猫の恩返し

「ねぇ、マギーさん、本当にこんなのでお礼になる?」

「大丈夫よぉ!これで喜ばない人なんていないんだからぁ!」

これは僕らがロゴスに戻って数日後のこと。
マモンとの戦いを機に、今さらだけどこれまでのお礼もしなければ、とマギーさんに相談しにきたんだ。

するとマギーさん、待ってましたとばかりに、商品棚の下にあった箱をゴソゴソし始めた。

(ん?なんか箱に僕の名前があったような…?)

なんとなく不穏な感じがしないでもないんだけど、そのことを聞く前に僕の目の前には3つの商品が並んでいた。

キラキラした冠と、真っ白なモフモフ猫耳と、とんがった青紫色の魔女の帽子。

「ウフフフ、アオイはどれがいぃ?」

(どれがいい?ってことは、これがラルフにあげるプレゼントってことかな?)

「プレゼントってことだよね?」

「そおよぉ、ね?ラルフ様ならどれが好きだと思う?」

笑顔でずずい、と迫ってくるマギーさん。

(どれが好きって言われても…うーん…「ねえ、村正はどれがいいと思う?」)

(「いや、こういうものは主殿が選ぶからよいものぞえ。ラルフなら主殿からの贈り物であれば何であれ喜ぶじゃろ」)

確かに村正の言葉は正論だ。なんか言葉の端々から含み笑いしてる気がしないでもないけど。

(そっか…じゃあ、ラルフなら冠がいいかも。狼の群れの王様だったわけだし)

そう思って選びかけたところで僕は大切なことに気がついた。

(あれ?よく見たらこれティアラってやつじゃない?)

さすがに女の子がつけるものをあげるわけにはいかない。

(ふふっ、マギーさんでも間違えることがあるんだな)

これは言わないでおこう。そう思って再び考える。

(かといってラルフは近接戦闘だから魔女の帽子もおかしいよね。ってことは…)

白い猫耳を選ぶと「ふーん、ラルフ様ってそういうのが好きなのね」と言いながら、紙の袋に箱を入れる。

「いい?帰ったらこっそり開けるのよぉ」

「え?僕が開けるの?」

そう言うとマギーさんはなぜか一瞬驚いた顔をしたけど、すぐに納得したように頷いた。それから珍しく紅茶を出してくれたので、飲みながら話す。

「あのねぇ、アオイ。プレゼントってサプライズで渡されたほうが嬉しいものなのよぉ。ちょっと中身が特殊だから、帰ったら一度開けてアオイが必ず確認すること」

「うん、わかった。…そうだっ!でも、ラッピングとか僕できないんだけど」

「大丈夫よぉ、むしろそれがラッピング…ゲフンゲフン」

首をかしげながら僕は家に帰った。

(うまくいくかしらぁ。まあ、念を入れて紅茶にこれを混ぜといたから大丈夫よね。私って顧客思いよね~ウフフ)

マギーが空になった瓶をゴミ箱に放り投げた。

『惚れ薬 製作者:ヴラド』

◇◇◇

(あれ?誰もいないの?)

僕が家に帰ると、屋敷はどうも人の気配が感じられず、各部屋を回ったけどやっぱり誰もいなかった。

(うーん…二人ともどこいったんだろ?)

そう思って考えていたら、『ガチャッ』と音がして、ラルフが帰ってきた。

「あっ、ラルフ、どこ行ってたの?」

「ん?ちょっと力試しに魔物を狩ってきた、ああ、そう言えばジルも何か欲しい物があるとか言って出て行ったぞ。しばらく帰ってこないかもしれん」

そのままラルフは汗を流しに風呂に向かうようだ。

(そうだっ、ちょうどいいかも)

「ねぇ、ラルフ、お風呂上がったら僕の部屋に来てね」

「?…ああ、分かった」

ラルフがお風呂から上がるまでに中身を見とかないと。僕は部屋に戻ると上機嫌で箱を開けた。

「……うえ!?なにこれっ?」

店で選んだ白い猫耳が最初に目に入って、その下にはお揃いの真っ白なブラジャーとショーツが入っていた。

「これって…」

それらを取り出すと、さらにその下には白いキャミソールっぽい前開きのワンピース。箱の内側をぐるっと囲むようにモフモフしているのは尻尾だった。

ブラジャーやショーツには耳や尻尾と同じ白い毛があしらわれている。それにワンピースだと思ったのも広げてみると、ギリギリショーツを隠すくらいの丈で、光に当たると向こう側がうっすら透けて見える。

これは間違ってもラルフが着るものではない。

(ってことは…)

これの意味するところはわかるけど、わかりたくない。

(「ほっほお、なかなか良いチョイスじゃのぉ!」)

(「むっ、村正!ちょっ!これ!?」)

(「ほほほ、うむうむ、これなら狼もいちころぞえ!」)

僕の焦りもよそに、事も無げに言う村正。

(「村正っ!知ってたの!?」)

(「むしろ分からぬ方がおかしいと思うのじゃが…まあ、物は試しじゃ。試しに着るだけ着てみたらどうじゃ?悩んでるうちに狼が風呂からあがってしまうぞえ!」)

「う〰️〰️〰️」

僕はかなり悩んだけれど、確かに村正の言う通り、もうラルフを呼んじゃってるし、着てお礼を言うだけならきっと大丈夫なはず。

(そう!お礼を言うだけだし!)

(「そうじゃそうじゃ、礼を言うだけぞ!」)

村正の含みのある言い方が若干気になるものの、僕は急いで服を脱ぐと、ブラジャーとショーツを着けてみた。

(ええ!これ…)

ショーツのお尻のところはほぼ紐だった……。

(うぅ…、あっ、でもっ、上にワンピースを着れば…)

急いでワンピースを羽織ってみる。

(…………そうだった)

透け透けのワンピースは微妙に隠しているようで、何も隠せてないみたいで、着ている方がむしろ恥ずかしい。

(「主殿、その前は紐で結ぶのではないかの?」)

(「えっ、あぁ……そ…そう…だね」)

このままで何か変わるわけもないので、村正の言うようにとりあえずワンピースの前のピンクの紐を結んだ。

(ん?)

服の面積の割に体はポカポカしている気がする。

(あれ?あったかい…?もしかして実はすごい素材使ってる…とか?)

だけど、どうも服のおかげというより、むしろ体自体が熱をもっているみたいに感じる。

(なんかこの感じ…知ってる気がする…)

嫌な予感に僕は身震いした。

(「ねっ、ねえ!村ま…」)

「コンコン」

僕が村正に聞いてみようとしたその時、ノックの音がした。
仕方なく「どうぞ」というと、ドアが開いてラルフが部屋に入ってきた。お風呂上がりのラルフはズボンは履いているけど、上半身は首にタオルを巻いているだけだ。

『ドクン!』

「あっ!」

(あれっ!?なんだかドキドキする…)

「葵、どうした?」

ラルフが髪を拭きながら聞いてくる。
二の腕の力瘤や胸の筋肉など、女になってしまった僕からするとその男らしさが眩しい。

(な…なんかラルフって男の色気みたいなのが溢れてるよね…)

『ドクドクドク!』

ラルフの胸元を流れ落ちる汗が目に入ると、僕の心臓の鼓動が早くなった。

「えっと…」

お礼を言いたいんだけど、顔が火照ってしまって、まともにラルフが見られない。無意識に僕は髪を耳にかけて、モジモジしてしまっていた。

(どうしたんだろ…なんだかおかしい…いや、ダメダメ。ちゃんとお礼を言わないと…)

「えっとぉ…あのさ、その…ラルフには今回も助けてもらってばっかりだったから、何かお礼をしようと思ってさ…」

ラルフの視線が僕の手を見た。そこには着けようと手に持っていた猫耳がある。

「あっ、これ…えっと、こんな感じ、かな?」

猫耳カチューシャを着けてラルフを見上げると、ラルフの視線が頭から体へと移っていく。

(うぅ…見られてる…)

だけど、ラルフは見てるだけで何も言わない。ただ、見られていると思うと体の奥がじっとりと熱くなってきた。

(「なっ、なんか変!村正っ!どうしよ!?」)

(「ふむ。主殿、まだ着けてないものがあるのではないかえ?それをつければ解決するかもしれんの」)

そう言われて、マギーさんから渡された中で着ていない物があるのを思い出した。

(「だけど…」)

(「ほれ、ラルフが主殿からの礼をどう思っておるのか、主殿も知りたいのではないかの?」)

目を逸らしていても、僕の受ける視線は触られているのかと錯覚するほど強いものだった。
だけど、相変わらずラルフが何も言わないので、どう思っているかは僕も気になっていた。

(「これ着けたらわかるの?」)

(「うむ、それは間違いないのぉ!」)

自信満々な答えには怪しさしかないけど、かといって、いつまでも無言で向かい合うのはいたたまれない。

(「でもどうやって着けたらいいかわからないし…」)

(「それはじゃな……いや、そうよの。ラルフに頼むとよいのではないかの?」)

(うぅぅ…)

かなり迷ったけど、村正は教えてくれないし、結局村正の言う通りにするしかなかった。

「あ…あのさ…これつけてくれる?」

だけど、しっぽを見せるとラルフが僕から受け取ってじっくりと観察して、何かを理解してくれたみたい。

「葵、ベッドに四つん這いになってくれ」

初めてまともな返事があったのでちょっと嬉しくなってしまった。

「えっ?あっ、うん…」

ちょっと意味がわかんないけど、言われるままにベッドにのぼる。

「あっ!」

四つん這いになるとワンピースは丈が短いので、お尻が全部出ちゃうことに今さらになって気づいた。
しかも、パンティも紐としか言えないものだから、割れ目に食い込んでしまっていてラルフの目には色々僕の恥ずかしい部分が見えているに違いない。

胸はますますドキドキするし、顔が火照っちゃうくらい熱くなってしまった。

(うぅっ、早くしてぇっ!)

涙目になって待つ。

どれくらいそうしていただろうか、ラルフがおもむろにお尻を掴んで顔を押しつけてきた。

「うえっ!?何するのっ!?、ダメっ、やだっ…ってぇ、ふぁっ!なんでっ!?」

ラルフの舌先は続いてお尻の穴をつつく。

「やっ!あっ!そこはっ、きたないからぁっ!」

お尻の穴とか、汚いし、恥ずかしいし。だけど、同時に体の奥が疼くのを僕は自覚してしまった。

(なん…で…こんなの恥ずかしいだけなのにぃ…)

「はうぅっ!」

そして今度は舌ではなく指がお尻の穴の周りを優しく押してきた。
まるでマッサージでもするみたいにじっくりと時間をかけてこねていく。

「あっ…ふぅ…ふぅ………んっ♡」

そこは違うはずなのに、痛いわけじゃなくて、なんだか不思議ともどかしい。
そのとき、つうっと太腿の内側を伝う感触がした。

(……ぇっ?)

それは割れ目から溢れ出た粘液。
塞き止めきれずに流れ出るほど僕の奥は濡れていた。

「む…」

(ラルフにも気づかれたぁ!!)

恥ずかしさに穴があれば入りたい。
だけど、奥からはますます溢れ出すのがわかる。

(穴には蓋をしないと…♡…って、なに考えてるんだ!?)

そして、そんな僕のバカな考えはラルフによって微妙に叶えられた。お尻のマッサージを終えたラルフが固いものを押し当ててきたからだ。

(何っ?何するのっ?おっ、お尻に…!?)

蓋をする穴は違ったけど。

「ラルフっ、やっ、んんんっ、んっ♡あっはうぅぅっ♡」

グググっと押し込まれて僕は肺の中の空気を吐きだした。

「そら、尻尾がついたぞ」

四つん這いのまま、ピクピクと震える僕の背後からラルフの声が聞こえた。

(え…)

膝立ちになって後ろを見ると、ミニのワンピの裾から白いふさふさの尻尾が見える。これにはちょっとテンションが上がってしまった。

「おぉっ!ほんとに尻尾だあっ!どう?どう?んっ!ふぁ♡!?」

思わず立ち上がって尻尾を揺らすと、お尻の中が擦れて変な声が出てしまう。

「ぅっんん…♡…はぁ、はぁ、これで僕も狼にゃん…って…猫だったにゃん…んんっ♡はぁ…♡…そ、そうだっ!ラルフ、これってお礼になってる?」

お尻からくる不思議な感覚になんとか耐えながら、僕がラルフの方を振り返ったそのとき、突然ラルフ抱き締められてしまった。

「んっあっ!?にゃにを…?」

「お礼をしてくれるんだろう?」

お腹に固いものを感じて見下ろすと、ラルフのズボンが大きく膨らんでいた。

「え?あれ?」

僕はラルフから離れてズボンの膨らみをもう一度見た後、ぽかんとしてラルフの顔を見る。そして、状況を理解したところで頬がひきつった。

(えええ?「村正ぁー!」)

(「主殿…、それはそうなるじゃろ…はあ…」)

村正にまで呆れられて、僕はぎこちなく愛想笑いをしながら後ずさりする。

「えっとぉ…ラルフ…僕男にゃんでぇ、ちょっとそういうお礼はにゃんていうかぁ…」

「ここまでしておいてそれはないな」

ラルフから逃げようと振り返ったところで後ろから抱きすくめられてしまった。

『ドクンッ、ドクンッ!』

心臓が再び強く打つ。

(あれ?またドキドキしてるぅぅ!?)

不可解な体の反応に狼狽する僕の耳元にラルフの息がかかった。

「やっ、あっ♡そこダメっ!」

(耳を舐められると力が抜けるよぉ♡)

熱くなった体が敏感に反応を始める。

(おかしい…村正使った後みたいになってる…)

動揺しつつ頭を捻っていると、ラルフの指が割れ目に軽く触れた。

「にゃんっ♡ダメぇっ♡」

たったそれだけで体は過敏に反応してしまった。
さっきまでのマッサージで既に膣中はとろとろだ。

「やぁんっ♡もうダメだよぉっ♡」

後ろから抱き締められたまま顔を上げさせられると次は唇を奪われる。

(なっ、なんで!?こんなに気持ちいいの!?)

ラルフの舌に僕の舌が絡めとられて唾を流し込まれると、自然と僕はそれを飲み下した。

強く吸われるとそれだけで膝は力が抜ける。
ぐにゃぐにゃになった体はラルフに支えられていないと立っていられない。

「んっ!んっ…はぁ…はぁ、んんっ♡」

(きもちいっ♡ラルフっ♡ラルフぅ♡)

最初はラルフによって舌を絡めとられていたけど、僕のほうからも舌を差し出した。それをきっかけにして、僕らの行為は獣のように激しくなる。

「はぁはぁ♡…ん…♡前からがいい♡」

僕は一度ラルフの腕から逃れると、向かい合わせになってラルフの首に手をまわした。ラルフの真剣な表情に鼓動が高鳴る。

舌を絡め合いながら、ワンピースの前で結ばれたリボンがほどかれて白い毛に覆われたブラジャーが露になる。だけど、考える間もなく、ラルフの親指の腹が乳首を潰すように揉んできた。

「んっ♡はぁぁ♡♡」

ラルフを見上げると、その目は雌を求める一匹の雄狼のものになっていた。

(このままじゃ、ラルフのものにされちゃう♡♡)

心臓がビックリするくらいドキドキしている。

(僕の体…ラルフのものにされて…悦んじゃってる…)

僕の手が誘導されると、そうするのが当然のように僕は両手でズボンを押し上げている雄の象徴を撫でた。

(すごい…おっきくなってる…♡)

熱くて固い。ゆっくりと下から上へ手のひらで感じる。すると、体の奥がキュンキュン締まる。

(もっとさわりたい…♡)

「んっ♡ちゅぱっ♡ねろ♡ねろ♡」

キスをしながらベルトを外そうとするけど、なかなか外れない。見かねたラルフが自分で外してくれて、パンツの中に手を入れた。

(あっ♡すごい♡♡あついっ♡ラルフのかたくなってるぅ♡♡)

もう、我慢できない。

「んはぁっ…らるふぅ、ベッド行こっ♡」

そう言ってラルフをベッドに寝転ばせると僕は伸ばした足の間に座り込む。

「んちゅっ♡んっ♡ちゅっ♡」

ラルフの肉棒に指を絡めて先っぽにキスをした。

「そうやっていると本当に発情期の猫みたいだな」

ラルフが笑う。

(発情期の猫…)

そう、発情期なんだから仕方ないよね。
口から一度出して「もっと気持ちよくなってもらうにゃん」と言うと肉棒がビクンっと跳ねた。

「うふふ、ラルフ、これ好きにゃん?」

そう言うとまた跳ねる。

「ふふふ、あーん♡」

口を大きく開けて肉棒をくわえた。

『じゅぽ、じゅぽ、じゅぽ』

恥ずかしい音を出して口に肉棒を含んだまま顔を上下する。

ラルフをチラッと見ると僕の顔をじっと見ている。

(顔って言うより頭?耳?)

ラルフの新たな一面を見た気がしました。

「んにゃっ?」

手を離してニヤついていたら突然体を入れ換えられて、仰向けに寝かせられる。

「んにゃあああっ♡♡」

お尻に刺さった尻尾がグリグリと押されると、思わず大きな声がでちゃう。

さらに太ももの間にラルフが顔を突っ込んだ。

「やっ♡あっ♡だめっ♡きもちいっ♡♡」

あれ?止まった。

「えっと…きもちいいにゃん?」

ラルフの目が僕にもっと続けるように促してくる。

「ラルフの舌がきもちいいにゃん♡もっと奥まで入れてほしいにゃん♡♡」

再び舌が奥まで入ってきた。

「あっ♡あっ♡そこっ、きもちいっ♡にゃん♡♡」

頭をのけぞらせると髪の毛がさらさらと流れる。

「ダメっ♡そんなに舌を入れたらっ♡♡」

逃げようとするけど、ラルフの手ががっちり僕の腰を捕まえていて逃げられない。

ラルフの舌が割れ目の上、クリトリスに近づくのが体温で感じる。

(あああ、くるぅっ♡)

『ねろっ』

「ふあああああっ♡♡」

ガクガクっと体が震えた。

『ジュルジュル』

噴き出した僕の汁をラルフがしゃぶって飲み込む音がする。

「やぁんっ♡音がっ♡あんっ♡恥ずかしぃよぉっ♡」

(もう我慢できないよぉ♡♡)

「ねぇ、らるふぅ♡発情にゃんこのここにおっきいのいれてぇっ♡♡」

ラルフが僕の股間から顔を上げて固くなったオチンチンを割れ目に擦りつけた。

『ちゅく…ちゅく…』

散々体の奥を舐められて敏感になった割れ目が亀頭に擦られる度に背中を反らせて快感に耐える。

「ぁっ♡はぁぁぁあああっ♡♡」

僕はようやく快感を味わえる気持ちと、焦らされてもっと気持ちよくなりたいと思う気持ちの狭間で悶えた。

すぐに入れるのかと思ったラルフはさらに焦らすかのように割れ目を亀頭で擦る。

「あっ♡やぁっ♡ねっ、お願いっ♡焦らさないで…早くいれて欲しい…にゃん♡」

そう言いながら腰が早く入れて欲しくて動いちゃう。

(あっ♡きたぁ♡)

「んっ♡にゃっ♡しゅごいっ♡♡」

ゆっくりと入ってくるオチンチンの傘を体の内部が感じ取る。

(はぁ…ギチギチになっちゃってるよぉ♡♡)

「ごりごりあたってるっ♡そこっ、あっ♡そこ気持ちいいっ♡」

ラルフの視線を感じる。

「あっ♡あっ♡嬉しいっにゃんっ♡ぼくっ♡あっ♡おかしくなるにゃんっ♡ラルフっ♡にゃあっ♡あっ♡」

「にゃん」と言うたびにラルフの肉棒の大きさが増すような気がした。

「しょこばっかりされたらっ♡んにゃっ♡あっ♡でりゅっ、でちゃうぅぅ♡はあああぁぁっ♡♡」

ガクガクガクと震える僕の体。既に意識はほとんど消えかかっているのに、無意識にラルフのおちんちんを締めつける僕の膣肉。

そして、ギチギチに詰まったラルフの肉棒が勢いよく抜かれると、ラルフの種を体中で受け止めながらプシャアーっと愛液を噴き出した。

◇◇◇◇◇

翌日起きると既に太陽は高くて、隣にラルフが寝ていた。

(うぅ…腰が怠いよぉ。もう、ラルフが明け方まで攻めるから…でもラルフがこんなになるなんて珍しい)

僕は猫耳カチューシャと尻尾(いつの間にか外されてた)、それに下着類とワンピースをまとめて眺める。

(これは隠しとかないと。間違えても着ちゃダメだ)

それから腰をさすりつつお風呂に向かったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA