【奪われて与えられたもの―超乳改造―】SAN値がガリガリ削られていくよ!!TS作品の『魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち』ももちろん改造アリマス!!

【奪われて与えられたもの―超乳改造―】表紙

【奪われて与えられたもの―超乳改造―】グロ耐性、悲劇耐性必須の単行本です!!人体改造もろもろ好きなら間違いなし!!

電子書籍販売日:2016/11/17
著者:しいなかずき
ページ数:194ページ

ファンタジー世界で繰り広げられる過激すぎる肉体改造を描くコミックアンリアル人気シリーズに描きおろしエピローグを加えた豪華版!
魔法が使える貴族が平民を支配する世界。
貧しい母子家庭で育った少女ミアは、苦学して薬剤師となり大貴族ハルスの館へ就職するも、悪趣味な貴族の娯楽として魔薬や淫蟲を駆使した肉体改造を受ける。
乳房や尻を卑猥なまでに大きくされる膨乳膨尻改造、膣内やアナルの感度アップ、さらに乳首へ挿入するニプルファックや脱子宮も可能な肉玩具にされたミアは、限度を超えた改造調教により魔力に目覚め復讐しようとするも――。
他、魔界の牢獄で女体化される褐色獣人や、人気肉体改造AVG『女体狂乱3―カオスボディ―』(原作:わるきゅ〜れ)コミック版も収録!

『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―第1話』
『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―第2話』
『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―第3話』
『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―第4話』
『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―最終話』
『奪われて与えられたもの―与えたい想い―』
『魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち』←TS作品
『カモの恩返し』
『女体狂乱3―カオスボディ―前編』
『女体狂乱3―カオスボディ―後編』

この単行本に収録された作品の中で、この記事内下部にてレビューしている【魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち】がTS作品です。それ以外はTSはありませんでした!!

内容的には上記あらすじにもありますが、人体改造系ですね。タイトル通りオッパイも超乳ですので、これは人を選んじゃうかも…と思いながら読み始めました。

まずは表題作のシリーズからです。『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―』平民の薬剤師、ミアちゃんが男爵家で住み込みで仕事を得るのですが、この男爵がクソがつく変態でした。ミアの母をだしに、金をちらつかせてミアをペットにしてしまいます。

で、ペットになったミアちゃんですが、調教がヤバイ!!豊胸のための妖しい薬はまあいいとして(!?)蟲が登場します。
エグイ系のグロ感はそこまでではありませんでしたが、苦手な人は苦手かと。また、おし●こを漏らしたり、尿道を攻められたり、と普通じゃない系のエロが続きます。

豊胸も無事終わって、爆乳状態になりました。ア●ルや尿道に蟲を入れたままパイズリさせられるミアちゃん。
さらに蟲が綺麗にしたア●ルも犯されてしまいます。

【奪われて与えられたもの―超乳改造―】サンプル1

薬で快感を高めているため、痛いとか苦しいとかはありませんが、絶望がヤバイ。特に『奪われて与えられたもの―陵●のはてに―第1話』のラストが衝撃過ぎる…。これはかわいそすぎるでしょ…。

さらに続きもヤバいですね。乳首に蟲を突っ込むなんて序の口。子宮を手で掴んだり(!?)挿入中にア●ルに手を入れて、皮膚越しにチ●コを扱いたりとやりたい放題。いや、ちょっと自分もきつかったっス。第一話がどんだけ優しかったかが分かりました。

【奪われて与えられたもの―超乳改造―】サンプル2

というわけで、グロ耐性必須です!!ただし、救いはあります!!最後まで読んでいただけるとわかります!!

続いては『魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち』で、この作品がTS作品。ケモナーな虎男が看守に逆らって女体化させられて、他の男の囚人たちにマワされるお話です。詳しいレビューは下記をご覧ください。単なるTSではなかった…。

『カモの恩返し』は唯一と言っていい改造がない物語です。イチャラブですけど、子袋が出てきて…って子袋ってまさかのアレですか!?というわけで、やっぱりどこかしらおかしなことになってました。

ラストは前後編に分かれた『女体狂乱3―カオスボディ―』です。もうすでにタイトルからして…。
この作品のヒロインも最初登場した時はすごく可愛いし清純っぽいんですよ。なのに…やっぱり…カワイソウだけど、快感でメチャクチャアヘってます!!
この作品もやっぱり改造でした!!

【奪われて与えられたもの―超乳改造―】サンプル3

【魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち】獣人の囚人が女体化させられて…やっぱり改造、あるんですね…。

【魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち】表紙

電子書籍販売日:2015/07/17
ページ数:20ページ
著者:しいなかずき

大人気ギジエール先生番外編!
魔界刑務所のドSの美人看守ギジーエ。彼女は身体の一部である刑務所を操り、脱獄した獣男を取り押さえると薬を使って男の肉体を豊満な女の肉体へと性転換させるのだった。
女体化して褐色ケモノっ娘になった男はギジーエの命令で他の受刑者たちに輪姦されてしまう。
始めは抵抗していたが、ペニスを挿入されながら媚薬を打たれ勃起しクリトリスを刺激されると、女の快楽に耐えられず潮を吹きながら絶頂してしまうのだった。
それを見て興奮してきたギジーエは射精管理中のショタっ子たちを呼ぶと、オナ禁をさせて濃い精液が溜まったペニスから精液を搾り取っていくのだった……。

【魔界看守ギジーエ 囚われる受刑者たち】サンプル画像

ケモナーの皆様お待たせいたしました。
でかいオッパイの獣娘が男達に襲われる姿はここですよ~。

と、こう言うとエロさなどは普通なのか!?となりますが、この単行本に収録されていることからもお分かりですね。
そんな甘い作品ではありません。

前半は普通のTS作品のような始まり方で、まあ、クリトリスを絞めたり、媚薬を注入したり、二穴攻めくらいの優しいもんですよ!!(常識が壊れてるww)

だけど後半がエグイ。やっぱりそうなっちゃうのね、と思ったけど…また人体改造ですよ!!これも耐性無しで挑んだら狂気の世界です!!

この本には何の関係もなくて恐縮ですが、自分は獣娘といえば発情期ですかね。昔とある先生が、人間だけが年がら年中発情していて、「『猿のようにセックスする』みたいな描写があるけど、猿に失礼だ」とおっしゃっていましたね。

ケモミミTSして発情期を抑えきれず…みたいな展開も期待したいですねえ!!(妄想垂れ流し)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です