狐に嫁入り

電子書籍販売日:2016/12/29
著者:まる寝子
ページ数:20ページ

女体化巫女×ふたなり化したケモ耳妹と子作りH!
父親が神主をしていた神社で妹と共に遺品整理をしていた青年。つづらの中に隠された巫女服を目にした彼は、何かに導かれるように男でありながらその服を身にまとってしまう。
自らの行動に戸惑う青年の足元が光出し、その光に全身が包まれると彼の体は女性へと変化してしまった。そして、狐のふたなり女神に憑依された妹に迫られ女としての快楽に戸惑いながら子宮に大量の精液を吐き出されるのだった。

読んだ感想としては
まず、巫女の衣装を着る主人公(男)、まあ気持ち悪い話で、さっさと女体化してくれねえかなあ、と思っていると早速超常現象発動で髪も伸びて可愛い巫女さんの出来上がりです!!
オッパイも大きく、『ゴクリ』的な感じで、まずはいつものオ●ニーから始まるのかな?とか思ってたらそれを邪魔する奴が登場します。これが神様か。
…「紗英?」
って、紗英って誰?妹でした。
でもって妹に憑依した神様はフタナリで、主人公はその嫁になる運命だったという…。
その後はチンコを近づけられるとあっさりと発情状態に陥る主人公なのでした。
しかし、血とは恐ろしいもの。水よりも濃いとはよく言ったもんですな。
で、もうそこからはただひたすらにラブラブな感じでエロエロが進み、最後が…あれ?これって実は怖い話だったのかな?
総括としてはまる寝子先生の作品だけにやはり水準以上の内容となっています。
変態度合いも薄く、TS初心者にもおススメの作品ですね。
この作品は『コミックアンリアル Vol.64』に収録されています。
b241bktur00585pl.jpg

他に羅ぶい先生の『女体化して踊り娘になる』なども収録されています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA