FC2ブログ

記事一覧

10周目 9月24日(金) 午後7時20分 高樹美紗

10周目 9月24日(金) 午後7時20分 高樹美紗


柔道部の練習が終わった後、アタシはプールの入り口が見える植え込みにしゃがんで隠れていた。

今は部活なんか出ている場合じゃないとも思ったんだけど、亜紀が部活に出ているのを確認して恐らくまだ行動には移さないのだろう、と考えたんだ。それに島津が補習を受けている間は水泳部もいるし、権田も手を出すわけにはいかないだろう、という読みもあった。

(二人はアタシに何かを隠している。それは十中八九、性的な何かだ。そして島津はいずれアタシ達の体が元に戻ると考えているから、きっとアタシに気を使ってアタシ抜きで解決しようとする)

それで、部活が終わるや否やアタシは急いでプールに向かった。走ったおかげで、ちょうど水泳部も練習が終わるタイミングに間に合った。

(島津は…?)

出てくる学生をチェックするが、島津の姿はない。

しばらく待っても出てきたのは若い教官だけだった。教官が扉に鍵をかける姿にアタシの心が騒ぐ。

(遅かったの…?)

アタシは焦る心を抑えて鍵を掛けられたガラス戸を見つめた。

(どういうこと?今日は補習はなかったの…?それとも、どこかに連れ出されたか…)

フッと辺りが薄暗くなる。消灯時間がきたようだ。アタシは暗闇に紛れてプールのガラス戸に近づいて中を覗きこむ。

僅かに明かりが見える。

(あそこは…教官室?)

教官室の電気がついているとしたらまだ中には二人がいる。

諦めかけていたアタシの心に希望が灯る。

(中にいるならいずれ出てくるはずっ)

再び待つことにして一時間後、ぼんやりと漏れていた光が完全に消えた。

(よしっ、出てくるっ)

出てきたらどうするかは考えていない。島津を問い詰めるか、それとも権田を殴って島津を助けるか…、権田を脅迫するという手もある。

頭の中でいくつかシミュレーションをしていてアタシはふと気がついた。

(それにしても遅くない?…まさかっ)

プールの周りを走る。すると裏に別の入り口があることに気がついた。

(しまったぁ…)

痛恨のミス。しばらく呆然としたけど、もはやどうしようもなかった。



◇◇◇


10周目 9月24日(金) 午後8時20分 島津政信


シャワーを浴びて、制服に着替えた俺はブラウスに薄いニットのベストという姿で職員用の通用口から学園を出た。ベストは権田が準備したものだ。

やはり内股になってしまう。夜になって冷えた空気に思わずスカートを押さえる。

(くそっ、…うぅ…葛城、ちゃんと気づいていてくれよ)

気を紛らすためにも俺は葛城の事を考えることにした。

俺と葛城の計画は、まず昼休みに葛城が体育教官室で権田のパソコンを初期化する。大切な情報なんか知ったことではない。

だけど、それだけでは足りない。なぜなら、以前俺がキレてパソコンを壊そうとした時に権田が「もとのデータはワシの家にあるんやでっ」と口走ったからだ。

全てのデータを消すためには権田の家に行かなければならない。だから放課後、俺は権田の家に行く約束をとりつけたのだ。

葛城は俺の携帯から出るGPSの位置情報を利用して権田の家に向かう。そして、俺が権田の気を逸らしている間にパソコンを初期化する。

俺はチラッと前を歩く権田の様子を窺う。どうやら権田は体育教官室のパソコンの中身が空っぽになっていることに気づいていないようだ。

(それにしても、どこに向かうんだろう?)

教官と生徒。二人が一緒にいるところが人目についたら困るから俺は権田から数メートル遅れて歩いている。

俺が普段使う駅とは逆方向だ。時おり吹く風にドキッと肩が震えた。

道は街灯があるのでそこまで暗くはないが人っ子一人いない。不思議に感じて周囲の建物を見れば学園の附属の学校が立ち並んでいた。

(なるほど、このあたり一帯が学校ばかりだからこの時間には人がいないんだな)

人がいないのは心細いが今の俺の状況を考えればむしろ助かったとも言える。

そうこうしているうちに交差点の角にバス停が見えた。権田がバス停のベンチに座り、俺もまるで無関係を装って少し離れて立つ。

(こんなところにバス停なんてあったんだな)

時刻表を見ると、近所にある学園の附属学校の学生のためのものらしい。次が最終のバスらしく、待っているのも俺と権田だけだった。

(葛城…大丈夫か?)

もし葛城がこのバス停に遅れてきたらもうバスはない。そもそも葛城が同じバスに乗る事訳にはいかないのだが。

(うまくやってくれよ)

「……」

無言で待っていると、暗い道に明かりが近づいてきた。バスが来たようだ。いよいよか、そう考えると緊張が高まってくる。

結局俺たち以外に乗る人もいないしバスに乗り込むと見事に乗客は誰もいなかった。

「あれ?権ちゃん、久しぶりやなあ。今日は一人じゃないんやな。エラいベッピンさんやな」

馴れ馴れしい口調で運転手が軽口を叩く。

(また関西弁…って、権ちゃん?)

「ひひひ。うちの生徒や」

へえ、と運転手が俺の体を上から下まで眺めた。スカートから出た太腿を見る目がイヤらしい。

(バレてないよな…?)

だが身構えた俺に運転手はそれ以上は何も言わず、権田に促されて一番後ろの窓側の席に座った。

「次は○○に停まります。車内が揺れますので立ち歩かないよう…」

機械のアナウンスが流れてバスが走り出す。

そして走り出すとすぐに隣に座っていた権田が俺の肩に手を回してきた。

「スクールバスでこんなこと出来るなんて最高やな」

権田が顔を覗きこんできた。その目は唇を要求していた。

このバスは一般的なバスよりも小さいから、一番後ろに座っていても運転手までの距離は近い。

ちょうど運転手がバックミラーを弄っているのが見えた。

(こっちを気にしてる…?)

運転手を気にしつつ顔を権田に向けると分厚い唇が吸いついてきた。

「んちゅっ…ちょっ、運転手さんに気づかれるっ」

「せやからエエねやろ?」

肩にまわされていた手がキスに意識が向いている間に胸の上に移動していた。

「んっ、あっ、ダメ…」

服の上から押し潰すように胸を揉む。

「やらかいなあ。なんでやろなあ?」

わざとらしく聞いてくる。

(そんなの…)

理由はブラジャーをつけていないからだ。

夏服に学園指定の紺のベストを着させられた理由は周囲に下着をつけていないことを隠すため。

「夜は冷えるからな」などと、もっとももらしいことを言う権田を俺はうらめしく睨んだものの結局言う通りにするしかなかった。だけど歩いていて分かった。校内と、学園外ではその恥ずかしさと不安は比べようがない。

権田の分厚い手がベストのVネックから入ってくるのを無言で下唇を噛んで堪える。

ベストの中に入ってきた太い指が俺をからかうようにブラウスのボタンをゆっくり弄る。

「なあ、手ぇ入れるで?」

権田が耳もとでわざと生臭い息を吹き掛けてきた。ゾワゾワと鳥肌が立つ。

「あ、…ん…家で…」

それほど大きくないバスなので俺は声を抑えて権田に耳打ちした。

「家まで我慢なんかできひん。ほれ」

権田はバスの運転手の事などまるで気にする様子もない。それどころか俺の手を掴んで自分の股間に押しつけた。

(固い…)

公共の場で、しかも権田は小一時間前に射精したばかりなのだ。

(でもまさかこんなところで…?)

そのまさかだった。権田のスラックスの中でむくむくとそのサイズは大きくなっていく。

「なっ?このまんまでいろって方が殺生やろ?…それに、美紗の手がそんな擦るもんやからますます勃ってしもたで」

その言葉に俺は自分の手が権田のチンコの形を確かめるように動いていることに気がついた。

「あっ、いや、これは…」

手を離そうとして権田に止められる。

「やめんでエエ。それより、ほれ…苦しいさかい楽にしてな」

「んっ…」

乳房をブラウスの上から掬い上げるように揉んでいた手が直接肌に触れる。

「なっ、エエやろ?手だけやったらバレへんから、なっ」

また耳元に生暖かい息を吹き込んできた。

「ん?この固いのは何やろな?」

「あっ、そこは…ゆっ、許して…声が…」

乳首を摘まんで耳に舌が入ってくると声が上ずる。

運転手が権田の仲間かどうか分からないし、そもそも仲間でも声を聞かれるわけにはいかない。

「なあ、はよしてな。分かるやろ?」

(………今日で終わりだから…)

この言葉、今日だけでも何度自分に言い聞かせたか分からないが、もはや納得させるというよりも手順のようになってしまっている。

(……計画を成功させるため…仕方ないんだ……)

俺はチャックに手を伸ばす。

「ひひひ」

権田のイヤらしい笑い声を聞きながら、チャックを下ろして勃起したチンコを引っ張り出した。

「手つきが慣れてきたなあ」

からかうように笑う権田を睨んで擦り始める。

「ああ、うまなったなあ。せやけど、そんな顔してたらあかんわ」

ブラウスの中で二本の指が乳首を挟む。

「んくっ…や、めて…」

ビクンッと俺の体が跳ねた。

「ほら、エエ顔になったな」

「やめて…ここでは…」

「せやな…ワシが触るのはかわいそうやな」

乳首を弄っていた指の動きが止まった。

(助かった…)

乳首は快感が強すぎて声が我慢できない。

「自分でオマンコを弄ってもらおか」

「は?」

「聞こえへんかったんか?だから…んぐむむむ」

大きな声に権田の口に手を当てた。バックミラー越しに運転手と目が合う。

「むぐぐぐぐ」

何すんねん、と言いたげな権田の目。何か言われる前に俺は権田に見えるように足を広げた。

「ふう、分かったんならエエんや」

口が解放された権田が目を細める。

「そしたらまずは触ってみい」

俺はスカートの中に手を差し込んだ。

『ヌル』

割れ目の襞(ひだ)に触れた指からはねっとりした感覚が伝わってくる。

何となく歩いているときから感じていたが、やはり、というべきか濡れていた。

「どうしたんや?」

権田の手がスカートを少しめくる。

「ほほお」

嬉しそうに目を輝かせる権田。着替えた時に下着は全て剥ぎ取られ、権田の目には今、濡れたオマンコが見えたはず。

「よっしゃ、ちょっと開いてみてな」

権田の命令に俺は親指と人差し指で割れ目を開く。

「ピンクのオマンコがグチョグチョに濡れてるやないか。美紗は恥ずかしいのが興奮するんやな」

「いや…」

膝に権田が手を置いて、足を閉じようとするのが止められた。

「何がちゃうねん。ノーパンで外歩いて、バスの中でワシに見られて興奮しとるんやろ?ほれ、垂れてきたで」

権田の言う通り、割れ目から出た愛液が肌を伝う感じがする。

「まだするの…?」

「指で気持ちエエとこを弄るんや。せやないとおっきい声出すで」

これまでの事を考えると権田なら公共の場でも本当にやりかねない。俺は指でクリトリスを潰すように指で擦る。

「あっ、んっ、んんっ」

恥ずかしさと快感に思わず声が出てしまうのを必死で抑える。

「ん…んん…」

(あぁ…声が…気持ち…)

「エエなぁ。せやけど自分ばっかり気持ちようならんと、ほれ?掴んでるだけやったらあかんでぇ」

クチュクチュと指を動かしていた俺は権田のスケベな声にハッと我に返った。スカートの中の手に集中していて、もう片手が権田のチンコを握っていたのを忘れていた。

(……俺は何をして…)

「なんや、やっぱり嫌がるふりして好きなんやろ?」

「ちっ、違うっ」

俺は慌てて権田のチンコを擦り始める。

「おおぅっ、エエでぇ」

体がやり方を覚えてしまったのか、権田が興奮する。さらに亀頭を捏ね回すように手のひらで擦ると権田の腰がびくついた。

「くふっ、どこでそんなん覚えてんっ?」

『クチュクチュクチュクチュ』

「あかんっ、我慢でけへん」

グイッと頭を下におしつけられた。

「あっ」

「口でやるんやっ。オマンコに入れてる指も止めたらあかんからなっ」

横倒しにされて権田のチンコを口に含む。手はスカートの中に入れたままだ。

「んちゅ…ねろねろ…ん…ちゅぱっ、ずずっ」

(なんでこんなに…)

指はトロトロに蕩けた肉の中でふやける。出し入れする指の根本から愛液が垂れた。

「むぐっ、ズズッ、じゅぽっ、じゅぽっ」

『クチュクチュ…ジュプッ、ジュプッ』

さらに激しく指を出し入れしながら口を上下に動かすと頭の中がグチャグチャになってまるで口もオマンコも犯されているような気分になった。

(こんなことさせられて…)

だけど俺が権田に抵抗できないのは脅されているからではない。

(スクールバスでなんて…)

子供が乗るバスで男のチンコを舐めて自分を慰めるなんて、そう思って…興奮していた。

「んっ、はぁぁあっ」

誰が聞いても分かるような掠れた喘ぎ声が出てしまったけど、運転手の存在などいつの間にか俺の意識から消えてしまっていた。

『クチュッ、ジュボッ、クチュッ、ジュジュッ、グチュッ、グチュッ』

激しく動かす口から手から卑猥な粘液の音が鳴る。

「んぁっ、あっ、ああっ、んぐっ、んはぁっ」

(ああ…もうっ…おかしくなるぅ……だめになるぅっ……)

「イクでっ、全部飲むんやっ」

権田の声に俺は反射的に口をすぼめて吸いついた。

『ドピュドピュッ』

(ぁ……くるっ、きちゃうぅぅぅっ、おかしくなりゅううぅぅぅっっ)

権田が頭を押さえてくるのも馴れた。むしろ熱い精子が喉を打つと同時に体が痙攣した。

「フェラチオしてイキよって…変態やなあ」

ビクンッ、ビクンッと痙攣したまま、俺は今日だけで何度も犯された疲れで、精液の臭いに包まれて意識を失った。

関連記事

コメント

相互リンクのお願い

管理人様はじめまして。
1.2秒で見つかる巨にゅう無料動画 を運営しているボマーと申します。
この度は貴サイトと当サイトとの相互リンクのお願いの為に連絡をしました。
こちらでは既にリンクを登録させていただきましたが、差し支えないようでしたら是非ともご検討いただきたく思っています。
RSSを設置されている場合はそちらも登録させていただきました。

是非ともよろしくお願いいたします。

////////////////////////////////////////
サイト名:1.2秒で見つかる巨にゅう無料動画
管理人:ボマー
URL:http://kyonyu.manp0721.net/
RSS:http://kyonyu.manp0721.net/feed/rss.php
メール:kyonyus_fan@yahoo.co.jp
////////////////////////////////////////

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 ToL●VEる ガットマキア 氷月 Q M小説同盟 DATE パルコ長嶋 akys本舗 RAYMON なるせ 枝空 きつね長官 谷口さん あむぁいおかし製作所  命わずか 大和田朋輝 九条志玲 忍桐ずん L.P.E.G. 桐下悠司 H9 かかし朝浩 あむ ぶーちゃん 犬神ラボ ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 砕骨子 アサノシモン ゆきまろゆっきー TSFのF せみもぐら 大人の幼恥園 ダイナマイトmoca 龍企画 蜥蜴重工 猫丸恋太郎 エムシー販売店 狩野景 艦●れ 坂井リンゴ うえにあるみかん gallery_walhalla もちもち堂 ドウモウ 鹿島田しき 夢幻館 U.R.C あめしょー HB サナダ いそふら あるざ流人 水利硝 柚子鉄線 BANANA 大嶋亮 LAZY_CLUB けんたろう むらさきにゃんこバー Norn/Miel/Cybele Cothurnus ノーリミット 一輪車でねこらっしゅ かると やまガラス 幾夜大黒堂 Norn 宮里えり ヴァニラCREAM 泥酔桜国 Hisasi PoRore 雪月楓花 松園 #define 吉田犬人 鈴月奏 綾瀬はづき TS内燃機 せぼい ふじや トキサナ 双龍 赤人 福龍 紫紀 夏川冬 ニイマルサン 恥辱庵 成田コウ 午前七時の合わせカガミ タケユウ にくじゃが クラウド キングピン 舘石奈々 ピンポイント 零零零 エロエ 狼亮輔 無計画主義 田中竕 神谷ズズ 真城の秘宝館 鶯羽佯狂 くろの 花妻見枝豆丸 ウィルテイム ひらたいら さいもん まぐろどんぶり あべつくも 稲葉COZY tes_mel ピンクパイナップル シルキーズ アロマコミック 男体化 緑木邑 新堂エル 眠たい猫 永田まりあ 山猫スズメ 菅野タカシ 零覇 座間翔二 龍炎狼牙 桐生真澄 飛燕 アカギギショウ 山田ゴゴゴ 白羽まと 高宮はいり OKAWARI ダルシー研Q所 もくふう ゆきマンゴー ハイエンド 勇者乾電池 種梨みや ごまさとし アシオミマサト 若井いくお 雨雅 TLB ちみチャンガ 鳥茶丸 舞麗辞 葛城ゆう りこ丸 しまちよ 花門初海 ちょこばにら B-DASH 白駒らい はみ部屋 Red.D たいやき 伊佐美ノゾミ 橘真児 虹のれん 小女子 JUMP 都氏 CrookedNavel 浅草寺きのと ヨシフミカオル 高瀬むぅ じぃすぽっと vivi-sectr 桂あいり 藤島製1号 森島コン  メイビーソフト ケラトン 百合原明 萌姫ねねね Lilith 白濁系 しなのゆら 夜のひつじ コトキケイ TinkerBell ディーゼルマイン アクシス 蔵乃 ポン貴花田 LIBERTYWORKS pastgadget クリムゾン 天鬼とうり スピンドル D-ivision 小武 松阪剛志 あきちん 有栖リツカ  中川優 立川立夏 上原ヨヨギ ボクガール 如月奏 SPINDLE 高尾鷹浬 アパタイト さじぺん ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 高山ねむ子 工藤詩乃 久壁おと 松任知基 ココロコネクト 極フェロ 松山はやて 樋口あや 早乙女もこ乃 満足堂 無限軌道 能都くるみ 高柳カツヤ 愛内なの 酒井仁笹弘 ちり 雪乃つきみ 松波留美 まうめん すみすず みよし だーくすぴりっと ねとろもりこん 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン かふぇもかそふと Q-Gaku 目指せ絵師様 チリモズク茶 雑菌工業 汚惣菜屋 たいやきトランプ majoccoid はるゆきこ ほりとも るいす・まくられん 雛瀬あや 白家ミカ runa なちすけ 一夢 楽人唯夏 高槻遠名 木ノ碕由貴 アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ taro フジツナ ピロンタン 天野タマキ 小倉脩一 天崎かんな 東航 真黒皇子 春日まゆ 石野鐘音 spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 緋衣響一 @子猫 一夜猫の夢 福徳紗織 BENNY’S ろれろれ屋 walhalla 大石コウ gallery 君の●は。 八尋ぽち TSF専用 さくらぷちろー 地縛霊の巣 四八楼 眠り猫四郎 4階絵画室 CHU-S 宇行日和 AV オジィ NOIR ほんじょう山羊 カワディMAX ねじろ とめきち 鉄腕うーぴー Cybele Miel 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 愛昧亭うまみ 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか あましょく 南郷じんげる bpm12 星逢ひろ RIKI 日月ネコ サ●ーウォーズ みなこなみ モフ2製作所 ふかふか天職 花巻かえる TSUBASA 托卵JP 大橋薫 さいだ一明 南ちさと kupa 東方Project 南乃映月 蒟吉人   百合 十月兔 不確定空間 りーるー 南京本舗 納屋 女騎士の城 Quu 馬せんた うたのはかせ 我心達吉 鎖ノム メロンバロン 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

呪いの♀化海岸 Dec 07, 2016
女にされて俺の人生変わったんだけど Dec 06, 2016
マジック・ルージュ -魔法転性- Dec 05, 2016
女レスリング Dec 04, 2016
VRの女神様 Dec 03, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売