【俺らの頭は女体化ヤンキー】女体化弱体で舎弟たちに嬲られるバッドエンドな物語!!20ページ以上がエロ!!これでもかってほど凌辱され尽くします!!

単なるレ○プ漫画じゃない!?ポリウレたん先生の作品は物語に奥行きが感じられるんだよなあ。

電子書籍販売日:2019/09/05~2019/11/04
サークル名:ポリウレたん
ページ数:34ページ

族のリーダーだった相澤は、ある日突然女体化してしまった!!今まで通り接してくれる舎弟たちだったが、身体も心も弱くなってしまったリーダーの姿に、とうとうガマンの限界が来て輪姦陵辱♪ 心はまだまだバリ族長なのに膣内アクメが止まらない!! 穴という穴に注がれる濃厚ザーメンの連続に頭もおま〇こダブルピース!!

ちょっと気になる点が、FANZAの販売ページで販売期間が2019/09/05~2019/11/04になってるんですよね。もしやこれは期間が終わったら購入できないってことでしょうか?でもDLsite.comにはそんなこと全く書いてないんだよなあ。謎ですが、FANZAで購入される方はご注意を。他の期間限定作品と同様で買っておけばいつでも読めるはず!!

ヤンキーのボス、相澤さんが女体化で弱体化です。
最初はみんなこれまでとは変わらない(どころかチヤホヤしてくる)のだけど、一人、弱体化したボスに幻滅した舎弟が…。

「男だとか女だとかどうだっていい。相澤さんはつえぇ」「つえぇから相澤さんなんだよ」
むう、これは過去に何かありましたね!!熱い男同士の何かがあったことが想像されますな!!

ってなわけでおよそここまで10ページくらい。残り20ページほどは全部シーン。だけど、かなり凌辱度が高いです。(ネトラレとかそういうのはなく、完全レ○プ系)
一応快感を感じている描写はあるものの、輪姦と凌辱でちょっぴり心が痛いです。
表紙から分かる活発系で可愛らしいTSした姿。さらに女体化して甘いものが好きになったシーン。それと上記サンプルにもある凌辱シーンの対比もあって、凌辱系はちょっと…って方には辛いかも。

もともと相澤さんがどんなワルだったのかが描かれていないためか、ザマァって感じにはあんまりなりませんでしたね。

「もうやめて…くれ」と言ってもやめるはずもなく、様々な体位やチンコによって凌辱に次ぐ凌辱。ついには心が壊れてしまいます。
完全なバッドエンド!!

ってなわけで、救いのないストーリーのエロなんですけどポリウレたん先生の作品はどこかドラマが見え隠れするんですよね。物語に奥行きが感じられて自分は好きです。(可哀想で抜けなかったけどww)
舎弟のリーダー格が相澤さんに向ける目とか…なんだか悲しげな気すらしてきます。そのせいか、どうも憎めない。

【青い煙 上巻・中巻】救いのない話に耐性のある人はハマること間違いなしな作品でした!!

2019年8月16日
↑救いのないドラマをご希望の方にはこちらもおススメ!!いそふらというサークルで発表されているポリウレたん先生の作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA