FC2ブログ

記事一覧

10周目 9月24日(金) 午後9時50分 島津政信

10周目 9月24日(金) 午後9時50分 島津政信


まさに日本家屋というのがふさわしい瓦屋根の平屋の建物。広い敷地を木の塀が囲っている。老舗の料亭のような佇まい。

これが権田の家だった。

他の生徒が見たら驚いて目を丸くするだろう。だが、俺にはじっくりと詮索をしている余裕はなかった。

(うぅ…くそぉ…)

バスや野外での二度の絶頂が明らかに俺の体に爪痕を残していた。なんとなく頭が痺れたように思考が定まらない。

さらに権田の腰にまわした手、さするような動き。

「はぁ、はぁ、んっ…はぁ」

俺の体はいまいましいことにいちいち反応してしまう。

「何や?誰もおらへんから気い使うことないで」

権田が靴を脱いで、当たり前だが我が物顔で家に上がる。俺も鈍く光る板張りの廊下をついていった。

「こっちや」

案内されたのは畳の部屋。こもっていた昼間の熱がモワっと体に纏わりついてきた。とたんに体が汗ばむ。

権田も「暑いなあ、上脱いだらどや?」と言いながら縁側の窓を開けると、庭から虫の音とともに庭から風が入ってきて髪を揺らした。

「汗かいたし、まずは風呂に湯をためてくるわ」

俺がベストを脱いでいると、権田はそう言って家の奥へと消えた。

「ふぅ…」

静かな空間。まるで俺以外に誰もいないような…。

(誰も…?あっ、そうだ…)

涼しい風に頭が冷やされて、不意に俺は自分が何をしにここへ来たのかを思い出した。

(縁側から入れるから…っと、これでいいな)

葛城に連絡をとると、すぐに『わかった。すぐに行く』という返信があった。多分十分もしないうちに葛城は来てくれるだろう。

権田の消えた方を窺うが、全く気配は感じない。

(上手くいったか…)

俺はほっと胸を撫で下ろした。葛城を権田の家に手引きするところが一番心配だったからだ。

葛城を家に入れるには外と繋がる出入り口の鍵を権田に気づかれず開けなければいけない。それはアパートだと至難の技だ。

だけど、幸運なことに権田の家は大きな一軒家で、なおかつ権田自身が窓を開けてくれた。

おかげで疑われることもないし、一階の庭に通じる縁側なら簡単に葛城が出入りすることが出来る。

あとは葛城がパソコンを初期化するまで俺が権田を足止めすればいいだけだ。

「美紗、風呂の準備が出来たで」

(よし、これが本当に最後だ)

俺は縁側の先に広がる闇をしばらく見つめて覚悟を決めると、権田の呼ぶ方へと向かった。


◇◇◇

10周目 9月24日(金) 午後10時15分 権田泰三


「うわぁ…」

風呂に美紗の声が響く。

「なかなかエエやろ?」

ワシはスポンジのマットを広い洗い場に敷いて美紗を見つめた。既にワシは服を全て脱いでしまっている。

「古いだけの家やけどな、ここだけは自慢なんや」

洗い場はマットを敷いても余裕があり、桧の風呂は大人が二、三人入れるほどの広さがある。

「美紗、今日は帰らへんねんな?」

ワシの質問に美紗は意図を理解出来ていないので曖昧に頷く。

「一回やってみたいことがあったんや。もうちょい前にきいや」

やはり美紗はわけもわからずワシの言葉に従った。

ワシはサッと湯を注いでいた蛇口とシャワーを切り替えた。

『シャー』

勢いよく出た湯が雨のように美紗に降り注ぐ。

「わっ」

ワシは湯から逃げようとする美紗を抱き締めて一緒にシャワーをかぶった。薄いブラウスが体にピッタリとへばりついての白い肌が透けて見えた。

(おおっ、やはりこれはこれで…ひひひ)

勃起した乳首がブラウスに写る。

「ちょっと…これじゃ帰れないっ」

美紗は思わず本音を洩らした。

(帰らさへんで…ひひひ)

「帰る?今日は帰らへんねやろ?朝までには乾くやろ?それとも乾くまで待たれへん理由でもあるんか?」

ワシは何も気づいていない振りを続けて、美紗の鎖骨を撫でて、そのまま襟首から手を差し込む。

「ふぁっ、そうっ、あっ、らけどぉっ」

美紗は相変わらず健気に演技を続けようとする。

濡れたブラウスの中で柔らかい膨らみを弄び始めると美紗の体から抵抗する力が抜けた。

(散々ヤったったからな)

キュッと固くなった乳首を摘まむと、美紗が快感に腰を引く。すると、チンコがスカートに擦れた。

「おおっ、これはこれで新鮮やな」

壁に手をつけさせて尻を上げさせて見下ろすと、濡れたスカートがへばりついてプリっと引き締まった尻の形がはっきりと浮かび上がっていた。

「おうおう、綺麗な形やなあ。たまらんでえ」

ワシは両手で尻を掴んで、その割れ目にチンコを挟んで擦る。

「あっ、はぁ、はぁ…こんな…」

「気持ちエエんか?」

「はぁ、はぁ、そんなわけないっ、んっ、はぁ」

否定するのは言葉だけで、欲情しているのをが丸分かりだ。

「ほんまかなあ?」

スカートの中は下着を履かせていないので、オマンコの辺りをスカート越しに突いてやるとグチュッと粘膜の感触が伝わってきた。

「あっ、やぁっ」

美紗の尻が挿入をねだるように上がる。

(まだ簡単には入れたらへんで)

スカートを捲りあげて再び尻の谷間にチンコを挟んだ。

『クチュッ、クチュックチュッ、クチュッ』

リズムよく擦っていると時折柔らかい尻たぶに亀頭がめり込む。

「んっ…」

美紗はその度、ビクッと体を震わせる。

(エエ反応をするやないか…これなら…)

「おっと…」

尻を掴んでいた親指がすぼんだアナルの上を滑る。

「はぅっ」

明確に美紗に反応があった。

(尻の穴でも感じとるで。ひひひ)

ワシは尻を広げる振りをしてわざと尻穴に親指押し込んだ。

「あぐっ、んっ、痛っ…そこ違うっ」

(むっ)

美紗のはっきりとした声音に一度ワシは指を抜く。

(さすがにいきなりは無理やったか…無理矢理犯してもいい…いや…)

尻穴の快感に自らチンコを求めさせた方が面白い。

「『そこ』ってどこや?」

そう言いながら今度はじっくりと穴の周りをマッサージをするように押してほぐしていく。

「あっ、だからぁっ、そこっ、はぅぅ、らめぇ、汚いからぁっ」

耳まで真っ赤に染めて美紗が尻を振って逃げようとする。

「言うてる意味が分からへんなあ」

笑いながら美紗の尻穴を見ると薄く開いたり閉じたりと、ワシの親指の動きに反応し始めていた。

(ひひひ、ほぐれてきたでえ。もうちょいや)

「んん?」

わざとらしくワシは美紗に言った。

「なんか粘っこいのが垂れてきたで?シャワーとはちゃうようやけど」

これは本当のことで、美紗の開いた太腿の間からツーっと糸を引くように床に粘液が垂れている。

「興奮しとんのか?」

「いやっ、そんなこと…あっ、だからぁっ、そこばっかりぃ」

(そろそろエエか)

ワシは再び親指を震える尻穴に挿入した。

「ああっ、違うっ」

チンコ全体を握りしめるように締めてくるマンコと違って、尻穴は指を千切るかのように入り口で締めつけてくる。

「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」

美紗は浅い呼吸を繰り返す。

「力を抜くんや。ほれ、深呼吸や」

ワシの言う通りスー、ハーと大きく息をし始めると、指を締めつける力が弱まった。

「よっしゃ」

ワシは親指を徐々に奥に挿入していく。

「はぅっ、はっ、はいってくるっ、あっ、きたないっ、やっ、あっ、やめてっ」

美紗は今度は嫌がるものの痛がらない。

(やっぱりや。これならすぐにでも尻で楽しめそうやな)

とは言え、もちろん、まだ挿入する気はない。

親指を抜いて、両手で尻を掴んで広げると尻穴はひくひくと蠢いている。さらにその下のマンコも涎を垂らして続きを期待していた。

(まずはこっちからやな)

「はぁ、はぁ、はぁ…あんっ」

亀頭を割れ目にあてがっただけで美紗の唇から喘ぎ声が漏れた。さらに何度も擦りつけてやると切ない吐息とともに尻を振り始める。

「我慢できへんねやろ?」

美紗は恥ずかしいのだろう、こちらを振り向かずに小さく頷いた。

(体を蕩けさせたる)

『ジュブ』

亀頭をめり込ませると熱い肉が纏わりついてきた。

「あっ、んっ、んんっ」

グチュグチュのマンコの中をチンコが掻き分け奥に到達した。チンコを柔らかい粘膜が包み込んで締めつけてきた。

(ほんまに気持ちエエ体やで)

「あふぅぅぅ」

奥に当てたまま腰をのの字に動かすと美紗が踵を浮かせて震えた。

「おくはっ、あっ、ふぁっ、らめっ」

「奥がエエなんて、エロい娘やなあ」

「ちがっ、あっ、おしつけちゃっ、んっ、あっ、ああっ」

グイグイ奥をつくと、美紗は壁についていた腕だけでは体が支えきれないのか、豊満な胸がひしゃげるのも構わず壁に体を押しつけた。

「あぁぁっ、らめぇっ、おくがしゅごいぃぃ」

『グチュッ、グチュッ、ジュボッ』

さらに抜き差ししながら尻の穴に指を入れる。

「あっ、んっ、らめっ、しょこっ、らめっ、んあっ、このっ、へんたいっ、はぅっ、うごかしゃないれっ、あっ、んっ、んんっ」

美紗は尻に挿入された指に戸惑いながらも、マンコからくる快感で混乱したまま喘ぎ続ける。

「尻もエエんやろ?」

「あっ…んあっ…」

答えない代わりにマンコと尻穴がキュッと締めつけてきた。

『ジュブッ、ジュブッ』

「なっ、尻の穴が気持ちエエんやろ?」

ワシは尻の穴に入れた指をチンコに合わせて出し入れする。

『ジュブッジュブッ、ジュボッ、ジュボッ』

「あっ、ふぅぅっ、あっ、らめっ」

それでも真っ赤な顔で首を横に振る美紗だったが、執拗に尻とマンコを攻め続けた結果。

「ぃ…いぃ」

美紗の口から小さな声が出た。

(やっと素直になりよった)

快感に負けた美紗を見下ろし、さらにワシは攻める。既にかなりの時間攻め続けているせいで汗がピチャピチャと美紗の背中に飛んだ。

「何がエエんや?ほれ、言うんや」

「らめっ、いえないっ」

美紗は首を振る。

「言えっ、言うんやっ、尻穴がっ、アナルが気持ちエエんやろっ」

『グチュッ、グチュッ、グチュッ』

ワシは激しく腰を振って怒鳴る。

(ほれっ、限界やろ?言うんやっ)

そして美紗の背中がプルプルと震えだしたかと思うと、ついにその時が来た。

「はぁっ、あぁっ、…アナルっ…アナルがいいのっ、きもちいいのぉっ」

(言いよった、やっと言いよったでえっ)

今度はワシの方が征服感に震えた。

「よっしゃあっ、ケツマンコに入れるでえっ」

『ジュボッ』

ワシはマンコに入っていたチンコを抜くと愛液でヌルヌルになった亀頭を尻穴に押しつけた。

「ふぁっ…」

美紗は不安と期待に体を一度大きく震えさせ、興奮で荒い息を吐く。

「ふぅっ、ふぅ、ふぅっ」

「力を抜くんやでっ」

ワシはアナルに亀頭を押しつけたまま、体重をかけた。

『ズブ』

「くっ、はぁぁぁっ」

亀頭がめり込んだ瞬間、肺にたまっていた空気が押し出されるように美紗の口から息が吐き出された。

(むうっ…)

充分に準備したはずだったが、切れるのではないかと心配になるほど美紗のアナルはきつかった。

しかし、それは最初だけのことで、亀頭が通過するとそこから先は呆気なく入っていく。

「ふぅ、ふぅ、はっ、ぁああっ」

(おおおっ)

そして美少女のアナルに根本までチンコを突き入れたワシは感動に震えた。

「ぁ…ぁ…ぁ…」

美紗が意識しているとは思えないが、アナルの入口がチンコの付け根を締め上げてくる。

(これは…すごいっ)

「動くでっ」

『パンッ、パンッ、パンッ、パンッ、パンッ』

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」

美紗の柔らかい尻に腰を力強く打ちつける。

『パンッ、パンッ、パンッ、パンッ』

「あっ、あっ、あっ、あっ」

美紗の口からは腰を打ちつける度に堪えきれない声が漏れた。

(たまらんでえっ)

「くうっ、締まりが良すぎやっ。もう我満でけへんっ。ケツマンコに精液出すでっ」

「あっ、あっ…」

もはや意識のないようにも思えた美紗だったが、ワシの声が届いたのか、一段と締まりがよくなる。

(あかんっ)

「射精るでっ、ケツで受け止めぇっ」

そう言うや否や、チンコが爆発した。

『ドビュッドビュッドビュッドビュッ』

「ああああぁぁぁっ」

美紗はワシの射精に合わせて体を震わせる。

『ドビュッビュビュビュビュ…』

(おおお…)

ワシは今日一番の射精を堪能してチンコを引き抜いた。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

力尽きたように崩れ落ち、四つん這いになる美紗。

まだ、ぽっかり開いたままのアナルから大量の白い精液が溢れ出た。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 若宮参太 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 林田虎之助 あむぁいおかし製作所 氷月 ToL●VEる ガットマキア RAYMON M小説同盟 Q akys本舗 DATE パルコ長嶋 桐下悠司 きつね長官 なるせ 谷口さん せみもぐら 枝空 犬神ラボ かかし朝浩 L.P.E.G. 忍桐ずん 砕骨子 大和田朋輝 あむ 命わずか H9  夢幻館 九条志玲 柚子鉄線 うえにあるみかん もちもち堂 龍企画 ぶーちゃん ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン サナダ ゆきまろゆっきー TSFのF ダイナマイトmoca むらさきにゃんこバー エムシー販売店 HB あめしょー 狩野景 艦●れ いそふら 猫丸恋太郎 坂井リンゴ あるざ流人 U.R.C 大人の幼恥園 紫紀 ドウモウ Norn けんたろう 蜥蜴重工 鹿島田しき ノーリミット 宮里えり tes_mel Norn/Miel/Cybele かると LAZY_CLUB 稲葉COZY やまガラス 幾夜大黒堂 ヴァニラCREAM 泥酔桜国 午前七時の合わせカガミ 新堂エル 大嶋亮 一輪車でねこらっしゅ gallery_walhalla BANANA Cothurnus 水利硝 TS内燃機 夏川冬 無計画主義 ニイマルサン ウィルテイム 緑木邑 赤人 ピンクパイナップル 福龍 せぼい 恥辱庵 ひらたいら シルキーズ エロエ さいもん もくふう 高宮はいり 桐生真澄 男体化 神谷ズズ 狼亮輔 あべつくも まぐろどんぶり 松園 成田コウ 鈴月奏 双龍 PoRore トキサナ 座間翔二 龍炎狼牙 クラウド 永田まりあ キングピン ピンポイント 綾瀬はづき くろの 眠たい猫 蒼田カヤ OKAWARI 山猫スズメ アカギギショウ 雪月楓花 ふじや #define Hisasi 吉田犬人 君の●は。 一夢 菅野タカシ 鶯羽佯狂 山田ゴゴゴ 零覇 タケユウ アロマコミック 石野鐘音 零零零 真城の秘宝館 舘石奈々 NOIR 花妻見枝豆丸 白羽まと AV 飛燕 にくじゃが BENNY’S 大石コウ 田中竕 ダルシー研Q所 マグナプラン すずしろやくも 中川優  立川立夏 spika 真黒皇子 久壁おと 工藤詩乃 春日まゆ 上原ヨヨギ 能都くるみ @子猫 緋衣響一 松任知基 gallery 極フェロ walhalla ココロコネクト 満足堂 愛内なの あきちん 酒井仁笹弘 ちり 無限軌道 都氏 さじぺん カワディMAX ちょこばにら 橘真児 花門初海 しまちよ 葛城ゆう 舞麗辞 ごまさとし ゆきマンゴー 種梨みや ちみチャンガ TLB アシオミマサト 勇者乾電池 ねじろ りこ丸 オジィ 高山ねむ子 ろれろれ屋 式神くろ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 ボクガール 如月奏 アパタイト SPINDLE 八尋ぽち ほんじょう山羊 雪乃つきみ 高尾鷹浬 47.5% 愛昧亭 有栖リツカ 樋口あや エクスプロージョン あんにん 水姫七瀬 レトロスター アシオ スピンドル アクオチスキー先生 D-ivision 消火器 風雅ゆゆ 伊駒一平 クリムゾン ikak 吹浦ハギ 彩葉チヨ 天鬼とうり ポン貴花田 鳥之倉 TinkerBell コトキケイ しなのゆら アクシス bodied 岸里さとし ディーゼルマイン Medium ぬるはちぽんぽん 浅野屋 蔵乃 シュガーミルク 蒼沼シズマ 夜のひつじ タナカミノリ LIBERTYWORKS 椿山パリィ 藤馬奈緒 ケラトン メイビーソフト 雷蔵 萌姫ねねね 藤島製1号 百合原明 森島コン  福徳紗織 一夜猫の夢 早乙女もこ乃 鳥茶丸 愛昧亭うまみ 小武 松阪剛志 桂あいり あまね紫狼 Lilith じぃすぽっと vivi-sectr 月下冴喜 白濁系 ゆうきつむぎ pastgadget 井ノ本リカ子 高瀬むぅ 浅草寺きのと ヨノイ誠一郎 CrookedNavel くりおね社 ら○ま1/2 ヨシフミカオル 松山はやて 小女子 フジツナ ピロンタン 小倉脩一 百合 いちよんよん taro 仁志田メガネ 蒟吉人 天野タマキ アロマフラッシュ! 納屋 くどうひさし 南京本舗   十月兔 るいす・まくられん ねとろもりこん 三夜 チロリアン 左カゲトラ ぷりてゐ まうめん だーくすぴりっと 合丼来来 ゆめみきらら りーるー ほりとも 四葉チカ 不確定空間 布施はるか 篠塚醸二 鎖ノム メロンバロン モフ2製作所 楽人唯夏 ふかふか天職 高槻遠名 bpm12 あましょく 南郷じんげる 南ちさと kupa Miel 托卵JP 花巻かえる Cybele さいだ一明 大橋薫 木ノ碕由貴 星逢ひろ 馬せんた 南乃映月 東方Project Quu 女騎士の城 我心達吉 うたのはかせ runa 白家ミカ みなこなみ RIKI サ●ーウォーズ なちすけ 雛瀬あや 日月ネコ ミッドナイトむぅむズ すみすず 柚木N' 絵を描くマン 眠り猫四郎 四八楼 TSF専用 地縛霊の巣 鉄巻とーます tsxy CHU-S たけし 睦茸 4階絵画室 美矢火 瀬奈陽太郎 144 とも福 脳縮還元 B-DASH JUMP とめきち はみ部屋 鉄腕うーぴー Red.D 虹のれん 白駒らい TSUBASA 高柳カツヤ 宇行日和 雨雅 若井いくお 伊佐美ノゾミ ハイエンド 千変万化式 アイド●マスター 壱状什 しおん majoccoid はるゆきこ 氷室芹夏 DLメイト 松波留美 福田りお たなかけいご みうら悶絶 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 碧本さり 夏が夜かおる ZEQU 雑菌工業 風呂井戸ソフト しいなかずき 東航 天崎かんな チリモズク茶 KEN 汚惣菜屋 たいやきトランプ MasterMind 目指せ絵師様 さかもと(猫) もねてぃ たいやき 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます