HOME > 神様とアタシの7日間ゲーム > title - 14周目 9月22日(水) 午前8時35分 島津政信
2017/07/19

14周目 9月22日(水) 午前8時35分 島津政信

14周目 9月22日(水) 午前8時35分 島津政信

「お願いしますっ、この通りっ」

葛城に頭を下げられて俺は悩んでいた。葛城の彼氏のカフェが人手不足で俺に助けて欲しいというお願いだ。

葛城は高樹の友達だ。その友達の頼みを無下にはしたくない。でも、せっかく柔道部に戻れたのだから、という気持ちも正直ないとは言えない。

(どうしたらいいんだ…?)

決めかねて、後ろを振り向くと高樹と目があった。高樹は何も言わず携帯を取り出して何か操作を始める。

(誰に連絡してるんだ?)

俺が不思議に思っているとすぐに俺の鞄の中でバイブ音が鳴った。

『ヴヴヴ』

「んっ?」

俺は慌てて鞄から携帯を取り出した。携帯の画面を開くと高樹からのメッセージが入っている。

『亜紀のバイトの話は断ること』

(あっ、そういうことかっ)

確かに高樹は今俺の姿をしているんだから、葛城と俺の会話に入ってくるのはおかしい。入れ替わる前の俺は葛城と話したこともなかったんだから。だけどこの方法なら誰も俺達が相談していることに気づかないはずだ。

でも、友達のお願いを断って本当に良いのかな?そう思って振り返ろうとすると手に持った携帯がまた震えた。

続けて送られてきたメッセージには『琢磨と別れるために』と書かれていた。

チラッと後ろを振り返ると高樹がなぜか呆れたような顔をしていたのでこれ以上悩むのはやめて高樹の言う通りにすることにした。

「ご、ごめん。あの…琢磨と別れないといけなくて…」

俺が恐る恐る謝ると、なぜか葛城は俺を見てニヤニヤと笑った。

「そういうことなら仕方ないよ、大丈夫、なんとかなるから」

葛城と高樹には悪いが俺としては助かった。


◇◇◇

14周目 9月22日(水) 午後7時45分 島津政信


入れ替わった時にはどうなることかと不安で一杯だったけど、なんとか今のところは過ごせていた。

(でも、これって全部高樹のおかげなんだよなあ)

高樹は細かいところまで用意周到で全て先回りして助けてくれる。

今日は体育もあって高樹はプールの準備までいつの間にかしてくれていた。最初は権田の視線をすごく感じたけど、葛城が気を回してくれたのか、何人かの女の子達が権田の視線から守ってくれて助かった。

それに部活に参加できたのも高樹のおかげだ。

「高樹さん、これから美紗ちゃんって呼んでもいい?あっ、ちょっと馴れ馴れしいかな?」

今日は理沙の方から話しかけてきてくれた。そのおかげで、俺は気持ちよく部活ができた。

さらに理沙や一年生に誘われてラーメンを食べに行ったおかげで部員たちとも打ち解けられたように思う。

そして、高樹に送ってもらって家に帰った俺は今、机に向かっていた。

何をしているかというと、部活の日記をつけようとしているのだ。男の時にも指導はしてきたが、マネージャーとして俯瞰して見ると、これまで気づかなかった部員の癖がよく見える。

せっかくだから後輩達の動きを思い出して、週末までに修正出来る点をノートにまとめようとしていた…はずだった。

「はぁ…」

だけど、それがどうしても集中できない。そして、理由はハッキリと分かっている。

俺はノートをそのままにして目を閉じた。

「あれは何だったんだろう…?」

なんとかうまく生活できている俺ではあったが今日は一つ不思議な出来事があった。

それは帰りに高樹と一緒に駅で電車を待っているときのこと。
向かいのホームを見るともなく見ていた俺は一人の男が視界に入った途端、何とも言えない感覚に襲われた。

(…あれは誰だ?)

顔なら今もしっかりと頭に焼きついている。俺達よりも歳は上だろう。おそらくは大学生。

俺は大学生と練習や試合をしたことがある。もしかしたらその中の誰かだろうか。だが、いくら考えてみても見覚えはなかった。

それなのに、明らかに俺はあの男を知っているように感じるのだ。

(いや、…体が覚えている、という感じか)

自分ではなく高樹の知り合いかもしれない。

そう考えると自分が思い出せないのも頷ける。だけど、いずれにせよ高樹の交遊関係は知らないのでこれ以上は考えようもない。

「ふう…」

気を抜いたその時、不意にコツコツと窓を叩く音がして、思わず肩がビクッと震えた。

(何だ?)

カーテンを開けて外を見ると真っ暗な窓ガラスに勢いよく雨粒がぶつかってきた。

空を見上げると稲光が幾筋も走っている。

スポットライトのように街灯に照らされて幾筋か大粒の雨が落ちていく。そしてそれはあっという間に豪雨へと変わった。

(ゲリラ豪雨…)

まだまだ夏だなあ、そう思ってカーテンを閉めようとしたその時、視界の端で何かが動いた気がして、俺はもう一度見直した。

「…ん?」

すると、ぼんやりと街灯の照らす端に黒い塊のようなものが見えてドキッとした。

(…まさか…?)

こんな夜に、しかも土砂降りの雨の中にわざわざ出る人なんているだろうか。仕事や学校帰りに雨に降られたとしても、家路を急ぐはずでこんなところで立ち止まる必要はない。

そこまで考えたところで俺の脳裏に駅で見かけた男が浮かぶ。

男と視線が交わった時の感覚が体に甦る。

「ん…」

駅でも本当なら高樹に相談すべきだったのに、その事を言えずにいたのは、実は俺の体の異変にあった。

男を見た途端、背筋をゾクゾクとした感覚が上ってきたのだ。それは不快というわけではないがこれまでに感じたことのない感覚だった。

その場では高樹からの追求をごまかしたけど、実は男を見た瞬間から体はじっとりと熱を持っていた。それだけではない。ブラウスの布地が肌に触れる感触までハッキリと感じ取れるほど全身の感覚が鋭敏になった気がした。

そして男の視線が俺を捉えた瞬間、体の奥がキュンッと反応したのだ。

俺はじっと暗闇の先を見つめる。もしあれが駅で見た男なら俺はどうするのか。自分はあれが男であってほしいのだろうか。様々な疑問が浮かぶ。ただ、あれがあの男であることに俺の中では疑いはなかった。

「ふぅ、ふぅ……」

息が浅く、鼓動は速くなる。

「ぁっ」

どれくらい時間が経ったのかは分からない。偶然通りかかった車のヘッドライトが辺りを照らしたことで俺の緊張は一気に解けることとなった。

俺はゆっくりとカーテンを閉める。

「はぁ…はぁ…」

カーテンを見つめてため息をつく。無意識に胸の前で手を握りしめていた。

黒い何かは翌朝回収されるごみ袋だった。馬鹿馬鹿しいなどとは思えない。握りしめた手に未だに大きく叩く胸の鼓動が伝わってきていた。

「ふぅ…」

鼓動が収まるのを待って、俺は自分がじっとりと汗をかいているのを感じた。

「シャワーでも浴びよう」

汗ばんだ嫌な感触を振り払うように俺は声を出して言うと階下に降りた。
そういえば帰ってきて服を着替えるのを忘れていた。ブラウスを脱いでスカートを落とす。

それから下着を脱ごうとした俺は「なっ?」と思わず声に出しそうになった。

太腿の半ばまで下ろした下着に糸のような何かが伸びていたからだ。

(なっ、何だ…?)

女の体のことなどさっぱり知らないので、これが生理なのか、と青くなりながらその糸に恐る恐る触れる。すると糸は切れて指先についた。

指先を慌てて目の前に持ってきて見ると、透明な粘液が指についている。

(血じゃ…ないよな?)

俺は大きく息をはいた。これは生理ではなさそうだと安心した。でも考えてもみれば、あの用意周到な高樹が生理があるなら教えてくれていただろうと、変に焦った自分を戒めた。

(あの男を見てから俺はおかしい…気にしすぎだよな)

だけど、これは何なんだろう?小便というわけでもなさそうだし。

(変な病気じゃないだろうな…)

確認のために股間に手を差し込む。

「んっ」

指が割れ目に触れた途端、熱い粘液がそこから溢れているのが分かった。

(な…なんだこれ…?)

「くっ、んあっ」

ほんの少し触れただけで体に痺れるような感覚が走って、俺の口から今度は驚きと困惑の声が出る。

「えっ、なっ…?」

(これは…えっ)

反射的に手を離そうとしたしたはずなのに未だに指は同じ場所にあった。

「ちょっ、あっ、なんっでっぇぇ?」

指はまるで自分のものではないように的確に動く。最初は割れ目を何度もなぞってトロトロの粘液まみれにする。それから割れ目をそっと開いてその上端を強く擦った。

「あっ、んっ、くぅっ、やめって…あっ、ああっ」

甘い呻き声が止めどなく漏れる。膝がガクガクして、俺は内股で辛うじて立っていた。

指を離そうとするのに、全く思い通りにならない。それどころか、そのまま指がしとどに濡れた柔らかい粘膜に包まれた。

「あっ、そこっはぁっ」

そこがどういう場所かは俺も知っている。それに、今自分が何をしているのかも分かってしまった。

「あっ、こんなことっ、だめっ、あっあっあっ」

声が響く。女の子のこんな声は聞いたことがない。甘い、誘うような声。自分の口から出ているにも関わらずなんだか顔が熱くなる。

「あっ、くっ、なっ、なんかくるっ、まっ、まって、あっ、だめだってぇっ」

指の動きはさらに激しくなる。

(なんでぇ、とまらないぃ…)

「あっ、かっ、あっ、はぁっあっあっ」

指が粘膜の壁を強く擦った。

「あああっ、んんっ」

ますます激しく動く指、膝はがくがくと震えて俺は立ったまま達した。

「あああああぁぁぁっ」

関連記事

コメント

非公開コメント