【僕とふたなり女医の女体化痴験】様々な差分で好みにフィット!!変化の過程やバストサイズにもこだわりを感じる!!

【僕とふたなり女医の女体化痴験】表紙画像

本編漫画は17ページだけど女医のメガネ有り無しや褐色やパイパンなど、好みに合わせて楽しめる作品です。

配信開始日:2021/06/19
サークル名:カトー屋 著者:加藤じゅん
ページ数:160ページ 本編 17ページ 差分込み 全136ページ(白紙、奥付含まず・重複ページは有り)

『徐々に女体化していく身体。抗えないメスの快感…』

興味本位で応募した治験のバイト。
ふたなり美人女医の試験薬により日を追うごとに徐々に女体化。
身体が敏感になり、胸は膨らみ、男性器は女性器に。

そしてメスの快感の虜に…。

この作品はフルカラーの17ページの漫画作品です!!
ポイントとしましては差分がめっちゃ多い点かな?

・女医さんの眼鏡無し
・陰毛無し
・女医さんタマ有り
・陰毛無し&女医さんタマ有り
・主人公褐色肌
・主人公褐色肌&女医さんタマ有り
・セリフ、フキダシ、擬音無し

と、こんなにあります!!
独特の絵柄ですので好みはあると思いますが、めちゃくちゃ絵も綺麗だしエロいし…個人的には差分よりももっとたくさん本編が読みたかったかな~。

【僕とふたなり女医の女体化痴験】徐々に変化していく過程が楽しめます。

物語の内容は女体化薬の治験に参加した主人公。
もともと女の子の体になってみたかったということもあって、変化していく体に興味津々!!
主人公が自ら進んで女体化しますのでカワイソウ感は全くありません!!

この作品はいきなり変化するわけではなく徐々に変化していきます。
だいたい6ページくらいでオッパイが大きくなってチ●コが小さくなって…っていう変化の過程を楽しむことが出来ます。
7ページ目で完全に女体化です。
途中の変化こそが至高!!って方にはぜひおすすめ!!逆にチ●コはちょっと…って方やさっさと女体化してセックスしろ!!って方は違うかもしれません。

あと、表紙画像だと、オッパイが超乳ってレベルでデカいんですけど、本編では中盤までは爆乳ぐらい。物語のラストは表紙ぐらい。
そこからフタナリ女医さんとのHでホルモンが出まくるからなのか、さらにデカくなっていきます!!最後には母乳もぴゅーぴゅー出ちゃってるし…。

そんなわけで、おっぱいサイズについても、刺さる人には刺さるって感じでしょうか?
差分でも金玉の有り無しの差分があったりと、作者様のこだわりを感じますねえ。

【僕とふたなり女医の女体化痴験】女の子になるやさっそく快感に夢中になる主人公がグッド!!

そもそも女の子の体に興味があった主人公ですので、女体化し始めた時点で体も自分で弄りまくり。
女体化した主人公の顔は元の顔の面影があってそれでいて可愛い!!ショートというのかショートボブというのか、まだ女になりたてって感じで髪型も好きです。

さらに、女体化が完成し、女の子のオナニーで快感に夢中になっている主人公のところに女医さん登場。
女医さんの股間にはチ●コが!?

【僕とふたなり女医の女体化痴験】女子さんの股間にぶっといチ●コ!?

このチンコで主人公はメチャクチャにされちゃうって寸法!!最後には男に戻るか戻らないかの選択もありますが、答えは読むまでもなく明らかですよね!!

メスイキで堕ちちゃってる主人公がエッチで可愛いですよ!!

【僕とふたなり女医の女体化痴験】様々な差分があってあなたの好みをチョイスできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です