変態双子の両親 【1~2】

第1巻 新境地!?変態ぶりは相変わらずですが(笑)

d_103528pr.jpg
配信開始日:2016/11/19
サークル名:gallery walhalla
ページ数:28ページ

「変態双子」から一世代前、双子たちの両親が中三だった頃のお話。
修堂あつし(兄)は屋根裏で一族の秘密に関わるノートを発見した。
ノートを修堂まつり(妹)に見せようと部屋に踏み込むと、まつりはブルマオナニーの真っ最中であった。
その痴態に欲情してしまったあつしはブルマを穿いて女体化。
「僕を犯せ!」とせまる。
一族の秘密は明かされるのだろうか…

なんちゅうか、『変態双子』の両親は変態だった…ということですかね?つまりは血は争えない、ということかと。この双子にこの両親ありって感じで凄いです。

もう、なんか女体化とかそういうジャンルではなく変態双子ワールドです。

今回は兄と妹なのですが、のっけから尋常じゃないハイペースで飛ばしてます。そして息切れすることもなく全力疾走でフィニッシュ。
このシリーズの半端なさは『変態双子』で十分すぎる以上に分かっていましたが、今回は新境地へと。

セリフがなんというか詩的?つまり新しい世界です。文学への扉が開かれてしまったのでしょうか…。

d_103528jp-001.jpg d_103528jp-002.jpg d_103528jp-003.jpg d_103528jp-004.jpg

第2巻 ブルマとスク水にこれほど壮大なストーリーをつける物語が古今存在しただろうか…?


配信開始日:2017/01/30
サークル名:gallery walhalla
ページ数:28ページ

ついに明かされる一族の秘密!
修堂一族とブルマ、スク水、ひいては戦後日本との関わりが書かれた祖父のノート。
祖父の遺物をむさぼり読む妹。
妹のブルマにむしゃぶりつく兄。
おし●こを我慢する妹。
外だしと見せかけて中出しする兄

古文書を解読したお陰で色々分かりました。ブルマとスク水にこれだけ壮大な物語が隠されてるとは…。なんちゅうか、このシリーズ、すごい話になってきましたね。

今作ではブルマとスク水の歴史が語られます。女体化は無しですが、ここまでくると歴史のお勉強です。
そうですか、そういう流れで変態双子に繋がっていくのですね。全ての道はローマに通ず。全ての変態は祖父母に通ず。とか意味ありげなことを言ってみたり。
それにしても危険な血族です。このままいくと江戸時代にまで遡ってもおかしくない…かも?
とはいえ、一応スピンオフが完結なのかな?
古文書を読む妹。ブルマに包まれたお尻に欲情する兄貴。確かにエロい尻してるし、ポニーテールに眼鏡はなかなかあざといレベルに可愛いが。だからといって尻コキで射精はヤバいでしょ。うーむ、これは変態度高し。

d_106803jp-001.jpg

さらに、トイレに行く妹についていく兄貴。そのままおし●こプレイ。いやはや、そうきたか。これまた変態的ですな。

d_106803jp-002.jpg d_106803jp-003.jpg d_106803jp-004.jpg

で、ラストはやっぱり処女膜貫通中だしプレイで締め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA