッチしたいわけじゃ…

自分でも自分の感情がよく分からない。

『パンッ、パンッ、パンッ、パンッ』

(「ふあっ、なっ、なん…じゃとっ、これほどっ、ちょっと待てっ、待つんじゃっ、んああっ」)

その時、先程まで上から目線で快楽を味わっていた声に余裕がなくなる。

(「腕を持つなっ、服が脱げるっ、あっ、乳首もなんてっ…」)

頭を上げていられなくなったのか、机しか見えなくなるけど、どうやら腕を後ろに引っ張られて無理やり体を起こされたみたい。それに着物も脱がされた?

(「くぅぅっ、はうっ、んああっ、ましゃか…ワシが…こんな小僧にぃぃぃ」)

「ああっ、らめっ、イキそうっ」

『パンッ、パンッ、パンッ、パンッ』

(「イキそうじゃっ、ううっ」)

「イクぅぅぅぅっ」

頭がのけぞって天井が見えたかと思うと、再び机に突っ伏す。

………

(「しゅごい…久し、ぶりに……んあっ、にゃにを…」)

頭の中の声は呂律が回っていない。

『ズンッ』

視界が揺れた。

「んはああああっ」

隆の狂暴なオチンチンが再び入ったようだ。

(「らめじゃ、らめぇっ、おかしくなるのじゃぁぁぁっ」)

「あああああっ、イキゅイキゅっ、いっちゃうよぉぉっ」

……………あれ?

しばらくして隆の腰の動きも止まったようだけど、やかましいくらい喘いでいた声も止まった。

(「らめ…じゃ…お主に…返す…」)

……へ?

その瞬間、これまで遮断されていた全ての感覚が僕を襲った。

「んあああああっ、なにこれぇぇっ」

これまで遮断されていた女の快感が濁流となって襲い掛かり、僕は目の前が真っ白になって何度も体が痙攣する。

…ダメ……僕も……

意識を手放しかけたところで隆が僕を抱き起こす。

「あぅっ、…ぅっ…ぅっ…」

痙攣が止まらない。

「遊…次は前から頼む」

隆が僕を片腕に抱いて、乱暴に空いた手で机を動かす。そして僕の体を机に仰向けに寝させた。着物は帯で止まっているけど、上半身が脱げてしまっている。

「最後はお前の顔を見ながら…な?」

愛液と先走りが撹拌されて白い泡が所々に着いたオチンチンはさらに大きくなっているような…。

ムリムリムリ、いま、あんなの入れたらっ…

だけど体は快感に溺れて全然力が入らない。隆に足をグイッと開かされて、無防備なオマンコに凶悪なオチンチンが狙いを定める。

「ちょっ、待っ」

そう言いかけるも、時すでに遅く、ぐっ、と亀頭が押し出される。

『ズブズブ』

先程まで受け入れていたオマンコはトロトロに蕩けて凶悪なオチンチンを飲み込む。だけど、僕にとっては初めての挿入だ。まるで体が壊れるほどのサイズに息が止まる。

「あっ…くっ、はっ、きっつい…ゆっ、くりぃぃ」

「ああ、すごく締まる、まるで初めてみたいだぞ」

…んんんっ、そうだよっ、今日初めてなんだからっ、優しくっ、ふあぁぁぁっ…

『ムニッ、ムニッ』

僕は形が変わるほど自分のおっぱいを掴む。乳首を自分の口元に寄せるように両方のおっぱいを真ん中に寄せた。

「遊っ、それっ、エロいっっ」

隆のオチンチンがさらに膨らむ。

…なんでっ、あっ、こんなっ、んんんっ…

「あ…ぁ…ぁ…」

時間をかけてオチンチンがカラダの奥までしっかりと入った。

「ふっ、はぁぁぁ」

僕は深呼吸して息を整える。

「遊っ、息を吸うたびに締まって…すまん、我慢できない」

『ズボッ、ジュボオッ』

「んひゃああああっ」

激しく抜かれた後には激しく突かれる。

「んあああああああっ」

膝を大きく広げた僕にのしかかるように体重を乗せてオチンチンを突っ込んでくる。

ああああああっ、おくにきてるぅぅぅぅっ、ダメダメダメっ、おかしくなっちゃうよぉぉぉ

僕は手を隆の背中に回す。

「らめっ、くるしぃよぉっ、んっ、チュウウ」

隆の唇が僕の口を塞ぐ。

ネロネロと舌を絡ませながら隆が器用に腰を叩き込んできた。

『パンッ、パンッ、パンッ、パンッ』

「もっ、んちゅっ、ぷはっ、らめっ、たかしっ、らめっ、おかしくなりゅのっ、おかしくなりゅううぅぅぅぅっ」

一瞬隆の動きが止まる。

……はれ?…たかし…?

『パンッ』

「はうぅぅぅっっ」

ガクガクっ、体が震える。

『パンッパンッ、パンッ』

「あああぁぁぁぁっ、らめぇっ」

タイミングをずらされてさらに絶頂への階段を駆け上がる。

「イっちゃうぅぅ、あっ、イクっ、こんどこしょぉぉっ」

目の前が白い。もう軽くイっちゃてる。

「ううっ、遊っ、イクぞっ」

「あんっ、あんっ、きてぇぇぇぇぇっ、たかっしぃぃっ、あっ、ああっ、イクっ、いっちゃうのぉぉっ」

隆のオチンチンがオマンコの中で膨らんだ。

「あっ、くりゅうぅぅぅっ」

「おおおおっ」

『ドビュビュビュビュビュ』

「らめっ、らめらってぇっ、イッてるっ、イッてるのぉぉっ」

しぇいえきっ、はいってくるぅぅぅっ、またいっちゃうぅぅぅっっ


★★★★


翌日。守衛室にて。

「んん?おかしいな…防犯カメラが壊れちまったかぁ?全く…正月早々業者に連絡か…」

一応見に行くか、寒い中立ち上がった。

関連記事

コメント

非公開コメント