【白雪の魔法】感情の薄い無口系のムチムチTSっ娘!!愛は知らないけど体は開発済みってのがエロいじゃないですか!!

【白雪の魔法】表紙画像

要所要所に登場する主人公の兄貴が存在感たっぷり!!主人公とのHを通して愛を知った…のだろうか?

配信開始日:2021/03/20
著者:越後屋タケル
ページ数:21ページ

男子校に通う主人公は、物静かで真面目な委員長・白雪と白雪姫の劇をすることに。
腹を括ってキスシーンの練習をした二人だったが、なんと白雪はキスでムチムチ巨乳に女体化する特殊体質だった!
女体化した白雪のエロすぎボディに襲いかかる主人公だったが、実はド変態な白雪に骨抜きにされて–!
さらに白雪は主人公の兄と面識があるみたいで–?

TSの俊英・越後屋タケル先生描く、おとなし巨乳なTS委員長は変態ビッチ☆

さて、越後屋タケル先生のムチムチTSっ娘が楽しめるってわけで、ウキウキですね!!
越後屋タケル先生をご存じない方は当サイト内の先生の作品のリンクをとりあえず2つ貼っておきますのでチェックしてみてください!!他にもTS作品をたくさん描いてくださっていますので是非!!

【悪魔的!TS物語 2】表紙画像

まずはエロデータから。
21ページ中17ページほどがHシーンでした。
Hの前半は主人公に頼まれてTS委員長が相手してあげる、って感じ。主人公が童貞なんでTSっ娘がリードする展開です。
そして後半に入ると主人公とのキスハメやイチャラブHで幸せを知るって感じ。
ハートウォーミングとまではいきませんが、ドタバタ系なラストの後味は悪くないですね!!

さて、ここからはもう少し詳しくレビューしていきますね。

今作は物静かな委員長が女体化するのですが、主人公はTSする方ではなくその相手役です。
性格はちょっと調子乗り系っぽい男の子ですが、一般的な性欲むきだし男子です。

お年頃なので、もちろん女体化した委員長にHさせて欲しいとお願いするのですが、『童貞捨てれるんならこの際元男でも…』って、そういう考え方は良くない!!
むしろTSっ娘を相手にできるのをもっと喜ぶべきですね(笑)

で、女体化する委員長ですが、越後屋先生の他作品同様ムチムチで柔らかそうな体。見た目的には黒髪ショートってのもポイント高し!!
男バージョンの時から無口でしたが、それは女体化しても変わらず。何を考えているのか分からない系のTSっ娘です。

さらに性格的には無口なのにHが大好きなんです!!まあ、こんなイイ身体なんで男がほっとくはずないわな。
既に開発済みの体ですので童貞主人公とのHは余裕もあって、心の中ではチンコのサイズを比べてたりしてます。主人公カワイソス。

とはいえ、単なる淫乱女ってわけじゃないんです。
これまで無理やり快感を覚えさせられた経験しかなかったってだけで、主人公とのHを通して愛あるHを知っていきます。

そんなわけで、心配していた鬼畜レ●プ作品や淫乱逆レ系ではなく、男友達とTSっ娘がイチャラブなHをする物語でした。

ちなみに、お兄ちゃんとの絡みは読んでからのお楽しみ、ってことにしておきます。お兄ちゃんは絵的にはほぼ登場しませんが、ガタイの良いワイルド系で存在感抜群でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です