【騙されたのは?ifルート】 騙されたのは葵8

「どれ、手伝ってやろう」

なかなか挿入できないでいる僕に学院長の声がしたかと思うと腰が掴まれた。

「ひゃんっ…んんぁぁっ♥️♥️」

敏感な脇腹を急に触られた快感と同時に、亀頭が割れ目の中に浅く埋め込まれる。

(あぁっ♥️おっきぃよぉっ♥️♥️)

「んっ♥️んはぁっ♥️はぁ、はぁっ、はぁあっ♥️♥️」

全く慣れない大きさに、息をしようとした僕の口がパクパクと開いた。

「入ったじゃないか、そらっ、そのまま奥まで入れよう」

脇腹を撫でながら発する学院長の言葉は催眠術のように僕の頭に入ってくる。

(ん…おくまで…♥️)

「力を抜いて…そうだ…そのまま体重をかけて…」

(ちからをぬいて…そのまま…)

「ん…」

言われるがままに力を抜くと、徐々にベッドについていた膝をずらしていく。

『ジュブ……ジュブ…ジュブ』

(あああっ♥️…はいって…くるぅっ♥️♥️)

暴力的なサイズの異物が体の中に侵入してくる。目が見えない分、他の感覚が鋭敏になって、その形が目で見る以上にハッキリと分かった。

(あっ、これいじょうはっ、だめぇっ!)

目の前が早くもチカチカと点滅を始める。

(イクッ♥️すごいのきちゃうっ♥️♥️)

慌てて膝に力を込めるも、一度侵入し始めた肉棒をとどめることは不可能だった。ゆっくり、ゆっくり、体の奥に向かって進んでくる。

「さあ、膣奥まで入るぞ!」

「ふぅ♥️ふぅ♥️ふぅ♥️」

(こわれるぅっ♥️こわれちゃうよぉ♥️♥️)

胸がひしゃげるほど強く自分を抱きしめて、僕は最後の瞬間を迎えた。

「ふぁっ♥️はぅぅぅぅぅ♥️♥️♥️」

肉の杭の先が体の一番奥を強くノックする。

「らっ、らめっ♥️そんなにトントンしちゃらめぇ♥️♥️」

(からだがひらいちゃうぅぅっ♥️♥️)

子宮の入り口がノックに応えて少し開いた。

「あっっっ♥️♥️♥️っくぅぅぅ♥️♥️♥️♥️」

同時に僕の瞼の裏に光が舞う。

(だめぇっ♥️♥️)

頭をのけぞらせて倒れそうになる僕の体を学院長の大きな手が支えた。

「ふぁぁ♥️♥️…ん…♥️♥️」

挿入だけで軽い絶頂を味わった体は、学院長の腰の上で何度も痙攣を繰り返す。

(さきっちょ…しゅごいぃぃ♥️♥️♥️)

さっきは何度お願いしても許してくれなかったけど今回は頭を撫でながら待っていてくれた。

「さあ、もう一度動くんだ」

しばらくして、やっとのことで落ち着いた僕は、そう言われても動けなかった。

(また…あんなすごいのが…)

快感が強すぎて怖い。

「さあ、動いてくれないと私もイケないぞ!」

「はい…んっ♥️んん…♥️」

動かないといけない。
だけど、ほんの少し動くだけでも甘いさざ波がたってしまう。

「どうしたんだ?キャロル君、ほら?動いてごらん、気持ちよくなろう」

なぜかわからないけど、学院長からそう言われると、怖かったのが薄れる。そして、言葉に従うように腰を少し上げてしまった。

「ふぁっ♥️これ…すごい…♥️♥️」

大きく張り出したエラで膣壁が擦れて、またズブズブと奥まで受け入れてしまう。

「やんっ♥️あっ♥️あっ♥️あっ♥️♥️」

『グチュッグチュッ』

膝に力を入れて出し入れすると、奥まで入るたびに粘液の混ざる音が響いた。

(おっきぃよぉ…♥️)

ぐっ、と体重をかけると奥に当たる。

(あぁ♥️だめっ♥️これっ、奥が広がってぇっ♥️♥️)

体を反らせるとますます奥を圧迫してきた。

「んああああっ♥️だめっ♥️ダメになるっ♥️ああっ♥️」

「ぐ…いいっ、ぞぉ!」

学院長の呻き声にドキッとした。

(もっとうごいたら…♥️♥️)

『グチュッグチュッグチュクヂュグチュグヂュグヂュ』

「おおおっ!キャロル君!キャロル君!」

なんだか夢中で僕の名前を呼ぶ学院長が可愛らしい。

「キャロル君っ!こっちに!」

そう呼ばれて、ちょっと体重を前にかけた。

「ふぁっっ♥️♥️」

体重をかけた瞬間、今まで当たらなかったところが圧迫されて思わず大きな声が出てしまった。

「あっ♥️あっ♥️あっ♥️あっ♥️あっ♥️」

(これっ♥️しゅごいっ♥️イキそっ♥️イキそっ♥️)

「おおっ!膣奥が締まる!」

「んっはあっ♥️♥️んっ♥️んっ♥️んっ♥️♥️」

一度快楽の波が越えた僕の体は、意志を無視するように快楽を求めて動き続ける。

「やぁんっ♥️…ああっ♥️ダメっ♥️…ダメなのにぃっ♥️♥️んっんんんっっっ♥️♥️」

声を抑えようと動きを止めて指をくわえる。

(頭がおかしくなっちゃうよぉ♥️♥️♥️)

『グチュッ、グチュッ、グチュッ、グチュッ』

(気持ちいっ♥️…気持ちいいよぉっ♥️♥️)

「んふぅっ♥️んあっっっ♥️♥️」

『ポタポタ』

指を伝って唾が学院長のお腹の上に落ちた。

「んっ♥️んっ…んんんっ♥️♥️」

(ああっ♥️イキそうっ♥️もうっ♥️クルっ♥️クルぅぅ♥️♥️)

僕が腰を押し付けるようにして前後に揺すり始めた時、学院長が腰を動かした。

「む…う…うぉっ!」

(あっ♥️♥️うごいちゃらめぇっ♥️♥️♥️♥️)

『グチュッ、グチュグチュグチュ』

「くっ、吸いとられるっ!…キャロル君っ!欲しいのか?」

「あっ♥️あっ♥️あっ♥️だめぇっ♥️♥️がくいんっちょはぁっ♥️♥️動いちゃらめなのぉっ♥️♥️♥️」

そう言いながら僕の腰は止まらない。

『チュク、グチュッ、グチュッ、ジュボッ』

「んっ♥️あああっ♥️♥️♥️♥️」

その時、学院長が腰を上げるのと僕が腰を落とすタイミングが合った。

「はあぁぁぁぁっっ♥️♥️んっっ♥️♥️んはぁぁっ♥️♥️♥️」

(ダメだよぉっ♥️イっちゃうっ♥️いっちゃうぅっ♥️)

『グチュッ』

「ふあぁぁぁぁぁっっ♥️♥️♥️」

(イクよぉっ♥️もうおかしくなるぅっ♥️♥️)

僕がまさにイキそうになった時に学院長の言葉が耳に響いた。

「キャロル君っ!イキそうなのか?イキそうなんだろ!!」

(ああっ♥️イキたいっ♥️イっちゃうのぉ♥️♥️)

目の前がチカチカして絶頂へと向かう。

「イクなら言うんだっ!キャロル君っ、さあっ!!」

学院長の言葉に促され、思わず口から卑猥な言葉が出てしまう。

「ああっ、イキそうですぅっ♥️♥️イっちゃいそうなのぉっ♥️♥️♥️」

さらに腰が激しく揺さぶられる。その度に口からは言葉にならない声が漏れる。

「欲しいんだろっ?さあっ、言うんだっ!!」

「ほしいっ♥️♥️がくいんちょぉのっ、ほしいっ♥️♥️」

学院長に操られるように言葉が口から出る。

「何が欲しいんだっ?」

「ああっ♥️らめェっ♥️そんなこといえないよぉっ♥️♥️」

「さあっ、言え!イキたいなら言うんだっ!」

「ああっ♥️ほしいのっ♥️がくいんちょぉの♥️♥️せーえきちょうらいぃぃぃ♥️♥️♥️」

もう恥ずかしさは消えてしまって、絶頂への本能が僕の口からどんどん言葉が吐き出される。

「どこに欲しいんだっ?」

「あんっ♥️あんっ♥️どこでもイイっ♥️いいからぁっ♥️♥️♥️」

学院長の手が僕の後頭部に回って、引き寄せられ、唇を塞ぐ。

「いいぞっ!んんんんっ!!」

口の中に入ってくる学院長の舌に僕は必死で舌を絡める。

「むんっ♥️んんんんっ♥️♥️♥️」

(ああっイクっ♥️頭がおかしくなるっ♥️おかしくっ、あっ♥️♥️♥️…ああああああぁぁぁっ♥️♥️♥️♥️♥️)

ずっと快感を与えられ続けられていた体が、堰を切ったように絶頂に向かった。

「ぷはぁっ♥️あっ♥️♥️ぁぁぁぁぁ♥️♥️♥️♥️」

声にならない息を吐いて体の中で暴れまわる快感に夢中になる。

「ぐあっ、ダメだっ!膣中に出すぞ!いいな!」

「なっ♥️♥️なかでほしぃっ♥️♥️ビュービューだしてっ♥️♥️♥️」

その瞬間膣内から肉棒が抜けて下から熱い精液が噴射した。

『ビュビュビュビュビュビュビュ』

「んぁぁぁぁっ…」

『ジョッ、ジョボジョボ…』

(おしっこでちゃってるぅ♥️とまらないぃぃぃ♥️♥️)

身体中の穴という穴から体液が溢れだす。
それに学院長の射精もなかなかおさまらない。

(まらっ、まらイクぅぅぅぅぅ♥️♥️♥️♥️♥️)

「はぁ、はぁっ、んっ♥️んんっ♥️♥️ぁぁぁぁ♥️♥️」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA