FC2ブログ

記事一覧

イシュクの夜

夜の帳が下りるとイシュクの街は屋台と酒場の賑わう街に変わる。交易で栄えるこの街は旅人達のオアシスなのだ。

(アオイ…ね)

これから一仕事を残したアランだったが、彼は今、イシュクの夜の喧騒の中にいた。

覚悟は決まっている。だが、エルフにとっての神樹である世界樹を枯らせるという大罪をこれから負うことを考えると、思わず生まれ育った孤児院に来てしまったのだ。

実際のところアランは月に一度は孤児院に来ていた。それは世話になった孤児院への寄付のためだった。だが、こそこそと夜来るのには理由がある。

孤児院を出てから面と向かって話したことはないが、サリオン院長はアランが何をしているのか知っているだろう。そして彼がその事をよく思わない事は間違いない。だから今日も孤児院に金を投げ込んだら世界樹に向かうつもりで来た。

ところが、アランは孤児院の前まで来たとき、玄関先に小さな影があるのに気がついた。

「おい、こんな時間に何をしているんだ?」

影は孤児院の玄関先で座り込んでいる幼い少女だった。浅黒い肌に耳が尖っていることから一目見てハーフエルフだと分かる。

まだ日が暮れて間もないとは言え、酔っ払った奴等に何をされるか分からない。

サリオン先生にもさんざん言われているのだろう。アランの言葉に少女は怒られたと思ったのか肩をビクッと震わせたが、アランがもう一度優しく聞くと話し始めた。

「おにいちゃん、だあれ?」

「俺はアランだ」

「あのね、エリスね、おねえちゃんをまってるの」

少女の話をまとめるとこういう事だ。

まず、少女の名前はエリス、彼女の助けたアオイという旅の女が消えたらしい。サリオン先生も探しに出たらしいのだが、エリスはアオイの事が心配で待っているという。

「俺も探してきてやるからお前は中に入って待ってろ。外に出ていたなんて先生にバレたら大目玉くらうぞ」

それでも心配するエリスに孤児院の中で待つことと引き換えに必ず見つけてくることを約束してアランは夜の街をはめになったのだった。

『カランカラン』

しばらく盛り場を歩き回っていると、ちょうど酒場の扉が開いて黒髪の少女と男が出てきた。少女は砂漠の民が着る黒く足元まであるワンピースを着ている。

これもよくある光景だ。酒に酔い、一夜のアヴァンチュールを楽しむ者、性の売り買いもこの街では自由だ。

「おねえちゃんはわたしとおなじなの」

髪の毛を指差したエリスを思い出してアランは二人の後をつける。

二人は路地に入っていく。うっすらと出た雲に月が隠れて路地の中は見えない。

だがアランもこの街で十五まで育った。だからこの街の地理には詳しい。二人の歩く先は行き止まりだ。足音を消して忍び寄ると二人の言い争う声が聞こえた。

(痴話喧嘩か…?だとしたら外れだったか…)

「ちょっと、…教えてくれるって」

「教えてやるさ。だけどタダで教えて貰おうってのはムシが良すぎるんじゃねえか?」

角を曲がった先で嫌がる女に男が迫っているようだ。

「嫌っ、ちょっと、やめてよっ」

「何言ってんだ、ここまで来て嫌も何もないだろ?ほら、それに叫んだところで誰も助けになんて来ないぜ」

普段ならアランも無視する。男の言う通り、こんな路地裏にノコノコついていく方にも問題がある。

だが、エリスに約束した手前、可能性があるなら無視するわけにはいかない。仕方なしにアランが助けに入ろうとした時、男が言った。

「バジリスクの盗賊団について知りたいんだろ?それなら詳しく教えてやるぜ?」

(バジリスクだって?)

助けに入ろうとしたアランの足が止まる。

「なっ?その可愛い口でちょっと俺を気持ちよくしてくれりゃいいんだよ」

男の猫撫で声に女が大きな声を出した。

「だから、嫌だってば。いいよっ、別の人に聞くしっ」

ガッと何かを蹴る音がした。暗闇で足元が覚束ない女が逃げようとしてつまづいたようだ。

「はは、逃がさねえよ。暴力は嫌いだが、仕方ねえよなあ」

男の興奮した声にアランはこっそりため息をついた。

(もう少し情報を得たかったが…)

「嫌だっ、やっ、やめてよっ」

アランが角を曲がると、黒髪の少女を羽交い締めにしている男の背中が目に入った。

「おおっ、いい乳してんじゃねえか。ん?下着なしかあ?へへへ、お前もやる気満々ってか?」

「いっ、やっ、やめてっ」

男はロングスカートの尻に腰を押しつけている。夢中になっていて背後から近づくアランには気づいていない。

(やれやれ…)

アランが後ろから気配を隠したまま近づこうとした時、男が呻いた。

「うおっ、ぐぁっ」

崩れ落ちる男。

(何っ?)

アランは気配を消したまま後ずさる。

「全く…村正無しでもこれくらいは出来るんだからね。ところで、そこに隠れている人も僕に何か用?」

女は気配を隠したアランをあっさりと見破った。

(この女…ただ者じゃないぞ)

「お前はなぜバジリスクの盗賊団を探っているんだ?」

アランはわざと低い声を出した。

「そいつらに仲間がやられたんだよ。あなたは何か知ってるの?」

(仲間が?うーん…)

アランもこんな稼業をしているからには襲った相手は一人や二人ではない。

だが、思い出そうとしてアランは女の言葉に一瞬、ほんの一瞬、隙を作ってしまった。

「何か知ってるなら教えてよ」

(しまった)

気がついた時にはアランの目の前に女がいた。しかも、間の悪いことに、ちょうど薄い雲に隠れていた月が現れ、黒髪の女の顔がはっきりと見える。

女はアランの想像していたよりも若く、まだ十代半ばほどか。こうして近くで見ると整っているというには整いすぎている。

しかし、そんなことよりも問題は…。

(…顔が見られたっ)

さらに一歩女が近づき、息がかかるほどの距離になった。

「何か知ってるよね…?教えてくれないとあなたもこの男と同じになるよ」

少女の体から出た切れ味鋭い殺気がアランを刺す。

(まずい…)

アランは腰の曲刀の柄に手を伸ばしかけて、この距離で戦った場合を想像した。相手は丸腰、だが、この距離では剣を抜く間が命取りだ。

(この女、かなり出来る…)

これからまだ一仕事を残したままのアランは怪我をするわけにはいかない。

「……分かった…降参する」

(エリス、何が「お姉ちゃんを助けて」だよ…助けなんていらないだろ…)

アランは心の中で悪態をつきつつも、両手を挙げた。

「お前がアオイなんだな?」

「そうだよ」

「すまないが俺は本当に何も知らないんだ。たまたまエリスからお前を探すよう頼まれたからここにいるだけだ。情報を集めるのは手伝ってやるからエリスのためにも今日は早く戻ってやってくれ」

エリスの名前を出すとようやくアオイから殺気が消えた。

「そう、エリスが…それじゃ急がないと。案内してくれるんだよね?」

結局アランがアランを探す少女を手助けする羽目になってしまった。

(…だけど、むしろ助かったのかもしれないな)

アランはこの街に知り合いが多い。彼らの性格を考えると少女の美貌から聞かれてもないことまで喋るに違いない。

路地を出たアランはいくつかの店にアオイを案内した。

「いらっしゃ…」

やはり、というべきか、二人で入った店の主人や客はアオイを見るや、案の定のぼせ上がった。

「あの女、誰だ?」「スゲエ美少女だな」

だが、アオイはそんな反応に気づいているのかいないのか、完璧に無視してバジリスクの盗賊団について質問する。

「ははは、何かと思えば、そりゃあ、お前さんの…ゴホンゴホン…いや、知らねえ、すまんな」

もちろん、尋ねられた店主はアオイの探すバジリスクの盗賊団のリーダーがアランだと知っていたが、少女の隣で睨むアランを見て何も言わなかった。

「ふう。今日はこの辺でいいだろ?もう遅いし、また明日にしようぜ」

かなり聞いてまわったところでアランが少女に提案した。

「うん…でも、みんな何かを隠しているような…」

疑いの眼差しでアランに向けてそう言いかけた少女が急に黙った。

(ん?)

何となくアランの心がざわついた。

「どうかしたのか?」

少女がポケットから薬らしきものを取り出して慌てて飲み込む。それから今度はアランから少し距離をとった。

「なっ、なんなんだよ?」

(何か気づかれたか…?)

勘づかれるようなヘマはしていないはずだが、アランの手は無意識に剣の柄に伸びた。

「なんでもない。今日は帰る…」

少女はそう言って走り去った。

(一体何だったんだ?)


◇◇◇


僕が情報収集から帰るとエリスが一人起きて待っていた。それから案の定サリオン院長に叱られ部屋に戻る。

月明かりのベッドの中。僕は天井を見つめていた目を閉じ、胸に手を這わせる。

「ん…んん…」

ブラジャーをつけていないから服の上からでも尖った乳首がはっきり分かった。

(あん…もぅ…)

先程、情報収集を諦めたのは例の発作の兆候が出たからだった。不幸中の幸いだったのは薬を持っていたこと。

慌ててその場で飲んだけど、効果のある二時間の間に膣に薬を入れなければいけない。

僕は浮かび上がった乳首を指で摘まんだ。

「はぁぁ…ん…」

頭が痺れるような快感に、体が反応して足がシーツを乱す。

「はぁっ、んっ」

止めようとしても、か細い喘ぎ声は口から漏れる。

「はぁんっ、ふぅ、ふぅっ、んっ、あっ」

(そろそろ…いいかな…)

パンティの上から引っ掻く。

「はぁんっ…」

体がビクッと反応した。

(薬を…入れないと…)

パンティを脱いで割れ目に指をあてがうと、ヌルヌルとした感触は準備が出来たことを示していた。

「はぁ…はぁ…」

僕は枕元に置いてあった小さな卵形の薬を割れ目に押し当てる。

「ん…くっ、あっ、ぁぁぁ」

ヌルリと膣内に浅く入った薬を指で押し込んでいく。

「ああっ…むぐっ」

大きな声が出そうになって慌てて片手で口を押さえた。

(これは、薬をっ…んんっ、入れるためでっ、あっ、擦れてっ)

「はぁ、はぁ、はぁ…もっと…奥までぇ…はぁぁっ」

僕の中指は付け根まで熱い膣に包まれる。

「ぁっ、はぁっ、んっ、んっ」

(もぅ、奥まで入った…んああっ)

足が意思とは別に動きまわってシーツはもうグチャグチャ。

『ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ』

人差し指も加わり、石造りの冷たい部屋に艶かしい音と熱い吐息が満ちる。

「あっ、らめ…、やっ、はぁぁっ」

閉じた瞼の裏がチカチカと瞬いた。

『グチュグチュグチュ』

「ああっ、はあっ、あっ、はぁぁっ」

(らめっ、こえがっ、こえがあぁぁぁっ)

チカチカと瞬いていた光が強くなって…口にシーツを咥えた瞬間、目の前が真っ白になった。

「っんんんんんんん、むぐうぅぅぅぅっ」

(らめぇぇぇぇぇぇっ)

ドロドロの白濁した粘液が指を伝って逆流する。

僕は訳がわからなくなって、気がついたら眠ってしまっていた。
関連記事

コメント

忙しいと思いますが更新頑張ってください!
応援しています!

ありがとうございます

応援のおかげで頑張れます!!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太  赤髭 羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 ガットマキア ToL●VEる 氷月 Q M小説同盟 RAYMON パルコ長嶋 akys本舗 せみもぐら DATE 枝空 きつね長官 谷口さん なるせ 桐下悠司 九条志玲 忍桐ずん 命わずか  大和田朋輝 あむ 砕骨子 H9 L.P.E.G. かかし朝浩 夢幻館 犬神ラボ うえにあるみかん サナダ アサノシモン TSFのF ぶーちゃん もちもち堂 龍企画 柚子鉄線 ゆきまろゆっきー ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 鹿島田しき けんたろう 紫紀 エムシー販売店 蜥蜴重工 HB ドウモウ 狩野景 Norn U.R.C 大人の幼恥園 猫丸恋太郎 いそふら むらさきにゃんこバー あめしょー 艦●れ あるざ流人 ダイナマイトmoca 坂井リンゴ かると 新堂エル LAZY_CLUB 午前七時の合わせカガミ ノーリミット 稲葉COZY 幾夜大黒堂 BANANA gallery_walhalla NOIR tes_mel 大嶋亮 水利硝 泥酔桜国 ヴァニラCREAM Norn/Miel/Cybele 宮里えり Cothurnus 一輪車でねこらっしゅ やまガラス 狼亮輔 桐生真澄 男体化 君の●は。 神谷ズズ OKAWARI あべつくも 龍炎狼牙 赤人 せぼい 眠たい猫 無計画主義 もくふう AV アカギギショウ 山猫スズメ さいもん まぐろどんぶり 座間翔二 PoRore 福龍 大石コウ 石野鐘音 綾瀬はづき 消火器 吉田犬人 成田コウ 蒼田カヤ 松園 ふじや Hisasi アロマコミック TS内燃機 トキサナ 恥辱庵 鈴月奏 双龍 ニイマルサン #define 雪月楓花 夏川冬 BENNY’S 高宮はいり ピンクパイナップル エロエ クラウド タケユウ ひらたいら 白羽まと 菅野タカシ 鶯羽佯狂 緑木邑 飛燕 花妻見枝豆丸 ピンポイント くろの キングピン にくじゃが マグナプラン シルキーズ 真城の秘宝館 一夢 永田まりあ ダルシー研Q所 田中竕 舘石奈々 山田ゴゴゴ 零零零 零覇 ウィルテイム 舞麗辞 葛城ゆう アパタイト しなのゆら さじぺん TinkerBell しまちよ コトキケイ ぬるはちぽんぽん SPINDLE 高尾鷹浬 bodied アクシス 雪乃つきみ Medium 彩葉チヨ 夜のひつじ あんにん 水姫七瀬 吹浦ハギ りこ丸 ごまさとし JUMP 椿山パリィ ディーゼルマイン B-DASH はみ部屋 岸里さとし 白駒らい 小女子 ミッドナイトむぅむズ 高柳カツヤ 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 伊駒一平 虹のれん ゆきマンゴー 勇者乾電池 高山ねむ子 橘真児 ikak ちょこばにら 風雅ゆゆ アシオミマサト たいやき Red.D 鳥茶丸 ちみチャンガ TLB 種梨みや 花門初海 中川優 白濁系 樋口あや 松阪剛志 小武 森島コン  pastgadget アシオ クリムゾン 極フェロ 松山はやて 早乙女もこ乃 LIBERTYWORKS メイビーソフト ケラトン CrookedNavel 浅草寺きのと じぃすぽっと vivi-sectr 鳥之倉 ヨシフミカオル アクオチスキー先生 Lilith 萌姫ねねね 浅野屋 百合原明 藤島製1号 桂あいり レトロスター エクスプロージョン 高瀬むぅ  上原ヨヨギ スピンドル 工藤詩乃 立川立夏 ポン貴花田 あきちん 蔵乃 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 如月奏 ボクガール 有栖リツカ 蒼沼シズマ 久壁おと 満足堂 無限軌道 ココロコネクト シュガーミルク 松任知基 ちり 酒井仁笹弘 天鬼とうり D-ivision 都氏 能都くるみ 愛内なの タナカミノリ 藤馬奈緒 花巻かえる 鉄腕うーぴー とめきち ねじろ 大橋薫 南ちさと kupa さいだ一明 TSUBASA 托卵JP 高槻遠名 木ノ碕由貴 なちすけ 楽人唯夏 Cybele 宇行日和 Miel ふかふか天職 カワディMAX 日月ネコ サ●ーウォーズ 八尋ぽち 愛昧亭 東方Project Quu 馬せんた 南乃映月 みなこなみ ほんじょう山羊 南郷じんげる bpm12 モフ2製作所 あましょく オジィ RIKI 星逢ひろ 雛瀬あや 白家ミカ はるゆきこ たいやきトランプ 汚惣菜屋 majoccoid Q-Gaku すみすず みよし かふぇもかそふと 目指せ絵師様 チリモズク茶 CHU-S 眠り猫四郎 四八楼 4階絵画室 東航 雑菌工業 天崎かんな まうめん だーくすぴりっと ピロンタン 地縛霊の巣 フジツナ 小倉脩一 天野タマキ runa アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ 篠塚醸二 チロリアン ねとろもりこん 四葉チカ ほりとも taro るいす・まくられん 女騎士の城 うたのはかせ 愛昧亭うまみ KEN さかもと(猫) ZEQU 風呂井戸ソフト 雷蔵 TSF専用 しいなかずき もねてぃ MasterMind 松波留美 氷室芹夏 壱状什 DLメイト 碧本さり 福徳紗織 夏が夜かおる アイド●マスター 千変万化式 ら○ま1/2 柚木N' くりおね社 井ノ本リカ子 鉄巻とーます とも福 ゆうきつむぎ 月下冴喜 絵を描くマン tsxy あまね紫狼 たけし 睦茸 美矢火 ヨノイ誠一郎 瀬奈陽太郎 144 しおん 福田りお spika すずしろやくも 蒟吉人 百合 真黒皇子 りーるー 春日まゆ 十月兔   鎖ノム メロンバロン 我心達吉 納屋 47.5% 南京本舗 式神くろ子 不確定空間 布施はるか ろれろれ屋 みうら悶絶 walhalla 一夜猫の夢 黒色彗星帝国 たなかけいご 九波ヒメヒコ gallery TJ_studio 緋衣響一 合丼来来 ゆめみきらら 三夜 @子猫 ぷりてゐ 左カゲトラ 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます