FC2ブログ

記事一覧

蜘蛛の姦計

(あれ…?今なんだか変な声が…それに弾正さん今走ってなかった?…まさか元気だとか…いやいや、…気のせい…だよね…?)

なんとなく不安に駈られたものの、僕は弾正さんの妙な迫力におされてコクコクと頷いた。

「はっ、はい…それで弾正さんの力が戻るな「では、早速始めるぞっ」」

僕が答え終える前に弾正さんは気合い十分に力強い口調で宣言した。

(あれぇ?)

「えっ?…えっと?」

そして、戸惑っている僕にはお構い無しに、格子の間から褐色の紐が獲物を求める蛇のようにクネクネと入ってくる。

(うわっ)

その動きの気味悪さに僕は思わず一歩下がった。

「あっ、あのっ、やっぱり…ちょっと…」

「ぬっ、逃げてはいかんっ、鉄は熱いうちに打て、というじゃろうがっ」

逃げ腰になった僕に、弾正さんが意味の分からないことを叫ぶ。

(でも、やっぱり無理…別の方法を…)

口を開こうとした次の瞬間、それまでゆっくりと動いていた紐が跳ねるようにして僕の両手首に巻きついた。

「あっ、わわっ」

手を振って紐を外そうとすると、今度は予想外に強い力でそのまま上に引っ張り上げられてしまった。体が宙ぶらりんになって爪先立ちになる。

「うわあっ、弾正さぁんっ」

僕が弱音を吐きかけると、弾正さんの叱責がとんだ。

「お主の覚悟はその程度かっ。よいかっ、これは生半可な事ではないのじゃっ。ラルフを救いたいというのは口だけかっ」

「そっ、そんなことありませんっ」

「ではっ、力を抜くんじゃっ」

なんだかよく分からないけど、弾正さんの気迫に覚悟を決めて、僕は体から力を抜いた。

「そうじゃ、それでエエんじゃ。ひひ。どちらにせよ、すぐに力を入れようにも入らなくなるんじゃがの」

「えっ?」

途中からはよく聞こえなかったけど、弾正さんの眼帯をつけていない方の瞳が光る。

「ちょっ…あっ」

新たに格子の隙間からにょろにょろと紐が入ってきて僕の両足首に巻きつくと、肩幅程度で足が固定された。

「どうじゃ?動けぬじゃろう?」

「は、はい」

少し力を入れてみても全く動けそうもない。これで僕は両手両足が拘束されてしまった。

「うむうむ。動けぬか…ひひひ」

満足げな弾正さんの声とともに、これまでより太い紐が入ってきた。

(なんだろう…これ、どこかで見たような…)

新たに入ってきた紐は薄明かりの中でヌメヌメと光っている。

(これ…触手?)

思い出してみれば魔族やジルの作った触手に動きがそっくりだ。

「弾正さんっ、これって…ひゃっ」

僕の足の間を下から触手が上がってくる感覚に思わず声をあげてしまった。

「…ふぁっ、あっ…あの…僕は絶対逃げないから腕と足は外してもらっても…」

「駄目じゃ、駄目じゃ。何があるか分からんからのっ」

触手は太腿の内側をギリギリ紙一重で触れない。だけど、触手の放つ熱を皮膚に感じてゾワゾワと快感が背筋を昇ってくる。

「ひゃんっ」

「ん?」

下にばかり意識を向けている間に、いつの間にか手首を拘束している触手からも枝分かれした細い紐が伸びていた。

両腕が上に引っ張られたせいで、ワンピースの長袖は腋が見えるほど垂れ下がっている。そこから細い触手が服の中に入ってきていた。

「あ…ん…」

袖から入ってきた触手は器用にブラジャーを外す。それからブラジャーを抜き取って上半身を撫でるように動き始めた。

「はうっ」

敏感な脇腹や鎖骨が撫でられると、頭とは無関係に僕は反応してしまう。

それに先ほどから太腿の間にある太い触手。こちらは動かないものの、その存在感に、ふとすると下半身から力が抜けそうになる。

「むう…見えぬとやはりやりづらいものよ。すまぬが、今どのようになっておるのか教えてくれぬか?」

「ええっ?」

「牢の中は暗くてよお見えんのじゃ。手探りよりも、状況が分かった方が早く終わるゆえ」

(そっ、そっか…早く終わった方が僕も嬉しいし)

一瞬何を言わすのか、と拒否しようとしたんだけど、弾正さんの説明は筋が通っている気がした。

「では、今どこに触れているか教えてくれるか?」

「はっ、はいっ、んっ、えっと、上半身に巻き付いた触手がっ、あんっ、いまはっ、だめっ」

僕が説明しかけた時に、一本の糸のように細い触手が乳首に絡みついた。

「ふむ。触手か、ひひひ。で、触手が何をしておるか教えてくれるかの?」

「あっ、ちっ、ちっ」

(これっ、凄く恥ずかしいよぉっ)

「『ちっ』では分からんぞ」

「あっ、ちっ、首を、きゃんっ、そんな締めつけたらぁっ」

『キュキュッ』

両方の乳首が引っ張られて痛みと快感が体を襲う。

「はうううっ」

与えられる鋭い快感に体は立っていられないくらいなんだけど、両手首に巻きついた触手がしゃがむことを許してはくれない。

「よく聞こえんかったのじゃが?」

(やっぱり言わないとダメ…?)

「早く言わんと…」

キュキュっと引っ張られた。

「あっ、ふうぅぅ…ちっ、乳首に巻きついて引っ張られていますぅ」

『ジュン』

恥ずかしい言葉を口にするとお腹の奥の泉から一斉に熱い粘液が湧き始めた。

「気持ちエエんか?」

『キュッ』

乳首に絡みついた触手が絞まる。それだけでなく絞めながら色んな方向に引っ張る。

(痛いっ、あっ、でもっ、ああっ、もぉっ、だめぇっ、おかしくなるよぉっ)

痛みと快感を同時に与えられ続けて頭がごちゃごちゃになる。

「ああっ、痛いっ、でもっ、あっ、でもぉっ、きっ、気持ちいいのぉっ、もぉっ、乳首っ、許してぇっ」

ついに快感に耐えきれなくなった僕は恥ずかしいけど、正直に告白した。

「しょうがないのぉ」

(やめて…くれるの?)

弾正さんの声に僕が油断した瞬間。

『キュキュキュッ』

乳首が強く引っ張られた。

「ひあああっ、あっ、ああああっ」

(どうしてぇっ、あっ、イッ、イッちゃうっ、うあああっ)

「ひひひ、女子(おなご)の
『許して』は『もっとして欲しい』という意味じゃからの」

『ビクンッ、ビクンッ』

弾正さんの言葉は遠くで聞こえる。

「のう、乳首はどうなっとるんじゃ?」

体の痙攣がようやくおさまり、視線を下げると、触手に縛られた乳首は真っ赤になって、固く勃っていた。

「うぁ…おっきくなって…ます…」

「それだけかの?」

「かたくなって…赤く…なってます」

「なるほどの…」

『ツンツン』

「いひゃっ」

縛られたままの乳首を細い触手が突っつくだけで快感が頭を突き抜ける。

「ふむふむ、よう感じとるのお。では、次に行こうかの」

言葉だけなら好好爺といった感じだが、弾正さんが新たに手から伸ばしてきた触手は凶悪なものだった。

太腿の間にある触手よりは細いものの、先端は口のように広がり、歯の代わりにイソギンチャクのように突起が蠢いていた。

「ひっ」

僕はこれからされるであろう事を想像してしまった。

「どうじゃ?こやつで何をすると思う?」

僕の反応に満足したのか、弾正さんは嬉しそうだ。触手は僕の顔の前でその口からヨダレを垂らす。

「あ…の…ち、くびを…」

「ほお、ほお、なるほどのぉ、葵はこやつで乳首を虐められたいのじゃな?」

「やっ、あっ、そんなことっ」

目の前の触手の口の中で突起がうねうねと動いている。

(突っつかれただけであんなに気持ちいいのに…こんなので吸われたら…)

「欲しがっとる顔じゃな。じゃが、葵の期待には添えんの」

「へっ?」

間抜けな僕の返答をよそに、同じ触手がさらに二本目の前に現れる。

(三本…?)

「さて、質問じゃ。この三本の触手はどこを攻めるんじゃろう?」

そう弾正さんが言うと乳首を縛る触手が緩んだ。

(えっと…二本は乳首でしょ?…もう一本は…)

休みなく与えられる快感が止まって僕はその間になんとか考えようとした。

「残念じゃのう、時間切れじゃ」

『ブチッ』

ワンピースの中でパンティが破れる音がした。ハラリと布が足元に落ちる。

「のう、今、スカートの中はどうなっとるんじゃ?」

(そんなの…破ったのは弾正さんなんだから分かってるはずなのに…)

考えている間にも二本は予想通り袖から入ってくる。そしてもう一本は、足元に向かった。それで、僕にもようやく触手の狙いが分かった。

「だっ、ダンジョーさんっ、そこはっ」

「固くなっとるんかのお?どおかのお?教えてくれんと分からんのお」

焦らすかのように、わざとらしくのんびりした口調。

「言いますっ、言うからっ、まってぇっ、クリっ、クリト「確認するしかないのお」」

(そんなっ)

乳首がこれまで以上にきつく縛られる。

「やっ、ちょっ…あっ、ああっ、ああああっ」

三点が同時に熱い触手に飲み込まれた。

「んあああっ」

触手は吸いつきながら口の中の突起を動かす。

「あああっ、らめっ、しょんなっ、キツいぃぃぃっ」

目の前を快感の火花が散る。

「では、そろそろ葵の膣内を味わおうかの?」

「ん…」

太い触手の先がジュクジュクになった割れ目に添えられる。

「ぁ…そこは…らめ…」

「何を言う。ここを弄らねば愛液は手に入らんじゃろ?」

「愛液…?」

「そうじゃっ、愛液が無ければワシは力が戻らぬのじゃ」

「どういうこと…?」

「何を言うとるんじゃ?」

弾正さんが誰かと会話をしている…?

「だ…んじょーさん…だれと…しゃべって…?」

閉じかけていた目を開くと格子から入ってくる影が二つ。

「…ねえ…どういうこと?」

肩を掴まれて初めて弾正さんも気がついたみたいに振り返った。

「おわっ、ルーではないかっ。どうしたんじゃ?」

「…助けに来た」

「おおっ、そうか」

『ビキ』

弾正さんの肩を掴む手に青筋が浮かぶ。

「うおっ、そっ、助けに来てくれたのは嬉しい…のだが…少々力が入りすぎではないかの…」

『ビキビキ』

「痛い、痛いですじゃっ…ルーさんや?聞いてるのかや?折れる、折れるっ、すまんっ、いや、すみませんっ」

ルーと呼ばれた少女が手を放すと弾正さんがガックリ崩れ落ちた。

だが、しゃがんだ弾正さんの顔をルーと呼ばれた女の子が抱き締める。

「愛液なら私があげるから…」

「おほっ」

今まで苦しそうだった弾正さんから嬉しそうな声が聞こえた。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

サイト内検索/作家・サークル・ブランド

変身  入れ替わり 憑依 まる寝子 安治ぽん太郎 赤髭  若宮参太 羅ぶい 林田虎之助 グレッグ僧正 ToL●VEる ガットマキア 氷月 Q M小説同盟 DATE パルコ長嶋 akys本舗 RAYMON 谷口さん 枝空 あむぁいおかし製作所 きつね長官 なるせ 忍桐ずん 九条志玲  H9 L.P.E.G. 桐下悠司 あむ 大和田朋輝 かかし朝浩 ジンギスカンの玉葱は俺の嫁 アサノシモン ゆきまろゆっきー TSFのF ぶーちゃん 命わずか 砕骨子 犬神ラボ せみもぐら 艦●れ HB 鹿島田しき うえにあるみかん gallery_walhalla 猫丸恋太郎 ダイナマイトmoca 龍企画 あめしょー いそふら 大人の幼恥園 夢幻館 サナダ 蜥蜴重工 もちもち堂 狩野景 坂井リンゴ あるざ流人 ドウモウ エムシー販売店 U.R.C 宮里えり むらさきにゃんこバー 大嶋亮 幾夜大黒堂 水利硝 泥酔桜国 かると Cothurnus ヴァニラCREAM LAZY_CLUB やまガラス Norn/Miel/Cybele Norn けんたろう 一輪車でねこらっしゅ ノーリミット BANANA せぼい 双龍 さいもん OKAWARI あべつくも まぐろどんぶり 柚子鉄線 龍炎狼牙 福龍 Hisasi 男体化 午前七時の合わせカガミ 松園 綾瀬はづき 狼亮輔 神谷ズズ 鈴月奏 吉田犬人 夏川冬 ふじや #define 赤人 成田コウ 恥辱庵 ニイマルサン TS内燃機 雪月楓花 トキサナ 座間翔二 アロマコミック 山猫スズメ 花妻見枝豆丸 白羽まと シルキーズ 新堂エル tes_mel ピンクパイナップル 飛燕 桐生真澄 アカギギショウ くろの 鶯羽佯狂 真城の秘宝館 エロエ クラウド にくじゃが 永田まりあ 舘石奈々 ピンポイント キングピン 眠たい猫 田中竕 ひらたいら 緑木邑 山田ゴゴゴ 高宮はいり ウィルテイム 零覇 菅野タカシ PoRore タケユウ もくふう ダルシー研Q所 無計画主義 紫紀 アシオミマサト 勇者乾電池 しなのゆら 雨雅 ごまさとし アクシス LIBERTYWORKS ディーゼルマイン 高柳カツヤ 花門初海 ちょこばにら 橘真児 夜のひつじ コトキケイ クリムゾン TinkerBell ゆきマンゴー 若井いくお B-DASH はみ部屋 ハイエンド しまちよ JUMP ポン貴花田 白駒らい スピンドル 伊佐美ノゾミ D-ivision 虹のれん 天鬼とうり 小女子 TLB 種梨みや ちみチャンガ Red.D たいやき 鳥茶丸 蔵乃 vivi-sectr  樋口あや 中川優 上原ヨヨギ 立川立夏 あきちん 有栖リツカ 松阪剛志 ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。 如月奏 ボクガール 早乙女もこ乃 松山はやて 愛内なの ココロコネクト 満足堂 酒井仁笹弘 ちり 能都くるみ 都氏 工藤詩乃 極フェロ 久壁おと 松任知基 小武 高山ねむ子 高瀬むぅ 無限軌道 ヨシフミカオル 雪乃つきみ 高尾鷹浬 じぃすぽっと Lilith 葛城ゆう りこ丸 pastgadget 白濁系 CrookedNavel 浅草寺きのと 森島コン メイビーソフト アパタイト  さじぺん ケラトン SPINDLE 桂あいり 藤島製1号 百合原明 萌姫ねねね 舞麗辞 松波留美 まうめん すみすず みよし だーくすぴりっと ねとろもりこん 四葉チカ 篠塚醸二 チロリアン かふぇもかそふと Q-Gaku 目指せ絵師様 チリモズク茶 雑菌工業 汚惣菜屋 たいやきトランプ majoccoid はるゆきこ ほりとも るいす・まくられん 雛瀬あや 白家ミカ runa なちすけ 一夢 楽人唯夏 高槻遠名 木ノ碕由貴 アロマフラッシュ! くどうひさし いちよんよん 仁志田メガネ taro フジツナ ピロンタン 天野タマキ 小倉脩一 天崎かんな 東航 真黒皇子 春日まゆ 石野鐘音 spika すずしろやくも 愛昧亭 47.5% 式神くろ子 緋衣響一 @子猫 稲葉COZY 一夜猫の夢 福徳紗織 ろれろれ屋 walhalla 大石コウ gallery 君の●は。 八尋ぽち TSF専用 さくらぷちろー 地縛霊の巣 四八楼 零零零 4階絵画室 CHU-S 眠り猫四郎 宇行日和 AV オジィ NOIR ほんじょう山羊 カワディMAX ねじろ とめきち 鉄腕うーぴー Cybele Miel 壱状什 しおん 蒼田カヤ 氷室芹夏 BENNY’S 夏が夜かおる 碧本さり DLメイト 福田りお たなかけいご 左カゲトラ 三夜 合丼来来 ぷりてゐ みうら悶絶 九波ヒメヒコ 黒色彗星帝国 MasterMind もねてぃ 瀬奈陽太郎 144 美矢火 tsxy 絵を描くマン とも福 鉄巻とーます 柚木N' たけし 睦茸 ZEQU KEN さかもと(猫) 風呂井戸ソフト しいなかずき 千変万化式 アイド●マスター ゆめみきらら 布施はるか あましょく 南郷じんげる bpm12 星逢ひろ RIKI 日月ネコ サ●ーウォーズ みなこなみ モフ2製作所 ふかふか天職 花巻かえる TSUBASA 托卵JP 大橋薫 さいだ一明 南ちさと kupa 東方Project 南乃映月 蒟吉人   百合 十月兔 不確定空間 りーるー 南京本舗 納屋 女騎士の城 Quu 馬せんた うたのはかせ 我心達吉 鎖ノム メロンバロン 脳縮還元 

スポンサーリンク

小説系相互リンクサイト様


Mikiko's Room

ゴシック系長編レズビアン小説ならここ。登場人物の変態度はNo.1



凛 騎 応 変!

近親相姦から浮気、人妻、寝盗りといった内容の小説サイト様。背徳感がたまりません。



18's Summer

少女たちが男に屈服させられる。寝取られ属性、陵辱表現に溢れた中身の濃い小説サイト様です。



制服フェチ小説

制服、女装、エロ、百合、触手などに加え、ストーリーもしっかり備わった小説サイト様です。可愛い挿絵もあって美味しいですぞ。



変態小説

『変態小説』の名に恥じない素晴らしい内容の小説サイト様。半端ない変態性を惜しみなく晒してくれます。


かみやなぎの官能小説もどき

性描写ばかりというわけでもないのに不思議にエロい。読み終わったあとも爽やかさの残る絶品小説です。

官能小説ランキング

ブログランキングに参加しています。 押していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



最新記事一覧

アクマでチェンジ Dec 02, 2016
10周目 9月25日(土) 午後1時40分 葛城亜紀 Dec 01, 2016
ちっちゃくなっちゃった! Dec 01, 2016
恋スル女体化注意報 -女のカラダで濡れすぎヤバイッ!【1話~3話】 Nov 30, 2016
催眠治療の仕方について Nov 29, 2016

ツイッターこっそりやってます

スマホでも!!無料エロゲー

戦国プロヴィデンスX

アダムとイヴと彷徨えし方舟X

⑱禁同人

ヒメカノ2 ダウンロード販売

ヒメカノ3 ダウンロード販売

⑱禁漫画

小悪魔カノジョ ダウンロード販売

アダルト電子コミック レンアイサンプル

ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

⑱禁エロゲー

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

堕ちていく新妻 ダウンロード販売

ワルキューレロマンツェRe:tell Ⅱ ダウンロード販売