FC2ブログ

記事一覧

10周目 9月24日(金) 午後11時40分 島津政信

10周目 9月24日(金) 午後11時40分 島津政信


「んふ…んぅ…」

口の中は権田のいきり立ったチンコでぱんぱんになっている。

「ああ、気持ちエエなあ。これなら何発でもいけるで」

(まだ…やるのか?)

俺が驚いて見上げると、権田はニタアと笑った。

(すごい…)

権田にシャワーを浴びながら犯されてから既に一時間は経っただろうか。

アナルに射精したあと、すぐに敏感になった体を洗い場に敷かれたマットの上に寝かされた。で、ローションやらボディソープやらで体をねっとりと洗われ、さらに湯船に浸かるとフェラチオを強要されている。

アナルを犯したことで権田が満足したと思ったのは間違いだった。

権田の性欲は収まるどころか、ますます盛んになっているようにすら見える。

「ふう…そろそろ出よか」

満足げな顔で笑う権田を睨む元気もないけど俺はこれでようやく終わりだという安堵がジワジワと湧いてくるのを感じていた。

「ワシは先に出るで。最初の部屋の隣が寝間やし、先に待っとるからな。ひひひ」

俺から逃げる気力を削いだと思ったのだろうか。権田が不用意に先に風呂場から出ていって、俺はため息をついた。

(…危なかった…)

アナルを犯された後の風呂の中での愛撫によって俺の体はさらに欲情させられている。

何発でも、その権田の言葉を聞いた時、俺の体は正直なところ期待に疼いてしまった。

次に犯されたらどうなってしまうか、だが、それ以上に怖いのはその事を期待してオマンコの奥が疼いている自分の体だった。

(…これ以上続けていたら…本当に逃げられなくなるところだった…)

俺は風呂から上がると気持ちを切り替えようと頭を振ってバスタオルで体を拭いた。

俺はこの体を出来るだけ早く、出来るだけ綺麗な状態で高樹に返さなければならない。

それなのにこれまで権田にいいようにされ、それどころか何度もイカされて、今や権田に犯されることを期待までしてしまっている。

高樹に何と言って謝ればいいのか。

(だけど充分以上に時間は稼いだはず。あとは隙を見て逃げればいい…それで終わりだ)

濡れた制服や下着は諦めるしかない。

(葛城が体操服でも持っていたらいいが…無くてもコンビニででも買えばいい)

俺がバスタオルを体に巻いて脱衣所を出ると、遠くから音がしたような気がした。

(…権田か?)

権田は俺が逃げるなどとは頭にないはずだ。その証拠にさっさと一人でどこかに行ってしまった。

このチャンスに逃げてしまえばいい。玄関から出るのはさすがにバレるかもしれないが、あの縁側から逃げればきっと気づくまでに時間がかかるはず。

足音を忍ばせて俺は暗い廊下を歩く。

「……ぁ……ぁ………」

小さな声が聞こえた気がした。

(テレビか?)

そのわりには妙に艶かしい女の声のような気がしてなんとなく嫌な予感がする。

「……ぁっ……はぁぁ…」

『……ギッ…ギッ……ギッ…ギッ…』

さらに廊下を曲がると奇妙な声に加えて床が軋む音が聞こえてきた。

(…テレビじゃない…?だが、一体どこから…?)

「んあはぁぁっ」

縁側のある部屋に戻ると、ふすまで隔たれた隣の部屋から呻き声がはっきりと聞こえた。

(どうする…無視して逃げようか…。罠の可能性もあるし…)

「んぐ…ゆるしてぇ…」

か細い声に俺は、ハッと顔を上げた。

(まさか…まさか…)

足音を忍ばせていたことも忘れて俺は大股でふすまに向かう。そして勢いよく開いた俺の目に信じられない光景が映った。

「むぐぐ…いやっ、いやぁっ、美紗ぁっ、見ないでぇっ」

そこには捲れたTシャツに太股までハーフパンツを脱がされた葛城が四つん這いで前後から二人の男に犯される姿があった。

葛城も俺に気がついてチンコを口から吐き出して悲鳴をあげる。

「ふふふ。高樹美紗さんだね?」

葛城の口にチンコを突っ込んでいた中年の男が俺に気がついて話しかけてきた。

(この顔…どこかで…)

「ふふ…忘れてしまったかな?」


◆◆◆

10周目 9月24日(金) 午後8時45分 葛城亜紀


『…ガタンゴトン…ガタン…』

携帯のGPSソフトを起動すると、画面に現れた地図に点がついている。

(全く…権田のやつ、なんでバスになんか乗るのよ)

金曜日の夜、電車の中は酒臭いスーツ姿のおじさんばかりだった。楽しそうに会話をしていたり、酔いつぶれて半分寝ていたりと様々だけど、乗車率は80パーセントくらいだろうか。すし詰めではないとは言え、身動きはとれない。

私は部活が終わるとTシャツにハーフパンツのまま一旦学園から出て、事前に予定していた通りに美紗の位置をGPSでチェックしていた。

美紗が学園から動き始めたのは想像よりも遅かったけど、すぐに二人の尾行を開始。

ところが、二人がバス停で立ち止まったところでミスに気がついた。二人しかいないバス停。私は同じバスに乗るわけにはいかない。

それで、急いで駅に戻ろうかとも思ったけど、行き先も分からず駅に戻ったところでどうしようもない。

結局二人の乗ったバスが見えなくなるまで待って、バス停で行き先を調べると権田の自宅に向かうことが分かった。

(一応権田の住所を調べておいて良かった…)

家に向かっていることさえ分かれば問題なかった。急いで駅に戻ってもともとの予定通り電車に乗った。

『ご乗車、ありがとうございます。この電車は…』

車掌の声が熱気で溢れた車内に響く。私はおじさん独特の臭いに囲まれてため息をついた。

(はぁ…最悪…)

GPSは二人が権田の家に間違いなく向かっていることを示している。

(私はこの先で乗り換えて…)

権田の家は電車で行くにはかなりの大回りになってしまう。

(間に合えば良いけど)

『ゴトンゴトン…』

私は真っ暗な窓を眺めながら親友について考えていた。

―小学校からの親友はここ数日でかなり変わった。

そもそも、彼女は幼いときからクラスの保護者の間でも有名な容姿の持ち主だった。それこそ彼女の周りまで明るくなるような気がしたものだった。

両親が共に仕事で成功し、なに不自由なく育った彼女をやっかむ者も居たようだけど、それ以上に友達が多かった。

学年が上がるとマセた男の子や女の子は、好きだ、嫌いだ、付き合うなどという話に夢中になるものだけど、彼女は性格までお嬢様だったからそんな話も一切なかったのも敵を作らなかった理由かもしれない。

ところが、彼女の家庭がおかしくなるにつれ、内面が徐々に変わっていった。

見た目に明らかな不良になったわけではないから教師は気づかなかったけど、荒んでいくのが私には分かった。

この学園に来てもそれは変わらず、斜に構えて友達と群れようともしない姿勢は、彼女の容姿がなまじっか整っていることや濃い化粧、付き合う男と長続きしない事と相まって様々な噂を生んだ。

そしてその噂がさらに彼女を孤独にしていった。

私はもうかつての彼女に戻そうとかそんなつもりはない。今の彼女だって良いところはたくさんある。

ところが、この数日、話している時に彼女の雰囲気がどこか柔らかくなったように感じた。

どこが、と聞かれたら難しいけど、壁が薄くなったと言えば分かりやすいかもしれない。話していると時々昔の彼女を思い出すのだ。

(やっぱり島津君の影響なのかなあ?)

今週になって変わったことと言えば親友の美紗が同じクラスの島津君と親しくなったことくらいしか考えられない。

島津君は全国でも知られる柔道部のエースだ。私の主観では『真面目』『堅物』というイメージ。

男友達は多く、女子の間でも憧れている子は私の知る限りでも数人いるから、実際はかなりいるはずだ。

そんな彼らが一緒に登校してきたことで女子の間では小さな波紋が広がっていた。

(島津君かあ…。これで美紗も落ち着いてくれたらいいんだけどな)

そう考えていた時だった、私のお尻に何かが掠めたのは。

(ん?)

振り向こうとすると人にぶつかった。

背広がチラッと見えたので後ろにいるのはサラリーマンだろうか。

これだけ乗客がいれば偶然当たることもあるだろう。私が再び前を向くと、スッとお尻に何かが触れる。

『ガタ…ゴトン』

電車の揺れに合わせてお尻に押し付けられた。

(まさか…こんなタイミングで?)

『痴漢』という単語が頭に浮かんだ。

(…どうする…?)

後ろ手にお尻に触れているものを払った。これで止めないようなら足を踏んで声を出してやる。まあ、足を踏むあたりで大概の男は気の強い女だと判断して止める。

(あれ?)

ところが、払った手は何も触れなかった。

(諦めた?…それとも気のせいだったの…?)

『キィィィ』

電車がカーブにかかって、グッと体が前に引っ張られた。

(あっ)

バランスをとろうと足を踏みしめて、体が前のめりになったとたんにお尻が揉まれる。

(ああっ)

慌てて振り払おうと再び後ろに手を回した時。

『キィィ』

今度は後ろに力がかかって、背中を痴漢に預けることになってしまった。当然痴漢の手は薄手のハーフパンツ越しに撫でまわしてくる。

(何なのよっ)

「お嬢さん、良いのかい?騒ぎを起こしても」

低い声が耳元で囁かれる。

(なっ…?)

そうだ。騒ぎを起こすと駅員や警察に事情を話さなければいけなくなって…美紗が…計画が…。

「賢いお嬢さんだね」

私の手から力が抜けたのを感じ取った痴漢の余裕の言葉が耳に残った。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 若宮参太 安治ぽん太郎 赤髭  羅ぶい グレッグ僧正 あむぁいおかし製作所 林田虎之助 ToL●VEる 氷月 M小説同盟 ガットマキア Q RAYMON パルコ長嶋 せみもぐら akys本舗 谷口さん DATE 桐下悠司 なるせ きつね長官 枝空 夢幻館 大和田朋輝 砕骨子  忍桐ずん 九条志玲 かかし朝浩 L.P.E.G. TSFのF 犬神ラボ あむ H9 命わずか 柚子鉄線 ゆきまろゆっきー ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 ダイナマイトmoca うえにあるみかん サナダ 龍企画 ぶーちゃん アサノシモン もちもち堂 猫丸恋太郎 けんたろう 鹿島田しき 紫紀 大人の幼恥園 むらさきにゃんこバー 艦●れ 狩野景 ドウモウ U.R.C 坂井リンゴ あるざ流人 蜥蜴重工 エムシー販売店 HB いそふら Norn あめしょー 水利硝 gallery_walhalla BANANA 宮里えり 泥酔桜国 ヴァニラCREAM 一輪車でねこらっしゅ 午前七時の合わせカガミ LAZY_CLUB 幾夜大黒堂 かると 菅野タカシ ノーリミット tes_mel Norn/Miel/Cybele 新堂エル 稲葉COZY やまガラス Cothurnus 大嶋亮 NOIR BENNY’S ニイマルサン にくじゃが 日月ネコ 福龍 恥辱庵 エロエ TS内燃機 クラウド せぼい アカギギショウ 松園 君の●は。 無計画主義 もくふう 鈴月奏 眠たい猫 大石コウ 夏川冬 石野鐘音 春日まゆ 永田まりあ Hisasi #define さいもん ウィルテイム ふじや 雪月楓花 OKAWARI 神谷ズズ 狼亮輔 龍炎狼牙 男体化 あべつくも 蒼田カヤ シルキーズ 綾瀬はづき くろの ピンポイント 緑木邑 消火器 まぐろどんぶり ひらたいら ピンクパイナップル 吉田犬人 キングピン 赤人 真城の秘宝館 高宮はいり 座間翔二 鶯羽佯狂 タケユウ 山猫スズメ 一夢 零零零 田中竕 アロマコミック 双龍 トキサナ AV 白羽まと 花妻見枝豆丸 PoRore 舘石奈々 飛燕 成田コウ 山田ゴゴゴ 桐生真澄 ダルシー研Q所 零覇 ちり 伊佐美ノゾミ 無限軌道 ハイエンド スピンドル 小女子 ココロコネクト 満足堂 酒井仁笹弘 JUMP B-DASH ディーゼルマイン 能都くるみ 天鬼とうり 愛内なの ポン貴花田 白駒らい D-ivision 144 瀬奈陽太郎 雨雅 コトキケイ 絵を描くマン 極フェロ 樋口あや 夜のひつじ 松山はやて 柚木N' 早乙女もこ乃 しなのゆら 松阪剛志 鉄巻とーます TinkerBell 松任知基 アクシス 高柳カツヤ tsxy 脳縮還元  蔵乃 はみ部屋 小武 とも福 若井いくお 森島コン 有栖リツカ りこ丸 高瀬むぅ ヨシフミカオル CrookedNavel 葛城ゆう あきちん  じぃすぽっと しまちよ vivi-sectr 舞麗辞 浅草寺きのと 雪乃つきみ 高山ねむ子 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 アパタイト さじぺん 百合原明 藤島製1号 SPINDLE 高尾鷹浬 ボクガール 如月奏 桂あいり 中川優 Lilith ケラトン たいやき 鳥茶丸 ちみチャンガ 種梨みや LIBERTYWORKS メイビーソフト 虹のれん 久壁おと クリムゾン 萌姫ねねね Red.D 工藤詩乃 pastgadget 橘真児 ごまさとし ちょこばにら 上原ヨヨギ 花門初海 ゆきマンゴー 勇者乾電池 TLB 立川立夏 アシオミマサト 白濁系 都氏 左カゲトラ ねじろ カワディMAX オジィ ほんじょう山羊 鉄腕うーぴー とめきち TSF専用 地縛霊の巣 宇行日和 八尋ぽち 愛昧亭 緋衣響一 @子猫 gallery walhalla 真黒皇子 spika 47.5% 式神くろ子 すずしろやくも 四八楼 眠り猫四郎 みよし かふぇもかそふと Q-Gaku majoccoid すみすず まうめん チロリアン ねとろもりこん だーくすぴりっと はるゆきこ たいやきトランプ 東航 4階絵画室 CHU-S 天崎かんな 雑菌工業 汚惣菜屋 目指せ絵師様 チリモズク茶 ろれろれ屋 一夜猫の夢 マグナプラン 蒼沼シズマ タナカミノリ ぬるはちぽんぽん シュガーミルク 浅野屋 アシオ アクオチスキー先生 鳥之倉 Medium bodied トランスソフト いわした書店 武蔵ダイチ 妖精社 まどろみ行灯 岸里さとし ミッドナイトむぅむズ 童貞食堂 レトロスター エクスプロージョン ヨノイ誠一郎 くりおね社 ら○ま1/2 井ノ本リカ子 あまね紫狼 雷蔵 福徳紗織 愛昧亭うまみ 藤馬奈緒 月下冴喜 ゆうきつむぎ 彩葉チヨ 水姫七瀬 あんにん 吹浦ハギ ikak 椿山パリィ 伊駒一平 風雅ゆゆ 篠塚醸二 四葉チカ 合丼来来 ゆめみきらら 布施はるか 不確定空間 三夜 はすぶろ 黒色彗星帝国 みうら悶絶 ぷりてゐ りーるー 十月兔 納屋 鎖ノム メロンバロン 我心達吉 南京本舗  百合 蒟吉人  九波ヒメヒコ たなかけいご 風呂井戸ソフト ZEQU KEN さかもと(猫) しいなかずき アイド●マスター たけし 睦茸 千変万化式 もねてぃ MasterMind 壱状什 しおん 福田りお 氷室芹夏 松波留美 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト うたのはかせ 女騎士の城 雛瀬あや 白家ミカ runa アロマフラッシュ! なちすけ 木ノ碕由貴 Cybele 楽人唯夏 高槻遠名 くどうひさし 天野タマキ taro るいす・まくられん ほりとも 仁志田メガネ いちよんよん 小倉脩一 ピロンタン フジツナ Miel 托卵JP みなこなみ RIKI 星逢ひろ あましょく サ●ーウォーズ 東方Project Quu 馬せんた 南乃映月 南郷じんげる bpm12 大橋薫 花巻かえる TSUBASA さいだ一明 kupa モフ2製作所 ふかふか天職 南ちさと 美矢火 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



当サイト人気記事ランキング

ツイッターこっそりやってます